5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日の丸・君が代 総合スレ Part 8

1 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 02:48:15 ID:CDet59tX
前スレ
日の丸・君が代 総合スレ Part 7
http://news21.2ch.net/news2/kako/1194/11940/1194053743.html
日の丸・君が代 総合スレ Part 6
http://news21.2ch.net/news2/kako/1191/11913/1191318964.html
日の丸・君が代 総合スレ Part 5
http://news21.2ch.net/news2/kako/1176/11762/1176260697.html
日の丸・君が代 総合スレ Part 4
http://news21.2ch.net/news2/kako/1160/11609/1160974821.html
日の丸・君が代 (実質Part3)
http://news18.2ch.net/news2/kako/1150/11502/1150274803.html
日の丸・君が代 (実質Part2)
http://news18.2ch.net/news2/kako/1145/11451/1145186679.html
日の丸・君が代 (実質Part1)
http://news18.2ch.net/news2/kako/1139/11394/1139497930.html

ニュースは適宜。すべてここで。

2 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 06:51:36 ID:YedTW+rS
おつです

3 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 09:26:28 ID:+b4iSjfW
天皇が君が代歌ってないソースキボン

4 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 09:28:23 ID:sYq4UzAq
まだやるの?
まだ国旗国歌の強制はよくないとか言ってるバカがいるの?

5 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 12:34:03 ID:KcCLWLmM
>前スレ976
>起立斉唱が慣習なら、不起立は慣習違反にすぎない。
>不起立が特別な思想の表現なら、起立斉唱も反対の特別な思想の表現だ。
>起立斉唱が慣習で、不起立が特別な思想の表現だというのは、
>概念の系列が途中でねじ曲がっているぞ。

よく考えてくれ。俺は、君が代日の丸に何の思い入れもない中立(+−ゼロ)
の立場ならばどう行動するのかということから考えを進めている。

国歌が流れる際に起立することが慣習なのだから、中立(+−ゼロ)の表現は
慣習に従って起立することでしょう。起立したことで、その人が君が代の内容に
賛同しているとは客観的に受け止められない。君が代が流れる場合、日本人に
限らず九割以上の人は慣習的に起立するが、彼らは君が代の内容に賛同している
ことになるのか?→noだろう。

例えば、職場で朝の挨拶をするのは慣習だ。だからある人に挨拶をするのは+−ゼロの
表現であって、その人に対して特別な思い入れがある(+)の表現にはならない。
あえて挨拶をしないならば、その人を嫌っているかと思わせるような(−)の表現になってしまう
でしょう。それと同じで、あえて慣習を無視して、国歌が流れているのに着席したままでいるのは、
中立ではなくて、−の表現になる。それに対応する(絶対値が同じ)+の表現は、敬礼とか土下座であって、
起立ではない。起立は慣習であって±ゼロの表現なんだから。

君が代で起立したら天皇を賛美したことになっちゃう、なんて思うのは、朝の挨拶をしたらその人に
愛の告白したことになっちゃうなんて言うのと同じくらいおかしい。

6 :朝まで名無しさん:2007/11/29(木) 19:55:15 ID:+b4iSjfW
>>4
強制が駄目と言ってる奴はアホだがそこは論点でない。強制が憲法違反じゃないかと言っている。漏れは憲法違反でないと思ってる

7 :鬘飲み屋:2007/11/30(金) 09:30:03 ID:GYM40el9
車椅子や足のない人はどうやって起立させるの?

8 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 10:10:10 ID:IRAhnh/S
誰もそんなこと強いてないだろ

9 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 12:29:47 ID:tv3TI66i
>>5
しかし、歴史上、軍国主義の国はすべて、シンボルへの盲目的な
従属を強いてきた。そして、それが人間の思想を変える重要な手段であることは
多少なりともマインドコントロールや洗脳のテクニックを知っているものにとっては常識。

挨拶とは違うと思うが・・・

10 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 12:49:26 ID:8eWUrRMc
>9
>しかし、歴史上、軍国主義の国はすべて、シンボルへの盲目的な
>従属を強いてきた。

ほう。「すべて」「常識」というくらいだから、いくつか具体例を挙げてください。

あと、論点がズレてる。
>5は起立、挨拶という行為の性質について言っているのであって、対象(シンボルや人)
について問題にしているのではない。
仮に、君の言うとおりだとしても、そもそもなんで起立することが盲目的な従属になるの?
って話。なんで起立させることが盲目的な従属を強いることになるの?という話をしている。
起立とはそういう性質の行為ではないでしょう。
英国歌で、起立したらそれは盲目的に従属したことになり、洗脳されちゃうの?→no
中国国歌で以下同文
日本国歌で以下同文

結局言うことはおなじ、起立させるのは、シンボルへの盲目的な従属を強いることになる
なんていうのは、挨拶させるのは、相手への盲目的な従属を強いることになるというのと
同じくらいおかしい。起立も挨拶もそういう性質のものではないでしょう。



11 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 14:14:40 ID:xxsRjqDw
いちいち日の丸に反応して不起立だの帝国主義だの騒ぐバカや
それを看過できないアホに

あ き れ て る

12 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 14:22:17 ID:IRAhnh/S
>それを看過できないアホ

ほったらかしてどうすんの?




13 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 14:25:32 ID:7xIVE9zM
>>11
じゃあここに来んな。

14 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/11/30(金) 15:07:00 ID:gAX8/gXt
先日アメリカ映画の冒頭だけ観てたら、
軍艦の横っ腹と陸に細い鉄板製の橋が渡されてて(←手すり付きのこれ何て言うの?)、
軍艦から軽装の普段着で出てきた元兵士が、その橋の途中で警備の兵隊に
「国旗に敬礼せんか!」と呼び止められる。

元兵士は、「いや除隊したんだ」と元・兵士であることを告げ、
「運のいいやつだ。元気でやれ」と警備兵に言われ、
「互いにね」と返し、一般人のように軽く片手を上げその場を後にする。
警備兵は、その若い元兵士に向かって、きっちり敬礼する・・・・・ってシーンがあって、
これが自然なんじゃね?と思った。

ここで注意したいのは、すでに兵役から離れた一般の市民に、
国旗への敬礼を強要するほどアメリカは愚かではない、ということ。

強制すれば、それだけで自由であることが失われる。
そうした誇りを持っているから、強制するなどという無惨なことがそもそも発生しない。
それがアメリカであり、おおよそ先進国の、民主主義国家の考え方なんだろう。

もちろん国家への忠誠が求められる軍人は、ちゃんと国旗に敬礼をし、
任務に服していることを主体的に表現する。
しかしそれを市民に求めないから「自由の国」。

主体的でなくとも国旗と国歌への礼を強要するなんざ、
劣った国家にしようとする悪だくみにしか思えない。

15 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 18:45:25 ID:7xIVE9zM
>>14
日本で強制されるのが求められてるのは国家に忠誠を誓うべき公務員の教師ですが?

16 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/11/30(金) 18:48:16 ID:gAX8/gXt
>>15
公務員の教師は、公務員にしかならない生徒を教えてるってわけではないのですが?

17 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 18:51:59 ID:IRAhnh/S
それがどうかしたの?
アカ教師に変なこと吹き込まれてない生徒は、
日の丸は国旗、国歌は君が代と認識して、
何の嫌悪感も持ってないわけです。

もともと生徒に強制なんて必要ないのだよね〜

18 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 19:09:32 ID:pUjVCLd+
ウヨくさい口調で言われてもな・・・

19 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 19:22:53 ID:IRAhnh/S
サヨ臭いなあキミ

20 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/11/30(金) 19:42:31 ID:gAX8/gXt
軍人や警官や消防士は、公に仕えているという意識が常時必要だし、
その表明を日常行っていてくれて、国民も安心するということはあるだろう。
第一、命令直下動ける態勢に無ければ、
国民を守るという仕事を十全にこなせるとは思えない。

しかし教師となると、その思想は自由であるべきだ。
本来人間が自由であることを教え、個々の才能を伸ばすのが教師の仕事と捉えていいだろう。
(アカ教師の思想内容はひどくお粗末だが、
 国家からの独立を教えてることだけは、刮目に値するだろう。)

今「学問の自由」への保障を憲法が謳っているのも、
戦前に学問方面へと加えた国家からの弾圧を反省してのことだ。
差し迫った戦争の必要性が、自由な気風を根こそぎ奪っていったことへの反省だ。
直接的に国家への従属を拒否しているとも受け取れるのが、「学問の自由」。

もともと学問のその内容自体、国家に従属しているものでもあるまい。
あらゆる知見が、国境を超えてやってくるのだから。

と、オイの好きな映画『いまを生きる』でも、魅力ある教師は青春の伝道師のほうであって、
リーマン教師じゃないことは一目瞭然。

自由であるから、自由を教え、その価値を尊ぶことが出来る。
それは次代に向かって、更なる自由の再生産を呼び起こすことにもつながる。

古来人間の営みは、人を自由にするために行われてきた。
自由が制限されるのは、他者の自由を損なうケースだけでいい。
誰でも最期には、絶対的な不自由を味わうんだからな。

21 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 20:03:03 ID:kaL1cIwj
教師にとっては毎年ある儀式だが、
生徒にとっては一生に一度。
卒業式ぐらい、自己主張なしでちゃんとして。

22 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 20:04:25 ID:kaL1cIwj
一月十五日に市長相手に自己主張する人と
どこが違うんだ?

23 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 20:20:26 ID:wfrMhtKa
>>20 >しかし教師となると、その思想は自由であるべきだ。
    >本来人間が自由であることを教え、個々の才能を伸ばすのが教師の仕事と捉えていいだろう。

本人自ら学ぶ事は自由だが、
教える事は(教える側の)自由じゃありません。

    >本来人間が自由であることを教え、個々の才能を伸ばすのが教師の仕事と捉えていいだろう

後半は同意。
ただ、「本来人間が自由」という前提は、
ある一定の立場・学説の方にとってはそうかもしれないが、
世界各地の社会・文化・集団にとって、共通の概念とは言えません。


24 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 20:31:43 ID:pUjVCLd+
一生に一度たって
国旗国歌が目的の式じゃないよな

25 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 21:14:05 ID:7xIVE9zM
>>16
後出し臭いが聞いてみるか。何言ってるか良く分からんのだが?

26 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 22:05:49 ID:UWrbSF+w
こういう教師ってプロとしての自覚ないのな
税金で飯食ってるという認識ないし
こりゃ税金の私物化だね

27 :朝まで名無しさん:2007/11/30(金) 22:39:43 ID:efpfDl+h
>>20

初等中等教育では教師の思想信条を教える自由はありません。
全国均一の教育を提供する公共の福祉の方が優先です。
自分の思想信条を教える自由が保障されているのは大学以上です。

28 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 00:44:59 ID:LM6C+DqS
>>20
なるほど教育には自由が必要で国旗国歌反対派もそれで戦うべきと。

じゃあ反対派の教師がどんなことやってるか。授業中に居眠りしてたら怒り、廊下にその教師とある生徒だ
けしか居なくて誰にも迷惑かけるとは思えなくても注意し、茶髪は禁止だと言う。誰にも迷惑かけてないの
に注意するのは憲法の成立意義からいって違憲じゃね?違憲なことやっといて自分の番になったらこの規則
は違憲だから従わないというのはダブルスタンダードで許せんな。注意しない奴もいるかもしれないがそう
いう連中は学級崩壊起こしてそうだから自分の頭の蝿を追ってろって感じ。

29 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 02:01:07 ID:+es3Tl6+
同列の行為なのか

30 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 03:04:01 ID:cGMarGia
それは個別に考えるべき事だろう。
茶髪だって(『ちゃぱつ』で変換できるんだな!)宗教上の理由だったら認められるだろ。
どんな教義か見当つかんが。
宗教上の理由で体育の格闘技受けないのはOKなんだし。

31 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 06:19:10 ID:EWcmyIpl
>>30
すべてのケースで憲法違反か否かは個別に考えるべき、と前スレから
繰り返し言ってるのに、理解しようとしない厨房が沸いてくるのが
このスレの特徴。

>>10
ほう。「すべて」「常識」というくらいだから、いくつか具体例を挙げてください。

多分貴方とは軍国主義の定義も違いそうだ。具体例など挙げるまでもない。
戦前の日本がそうだと言ったら「日本は軍国主義ではなかった」
「集団自決は強制ではない」とか言うんだろw

ところで、「集団自決は強制ではない」論理に
「生きて虜囚の辱(め)を受けず」は、軍人向けの
戦陣訓であり、当時の一般国民に向けたものではない。
国民が勝手に暴走しただけ、という論理が2ちゃん内にある。

この論理、何かにそっくりだと思ったら、まさに、
「起立強制は公務員にしかしていませんよ。公務員以外の国民には
強制していませんよ。だから卒業式で会場内の人間が皆起立するのは
本人の意志ですよ。強制ではありません」

ごまかしだろ。

32 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 06:31:15 ID:EWcmyIpl
>>10
>英国歌で、起立したらそれは盲目的に従属したことになり、洗脳されちゃうの?→no

軍隊の行進は「一糸乱れぬ」威容が要求される。
かつては、オリンピックの入場式でもそのように行進したようだが、
現在は皆ばらばらに、自由に歩いている。

「行進すること」「起立すること」が、盲目的に従属させる
有効な手段なのではない。
「どのように行進させるか」「どのように、何に向けて起立させるか」が
大事であり、そのような現実を無視した観念的な議論は不適当。

ところで、「挨拶」をしない先生って結構いるよね。そう感じることはない?
しかし、教育委員会のお偉方は、そのような先生を監視し、処分する
気は全くなさそうだ。なんでスレタイの件のみこんなに熱心なのかな?

33 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 07:07:12 ID:fDQvF5ob
このスレではスレタイについて話していて
それ以外のお話はスレ違いであり
ほかの場所でするものだろ?
時と場所をわきまえ(ry

34 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 08:45:33 ID:CCYulc/W
>>32 挨拶しない教師がいたら、校長や教育委員会にでも投書すればいいだろ。

事実ならそれなりの注意を受けるはず。

そんなものを毎日毎日監視してたら仕事になるか。


35 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 09:56:13 ID:LM6C+DqS
>>31
軍国主義って何だよ?アメリカはインディアンを虐殺追放したが軍国主義かね?韓国もベトナム戦争で現地人虐殺レイプしたが軍国主義と言える?

結局太平洋戦争で負けたからだろ素直になれ

36 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 10:11:52 ID:LM6C+DqS
>>29
>>20の論理からするとどちらも憲法違反で同列では?

37 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 10:17:28 ID:LM6C+DqS
>>30
>>20の論理を突き詰めると武道の授業をさぼる権利を侵害してる、となる。宗教上とかは関係ない。一般人相手でも授業することは20の論理からすると憲法違反。

38 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 10:23:31 ID:EWcmyIpl
軍国主義の定義くらい調べればわかるだろ。
ウィキでは、
>軍国主義(ぐんこくしゅぎ、Militarism)とは軍事力を国家戦略的に重視し、
>政治体制・戦略・財政・経済体制・社会構造などの総合的な国力を軍事力の増強のため集中的に投入する国家の体制や思想を意味する

と書いてあるが、

>非常に包括的な概念である側面を持っており、絶対的な定義は難しい。
>軍国主義の定義は明確なものではないので、どの国が軍国主義かという点に関しては政治哲学や思想傾向によって大いに議論が分かれるところではある。

と書かれている。起立派と不起立派では「政治哲学や思想傾向」が全く異なるので、議論しても平行線だろw

その下の行には
>また、ナチ政権や太平洋戦争前夜の大日本帝国、戦時共産主義期のソ連共産党政権に見られるように、
>「国家の共通の敵」や「仮想敵国」が設定された場合には、生存権を含む基本的人権が蹂躙(じゅうりん)されることすらある。

と書かれている。一般的な認識としてはこんなところだとは思うが、ウィキの記述そのものが
間違っている、引用すること自体不適当といわれそうw

39 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 10:48:27 ID:zu59dzsl
>31
いや、別に軍国主義の定義が違うかどうかはわからないでしょ。
とりあえずあなたが思う軍国主義の定義で、具体例を三、四件挙げてよ。
すべて、常識というくらいだから簡単でしょ。
戦前の日本でも、どうやって日の丸君が代がマインドコントロールにつかわれたのか
もうちょっと詳しく説明してよ。
なんでも洗脳とかマインドコントロールとか、観念的に使いすぎに思うけどな。

>32
>「どのように行進させるか」「どのように、何に向けて起立させるか」が
>大事であり、そのような現実を無視した観念的な議論は不適当。
別に卒業式では、軍隊式に一糸乱れぬ斉一性をもって起立することを
求めているわけでないと思うが?みんなバラバラと立つでしょ。

>ところで、「挨拶」をしない先生って結構いるよね。
例えば、不起立教師たちのように、不挨拶教師が特定の思想を背景に、
組織のバックアップの下、不挨拶推奨みたいなことをしたら取り締るだろうね。
挨拶させたら、その人に従属することになってしまう!
すきでもない相手に挨拶させるなんて、思想の自由の侵害だ!
挨拶をしたいかしたくないかは自分で考えなさい
なんていって、暗黙の圧力の下、そのクラスの子供たちが挨拶しなくなっちゃうとか。
国旗国歌では実際そういう事態が起こっているわけで。


40 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 11:14:36 ID:+es3Tl6+
不起立教師とか 特定の思想とか
2ちゃんでありがちなネット右翼みたいな感じだな

41 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 11:20:26 ID:EWcmyIpl
>>39
一般的な認識としてはこんなところだろ、と書いてるだろ。
日本語読めないようなので、もう一度書きます。

「ナチ政権や太平洋戦争前夜の大日本帝国、戦時共産主義期のソ連共産党政権」

>別に卒業式では、軍隊式に一糸乱れぬ斉一性をもって起立することを
求めているわけでないと思うが?

対面式、が否定され国旗に向き合う形になった。近いものが求められている。

>国旗国歌では実際そういう事態が起こっているわけで。
今の事態は全く逆だろw


42 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 11:26:09 ID:zu59dzsl
>41

「ナチ政権や太平洋戦争前夜の大日本帝国、戦時共産主義期のソ連共産党政権」

だから、全然具体的じゃないじゃん。名前を羅列しただけでしょ。

>今の事態は全く逆だろw
なにが逆なの?

43 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 11:43:19 ID:6N4Eie0q
>>30

宗教を理由に公の場で不作為は認められても作為は認められない。
格闘技の授業に参加しない不作為はOKだが
自分の教義を学校などで外部に表明する行為は度を超せばNGになる。
布教は自分たちの施設内でやれってこと。

44 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 11:45:58 ID:EWcmyIpl
>>42
具体的に何を書けばいいの? ネットで検索したり、書物を読んだり、その時代に生きていた人に聞けば?

ちなみに、東京地裁判決には、
「我が国において、日の丸、君が代は、明治時代以降、第二次世界大戦終了までの間、
皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱として用いられてきたことがあることは否定し難い歴史的事実であり、国旗・国歌法により、日の丸、君が代が国旗、国歌と確定された現在においても、
なお国民の間で宗教的、政治的にみて日の丸、君が代が価値中立的なものと認められるまでには至っていない状況にあることが認められる。」

とある。そのようなフィルムもNHKのこの問題をあつかった番組の冒頭で紹介されてたな。
もっとも、きみは、「否定しがたい歴史的事実」というこの裁判官は頭がおかしい、
高裁ではまともな裁判官に判決を出してほしい、と思っているだろw


45 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 11:54:42 ID:6N4Eie0q
そのような判決は数ある類似裁判でたった一つだけ。そうその裁判官は頭がおかしいんだよ。

46 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 12:09:20 ID:6N4Eie0q
あの判決、国歌国旗を尊重するよう教育することに違法性はないといいつつ
日の丸も君が代も日本の国旗国歌として自分個人は相応しくないと思うからだめという
矛盾した内容になっている。

47 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 12:20:10 ID:CCYulc/W
>我が国において、日の丸、君が代は、明治時代以降、第二次世界大戦終了までの間、
皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱として用いられてきたことがあることは否定し難い歴史的事実であり

まぁ、これは事実だわな。
用いられたっていうか、利用されてきたんだけどね。

そして、反日教師たちは同じように、
自分達の主義主張を宣伝するために「日の丸・君が代」を利用しているだけ。

まぁ、いいんだよ、目的があるのなら利用できるものは利用して。
ただ、その利用方法は正しくね、という事。

ナショナリズムだって、正しく使えば健全なの。
間違った使い方すれば、そおりゃあ、争いの元だ。

48 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 15:19:56 ID:cGMarGia
>>43
なら君が代斉唱に不参加はだけならOKではないか。

49 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 15:26:51 ID:6N4Eie0q
不起立は自分の思想信条を積極的に外部に表示する行為であり不作為ではありません。
NGですね。

50 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 15:29:43 ID:cGMarGia
まぁ自分勝手な線引きだw
他人に薦めてるわけじゃ無いのにw

51 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 15:33:15 ID:6N4Eie0q
不作為っていうのはね最初から式に参加しないことなんだよ。
学校で指導的立場にある教師が公の場で不起立というのは他人に薦めているのと同じ。
自宅の自室で不起立なら他人に薦めている訳じゃないといいきれますけどね。

52 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 15:35:09 ID:cGMarGia
こういう理由で参加しません、
ってんだって公の場のプログラムが気に入りません、って主張に成るさね、
何とでも言える。

53 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 15:44:40 ID:6N4Eie0q
不参加して黙ってろってこと。不参加をことさら宣伝するならやっぱり処分相当。
不起立したけりゃ自分の部屋で国歌のCDをかけて椅子に座っていればいい。
私的な場あるいは同好の結社の場でならどんな思想信条を外部にまき散らそうが自由です。

54 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 15:47:59 ID:cGMarGia
つまり公的には勿論、私的にも、プライベートでも「君が代斉唱が嫌だから参加しません」とは口が裂けても言うな、
不参加、欠席の理由は風邪と言うことにでもして、「君が代斉唱が嫌だから参加しません」て奴は体面上存在しないようにしろ、と?

55 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 15:52:57 ID:CCYulc/W
プライベートではいいんじゃない?

56 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 15:55:27 ID:CCYulc/W
勿論、公的に「君が代好き」とも言う必要もないだろうし。

57 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 15:58:37 ID:cGMarGia
私的な場の線引きって何処さね?
「俺、君が代歌いたくないから欠席するんだ」って言ってたら同じことだろ。

58 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 15:59:11 ID:6N4Eie0q
校長の正当な業務命令がそんなにいやならやめればいいのに。
校長の正当な業務命令に従わない自由はありませんが公務員という職をやめる自由はありますよ。
それが自由ってもんです。

59 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 16:03:12 ID:cGMarGia
>>58
それだと欠席する自由もなくなりそうだな。

60 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 17:14:33 ID:+es3Tl6+
また「辞めろ」か
職業選択の自由というのは
「仕事を辞めなきゃいけない」ってことじゃないんだけどな

ニートは仲間が就職しようとすると泣いて止めようて
就職してしまうと裏切り者呼ばわりする
そして長続きせずに仕事を辞めてしまうと嬉々として祝う。
その癖、ネットでは偉そうに説教したがる。

61 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 17:27:26 ID:EWcmyIpl
これで辞めさせられる教師が来年本当に出れば、
「学習指導要領」と「公務員法」に基づく処分として
適正かどうかが裁判の焦点になるのかな?

それが、教師という職業を選ぶ「職業選択の自由」と、どちらが重いかが判断されることになる。

分はきわめて悪いように思えるが。

62 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 17:31:36 ID:LM6C+DqS
>>59
公務員にそんな自由はない。警察の犯人逮捕と同じ職務だ。仕事しないなら辞めろ

63 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 17:33:49 ID:CCYulc/W
不起立・不斉唱程度で退職させられるはずもない。

本人がやめたいというなら話は別だが。

まぁ会社と同様、窓際扱いの転勤は当然あるでしょう。

64 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 17:35:18 ID:LM6C+DqS
>>60
仕事しないなら辞めさせられるのは当然だろ何言ってんだ?

65 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 17:40:28 ID:cGMarGia
>>62
休暇取る自由まで認めんかw
もう末期だなこの子ww

66 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 17:43:33 ID:LM6C+DqS
>>65
それぐらいは認めるが、生徒の晴れ舞台に出ない教師はどうかと。そう言えば根津公子は卒業入学式には絶対に参加して不起立してやると息巻いてたなぁ。こいつをどう思う?

67 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 17:49:25 ID:cGMarGia
>>66
暴れて阻止するんじゃなければ構わないと思うよ。
卒業生代表挨拶や、
「僕達」「私たちの」「「運動会」」(かなりうろ覚え)
卒業証書授与、
校歌斉唱
この辺があれば生徒の腫れの舞台としての体裁は整う。
卒業式と言う学校と生徒と保護者の儀式に君が代は必須とはいえんだろ。

68 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 18:02:12 ID:CCYulc/W
>>67 学校と生徒と保護者の儀式に

残念ですが、自分の子供でもないのに、教育制度に税金を払ってる一般市民への観点が抜けてます。

大体、「校歌斉唱」だって「国歌斉唱」と同じ価値はあるだろ
校歌斉唱で立たなければ、そりゃ非難されるだろ。

69 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 18:04:43 ID:cGMarGia
>>68
>残念ですが、自分の子供でもないのに、教育制度に税金を払ってる一般市民への観点が抜けてます。
税金払ってるんだから参政権よこせ、
って在日みたいな観点を持ち込まないで下さいw

70 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 18:29:57 ID:CCYulc/W
>>69 >って在日みたいな観点を持ち込まないで下さいw

無理です、
日本国民の日本国民による日本国民のための制度ですから。
(地方自治体に委譲されてるけどね)

71 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 18:39:07 ID:cGMarGia
>>70
>日本国民の日本国民による日本国民のための制度ですから。
それと卒業式で
国歌を歌わせるのと何の関係が?
反君が代派の国民だって税金払ってますよ。

72 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 18:53:17 ID:IxOxyB4e
ため

73 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 19:24:36 ID:fDQvF5ob
卒業式での教師の不起立というのは
自分では君が代反対の舞台を作れない者が
生徒の晴れの場を利用して一騒ぎするという、
大変卑怯な行為だ。



74 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 19:30:04 ID:fDQvF5ob
公立教師は税金をもらう側だという前提で話をしていときに、
公立教師も税金を払っていると言われても
それは文意が理解できていないだけだろう。

75 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 19:37:53 ID:CCYulc/W
>>71 自分達の権利を放棄する分には自由ですよ?



76 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 19:40:02 ID:BEPm9auF
汗のにおい

77 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 19:43:12 ID:BEPm9auF
公立教師はきらいだな・・・・・

78 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 19:50:19 ID:LM6C+DqS
>>67
式典には型がある。卒業証書授与、校歌斉唱,来賓の話、校長の話、国旗掲揚国歌斉唱等とい
う型が。一糸乱れてはならないのは型の性質の一部だから不起立は国旗を引き摺り下ろす、国
歌伴奏をラジオ体操のに変えるとかの積極的反対と一緒。そもそも学習指導要領に生徒が国旗
国歌を尊重するようにさせるとある。生徒に見られる教師が尊重せずに生徒が尊重するように
なる?って話。重要じゃないテストに出ないからどうでも良い?テストに出ないからやらなく
てよいと言うのは高校の未履修問題があれだけ大事になるのと同じで通らない。

79 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 20:02:21 ID:LM6C+DqS
>>61
どっちの分が悪いんだ?

80 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 20:26:37 ID:+es3Tl6+
>式典には型がある
>生徒に見られる教師が尊重せずに生徒が尊重するように

またかよ・・・

81 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 20:31:48 ID:CCYulc/W
どうしろってのよ・・・?

82 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 20:39:09 ID:+es3Tl6+
やらんでも良いと思うが
「型がある 型がある」と型にはまった言葉を
繰り返すのはどーもな

83 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 20:46:06 ID:CCYulc/W
じゃあ卒業式に関わらず、
いろんな式典には型があるけど、
そういうのもいらないの?

他にも、
飲み会には「乾杯」とか、
茶道だって型があるし、
挨拶だって大事でしょ?

やんなくてもいい、と言い出したら卒業式自体やらなくてもいい、という意見まで出るよ。



84 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 20:53:20 ID:+es3Tl6+
極端すぎない?
型があるのと
型は一つでしかないか否か
型をかえるって別のことでしょ

85 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 20:55:34 ID:+es3Tl6+
ある法律をかえようとすろと
「社会には法律が必要だ、法律そのものを無くそうという意見が出る」
というようなかんじか?

86 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 20:58:53 ID:CCYulc/W
ん? 「やらんでも良い」というから「型をなくしたい」と思ったが違うの?

今の型と違う型を提唱したいなら、検討してもいいと思うよ。
みんなの賛意が得られれば変えてもいいんじゃない?
ただ、いたずらに混乱させるのは良くないだろうけどね。

前スレだったが、忘れたけど、
式典中最初から立たせとけば無問題ってのもあったね。


87 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 21:04:24 ID:+es3Tl6+
別に国旗国歌が卒業式のメインでも目的でもないのに・・

88 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 21:06:15 ID:CCYulc/W
だれがメインと言ったの?

89 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 21:11:10 ID:CCYulc/W
まぁ、アメリカみたいに教室で毎日国旗見たり、しょっちゅう国歌演奏聴かされたりしてれば、
卒業式でわざわざやらなくてもいいかもしれないが、


・・・そっちの方がいいかい?

生徒が自然に愛国心を身につけれるなら、
そっちでもいいかもしれないよ?

私はゴメンだが・・・。

さて、メシ行ってくるんで後は任せた。

90 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 21:12:53 ID:cGMarGia
卒業式で卒業証書授与とか、贈る言葉とかを無くすと意味がなくなるが、
国旗国歌を省いて何の不都合が?
しかも天皇を讃える歌であって、生徒は含まれてないし、

91 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 21:14:55 ID:EYYN2b+N
トンドモる

92 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 21:16:28 ID:9vu+pKvt
くだらん人間ばかりのスレッドだな、ここわ

天皇バンザーイ!

93 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 21:49:13 ID:LM6C+DqS
>>90
学習指導要領に生徒が国旗国歌を尊重するようにさせると書いてある。卒業入学式は格好の機会
。学習指導要領に載っててもテストに出ないからどうでもいいと言うのは通らない。一年前に高
校の未履修があれだけ大事になったんだから。それと一緒。

94 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 22:03:39 ID:BOdm4MwI
http://jp.youtube.com/watch?v=FGeNJt04gI0&feature=related

95 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 22:11:54 ID:cGMarGia
>>93
テストに出る出ない以前にどう教えろってんだw
コンセプトだけ提示して具体的手段を現さないのはプレゼンとして最低だw

96 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 22:16:40 ID:+es3Tl6+
「お役所が決めから」を理由にしているようなものだな。

97 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 22:30:29 ID:fDQvF5ob
日本の国旗はひのまるです。
日本の国歌はきみがよです。
日本の公立学校の国語の授業では
日本語を教えます。
日本語わかりますか?



98 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 22:49:05 ID:LM6C+DqS
>>95
教師が尊重せずにその姿を見る生徒が尊重するようになる?だから教師は尊重しろ。やり方が
決められてないソースくれよ

99 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 22:52:38 ID:6N4Eie0q
>>63

仏の顔も三度まで。同じ命令違反を繰り返せば反省していないとして
処分は徐々に重くなり最後は懲戒免職は当然。

100 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 22:59:04 ID:6N4Eie0q
>>61

教師という職業を選び採用されるときに法律を守り上司の命令に従いますと宣誓つまり契約しているんだな。
契約違反をすれば不利益を被るのは当然。契約を結ぶ結ばないの自由はあっても結んだ正当な契約を
守らない自由はない。

101 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 23:02:55 ID:cGMarGia
>>98
カリキュラムやらアンチョコやらあるのならそっちが示してくれ、
無い事の証明は出来ない、

>教師が尊重せずにその姿を見る生徒が尊重するようになる?
やり方が示されておらず教師に丸投げなら「それが国旗国歌を尊重させるための私のやり方」って言われても否定しよう無いぜ、
つか日の丸君が代大好き先生はどう教えてるんだ?

102 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 23:02:57 ID:6N4Eie0q
それに判例では公務員の法的義務は個人の思想信条に反していても遂行すべしとなっている。

103 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 23:17:25 ID:cGMarGia
そこでここで大人気の法務大臣

104 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 23:39:23 ID:agYgc1/f
>>102
強制反対派もそこは否定してない。
そこ否定してしまったらどうしようもないからな。
論点がそこではないという事だ。

105 :朝まで名無しさん:2007/12/01(土) 23:51:50 ID:CCYulc/W
いや、まあ、強制反対派っていってもいろんな人がいるでしょ?

106 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 00:15:04 ID:G4l9fuiW
>>37
馬鹿か?民主主義を成り立たせるためには個個人が正確な判断を下せるようにならなくてはいけない。馬鹿になるのは有害なんだよ。自分の事だ
けにはならん。国を破壊することになる。勉強が出来るというのは馬鹿でない証明の1つだ。そういう意味から昔の制限選挙には意味があった。

107 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 00:15:13 ID:jRAfg8pJ
「教師が総理大臣を支持しないと、子供たちが支持しなくなくなる」などというのは
その程度の総理大臣ってことさ

108 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 00:17:38 ID:G4l9fuiW
>>107
IDwww。競馬板行けwww

109 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 00:19:36 ID:lYr6nzz3
国家と国民の象徴である天皇が歌わないのだからむしろ歌うほうが非国民。

110 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 04:35:32 ID:SA+Va6tz
>>109
天皇は必ず起立してるがな。
起立しないのは非国民でOK?


111 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 07:44:48 ID:bTQVr4Gj
では、歌う人と不起立の人は、みんな非国民ということでw

112 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 08:57:40 ID:2LBTMCC9
非国民だらけですね。

113 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 09:27:34 ID:jRAfg8pJ
別にどおってことないみたいだな。

114 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 10:37:17 ID:G4l9fuiW
>>102
>>104
日の丸掲揚君が代斉唱は職務でないと反対派は思ってるというレスが前スレかこのスレの最初の方にあった。論点にしてるわけだ。

115 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 11:25:12 ID:87SbBGhu
>>114
「職務に個人の思想信条を優先させても良いか」と「君が代斉唱は職務か否か」は別問題ですが。

116 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 13:46:35 ID:SA+Va6tz
「職務に個人の思想信条を優先させても良いか」
公務員として許されることではない。判例もある。

「君が代斉唱は職務か否か」
学習指導要領、および上司である校長の命令であるから、職務である。


117 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 14:08:34 ID:jRAfg8pJ
なにこの偉そうな人?

118 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 19:24:11 ID:SA+Va6tz
日の丸・君が代に反対の人は、日本という枠組みを壊したいんだよな?
その先には、現在その中でどっぷりつかって享受している経済・技術・文化・治安など、
日本の美点を失うことにつながっているのを理解しているのかね。


119 :朝まで名無しさん:2007/12/02(日) 23:22:04 ID:G4l9fuiW
>>118
反対派は2つ以上にわけられるだろ。1、教師への強制が憲法違反だから止めろ2、軍国主義の象徴だった日の丸君が代をそのままにするのはどうか
この2つが瞬間的に言える。他にもあればレスして。

120 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 01:52:28 ID:2y7z0bOn
>>118 ←こういうのを誇大妄想狂というんだろうか。

日の丸・君が代が、「日本の枠組み」に関わっているって??
どこをどう考えると、こういう妄想に至るんだろうか。


121 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 01:56:08 ID:2y7z0bOn
単なる国旗国歌フェチ、あるいは天皇狂と自認してくれた方が、議論は
現実にもとづいて堅実なものになるんだが。

ウヨクというのは、何事につけてもすぐに国家社会に結びつけて、大言壮語
したがるから、困ったものだ。

122 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 02:04:47 ID:2y7z0bOn
>>119
1 教師への起立斉唱の強制の憲法適合性。
2 学習指導要領が卒業式等で国旗掲揚・国歌斉唱を義務づけていることの政策的妥当性。
3 日本の国旗・国歌が日の丸・君が代であることの政策的妥当性。

もちろん、2について、学習指導要領の当該部分の違憲性をいう人がいるなど、
細かい論点を拾えば、これだけにとどまらないが。
しかし、主要な論点は上の3つではないかと思う。

反対派の各人は、上の論点について、それぞれ見解をもっているというだけで、
それによってグループに「分かれる」というようなことではないと思う。

123 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 03:50:49 ID:ZRhF6E3F
>>120-121
それは、物事の表面しか見えない、背後の意図がわからないだけだろ。
では、なぜ日の丸・君が代に反対するんだね?

国旗国歌とは、日本という共同体に属するアイデンティティを再確認するためのツール。
易しくいえば、国としてのまとまりを維持しようということだ。
その否定は、日本という枠組みを壊して世界市民とやらを志向することに他ならない。



124 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 04:02:54 ID:ZRhF6E3F
>>122
3 日の丸・君が代は、いずれも長い歴史を有しており、既に慣習として日本国民の間に広く定着している。国旗国歌としてふさわしく妥当である。

2 国旗国歌は、国民のアイデンティティを再確認するために非常に有用であり、
その尊重は生徒に学習させるのにふさわしい内容である。

1 教師は公務員であり、その公務の遂行は個人的な思想信条に優先
する。
前記2〜3により起立斉唱はは妥当であり、その強制は憲法に何ら抵触するものではない。


125 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 08:15:26 ID:2y7z0bOn
>>123
> 国旗国歌とは、日本という共同体に属するアイデンティティを再確認するためのツール。

たいていの日本人にとって、日本人としてのアイデンティティは、日本人の
両親から生まれ、日本文化の中で育ち、日本社会に生活し、日本国の運営に
参加することによって育まれる。

国旗国歌が日の丸・君が代でなくても、あるいは、そもそも国旗国歌がなくても、
日本人としてのアイデンティティは微動だにしない。

なに考えてるんだか・・・

126 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 08:22:09 ID:2y7z0bOn
>>123
> 易しくいえば、国としてのまとまりを維持しようということだ。

国としてのまとまりは、利害の共通性、国についての知識の教育、国の運営
への平等な参加保障などの多様な要因によって左右される。

国旗国歌も、それが国民の心にしみわたるようなものであれば多少なりとも
寄与するだろうが、日の丸はともかく、君が代のような過去の遺物では
それもかなわない。

きみは日本人としてのアイデンティティについても、国民の一体感についても
安易に考えすぎてますよ。


127 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 08:41:47 ID:ZRhF6E3F
>>125-126
では聞きたいのだが、君の考える国旗国歌の意義とは何かね?

何のために全ての国々に国旗や国歌が存在し、式典等で掲揚・斉唱されるのか?
なぜ自国のと同様に、他国の国旗・国歌をも尊重しなければならないのか?
アイデンティティを抜きにして説明できるんですかね?


128 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 09:19:19 ID:gKF8Oq9l
>>126

ばかまるだし。国歌と国旗のない独立主権国家は存在しない。独自の国歌と国旗を持っていることは
独立主権国家であることの重要なひとつの証だ。国旗国歌はいらないとうあんたは、日本は独立主権国家であるべきではない
植民地になるべきだと主張しているわけだ。たとえば台湾がその国家国旗を国際社会で掲げられないために
苦しんでいるのはどう思う。

129 :25:2007/12/03(月) 14:38:51 ID:z/Cov4qa
>>16
もう1回聞く。どういう意味?

130 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 14:44:25 ID:z/Cov4qa
>>31


131 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 14:47:58 ID:z/Cov4qa
>>31
>>全てのケースで憲法違反か否かは個別に考えるべき
じゃあ反対派は個別に訴訟起こすべきだっただろ?100人訴訟とかいって十把一絡げに扱ってくれと言ってるようなもの。

132 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 19:57:59 ID:/syHupQA
同じ理由の人がやってんじゃないの?

133 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 20:20:32 ID:z/Cov4qa
>>132
いや全てのケースで個別にって言ってるじゃん>>31は。

134 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 21:03:41 ID:/syHupQA
そういう意見の人なんでしょ

135 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 21:25:58 ID:2y7z0bOn
>>127
国旗は、最小限の機能としては国の識別記号だろう。
国歌は、その国を象徴する歌。国際的な催しで音楽が必要な場合にその曲が
使われるのは自然な成り行きだ。
いずれにしても、個人のアイデンティティ形成とは直接の関係がない。

> なぜ自国のと同様に、他国の国旗・国歌をも尊重しなければならないのか?

それこそ礼儀の問題でしょう。
ただし、国旗国歌に他人が敬意を表現することを妨げないことを礼儀とするのと
自国のであれ、他国のであれ、国旗国歌への敬意を強制することとは、まったく
別の問題だ。
そこには思想信条の自由をどのように保障するかという問題が存在するから。


136 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 21:32:19 ID:2y7z0bOn
>>128
独立した国家は国旗国歌をもつだろうが、国旗国歌を持ったからといって
独立国家とは言えない。

国家の独立は国際社会の承認の問題だからね。国旗国歌の存在とは
直接の関係がない。

しかし、きみもそうだが、なぜ直接の関係がない事柄を、やたらと国旗国歌に
結びつけるかね?

> 国旗国歌はいらないとうあんたは、日本は独立主権国家であるべきではない
> 植民地になるべきだと主張しているわけだ。

国旗国歌があれば独立が保証されるというわけかw
ところが、台湾は国旗国歌があるのに独立を承認されていない、と。
言ってることがむちゃくちゃだな。

137 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 21:43:54 ID:2y7z0bOn
>>128
ついでにいうと、私は、国旗国歌がなくても日本人としてのアイデンティティは形成
されうるといってるのであって、国旗国歌がいらないとは言っていないよ。

138 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 22:10:30 ID:2y7z0bOn
国歌というのは、国の建国理念を反映しているのが普通だ。
イギリスのように政体に連続性がある場合はともかく、
日本は日本国憲法の制定によって政体(国体)が明確に変更されたのだから
国歌も変更すべきだろう。

戦後は国歌の役割が限定的であったために、国歌は国民の強い関心の対象に
なっていないが、いずれは変更すべきものと思う。

139 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 22:18:06 ID:LwJoS04c
>>138 「建国」と言い出したら、
日本は2600年以上続く伝統国ですが?

例えそれが伝説だろうと、
天皇制が続く限り、国旗国歌も変わることはないでしょう。

140 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 23:29:09 ID:gKF8Oq9l
>>138
まあよくもまあうそばからべらべらと。

141 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 23:35:56 ID:gKF8Oq9l
>>135

論点をすり替えている。0点。公務員が命令に従わないのを罰する問題に思想信条の自由は全く関係はない。

142 :朝まで名無しさん:2007/12/03(月) 23:49:29 ID:gKF8Oq9l
結局あり得ないことが100%起きるという嘘をつき
起きていること事実には一切ふれないあるいは都合のいいところだけとりだして事実をゆがめる
サヨクの常套手段か。

143 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 01:40:31 ID:G90Wb6Tu
>>139
建国の意義をどう考えるかによるが、日本国の建国は1946年、この時に
国体は万世一系の天皇による統治から国民主権に変更されたということ
になるだろう。

建国の理念が2600年もの間不変だったとはいえない。

144 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 01:42:34 ID:G90Wb6Tu
>>140-142 
意味不明

わけのわからんレスは遠慮してくれ。


145 :31:2007/12/04(火) 04:35:53 ID:6WixJbSJ
>>131
>>28のような例をすぐに持ち出す人に対して言ってるの。

「自衛隊員が職務中に思想信条の自由を理由に〇〇〇〇の任務を拒否した」
「市役所勤務公務員が思想信条の自由を理由に〇〇〇〇の仕事を拒否した」
「生徒が思想信条の自由を理由に〇〇〇〇の学習を拒否した」

本件スレタイの問題が最終的に「憲法違反、原告勝訴」「憲法違反でない、原告敗訴」
のどちらかになった場合でも、上の三件もすなわち同じ結論、というわけではない。
といってるだけだよ。

146 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 04:57:03 ID:XQ4ejxxL
>>138
君は正しい。
日本のばかばかしいところは、つい最近やりだしたことを、まるで何千年も続いてるかのようにたいそうに言ってるところ。

日の丸って徳川の旗印でしょ?江戸以降のもんだわな。
君が代は明治からだし。
どちらも100年ちょっとの歴史。

ちなみに、戦争でぼろ負けした、ドイツもイタリアも国旗も国歌も変更してる。

戦争に負けたからって変えなくてはいけないってほうはないけどね。

でも、「君が代」はどう言い訳しても、天皇を「絶対専制君主」と仰ぐ、明治から昭和にかけての日本の歴史的でも特殊な時代のもの。
これは変えるのが普通だよね。

147 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 06:31:37 ID:cJXCABZn
>>135
>いずれにしても、個人のアイデンティティ形成とは直接の関係がない。

理由もなく断言されても、全く説得力がないな。
人間は、家族や地域社会、国といった枠組みに必ず所属する。
その中で個人のアイデンティティが形成され、メンバーの一員であることが自覚される。
その国を識別する国旗、その国を象徴する国歌が、なぜアイデンティティ形成に直接関係ないといえるのか?
正にアイデンティティ形成に直接的に関わるものだろう。


148 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 06:43:49 ID:cJXCABZn
>>138
>日本は日本国憲法の制定によって政体(国体)が明確に変更されたのだから

日本の建国を1945年としている学説はほとんど皆無だろう。
歴史年表を紐解いても、日本の建国は古代以前。
その日本の歴史を貫く縦糸として、天皇は正に日本を象徴している。

だが、君が代は天皇個人を指しているわけではなく、
日本の繁栄を祈った歌であり、日本の国歌としてふさわしいものだ。



149 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 06:49:47 ID:cJXCABZn
>>143
>建国の意義をどう考えるかによるが、日本国の建国は1946年

日本国の建国を1946年としている学説があるのかね?
それは、日本人の意識とはかなりの隔たりがあるだろうな。

政体の一部に変更があった程度では、建国とは呼べない。
1946年以前も以後も、日本の政体は天皇を君主とする立憲君主国だろ。


150 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 06:54:38 ID:8yeS4RKt
>>146

憲法や議会や裁判所のある絶対専制君主?
ばかまるだし。

151 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 06:59:11 ID:8yeS4RKt
結局サヨクって「嘘」しか根拠にしないしできない。主張に理がないから。

152 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 07:00:54 ID:8yeS4RKt
たまには事実とか真実を根拠にして主張してみなよ。

153 :朝から全突破:2007/12/04(火) 07:02:26 ID:3FRj6ZXs
告訴の準備を・・・。(鳩派でし)
幻聴妄想虚言癖で嵌められた方ですから・・・。

154 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 07:08:40 ID:QxdFq/EK
>>146
ドイツのハーケンクロイツに相当するのは、旭日章でございます。
また、イタリア王室章に相当するのは菊の御紋であり、
これはもともと日章旗にあしらってありませんでした。

従って、日章旗を変更するよりも、朝日新聞社がマラソンの度
沿道の野次馬に配布する旗にクレームをつけるほうがよほど
筋が通っております。

155 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 09:49:42 ID:nb5Vhe1e
君が代は、半島から来た元祖暴力団の親玉を称える歌。
支援者にゴロツキが多いのも納得出来る。

156 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 11:35:04 ID:XQ4ejxxL
>>150
「現人神」なんて北朝鮮の豚でも言わない。

神だってんだから、絶対専制君主以上じゃね〜の?
神聖にして犯すべからずの、陸海軍の統帥者だぜ?

だいたい右翼の間抜けは、天皇をありがたいのかありがたないのかもハッキリしない。

絶対専制君主のほうがありがたいだろ?お前たち、喜んで当たり前じゃないか。

「立憲君主制」なんてマッカーサーに言ったいいわけだぜ。
天皇が立憲君主なんて「売春婦が処女だ」って言ってるみたいなもの。



157 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 11:39:51 ID:P901i4It
くだらねえ例え

158 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 15:47:12 ID:nVer7+h7
>>156
頭悪そうだな、お前w

159 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 17:13:55 ID:XQ4ejxxL
>>157
>>158

反論になってない。

議論と言うもののできない社会のクズ。


160 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 17:19:25 ID:afasDgj2
>>156 のような決め付け・思い込み野郎も議論できてないけどな。


161 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 18:13:04 ID:6OALCRKQ
君が代は下々が天皇を讃える歌だから、天皇は起立をするが歌わない。
少なくとも天皇か天皇に支持を出している宮内庁や政府はそのつもりだろう。
国民主権国家の国歌には相応しくない歌だ。

162 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 18:14:49 ID:cE9NhDq0
>>145
でも憲法違反と訴えられかねないことやってる教師がこれは憲法違反と叫ぶのはどうかと。

163 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 19:42:11 ID:xKrDsZpq
いるの? 訴える人?

164 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 20:14:24 ID:cE9NhDq0
>>163
かねないと書いたからね。可能性の問題。

165 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 21:22:37 ID:8yeS4RKt
>>161

無知。イギリスの国歌しらねーんだな。

166 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 21:33:28 ID:6OALCRKQ
>>165
イギリスは名目上女王主権国家ですよ。
そういう国で国王賛美の歌はむしろ当然だろ。

167 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 21:36:24 ID:8yeS4RKt
これ以上無知をさらさすな。ひっこめ。見苦しい。
無知は犯罪なんだよ。

168 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 21:40:21 ID:6OALCRKQ
現在のイギリス連邦各国もイギリス国歌だったが現在は違う歌詞に変えている。

169 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 21:43:13 ID:8yeS4RKt
またばかさらしてやがる。英連邦の国歌と加盟各国の国歌はもともと別だ。

170 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 21:57:50 ID:6OALCRKQ
何はともあれ、【王国】であり王族、貴族、庶民といった階級がいまだ残り成文憲法の無いイギリスは引き合いに出すのは不適当。

171 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:01:08 ID:8yeS4RKt
もうこなくていいよー。無知なのはこれ以上ないくらいよーくわかったから。

172 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:02:19 ID:6OALCRKQ
具体的にどう間違っているのか何一つ示さない ID:8yeS4RKtに乾杯

173 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:03:15 ID:8yeS4RKt
やっぱりサヨクって嘘つき。

174 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:04:36 ID:8yeS4RKt
>>172

つまり自分は嘘つきだと認めたわけか。

175 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:05:20 ID:6OALCRKQ
>>174
俺が何か間違って覚えているのなら是非御教授願いたい、と言ってるんだが。

176 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:09:13 ID:8yeS4RKt
まず日本国憲法を読みましょうね。

177 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:10:16 ID:8yeS4RKt
あ、サヨクの日本国憲法は9条しか書いてなくて後は黒塗りだったっけ。

178 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:10:49 ID:6OALCRKQ
国民が主権者だと一条にハッキリ書いてあるが。

179 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:14:25 ID:8yeS4RKt
あとは黒塗りかい。

180 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:15:54 ID:6OALCRKQ
wwwww
何が言いたいか察しが付かんわけじゃ無いが、お前様の手で書き込んでもらいたいなwww

181 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:16:54 ID:8yeS4RKt
国民主権を定めるのは前文。
一条は天皇の地位を定めたもの。
ああ無知。

182 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:18:15 ID:8yeS4RKt
1条は国民主権の規定とは珍説もいいとこだね。これこそwww

183 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:19:30 ID:6OALCRKQ
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、“主権の存する日本国民”の総意に基く。
別に【定めた】だなどと言うとらんがw

184 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:26:28 ID:8yeS4RKt
さあ、苦しくなって参りました。次に飛び出す珍説は何でしょうか。
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、
という条文と
君が代
がどう矛盾するのか。みなはらはらして見守っております。

185 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:29:22 ID:6OALCRKQ
その前にとりあえずイギリス国歌がどう関わるのかハッキリさせてくれw

186 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:34:38 ID:8yeS4RKt
イギリスがいまも絶対専制君主制だと思っている馬鹿。名誉革命は17世紀だよ。
不文憲法が成文憲法に劣るってのもあほまるだし。

187 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:35:29 ID:6OALCRKQ
>>186
>イギリスがいまも絶対専制君主制だと思っている馬鹿。
んなこた言ってねーよww

188 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:35:52 ID:8yeS4RKt
1条で勝てないからイギリスっていってみたんだろうけどどっちも勝ち目ないよ。

189 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:36:41 ID:6OALCRKQ
イギリス持ち出したのお前だyo!w

190 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:37:01 ID:8yeS4RKt
国民主権と君主制が共存しないってばかまるだし。民主主義の牙城のEU内に王国っていくつあんだろうね。

191 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:38:20 ID:6OALCRKQ
でも日本は王国でも帝国でもない。
引き合いに出すものが根本的に間違っている。

192 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:42:48 ID:8yeS4RKt
またまたばかまるだし。立憲君主制の一形態であるのが国内外での定説。
また天皇の国際的な呼称は現在でも"His Majesty, the Emperor of Japan"なんだがな。
王国とか帝国ではないかもしれんがそれ以上に共和国じゃないよ。
日本に民選の大統領はいませんから。

193 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:50:48 ID:6OALCRKQ
国際的な呼び名
って言葉のトリックだぞ。
自衛隊の「国際的な呼び名」は“Japan army”だしな、
外国がどう呼ぶかと本国でどうかは又別の話。

>王国とか帝国ではないかもしれんがそれ以上に共和国じゃないよ。
分かってるじゃ無いか!!
王国でも帝国でも共和国でもないだけの話。

194 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:50:53 ID:8yeS4RKt
形式だけだが
天皇は内閣総理大臣と最高裁長官を任命し
国会の召集と解散をする。
法律は天皇が公布する。
憲法読んだ?

195 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:52:31 ID:8yeS4RKt
ま、立憲君主制の一形態だからヨーロッパの王国は十分比較対象になるね。
次の珍説をお待ちしています。

196 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 22:57:20 ID:6OALCRKQ
いつの間にやら天皇が元首かどうか、と言う話にずれて来ているな。
君が代が下々が天皇を讃える歌なら王国でも帝国でもない国民主権国家の国歌には相応しくない。
君が代が政府の言うように天皇と天皇を象徴とする国家と国民を讃える歌なら、国家と国民も讃える歌を歌わない天皇は不遜にも程があると言うこと。

197 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:01:06 ID:8yeS4RKt
天皇いえども国家斉唱時に起立してますよー。不起立教師さん。

198 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:02:43 ID:6OALCRKQ
>天皇いえども国家斉唱時に起立してますよー
そりゃそうだろ、
有象無象の下々が自分を讃える歌を歌ってるんだから。
だがそのスタンスが問題。

199 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:04:05 ID:8yeS4RKt
また日本国は立憲君主制の一形態というのが国内外の定説。
憲法は天皇の日本国と日本国民の象徴とされているので
君が代の君が天皇をさそうが国民をさそうが違いはない。
また政府の公式見解に君が代の君が天皇を指ものではないとした物はあっても
さすとしたものはない。ああ、やっぱりどこまでいっても嘘つき。

200 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:07:08 ID:6OALCRKQ
>>199
>また政府の公式見解に君が代の君が天皇を指ものではないとした物はあっても
>さすとしたものはない。
なら尚の事天皇のスタンスは「下々を讃える舌なんかもたねー」て事になる。
何のフォローにもなってないよw

201 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:07:47 ID:pUP2AD5B
テレ朝の報ステは日の丸・君が代は強制するなと主張してるくせに
サッカーや野球の日本代表試合を大きく取り上げて日の丸のためにと
一番騒いでるよね。
何なんだ?

202 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:08:40 ID:pUP2AD5B
テレ朝の報ステは日の丸・君が代は強制するなと主張してるくせに
サッカーや野球の日本代表試合を大きく取り上げて日の丸のためにと
一番騒いでるよね。
何なんだ?

203 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:12:36 ID:8yeS4RKt
>>200

みてきたような嘘はもういいからさ。
次の嘘による珍説をお願いね。

204 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:15:34 ID:6OALCRKQ
>>203
天皇は歌っていない、と言う事実からの推測であって“見てきたような”でもなければ“嘘”を吐きようも無いよw

205 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:24:29 ID:8yeS4RKt
やけにそこにこだわると思ったら共産党かね。
宮本を神聖不可侵として絶対崇拝していた。

206 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:28:24 ID:6OALCRKQ
また話をそらすw
違うと言っても証明する手立ては無いからその辺は好きに思えばいいよ。

207 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:32:25 ID:MMfcaY+q
ていうか、

国民が「自主的に」天皇を祀り上げてるんだから問題ないわさ。
もちろん、全員ではないのは当然だが、
口を大にして公言できる権力者はいない。

日本は昔からそうでしょ?
「天皇」は利用するものであって、「天皇」自身が権力者ではない。

明治から敗戦までが特殊。

208 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:35:11 ID:6OALCRKQ
>>207
なら天皇は天皇で「自分を象徴とるす国家と国民を讃える歌」を自主的に歌うべきだろうさ、
本当に君が代にそういう意味があればだが。

209 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:37:12 ID:MMfcaY+q
>>208 なにが「なら」?

 それは君の主張であって、>>207の文とは全く関係ないのだけど?

210 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:40:04 ID:5TcSkz25
@天皇が国歌を歌わない事に付いて→不遜だ
A天皇も起立はしている事に付いて→下々が自分を讃える歌を歌ってるのだから当然

@とAでID:6OALCRKQの立ち位置が違ってる。
典型的なダブスタだな。

211 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:41:09 ID:6OALCRKQ
俺の中では矛盾無く繋がったんだが、言語化するのは面倒だから俺の誤読と言う事で良いや。

212 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:43:33 ID:8yeS4RKt
君が代の君が天皇を指すという説と指さないという説があって
指すという説なら天皇が歌わないのはなんの問題もない。
直接指さないにしても天皇は歌わないのが慣習だからそっちでも問題はない。
公務員が起立しないのは礼儀違反の慣習違反の命令違反だから問題。

213 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:47:54 ID:6OALCRKQ
>>210
1 君が代の君は天皇を象徴とする国家と国民を指す説
この場合天皇は国家と国民を讃えるつもりは無いと言う事になる。 

2 君が代の君は天皇だけを指す説 
この場合天皇にとって君が代は「下々が自分を讃える歌」だから起立はしても歌わないということになる。

どちらの説、どちらの立場をとっても不快だということ。

214 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:48:10 ID:8yeS4RKt
立憲君主国と国民主権は相対立し矛盾するという主張も国民主権の民主国家ばかりのヨーロッパに王国がたくさんある事実の前には
なんの根拠もない珍説でしかありません。

215 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:49:35 ID:6OALCRKQ
>>212
>直接指さないにしても天皇は歌わないのが慣習だからそっちでも問題はない。
昭和天皇はその限りではない。
明治、大正、戦前の昭和は知らん。

216 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:50:56 ID:8yeS4RKt
>>214

俺が不快だからみんなも不快だろ、な、な、ってやっちゃいかんことを注意されて開きなるちんぴらの台詞。

217 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:51:20 ID:G90Wb6Tu
>>212
> 君が代の君が天皇を指すという説と指さないという説があって

指さないという説にどれほどの根拠があるか知らないが、
政府の見解は、「君」は天皇だというものということでいいのか?

218 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:52:31 ID:MMfcaY+q
>>213 つまり駄々っ子のように、明確な説明も出来ず、
「嫌いなものは嫌いだぁい!」としか言えないわけですね。

・・・まぁ最初からそう言ったほうが、みんな優しくしてあげれると思いますよ。



219 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:56:14 ID:6OALCRKQ
>>218
ちゃんと明確に説明しているじゃ無いか。
突き詰めれば何でも感情に繋がるし、
感情を度外視し、虫の様に生きられるのなら国旗国歌自体がそもそも要らん。

220 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:57:15 ID:G90Wb6Tu
いや、>>213は十分に明快な説明だと思うが。

221 :朝まで名無しさん:2007/12/04(火) 23:58:42 ID:MMfcaY+q
>>220 だって、全部彼の主観での解釈だよ?

222 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:01:41 ID:G90Wb6Tu
>>221
主観の説明として明快じゃないか。
筋道は通っている。

223 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:06:11 ID:G90Wb6Tu
ID:8yeS4RKtのような無知蒙昧の輩よりはよほどマシ。

182 名前: 朝まで名無しさん [sage] 投稿日: 2007/12/04(火) 22:18:15 ID:8yeS4RKt
1条は国民主権の規定とは珍説もいいとこだね。これこそwww

199 名前: 朝まで名無しさん [sage] 投稿日: 2007/12/04(火) 23:04:05 ID:8yeS4RKt

また政府の公式見解に君が代の君が天皇を指ものではないとした物はあっても
さすとしたものはない。

224 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:06:54 ID:zYC9yHTN
イギリス国歌のような君主賛美もなく
フランス国歌のような血なまぐささもなく
日本の末永い繁栄をというおだやかな国歌に
そこまで敵意をむき出しにできるというのは
なんなんだろうね。

225 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:08:07 ID:zYC9yHTN
>>223

自分が無知だからほかも無知ってばかですか。

226 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:08:30 ID:LqStn3vt
>>224
君が代が、思想を弾圧し、無益な戦火の中に数千万の人命を犠牲にした
天皇制政府の象徴的な装置だったからだろ。

227 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:09:13 ID:zYC9yHTN
無知を指摘され続けてきれたかな。

228 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:09:14 ID:LqStn3vt
>>225
いくら君自身が無知ではないと考えていても、無知なものはしかたがないw

229 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:09:36 ID:zYC9yHTN
歌にそこまで力があるってアニメの見過ぎ。

230 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:10:17 ID:nVPo2DKk
>>224
「日本の」では無いんだよ。
あくまで「天皇の」。
少なくとも天皇はそのつもり。

231 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:10:25 ID:LqStn3vt
>>227
人の無知を指摘し続けてきたのが、無知な君だったのが困ったところだ。

232 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:12:17 ID:zYC9yHTN

>>230

またまたみてきたようなうそをいい。

233 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:12:33 ID:yWJjcS7J
共産党弾圧など、どこの国でもあったし、天皇制云々は関係ない。

戦争で大勢の人間が死んだのは、文明の衝突。
別に天皇制があろうがなかろうが、君が代・日の丸があろうがなかろうが、国益がぶつかり合えば当然のこと。


234 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:12:35 ID:LqStn3vt
>>229
君が代を歌わないと日本人としてのアイデンティティが崩壊するという
君が代フェチほどじゃないがね。

235 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:14:31 ID:nVPo2DKk
>>232
天皇だけを指すにしろ、国家と国民を含めるにしろ、
天皇は歌わないいじょう他にどういう解釈がある?

236 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:14:44 ID:zYC9yHTN
国家斉唱時に起立すると人格が破壊される?
歌にそこまで破壊力があるって麻薬かよ。

237 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:14:47 ID:LqStn3vt
>>233
歴史の“if”に逃げ込むわけかw

238 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:15:36 ID:LqStn3vt
>>236
人格が破壊されるなどという人はいないが、思想信条の自由は侵害されるな。

239 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:16:12 ID:EALk9JX1
>>213
「もしも1の説を取るなら」天皇が国歌を歌わないのは不遜だって事でしょ?
前提変えてしまうなら上の主張自体取り消しになるんだけど。
1と2、それぞれの立場から意見を述べるのは結構。
でも1の立場からの主張に2の立場から反論したらダメでしょ。

240 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:17:44 ID:LqStn3vt
>>233
だが、現実に共産主義者をはじめ国民の思想を統制・弾圧し、
戦争で多数を死なせたのは、天皇制政府だったわけだが。

241 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:19:29 ID:zYC9yHTN
公務中の公務員の職務は個人の思想信条に反していても遂行すべきものですね。
法律も判例もそうなっています。思想信条の自由は絶対不可侵ではありません。

242 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:20:40 ID:zYC9yHTN
>>240

共産党は銀行強盗や殺人や傷害など刑法犯として投獄されていたわけで思想犯ではありませんでしたとさ。

243 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:20:50 ID:LqStn3vt
>>241
それでいいんじゃないですか。

思想信条の自由も絶対不可侵のものではありません。
しかし、起立斉唱の強制は思想信条の自由の侵害です。

244 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:22:10 ID:LqStn3vt
>>242
共産党をはじめ思想犯を取り締まった検事は、当時「思想係」と呼ばれて
いたのに?w

245 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:23:11 ID:yWJjcS7J
>>237 歴史に”if”はありませんよ。

現実に起きていることです。

246 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:25:26 ID:zYC9yHTN
謝罪広告させる裁判所の命令ですら内心からの謝罪をさせるわけではないから内心の自由を侵さない無問題とされているのに
国家斉唱時の起立が内心の自由を侵すわけがない。みんな礼儀としてやっているわけで。

247 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:27:39 ID:zYC9yHTN
>>243

公務中の公務員に正当な命令に従わない自由はない。
あるとすればやめる自由だけ。

248 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:29:10 ID:nVPo2DKk
>>246
人間の心はみえず、表れる言動で推測するしかない。

その理屈が通るのならキリスト教を信仰しなければ殺される中世ヨーロッパでも、
キリスト教を信仰すると殺される江戸時代でも「内心の自由」は侵害されてはいなかったと言うことにもなりかねない。

249 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:29:31 ID:zYC9yHTN
国家斉唱時に起立したからと言って特定の思想信条の表現にはならない。みんなやっているんだから。
したがって思想信条の自由の侵害にはならない。

250 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 00:33:12 ID:zYC9yHTN
>>248

謝罪広告以上の行為を求めるのは内心の自由の侵害になる。公衆の面前で面と向かって土下座しろとかはな。

251 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 01:51:22 ID:tSSayJDb



【外国人参政権付与は「北朝鮮反日カルト宗教基地学会」の陰謀】


【密約】外国人参政権と布教解禁【大作と大中】
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1098758191/



北朝鮮反日カルト宗教基地学会の【日本支配】を阻止すべし



北朝鮮反日カルト宗教基地学会による【犯罪被害者の会】
http://www.toride.org/
↑【真の日本】を【知る為には「熟読」が必要】
【北朝鮮反日カルト宗教基地学会】による
【日本乗っ取り】etc


【外国人参政権付与】は【北朝鮮反日カルト宗教基地学会】による
【日本支配最終段階への布石】である




252 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/05(水) 01:56:52 ID:QSZv8HNK
>>21
>生徒にとっては一生に一度。
>卒業式ぐらい、自己主張なしでちゃんとして。

卒業式に国旗掲揚と国歌斉唱はあるべきだろう。
国家が支出して実現する式典なのだから。

しかし、だからといって恩着せがましくなんかすれば、
国民から自立を奪うだけだろう。

元はといえば、税金を払っているのは国民なのだから、
自立的な経済活動を展開してくれないと困るだろ。
日本は、劣った社会主義国家なんかじゃない。
教育は、公務員や準公務員だけを生産するために存在するものでもない。

第一、起立しない者、斉唱しない者が少数発生したところで、
それにこだわるという姿勢そのものが「全体主義的」だ。
(てか、前後が多忙な卒業に、式典進行の細部にこだわってる香具師はおらん。
 オイなんか、卒業式の道具に日章旗があったのか国歌斉唱があったのかも失念した。)

強制すれば、反感が拡がるか、逆に国家への依存度を高めるだけだろ。
実際問題、この分野で見事な統制を発揮するのは、全体主義国家だけだ。


253 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/05(水) 01:57:46 ID:QSZv8HNK
>>22
>一月十五日に市長相手に自己主張する人とどこが違うんだ?

ヒーロー気取りで目立つ妨害するのと、
不起立不斉唱などで目立たない思想の吐露するのは違うでしょ
覇気を発揮したくないなら、画期的に放置するしかないだろ。
それを取り締まろうと魂胆する方が、「悪意的」だし無意味だ。そして無理が発生する。
しかも、反国家のヒーローを作り出しかねない。

この両者、少なくともIQが違っている。
(愛嬌は逆に、成人式を妨害するバカにあるかも・・・・・ただし893にご就職向けの愛嬌。)w

254 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/05(水) 01:58:40 ID:QSZv8HNK
>>23
>教える事は(教える側の)自由じゃありません。

それは学習指導要領に抵触してるってだけの話。
しかし、教委側がこの一点に拘ることは、教育そのものを国旗と国歌に矮小化させかねない事態だ。

>「本来人間が自由」という前提は、
>ある一定の立場・学説の方にとってはそうかもしれないが、
>世界各地の社会・文化・集団にとって、共通の概念とは言えません。

限定的なポジショニングから発する言葉じゃないよ。「天恵の自由」は。
すべての、民主主義を理念とする国家群が、大前提としてきたことと言っても過言じゃない。
日本もまた、デモクラシーを基本理念とする。

>>25
>>21のレスからご明察下さい。

>>27
>初等中等教育では教師の思想信条を教える自由はありません。
>全国均一の教育を提供する公共の福祉の方が優先です。
>自分の思想信条を教える自由が保障されているのは大学以上です。

高校はどうする?
多くの生徒が青春の渦中にある。
てか、小中学校から民主主義を教えないなんて聞いたこと無いぞ。

255 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/05(水) 01:59:18 ID:QSZv8HNK
>>28
>反対派の教師がどんなことやってるか。授業中に居眠りしてたら怒り、廊下にその教師とある生徒だ
>けしか居なくて誰にも迷惑かけるとは思えなくても注意し、茶髪は禁止だと言う。誰にも迷惑かけてないの
>に注意するのは憲法の成立意義からいって違憲じゃね?

教師が生活規範、その最低限を教えるのは義務だ。
(てか、ホントは家庭の責任だろうな。ここが崩れてたりするから、負担が教育者へもいく。)
茶髪の禁止などは、学業へ専念するべき性格から、トーゼンの話でしかない。
教育機関は、ファッションショーをやるところじゃないし、それを競争する所でもない。

眼前の自由を味あわせて、知育をおろそかにすることこそ、
その生徒個人の将来の自由を大きく制限することだ。

>違憲なことやっといて自分の番になったらこの規則
>は違憲だから従わないというのはダブルスタンダードで許せんな。

生徒を規制することが違憲に該当しない以上、ダブスタという批判は当たらない。
生徒個人の宗教や思想の自由まで、制限しているわけではないだろう。

>>30
ま、病気で若ハゲだったりしたら、カツラとか認めれば良いがな。
(そこらへんでも校則が禁止してる例があるらしいけどな。
 ・・・・・もともと赤毛なのを黒毛に染めさせたりとか。
 一律化しないと安心できない、例外例を認めないという杓子定規な点は、唾棄すべき所と思う。)

256 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 03:21:54 ID:SH0X+flq
>>252-255
生徒・保護者には強制していない。
強制はあくまで公務員たる教職員の職務に対して。これには反論の余地がないと思われる。

自由についてだが、民主主義の前提になる自由も、無条件・無制限なものではないだろ。
民主主義を教えるにしても、自由と同時に勝手に振舞うことが自由ではないことも教えなければならない。
入学式・卒業式で国旗掲揚・国歌斉唱を指導するのは、民主主義に反してはいない。
要は、個人主義と全体主義のバランスだと思うがな。(どちらに偏ってもダメ)


257 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 03:45:36 ID:rgEwuJmg
>>256

集団自決は強制ではないですよ、「戦陣訓」は軍人向けのもので、
勘違いした民間人はいるかもしれませんが。と同じ理論だ。

現場を見ろ。「お立ちください」と、何度も何度も連呼している。

「強制ではありません。ご協力できる方はお立ちください」
一度のみ言う。式次第に生徒、保護者に強制ではないと明記する。

以上2点を行えば「せいと・保護者へは強制していない」と認めてあげよう。

「金融商品取引法」なみの事前説明をすべき。

258 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 07:06:40 ID:iIjKl07U

天ちゃんは世界に類をみない 最高の外交使節。
大切にしましょう。大変な職業だよ。

きれいごとの自己満足・文明退化屁理屈で反対してるやつは
しょせん、蘇我や物部とおなじ。
あんたらの血のなかに、天ちゃんに取って変わりたいという、
自分が天ちゃんになりたいという気持ちを屁理屈でごまかしているだけ。
ホントウは自分が天ちゃんになるはずだったのに・・・。
という血の叫びをきれい事にして、善良な一般民衆を巻き込んでる。

権力闘争の好きな貴族様=サヨク=反体制=ヤクザ=右翼=朝鮮人=中国様
てなもん。

サヨクが独裁と虐殺がすきな反体制で下克上で自分が天ちゃんになりかわり、
民衆を踏みつけてくんりんしたいってのは、
宗教やきれい事の名を借りて、その実、捏造と画策で暗躍してきている歴史人物、
こういうことを オマエラのすきな歴史が証明しているよ。

日本は農耕民族が主体で、世界でもめずらしい「思いやり」という概念をもつ国。
他の言語体系には希な概念。
サヨク=右翼は そういう概念を持たない狩猟民族の血が濃いのだろうな。

5万年の人類の歴史を振り返り、己の血の叫びをもう一度素直にきいてみな。







259 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 07:14:34 ID:yWJjcS7J
>>254 残念ながら
自由を保障しているのはあくまで国家。
また本来、デモクラシーとは国民(市民)としての義務を遂行できるものが、自由の権利を得る。


それにしても・・・ >劣った社会主義国家
こ言い方に凄い差別主義的な思考を感じるぞ?
他国の価値観を認めないアメリカみたいな・・・。


260 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 07:15:44 ID:zYC9yHTN
>>254

高校は中等教育ですよ。小中学校と書いてないだろ。

261 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 07:21:19 ID:zYC9yHTN
>>257

協力するつもりが最初からないなら出席すべきではない。
列席者に出席するしないの自由はあっても
出席して式の進行を妨げる自由はない。

262 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 08:16:56 ID:OrjtWTAZ
>>257
不起立派としては、起立しなかった事にたいする懲罰があるから
「強制」だと言っていたと思ったが
求める事自体が強制であるという事?


263 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 08:23:25 ID:rgEwuJmg
>>262
そういうことになるな。

逆に聞きたい。例えば貴方は
>>261の意見をどう思う?

264 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 09:34:15 ID:rtLRR80x
「君が代・日の丸問題」ってのは、すべて戦争責任のごまかしに始まる。
特に天皇の戦争責任だ。

「戦争時の天皇の役割はいまだ明らかにされてない」こんなことがいまだに放置されている。
「マッカーサーと天皇の会見」もそうだ、何を話し合ったかは秘密のまま。

そして「うわさ話」として、「天皇は私はどうなってもいい、国民を飢えさせないでほしい。」と言った報道が流される。

まさしく日本の戦後は、「クロを白と言いくるめるごまかし」に始まったと言える。

君が代の君は天皇のことではない、天皇は立憲君主で政治に口出しはしなかった・・・・等々

265 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 09:42:13 ID:dd5g0n5D
で、自分だけは真実を知る正義の闘士だと信じている・・・・と。w


266 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 10:33:45 ID:WfkOg3uh
>>255
自由が大切なんだろ?何故子供のサボりたい自由が駄目で大人の自由は良いんだ?

267 :25:2007/12/05(水) 10:42:01 ID:WfkOg3uh
>>252
やっぱり良くワカンね

268 :25:2007/12/05(水) 10:46:56 ID:WfkOg3uh
>>254
>>252読んだけどやっぱり良く分からない。説明して。

269 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 10:57:25 ID:WfkOg3uh
>>255
サボりたいという生徒の思想の自由を侵害してると>>20の考えから言えると思うが。

270 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 11:06:13 ID:WfkOg3uh
君が代斉唱日の丸掲揚強制程度で自由が失われるか…どんだけ軽い自由だよwww

271 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 14:59:33 ID:SH0X+flq
>>257
>現場を見ろ。「お立ちください」と、何度も何度も連呼している。

生徒・保護者に対して連呼しているなんて聞いたことがないんだが。
捏造でなければソース希望。


272 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 15:05:48 ID:rgEwuJmg
>>271
もうすぐ卒業式シーズンだな。いつでも見られるよw


「都立高校保護者に対する「君が代」起立状況調査」

↑このキーワードで検索してみろよ

273 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 15:20:34 ID:dd5g0n5D
馬鹿馬鹿しい。いい大人が起立のの一つもできないのかよ

274 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 15:35:42 ID:vgq8gSSt
こいつらは自分の思い込みで
人の一生の思い出を台無しにしておいて
ああでもないこうでもないと自己正当化する。
そんな自己主張イラナインダヨ。
先生と呼ばれる人間が卒業式でやることではない。
がっかりだよ。まじで。




275 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 19:25:41 ID:dWjjVuBc
>>272
>「都立高校保護者に対する「君が代」起立状況調査」

検索してみたが、それは保護者が起立したかどうかを調査したものだな。
生徒・保護者に対して連呼しているなんて、どこにもないが?
また捏造かよ。反対のまともな根拠もないんだな。


276 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 19:39:12 ID:323/TBPH
また、あやしい三連発だな
文体がわざとらしい

277 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 20:36:56 ID:nCsmErfb
>>275
>それは保護者が起立したかどうかを調査したものだな。
そもそもなんでそんなものを調査する必要が有るのか?

278 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 21:33:28 ID:xKNH9TtR
>>277
それは問題でない。>>272は保護者に強制しているソースを出さない限り捏造者の謗りを逃れられない。

279 :朝まで名無しさん:2007/12/05(水) 23:44:25 ID:kaltu+lv
英政府のゴールドスミス市民権問題担当顧問は4日、BBC放送の番組で、反スコットランド的な
内容を含む国歌「ゴッド・セーブ・ザ・クイーン」をめぐり懸念が寄せられていることを明らかにする
とともに、「国家を結び付けるものが何かについて、さまざまな形で検討していかなくてはならない」
と述べ、今後歌詞が変更される可能性を示唆した。

英国歌の第6節には「反体制的なスコットランド人」を粉砕するため神の助けを懇願する部分があり、
ゴールドスミス氏によると、これについて「多数の人々」が問題を提起した。同氏は修正を勧告するか
どうかは決めていないとしながらも、「国歌はわれわれの国家的伝統の重要な一部だ」と強調した。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007120500058


280 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 01:38:32 ID:vKokl0nI
>>269 横レス。

サボる自由とサボりたいという思想の自由の区別ができていないんじゃないか。

サボった生徒に懲罰を加えることに別段の制約はないだろう。
生徒は同意していると構成してもいいし、学校の管理権はそのような権限を
含むと解釈してもいい。行為の規制は世の中にいくらでもあるし、法が特別に
禁止している場合以外は許される。このように規制しても生徒の思想は
手つかずのままだ。

しかし、生徒に「サボりたいという思想は誤りであり、そう思った自分はこの
学校の生徒としてふさわしくない」と、懲罰をちらつかせて言わせれば、まさに
生徒の思想を直接に管理するものとして、思想の自由が問題になる。

サボる自由は憲法で保障されていないが、サボりたいという思想の自由は
憲法で保障されている。思想の自由が問題になるのは、きわめて限局された
場合だ。

君が代の起立斉唱命令は、その限局された場合に該当するというのが
反対派の考えだろう。


281 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/06(木) 02:10:45 ID:JyTCu22Q
>>256
>強制はあくまで公務員たる教職員の職務に対して。

教職員に強制すれば、当然、
>現場を見ろ。「お立ちください」と、何度も何度も連呼している。(>>257
という話にもなる。

保護者に要請しなければならなくなること自体が、強制性を指し示している。
愛国心を強制できるなどと考えてることそれ自体が、国家を著しく劣ったものにしている。
愛国心はあくまで、自然自発的なものでなければならない。
国民の自由を守る国家があって、初めて守るべき国家となることも自明だ。
それこそ国家の品格ではないのか?

>自由についてだが、民主主義の前提になる自由も、無条件・無制限なものではないだろ。

もちろん他者の自由を阻害したり奪ったりする自由など、認められない。
そのような振る舞いに対しては、厳正に処分されるべきだ。
これは単純化すれば、自由を否定するような自由は認められない、ということでしょう。

>入学式・卒業式で国旗掲揚・国歌斉唱を指導するのは、民主主義に反してはいない。

国旗掲揚と国歌斉唱も、これは国家側の自由(意思の表明)なのだから守られなければならないが、
悪意で反駁したい自由個人に強制することなど、基本的に不可能だ。

また、強制で実現した国旗掲揚と国歌斉唱など、愛国心の表明として何の価値もない。
予め形骸化させられている愛国心など、憲法9条第2項とともに、必要がない。

国旗掲揚と国歌斉唱だけは立派にこなしながら、
その実、利権をむさぼってるようなカスは見たくもないし(しかし発生するのは世の常)、
予め、個に対する公の優勢なんかが既成化されてたら、
上部の悪を糾弾するアクションにも、自己規制がかかってしまう。

282 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/06(木) 02:11:30 ID:JyTCu22Q
愛国心は、隠れ蓑に成り下がらされる代物などではないはずだ。
左右どちら側からでも、国民の権利が守られ伸長させられてこそ、
守るべき国家も生まれてくるのだから。

>要は、個人主義と全体主義のバランスだと思うがな。(どちらに偏ってもダメ)

まぁ、自由と規範意識のバランスのことだと了解しますが
(「全体主義」は完全にバランスを失しているから「全体主義」)、
規範意識の欠如は、実害を伴ってしか処分の対象と出来ない。

引っ越し騒音おばんに代表されちまうように、
他者の自由への侵害が確認できてこそ罰することも可能であって、
不起立不斉唱など、国旗掲揚と国歌斉唱の自由を侵してるとも言えず、
罰することは不可能だし、罰すれば強制性の証明ともなってしまう。

また、規範意識のために強制するということを展開したところで、
鵜の目鷹の目の相互監視的になっていくだけで、自由についてはこれに大きく反している。

283 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/06(木) 02:12:04 ID:JyTCu22Q
>>259
>それにしても・・・ >劣った社会主義国家
>こ言い方に凄い差別主義的な思考を感じるぞ?
>他国の価値観を認めないアメリカみたいな・・・。

当然!
劣った思考、個人の自由を認めない発想の完全な帰結が、社会主義。
規範意識でがんじがらめ、それを現出させて得意がってるのは、愚かとしか呼びようがない。
なので、当然のようにその経済体制が崩壊すると、民族差別が噴出する。
自由を認める形で、自意識の向上を図ってこなかったからだ。

政治批判も起こりようがない。
[共産]党は絶対的権威であり、「間違えるはずがない」からだ。
そのタイプの思考が、社会主義国群が崩壊してなお、
北朝鮮に対する甘い認識を蔓延させ、拉致被害を看過させようとさえしてきた。

自社の蜜月時代、社民党の党首は「拉致は、(北朝鮮が)無いと言ったら無い」と豪語してのけ、
自民党のフィクサーは、「犬のように吠えても帰ってこない」と罵ってのけた。
国家と政治や外交に対する国民個々人の意思の反映を嫌う、
一種の国権主義があったことは確実だ。

人権無視まで宣言するような自民党のフィクサーが、鶴の一声のように導入させたのが、
国旗国歌法だった。

フツー被差別者や被虐待者は、二通りになる可能性を秘めている。
被差別・被虐待の事実を知ってそれを凌駕し人を癒せるタイプか、
自分の受けた経験を社会に還元するかのように差別・虐待を開始するタイプか、のいずれかだ。
さて、フィクサーはどちらだったのだろう?
1999年の国旗国歌法とバランスをとるように、2000年に不戦の決議を主導した。
これが一種のアリバイ作りでなくして何なのだろう?
特段意味があるとは思えない決議だったのだから。

284 :272:2007/12/06(木) 05:35:18 ID:qFPmC1Hi
>>278
ソースって何だ? 新聞記事じゃないと駄目なのか?

音声ファイルとかビデオをネット上で公開するか?
(個人情報保護法違反とか適当な罪名で逮捕される悪寒がするw)

卒業式行けば誰でもみられるよ。

285 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 06:06:45 ID:nVSutA+1
>>284
ネットで証拠探してきてリンク貼るとかコピペするとかしてくれ。
何の証拠もなしに信じてもらえるとは思ってないだろ?

286 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 06:58:42 ID:cjA81UgD
>>283 話にならん。

ソ連や北朝鮮を非難したがるのは構わんが、
それと社会主義そのものの欠点とは、直接関係ない。

話の後半がやまんばや@みたいな妄想になってるぞ。
悪い影響でも受けたか?

287 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 07:09:36 ID:WzqCw/qJ
>>282

自由自由って社会には秩序ってもんがいるんだよ。

288 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 07:09:38 ID:nVSutA+1
>>268
>>16はtoooの誤読による勘違いレスだろ。
どう考えても>>15へのレスとしては意味不明。

289 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 07:35:26 ID:WzqCw/qJ
>>281

国家斉唱時起立は愛国心の表示ではありません。
単なる社会的儀礼であり特定の思想信条の表示に当たりません。
強制されなくてもやるのが社会的に当然の行為です。
禁煙の場所でたばこを吸うのを注意するのは強制だから不当でしょうか。
たばこをすった方が不当で注意した行為は正当です。
国家斉唱時の不起立は禁煙の場所でたばこを吸うのと同等です。

290 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 07:41:11 ID:WzqCw/qJ
>>283

平穏で整然とした卒業式を求める権利を侵害している不起立教師。
他人の正当な権利を侵害する自由はありません。それは自由ではなく不当または不法な行為で
制裁の対象です。

291 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 07:44:03 ID:WzqCw/qJ
不起立教師は正当な命令に違反する不法行為と
列席者の平穏で整然とした卒業式を求める権利を侵害する不当な行為を
しているだけです。そんなのを自由が保証しませんね。
自宅で国歌をかけていすに座っていればいいんだよ。それが自由だ。

292 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 08:04:16 ID:cjA81UgD
いま、ズームインで辛坊が公教育のあり方を批判してるな。

やる気なし、
競争なし、
あとなんか・・・忘れたけど、それもなし。

子供の自主性を伸ばすとかなんとか、ぬかしても、
国際競争力を無視してぬるま湯に漬からせた結果、
無気力怠惰な人間が生まれるのみ。

293 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 08:52:04 ID:vKokl0nI
自主性のない、無気力怠惰な人間というと・・・

このスレでいえば、君が代強制賛成派だな。

294 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 09:06:42 ID:vKokl0nI
>>289
「たばこを吸え」という命令が下って、みんながたばこを吸っているときに
吸わない人間がいた。

その人間に、「みんなが吸っているのだから、おまえも吸え」と非難して
いるのが強制賛成派だろ。

295 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 09:39:04 ID:5S3tTjWJ
その認識をわざわざ卒業式で披露しようとするなよ。
周りの迷惑なんだよ。

296 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 10:00:10 ID:UavIiOWu
>>294

ちがうね。
メシ食う前に「いただきますと言え」という命令?が下って、みんなが手を合わせているときに
メシを食い始めてる人間がいた。

「みんなが手を合わせているのだから、おまえもやれ」と非難されて
いるのが強制?拒否派だろ。


297 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 11:30:21 ID:kyU6J1ES
>>294
>>296
まあ近いのは296の方かな。野中が決めたとは言え卒業入学式での国旗掲揚国歌斉唱は正当な
行為だから。

298 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 18:12:05 ID:kyU6J1ES
>>284
検索すりゃ出てくると言ったのは君だろ?

299 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 19:20:22 ID:4AI0qHlg
>>297
>卒業入学式での国旗掲揚国歌斉唱は正当な行為だから。
問題はそれを〔命令〕にするのが正当か不当かなんだがな。

300 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 20:18:29 ID:4n3JaowU
やらなきゃ卒業できないものでもないのに・・

301 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 20:28:44 ID:cjA81UgD
>>300 教師の話じゃなくて?

302 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 20:30:08 ID:4n3JaowU
じゃなくて

303 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 20:36:54 ID:r9ojj25U
>>294
喩えが不適切

304 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 20:40:14 ID:4n3JaowU
「いただきますと言え」って、なんかすごいな

305 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 20:55:16 ID:1XNxZEzJ
生徒に「いただきますと言え」ではなくて
教師に「いただきますと言うように指導しろ」

生徒・保護者に起立斉唱を強制しているのではなく、
教師に職務を強制しているだけ。
その職務も妥当なものであり、そう思わないのなら裁判にでも訴えればよい。


306 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 20:55:29 ID:OnNmeghl
この間、サッカーの国際試合で、久しぶりに頭の軽い数人の女がメンスの日のシーツをバタバタと振っていたが、
周りから完全に浮いてたね。
アルバイトなのか右翼に洗脳されているのか知らないが、心無い数人の行ないで日本人全員が愚か者だと見られかねない。
スポーツ大会を利用して、右翼が日の丸の浸透を計ろうと画策しているようだが、
スポーツ大会は代理戦争じゃないんだから、そんなところで国威を強調するものではない。
そもそもスポーツは自分がやっていて楽しいから、選手はそれで飯を食う為、はたまた己の力を、技術を磨き、純粋に向上心と壁への挑戦をしているのだ。
それを国のためだ等とほざいてる選手がいたら、アホか欺瞞家だ。
特に、フィギュアスケート等は正に向上心と己との戦いだろう。その為に選手は個人的に努力しているのだ。
その会場に日の丸など持ち込む輩がいたら、完璧にパープリングな馬鹿だな。


307 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 21:05:23 ID:1XNxZEzJ
>>306
朝日新聞の社説のような臭気が漂っているな。
浄化せねばなるまい。



308 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 21:08:25 ID:1XNxZEzJ
「日の丸――。最高だ。こんなに美しい国旗、他にないよ。
どんなに苦しくても、膝が痛くても、日の丸をつけていると思うと頑張れる。ほんと不思議。
これまで何度もそんなことあったね。
ユニフォームの日の丸。スタンドで揺れる日の丸。
日の丸が目に入ると、こんなところで諦めていいのかって、また闘志が湧いてくるんだ。
日の丸をつけて、君が代を聞く。最高だ。武者震いがするもの。体中にパワーがみなぎってくる。
でも、日本の選手の中にはそうじゃないヤツもいる。不思議でしょうがないよ。
日の丸をつけるって、国を代表するってことだよ。選ばれた選手にしか与えられないものじゃない。
国を代表して戦うってスゴイことなんだよ。それを忘れているんじゃないかって思う。
ワールドカップを見てみろよ。みんなあんなに必死になって戦うのは、国の代表だからだろ。
国を愛し、家族を愛し、仲間を愛しているからだろ。日本はそこんとこから外国に負けてる。
自分のためだって?そんなの当たり前じゃない。じゃあなぜ、もっと大きいものを背負わないの?
オレ、日の丸背負ってなかったら、あんなに頑張れなかったよ。
ドーハの時、オレは三八歳。あのクソ暑い中で、そんなオジサンが全試合、それもほとんどフル出場。
練習だって若いヤツらと同じメニューをこなしてたんだ。
自分のためだけだったら、とっくに辞めてたよ」ラモス瑠偉


309 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 21:18:31 ID:4AI0qHlg
ラモスはブラジルの国旗ではそういう気持ちになれなかったのか?
ブラジル代表にはなれなかったのかな?
あれ? そもそもブラジル出身だっけ?

310 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 22:32:26 ID:WzqCw/qJ
>>300

社会的儀礼を公の場で果たさない反社会的な公務員に命令を出してその場の秩序を保つ、命令にせざるを得ませんね。
きわめて正当です。

311 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 22:33:34 ID:WzqCw/qJ
>>309

日本に帰化した後の台詞になんか問題があるの?
日本に帰化してブラジル国旗にそういう気持ちになれないのはおかしいってばか?

312 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 22:55:20 ID:4AI0qHlg
>>311
いや、帰化前の話し、

>「日の丸――。最高だ。こんなに美しい国旗、他にないよ。
>どんなに苦しくても、膝が痛くても、日の丸をつけていると思うと頑張れる。ほんと不思議。

ブラジル人だった頃、ブラジルの国旗についてどう思ってたのやら?
ブラジル人だったころからそう思ってたのらな、
自国の国旗だからと言ってモチベーションの原動力になるとは限らん、と言う証拠になるし、
帰化してからそう思うようになったのなら、自分が国籍持っている国の旗なら何でも良いのか? て気もする。

313 :名無しさん@八周年:2007/12/06(木) 22:56:23 ID:nq6mhbwM
ま、頭が人並みに良ければ、右翼になんか洗脳されないわけで。

右傾化する政治家は防衛利権を必死に守ってるわけだが、
利権も何も無いのに右翼政治家に乗せられてる奴って生きてる価値ある?

日本の防衛予算は、適正価格で物資を買っていれば1/10で済む。
9割は腹黒い奴等が懐に入れてる。

314 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:04:57 ID:WzqCw/qJ
ラモスが帰化したのは1989年じゃなかったか。その台詞は内容からして帰化後のものになるが。

315 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:08:21 ID:WzqCw/qJ
>>313

半分が人件費の防衛予算が規模と維持したまま10分の1にできるってばか?

316 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:12:41 ID:4AI0qHlg
>>314
話の分からん奴だなw
ブラジル人だった頃、ブラジルの国旗についてはどうだったんだろう?
って言ってるんだよ。

>「日の丸――。最高だ。こんなに美しい国旗、他にないよ。
ブラジル人だったときからブラジルの国旗、なんていう名前か知らんが、は日の丸よりは美しいとはおもわなかったのだろう。、

>どんなに苦しくても、膝が痛くても、日の丸をつけていると思うと頑張れる。ほんと不思議。
ブラジル人だったときはブラジルの国旗では頑張れな勝ったのだろう。
そう推測できる。

317 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:13:22 ID:4n3JaowU
>>314
帰化前はどうだったの?

318 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:16:40 ID:WzqCw/qJ
ブラジル国籍の時はブラジルの国旗が一番そのためにがんばる
日本国籍の時は日本の国旗が一番そのためにがんばる
それに何の問題があるんだい。自分の勝手な思いこみを事実であると断言しているだけだろあんたは。

319 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:17:41 ID:4n3JaowU
なんかあてにならない最高だな

320 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:18:53 ID:4AI0qHlg
>>318
いやそれで問題はないけどさ、随分安っぽい賛辞だw

321 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:19:38 ID:4n3JaowU
要するに自分の国の旗であればデザインは問わないってことかな

322 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:21:40 ID:WzqCw/qJ
不起立教師は人に後ろ指を指されて当然の行為だが
ラモスのその台詞は誰に対しても胸を張っていえるもの。
ずいぶん違うね。

323 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:22:34 ID:4n3JaowU
どの旗に対してもだったり

324 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:24:52 ID:4n3JaowU
「不起立教師」ね そういう言葉良く使っているのかな?
なんか「常に誰かを蔑んだり、見下したりしなくてはいけない人」の
匂いがするな

325 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:30:00 ID:4AI0qHlg
>>322
ブラジル人に対してはどうだろう?
例えばアメリカに帰化した日本人が
>「星条旗――。最高だ。こんなに美しい国旗、他にないよ。
>どんなに苦しくても、膝が痛くても、星条旗をつけていると思うと頑張れる。ほんと不思議。
ていってたら気分良くないだろ。

326 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:33:33 ID:cjA81UgD
>>325 しゃーないんじゃない?

気分良くないっつったって、国籍を選ぶ権利はあるだろ。
(もちろん、そう簡単に国籍を取れない国もあるが)

327 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:33:53 ID:4n3JaowU
なんか昨日まで鬼畜米英だったのが
アメリカ万歳に変わるみたいな感じだな

328 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:34:30 ID:F6brmMZK
日の丸は朝廷による日本支配の象徴
その旗の下で先の戦争中には数百万人の日本人が苦しみ死にした。

そう言う歴史を知っていたら、あんな下らない旗にしがみ付く気にはなれない。
日の丸には問題があり過ぎる。


「国体が変わったら、国旗国歌も変える」 これ世界の常識

民主国家に相応しい新しい国旗を定めれば良い。





329 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:36:34 ID:4n3JaowU
まぁ親しめない人がいるのなら
そこまでの国旗だったということで

330 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:41:20 ID:HNpA8MdT
不起立ゴミ教師はアホだが、強制はすべきじゃないと思う。

331 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:42:18 ID:cjA81UgD
いいんじゃないの?

民主国家に相応しい君が代で。



332 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:47:19 ID:4AI0qHlg
国民が天皇を賛美する君が代が民主国家に相応しいとは思えんが、
天皇の起立しても歌わないと言うスタンスから、君が代に国民は含まないのは明らかだし。

333 :朝まで名無しさん:2007/12/06(木) 23:53:29 ID:WzqCw/qJ
それ以前に国家斉唱時に起立これ世界の常識。
またおまえの言うような常識は存在しない。それこそソース出せ。

334 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:00:16 ID:7IwxnxeL
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%9B%E3%81%8C%E4%BB%A3#.E5.9B.BD.E6.AD.8C.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6.E3.81.AE.E5.90.9B.E3.81.8C.E4.BB.A3
なお、天皇が公式の場で君が代を歌ったことは一度もないと言われている。


335 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:02:29 ID:Srz00DdA
>>332
天皇が歌わない理由が明らかならソース出してね。

336 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:04:42 ID:OZJ28D7H
>君が代に国民は含まないのは明らか

何言ってんですかこの人は。



337 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:05:33 ID:Fsx2PY+r
>>330
強制って何?微分積分教え込むのも掃除させるのも強制だろうがそっちには何も言わないの?

338 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:06:22 ID:7IwxnxeL
>>335
その辺は推測だよ。
もし君が代が天皇と天皇を象徴とする国家と国民を含むのなら、
国家と国民を含む歌を歌わない天皇を象徴とはしたくない。

339 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:09:09 ID:p+A7IBOy
>>338 まぁ、キミがそう思いたいなら、それは自由だ。


340 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:11:36 ID:7IwxnxeL
天皇が起立しても歌わない理由。
1 天皇だけを讃え国民を含まない
2 天皇に天皇を象徴とする国家と国民を讃える歌を歌う気はない。

他にどういう考え方がある?

341 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:19:17 ID:Srz00DdA
>>340
歌わない理由が「歌う気がないから」っておかしいでしょ?
問題は「何故歌う気がないのか」で、
そこは自分で書いた通り推測の域を出ないわけだ。

342 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:22:43 ID:7IwxnxeL
>>341
“どういう理由であれ”
天皇に天皇を象徴とする国家と国民を讃える歌を歌う気はないってのは酷い話だろ。
天皇に天皇を象徴とする国家と国民を讃える歌を“国家と国民のために”歌わないってのも意味が分からんし。

君が代に国家と国民を含むのならね。

343 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:25:49 ID:7IwxnxeL
>天皇 は 天皇を象徴とする国家と国民を讃える歌を“国家と国民のために”歌わないってのも意味が分からんし。
に訂正。

344 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:26:15 ID:p+A7IBOy
>>342 妄想も自由だけど、それを公言するのはどうかと思うよ。

345 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:28:55 ID:Srz00DdA
>>342
どういう理由でも君が「酷い」と思うなら仕方ないでしょ。
君の個人的な感想はこちらではどうしようもないです。

346 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:31:23 ID:7IwxnxeL
>>344-345
お前さん等は天皇が君が代を歌わないことをどう感じるわけ?
あれは究極の公人だろう。

347 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:40:50 ID:QaXFDgUu
常に一言一句チェックされる天皇が
君が代を歌う歌わないを自分で決めていると思う理由は?

348 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:42:14 ID:p+A7IBOy
>>346 別にいいんじゃね?

御輿なんだから。

担ぐのは国民。

349 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:44:18 ID:7IwxnxeL
>>347
天皇自身が決めてないのなら天皇を管理している奴、この場合宮内庁か?
が、「陛下には天皇を象徴とする国家と国民を讃える歌を歌わせるわけにはいかない」と考えている事になるな、
あれ? 尚悪くね?

350 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:46:19 ID:QaXFDgUu
ところで卒業式で起立さえしない教師は学校の恥だろ。

351 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:47:03 ID:QaXFDgUu
妄想を元に議論ですか?

352 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:50:15 ID:7IwxnxeL
じゃぁ公人中の公人、天皇が歌えない歌は国歌に相応しくない、と言うことでw

353 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:52:45 ID:p+A7IBOy
だから「じゃあ」なかなろうに。

毎晩、同じ流れにする気か。

354 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:54:51 ID:QaXFDgUu
本当に歌ったことがないとすれば、
だれかが、歌わないほうが歌うよりもよいと
判断したから歌わないんだろ。
その先のことは関係者以外分からないだろ。
キミは、分かってしまうのか?
見たところ悪意ばかりを読み取ってしまうようだが。


355 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:57:29 ID:QaXFDgUu
なんだかもうこのスレは君が代嫌いのストレス発散の場だな。


356 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:57:32 ID:Srz00DdA
>>349
それじゃさっきと一緒でしょ。
「何故宮内庁がそう考えてるのか」って所が結局推測だから。
君は相手の考えをニュアンス変えて言い直してるだけだぞ。

357 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 00:59:43 ID:7IwxnxeL
>>354
どういう理由であれ国歌と国民を含む歌を公人中の公人である天皇が歌わないのは不快だなー。

358 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 01:01:05 ID:7IwxnxeL
>>356
だって
1 天皇だけを讃え国民を含まない
2 天皇に天皇を象徴とする国家と国民を讃える歌を歌う気はない。
としか考え方無いじゃん。
他に推測の余地が有ればよろしく。

359 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 01:03:16 ID:p+A7IBOy
>>358 その前に讃えてるかい?
歌詞知ってる?

360 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 01:06:25 ID:7IwxnxeL
>>359
そこのところの表現は“ネガティブな内容ではない”てことだけハッキリしとけば何でもいいよ。

361 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 01:10:46 ID:p+A7IBOy
どっちにしても、「天皇は自分の主張を表現できる権利はない」ことだけは確かだ。

その言葉一つで、右や左が過敏に反応するのを避けなければならないから。


362 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 01:18:24 ID:7IwxnxeL
どういう理由であれ国家元首相当が歌えない歌なら国歌にふさわしくないだろ。
君が代の君は天皇だけを指すのなら歌わないほうが自然だが。

363 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 05:21:10 ID:7T/Rab49
国歌には起立して静かに聞く場合と、起立して斉唱する場合の2通りの態度がある。
アメリカ大統領やエリザベス女王が国歌を歌っているとも思えないがな。
天皇だけが君が代の歌詞を理由に歌わない、というのは反対派の妄想。


364 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 07:01:27 ID:QaXFDgUu
天皇が歌わないのが不快なのに、
教師が歌わないのに賛成するのは
>>362のような勘違いがあるからだろ。


365 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 08:52:32 ID:cKl9EP03
しょーもな

366 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 12:19:14 ID:lSE39o+D
そもそもだ、天皇万歳のキチガイ歌君が代は、
国歌として相応しくない。

民主国家に相応しい新しい国歌を定めれば良い。


367 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 12:37:59 ID:7T/Rab49
だから、君が代は天皇個人を賛美していないんだが。
政府見解でもそんなことは一言も言っていない。

「日本国憲法下においては,国歌君が代の「君」は,日本国及び日本国
民統合の象徴であり,その地位が主権の存する日本国民の総意に基づく
天皇のことを指しており,君が代とは,日本国民の総意に基づき,天皇
を日本国及び日本国民統合の象徴とする我が国のことであり,君が代の
歌詞も,そうした我が国の末永い繁栄と平和を祈念したものと解するこ
とが適当であると考え,かつ,君が代についてこのような理解は,今日,
広く各世代の理解を得られるものと考えております。」
平成11年6月29日 衆議院本会議 内閣総理大臣



368 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 12:42:25 ID:7T/Rab49
日の丸・君が代は、国民の間で広く定着しているから、変更は現実的ではない。
それより、義務教育で日の丸・君が代の意義・歴史を学ぶことで、
>>366のような誤解に基づく反対が減ることだろう。

日の丸・君が代問題は、教育で解決可能。



369 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 12:53:28 ID:14CyO4n4
平成11年6月29日 衆議院本会議 内閣総理大臣て、あほやり過ぎでくたばった人でしょ。
一右翼の寝言に過ぎない。

君が代は、明治時代に天皇に奉げる歌として昔の歌集から取った歌に曲を付け明治天皇に捧げられたもの。
その歴史的事実を忘れてはならない。

君が代の代は、天皇の世代のことで、つまり、君が代とは天皇が支配する治世を指す。

それに総意総意と言っているが既に総意ではない。
殆どの日本人が、天皇制なんて無くても良いと思ってるし、君が代なんて糞くらえと思っている。


370 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 13:18:12 ID:zprVzyTn
多数派を自称するウザサヨってなくならないよね

371 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 18:23:13 ID:Fsx2PY+r
天皇が君が代歌えば良いと思うよ。

372 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/07(金) 19:16:28 ID:PmzMS4dy
>>286
>ソ連や北朝鮮を非難したがるのは構わんが、
>それと社会主義そのものの欠点とは、直接関係ない。

社会主義(共産主義)が少数精鋭支配を是認するものである以上、
政治的な独裁体制に直結することは、疑い入れない事実だ。
大衆をリードするという、僭越な反民主主義の発想を根幹としてきたのが、
もともとの共産主義思想だ。
なので、社会主義の欠点が集約されているのが、
旧ソ連であり、残存してしまったその傀儡国・北朝鮮と言える。

その怖ろしさは、革命で出来上がってしまった体制そのものに対し、
個人が反撃はおろか、疑問を発することまで出来なくされちまうところにある。

そこで機能しているのが、個を超える「集団」は常に正しいという理屈と、
それを保障している共産党や独裁者も間違えることがないという「無謬性の神話」で、
これがあるために個人は圧殺され、想像力も枯渇していく羽目になる。
集団への依存が推奨される状態で教化され、もはや「自由は敵」だからだ。

体制への不満分子は、ただちに国家の敵、人民の敵と見なされる。
個人主義思想など自由主義を息吹かせるものは、ことごとく標的とされ、
しかもそれを行って「くれている」党は常に正しいと衆人が考えるから、
独裁政権側の増長はとめどなくなり、ついには粛正を開始する。

最後には、共産党に従順に帰依しながら、
圧殺されることまで受け入れちまう、最悪悲惨な「殉教者」まで現れる。
ここには、体制への疑問符そのものが潰えた姿がある。
そしてそれをなぜか誇っていたりするから、
テメーぶっとばすぞぐらい頭に来る極度の愚かさがあると言ってるんだ。

373 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/07(金) 19:17:01 ID:PmzMS4dy
子どもにマスゲームをさせ、それを眺めて自画自賛的に喜んでる度阿呆は、
心底劣った近隣のウンコ国家だけでたくさんだ。(度臭いの洒落)

以下、池上彰著『そうだったのか!現代史』集英社刊より引用

 痛ましいのは、このような恐怖政治が続く中でも、
 共産党の正しさを信じて、死刑判決を受け入れた幹部が多くいたということです。
 ある幹部は、裁判で次のように述べました。
 「私は取調官の圧力に屈して自供したのであり、
  取調官は私が逮捕されて以来ずっと私に拷問を加えてきました。
  ……私はいかなる陰謀にも加わったことがなく、罪を犯したこともない。
  私は自分がこれまでずっと生涯を通じてそうであったように、
  党の正しさを信じつつ死んでゆくつもりです」
 この幹部は、この二日後に銃殺されました。
 「党は正しく、常に絶対的に正しい」という思い込みに呪縛された党員たちの
 悲劇を物語っています。

なので、規範性の名の下に、個人の挙動を規制するようなことは謹めと言ってるんだ。

いくらうちらが日本に誇りを持ち、国旗掲揚なんかトーゼンと思っていても、
そこへの尊重なんか、予め日の丸に敵意を抱いていて、
どうしたって反駁したい香具師等になんて、教えられるわけねーじゃん。

逆に、その辺りの表現の自由にまで規制をかけて、表向き従順な、
しかし内心反国家な香具師が、自衛隊員や警官になってくほーがよっぽどおとろしーぞ。
思想はもともと自由なんだし、反国家を表明して悦に入っててくれてるほーが、断然マシだろ。


374 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/07(金) 19:17:47 ID:PmzMS4dy
>>287
社会秩序はあっても、秩序を強調するような愚かさは、共産主義とファシズムの特異性の中にしかない。
これらはいわゆる全体主義だ。

自由個人に社会(国家)規範の存在を教えるのは当然だとしても、
強制などしたら、共産主義者の愚かさとレベルが同等になると思うんだ。

>>288
そも、
>国家に忠誠を誓うべき公務員の教師
という前提がオカシイ。

日本は独裁制などではない。

公務員は忠誠を誓うべきでも、
広く一般に教える教員は、多様な価値観こそを提示するべきで、
その価値観には国家にとらわれない自由も内包されている。

そうした価値観の幅があるから、自由主義が発展しながら展開してきた。
伝統や旧来の価値に拘束されてたら、多彩な文化も生まれようがない。
明治維新が、日本に個人主義をもたらす走りになったのは、
良くも悪しくも西洋文化の模倣からだが、
これを政府主導で率先して行ったからこそ、今に至る道のりが築かれた。
(それが国旗や国歌に集約されてしまったのも、
 日中戦争が激化していった昭和10年代の一時期だけだ。)

ロシアではここ1年で50人以上の外国人が殺害され、負傷者は数知れない状況になっている。
社会主義経済の破綻を経験し、自由主義化の恩恵が実感できないまま、
若年層がネオナチ風の愛国者へと転じ、外国人を殺傷する事態になっている。
(詳しくは外務省の渡航注意を参照のこと)
自然自発的な規範でなければ、民族浄化などの悪癖から人類が逃れようがないという見本、と考える。

375 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 19:18:21 ID:OiePFUhm
>>373
そんな日本を腐らせる工作活動には誰も乗らないよ

376 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/07(金) 19:18:22 ID:PmzMS4dy
>>289
>国歌斉唱時起立は愛国心の表示ではありません。

そうでもない。
国歌と国旗がワンセットなことは、国歌斉唱時に国旗を下げないことでも明白だ。
国旗に価値を見いだすのは、愛国心そのものとも言えるわけで、
事実、戦時中の武運長久を祈る寄せ書きのほとんどが、日の丸に為されたものだ。
(例外を見たことがない。)
国歌も、個を超えた国家の悠久性が歌詞内容なのだから、
自然な愛国心の表明でなくて、なんなんだ?
教委側が違うと上っ面なことを言っても、まま信じるバカは日本には居ないだろう。

>単なる社会的儀礼
なら、エチケットをわきまえないと失笑すればいいだけの話だ。

手取り足取り行おう、監視しようとする方が極めて異常だ。

>>291
>列席者の平穏で整然とした卒業式を求める権利

不起立不斉唱ならもっと静粛だ。(w
放置すればいい。

377 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/07(金) 19:19:23 ID:PmzMS4dy
>>297
>野中が決めたとは言え卒業入学式での国旗掲揚国歌斉唱は正当な行為

うちらが部落民差別を依然として行っているというなら、
蓋然性を盾に規律化されても文句は言えない。
民族差別や、同胞を敵視していては、被差別者側の自由が失われることになるからだ。
規律化は平等性(機会均等)の保障として、甘受しなければならない。

しかし、それほど劣っているか?、って問題なのではないか?

>>306
>会場に日の丸など持ち込む輩がいたら、完璧にパープリングな馬鹿だな。

アホはオマエの方だ。
応援をすれば、日の丸が判りやすく、アピール性もあるということだ。

こうした個別性ある応援まで卑下しちまうから、
社会主義方面の反日が反個人主義に直結するんだろ!

テメーの好きな政党の機関紙は、フラッグそのものを名前にしてるじゃねーか!(アホか?
しかも一色で、アホ丸出しだわな。(w

378 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 19:58:02 ID:p+A7IBOy
おちつけ、toooちん、

二極化しすぎ。
社会主義ッたって、何から何まで上層部が決めるわけでもないし、
自由主義社会とやらも代わりに「契約の遵守」「政治参加の義務」(それぞれ強制だ)
ってもんが前提にあるわけで・・・。


つーか、長文過ぎて全部読んでねーわ。
昔の「招き猫」みたいになってるぞ。


379 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/07(金) 20:02:49 ID:PmzMS4dy
>>378
わりー・・・・・下の記事見てたら、冷静さが吹き飛んだわ。

http://homepage2.nifty.com/1234567890987654321/2006.Toda.htm
起立せぬ親と来賓調査 君が代 式典で徹底図る

 埼玉県戸田市の伊藤良一教育長が今月十三日の市議会で、
 同市立小中学校の卒業式や入学式の君が代斉唱の際に起立しない来賓や保護者について
 「はらわたが煮えくりかえる」と答弁、調査する方針を示していたことが分かった。
 伊藤教育長は十九日、本紙の取材に対しても起立しなかった来賓の氏名や人数を調査する意向を
 あらためて表明。起立の徹底を図ることを明らかにした。

■教育長『はらわた煮えくりかえる』
 君が代斉唱をめぐっては、東京都教委が、起立しなかった教員を処分するなどしているが、
 教委に指導権限のない来賓や保護者までも調査対象とするのは異例だ。

 関係者によると、十三日の定例市議会で、民主クラブの高橋秀樹市議が
 「保護者や来賓で起立しない人がいる」と指摘。
 これに対し、伊藤教育長は「(事実なら)はらわたが煮えくりかえる」
 「『内心の自由だ』と言う人がいるようだが、
  生徒たちの前で規律を乱すようなことはあってはならない」と答弁し、調査する意向を示した。

 伊藤教育長は、本紙の取材に対しても「表現は適切でなかったかもしれない」としながらも
 「式典は規律や礼節を学ぶ大切な場。
 来賓らには子供の模範となってもらいたい」と不起立を批判。
 市立の全小中学校長に、今春の入学式・卒業式の君が代斉唱で
 起立しなかった来賓の氏名や保護者の人数の報告を求める考えを明らかにした。

 起立しなかった来賓や保護者に対しては、教育委員に対応を慎重に検討してもらう方針。
 市教委では、以前から校長を通じて式典前に、
 君が代斉唱の際に起立するよう来賓らに文書で協力を依頼していたという。

380 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 20:14:09 ID:UE1Ahzwb

間もなく天皇制は終わる

ウンコ天皇制を廃棄しよう


381 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 21:00:46 ID:Fsx2PY+r
>>379
まあ国旗掲揚国歌斉唱の前に「来賓保護者の方で歌っていただけない、国旗国歌を尊重されない方は一旦出ていってください」と言う必要はあるかな。教師には学習指導要領から強制だが。

382 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 21:28:04 ID:PqJwyfLY
卒業式よりも日の丸・君が代がメインになっているな
やだやだ

383 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 21:33:14 ID:OiePFUhm
>>382
バカですか?
卒業式=君が代日の丸だろ

384 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 21:34:55 ID:PqJwyfLY
そのギャグは笑えないぞ
この状況じゃ洒落にならん

385 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 21:45:55 ID:0uDJJXdT
>>374

強制の裏付けのない秩序を守れるほど人間は賢くないのは不起立教師が証明している。

386 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 21:50:59 ID:PqJwyfLY
煽り目的でもそういうことは言わないほうが良いと思う。

387 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 21:51:13 ID:OiePFUhm
>>384
笑わなくっていいよ
おまえはいったい何人だよ

388 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 21:51:37 ID:Fsx2PY+r
>>382
強制反対派に言えるな。賛成派?職務を忠実にこなしてるだけですよ(藁www

389 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 21:52:25 ID:6/RTKjmi
>388
 くだらん職務だな!

390 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 21:56:24 ID:OiePFUhm
>>389
そんなにくだらないなら、反対するなよ

391 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 21:58:16 ID:7IwxnxeL
>>367
それを歌わないなんて天皇は酷い奴だよね。
どういうつもりなんだろうか?

392 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 22:03:38 ID:OiePFUhm
>>391
悪い頭で少し考えてみなよ

393 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 22:07:14 ID:7IwxnxeL
>>392
天皇側には国家と国民が含まれているつもりが無いからだろうな、

394 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 22:20:29 ID:oHYMEBPI

漏れ、卒業式の時に君が代鳴ったら、耳に指突っ込んで頭振りながら「あ゛ー」って言ってたよ。


395 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 22:22:47 ID:Srz00DdA
>>374
ああ、>>16は「公務員は国家に忠誠を誓うべきだが教師は例外」って事か。

396 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 22:26:31 ID:Fsx2PY+r
>>389
下らない、重要な職務でないから歌わなくてよい?下らない、重要じゃないなら立てよ尊重しろよ。重要じゃない下らない職務なら内心の自由を犯すなんて大層な話にはならんわな。

397 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 23:01:33 ID:6/RTKjmi
くだらんものを尊重せよって、くだらんことを認めているとは、みなおしたぞ >396   www


398 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 23:08:07 ID:OiePFUhm
>>397
頭が痛い

399 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 23:15:26 ID:6/RTKjmi
>>390 くだらないから反対するんだろ? 論理的に考える能力が著しく欠けているな w


400 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 23:49:43 ID:PqJwyfLY
国民にために国家はあるのですよ
国家のために国民があるのではないのです


401 :朝まで名無しさん:2007/12/07(金) 23:57:28 ID:0uDJJXdT
われまどりろんだね。ふきりつをほうちしないのは。

402 :396:2007/12/08(土) 01:48:08 ID:W9ZY8kFu
>>397
いや>>389の下らないって意見に乗ればこうも言えるというのを示しただけ。下らないとは思ってない。

403 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 01:53:16 ID:W9ZY8kFu
>>399
>>396

404 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 05:48:58 ID:x/gaRfhp
下らないと思うのは内心の自由で結構だが、職務放棄する権利はない。
職務が下らないかどうかは、一公務員の判断することではないからな。

国民のコンセンサスが得られ法的に決まるまでは、
公務員なら個人的な思想信条を越えて職務を遂行しろ。

国歌斉唱をやめさせたいのだったら、きちんと民主的な手続きを踏め。


405 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 06:46:55 ID:Jp1S/Lf4
>404
>職務が下らないかどうかは、一公務員の判断することではないからな。

だから、私が判断してやっているのだ。
私の判断にしたがっていれば間違いはない。


406 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 08:23:01 ID:Hq0Z+li6
>>400 うむ。

国民のための国歌・国旗、そして天皇だな。

日本人が平和に暮らすための道具を否定してはいけない。
その利用の仕方を議論するのは当然だ。
利用の仕方を誤れば、レイシズムの危険もある。

だから、正しく利用しましょう。

407 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 09:59:21 ID:VeYKkFe3
「他人を見下せば、それで仮想的有能感を満たすことができるかもしれないけど
 他人も同じように貴方を見下す」

平成不況や格差拡大によって、ネットで右翼の真似や自分を権威や権力に重ねるような事を
していた人がいたけど、結局は現状を悪化させ、さらに不満を溜め込む結果となったんだよね。

408 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 10:05:51 ID:VeYKkFe3
まるで自分が権力者や権力を行使するものになったかのように
命令を下す側になったかのように肩入れする

フリーターが「嫌なら会社をやめることだな 我が社に無能を養う余裕は無い」なんて
敏腕社長ごっこをするように。

409 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 10:29:03 ID:S8QRUpKI
A国人がB国に抗議運動等をするとき良く国旗を燃やすが、
日本人は日の丸を燃やされても怒らない。不快感すら覚えないかもしれない。
心理的な逆鱗が少ないのはメリットだと思うがね。

410 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 10:29:34 ID:DEisWAa7
不起立は日本を見下す行為。
それらせりふは不起立教師にこそ相応しい。

411 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 10:38:55 ID:VeYKkFe3
ネットで文語体めいた文章を書く人っているよね
カッコつけてるつもりなのかもしれないけど。
その一方で幼児ぽくなったりもする
それがアキバ系ウヨの特徴かな?


412 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 11:04:42 ID:jDBUqEZc
不起立教師は実際カスだから見下されても仕方ないとは思うが、
だからと言って強制が許されるわけではないよな。

413 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 11:47:17 ID:W9ZY8kFu
>>407
真似じゃありません私は真正右翼ですwww

414 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 11:49:06 ID:W9ZY8kFu
>>412
先輩校長から微分積分教えるように言われたらその教師は強制だと訴えるんですか?

415 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 12:47:45 ID:JK8Oae++

天皇万歳のキチガイ歌君が代を今時歌ってる奴って、あったまおかしいよ。
歴史は知らんし、知識は無いし、心が歪んでるな。

民主国家日本に生息する資格は無い。
とっとと原産地の半島に帰ってもらいたいものだ。


416 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 13:10:46 ID:B0nWKhvt
アカ教師に吹き込まれたキチガイ思想で君が代を今時忌み嫌う奴って、あったまおかしいよ。
歴史は知らんし、知識は無いし、心が歪んでるな。

民主国家日本に生息する資格は無い。
とっとと原産地の半島に帰ってもらいたいものだ。

417 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 13:50:47 ID:KCUXAkk/

>>415

そんなに日本に天ちゃんがいることが うらやましい? ねたましい?
なんつったって、機微のある外交ができるもんね。

朝鮮人は 日本人を尊重できないなら 半島へかえりなさい。
中国人は プロパガンダに味をしめたかもしれんが、やりすぎです。

どちらの活動かしらんが、バカさよくはドン引きDQN化してるからムダだよ。

バカさよくは宗教あそびしてないで、いい加減大人のアタマを使えって。
たまには自分で調査して自分で考えて見ろ。
他人の意見も自分をリセットして受け容れるシミュレーションもやってみな。
いつまでも中国や朝鮮の手のひらで踊ってると、人生だいなしだぞ。
トップダウンの受け売り知識じゃなく、自分で消化した知識をもてよ。
いつまでもままごとあそびをしてると人生もったいないぞ。






418 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 14:19:56 ID:KeMiuTvK
>>415
こういうバカが日本にいるから、国がおかしくなっているんだな

419 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 14:40:25 ID:eivvW3hd
>>416>>418には、>>415のお言葉がぐさっと心底に利いた様ですねぇw
図星だったのでしょう。

お言葉返すな半島帰れwwww


420 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 15:05:52 ID:KCUXAkk/

さよくさんたち、>>419 みたいのが
あんたらの「活動」のウラでうごめく実体だよ。よくかんがえな。

>>419 は芸風からすると 黒竜江省か吉林省系かな?
表面的な論理性も整えられない人格年齢の未成熟性からすると、
吉林省系、朝鮮民族系かもね。



421 :朝まで名無しさん:2007/12/08(土) 15:10:15 ID:awQ6XLPJ
Part.8になった今だに、論に詰まると
ニートフリーターネタ→無意味な罵倒ループ。
そしてふりだしへ。




422 :朝まで名無しさん:2007/12/09(日) 14:14:41 ID:ipk12UFm
>>420
と、在日天皇制にしがみ付く、チョンが申しておりますw


423 :朝まで名無しさん:2007/12/09(日) 14:18:28 ID:jd/CkNgG
在日天皇制だとw 馬鹿丸出しだな

424 :朝まで名無しさん:2007/12/10(月) 13:48:56 ID:T7A/j+qC
汚らしいウンコ天皇制は早く廃棄しようぜ。

ウンコの歌も一緒に始末しよう。

ウンコがあると右翼という蛆虫が発生するからw
蛆虫はハエになっていたる所で病原菌を媒介する。


425 :朝まで名無しさん:2007/12/10(月) 16:52:05 ID:t4UEQ1Ul

右翼 = 在日朝鮮人 = ウジ虫

いまさらそんなこと言われなくてもわかってるのに・・・。


426 :朝まで名無しさん:2007/12/10(月) 17:05:36 ID:ySTXF+j6
>>374
自由自由うるせーな。教育と学問は違うだろ。学問には確かに自由な発想が必要だ。だが教育は型に子供を嵌める必要があるだろ。子供に茶髪は禁止だとか授業中寝るなとか注意したり。後、自由を教えたければ私立学校塾でどうぞ。

427 :朝まで名無しさん:2007/12/10(月) 19:08:43 ID:1md+6myf
義務や責任が薄い反面(極端に言えば人を殺しても逮捕されなかったり)、
権利や自由の制限されている(極端に言えば選挙権が無かったり)未成年者は引き合いに出すには不適当だろう。

428 :426:2007/12/10(月) 19:40:27 ID:ySTXF+j6
>>427
>>374は「子供に自由を教える」と漏れは解釈したんだが。

429 :朝まで名無しさん:2007/12/10(月) 20:06:59 ID:/mse35U5
またカタ屋か
カタカタとまぁ

430 :朝まで名無しさん:2007/12/10(月) 21:16:10 ID:ySTXF+j6
>>429
まともな反論してみろ。

431 :朝まで名無しさん:2007/12/11(火) 12:52:08 ID:U+I161eA
教育に強制はつきもの。
学校では、強制だからダメという理由は成り立たない。
当然、自由も一般社会以上に制限される。

こんなこと議論するまでもないだろ。


432 :朝まで名無しさん:2007/12/11(火) 14:37:36 ID:kSltLZhy
だが思想信条は出来る限り保護される。
生徒とて宗教上の理由で武道の授業を免除されるし、
外国人刑務所でも食事については苦労して考えられている。

433 :朝まで名無しさん:2007/12/11(火) 16:52:06 ID:XfZ2Ch0D
>>431
つまり>>28というわけですね!

434 :朝まで名無しさん:2007/12/11(火) 18:52:19 ID:9mbCu20o
公立中高の教師といっても一様じゃないから。仮に分類してみると、

1 校長や教育委員会の意志に忠実な管理志向の強い教師&その傭兵としての体育教師たち。
2 組合活動に熱心な現状改革志向の教師。
3 大多数のノンポリ現状肯定教師。

もちろん起立させたいのが1で、反対してるのが2だね。

自分の経験から言うと、暴力教師や理不尽な校則に悩んでだとき、2の教師たちに力になってもらった恩がある。
だから>>28の批判は、あまりに一面的だと思うね。



435 :朝まで名無しさん:2007/12/11(火) 20:04:51 ID:Hhtz7AQh
>>434

その分類は間違いだね。2には起立賛成もいれば反対もいる。たぶん賛成の方が多いだろう。

436 :朝まで名無しさん:2007/12/11(火) 20:07:44 ID:F4BORdVW
>教育に強制はつきもの

これも以前にあったな
わざわざageていることからみて
釣り狙いかな?

437 :朝まで名無しさん:2007/12/11(火) 20:18:52 ID:fBbQzYYL

君が代 = 天皇万歳のキチガイ歌


438 :朝まで名無しさん:2007/12/11(火) 22:20:39 ID:8FDA+zxe
はいはい、釣り釣り♪

439 :朝まで名無しさん:2007/12/12(水) 00:09:07 ID:Pt162Abx
愛国心を持て

440 :朝まで名無しさん:2007/12/12(水) 02:37:31 ID:91XJ2F0D
大日本帝国末期の軍人はきっと愛国心の塊だっただろう。
やる事なす事亡国行為だったけど。

441 :朝まで名無しさん:2007/12/12(水) 10:58:46 ID:o4LY2ga5
>>434
いや強制反対派も2つに分けられるだろ。職員会議や署名で反対の意思は示すが卒業式で決められたことだから国旗国歌を尊重する奴と不起立等で尊重しない奴。君は前者に世話になったんじゃないかな。

442 :朝まで名無しさん:2007/12/12(水) 12:24:41 ID:XHd2CzJC

愛国心があったら、反民主的天皇万歳のキチガイ歌君が代など否定するはずw

つまり、君が代にしがみ付いている者は、反日売国奴である。



443 :朝まで名無しさん:2007/12/12(水) 12:38:20 ID:2L2Wjz8J
マンション無断立ち入りビラ配布
高裁敗訴おめ!

444 :朝まで名無しさん:2007/12/12(水) 21:32:15 ID:Pm3pQj5s
商業用ビラ配りのフリーターは「自己責任」で配らされるんだろうな
お上の胸先三寸で犯罪者となるシュレディンガーの猫状態で生きなければいけない現実か

445 :朝まで名無しさん:2007/12/12(水) 21:36:22 ID:WEs3SnyC
>>444 ?
通報されなければ犯罪者にはならないよ?

446 :朝まで名無しさん:2007/12/13(木) 11:44:29 ID:T6X7/4NV
>>444
謝らなければ訴えられてもしょうがない

447 :朝まで名無しさん:2007/12/13(木) 18:21:32 ID:n0xZZzw2
>>426
>教育と学問は違うだろ。
>学問には確かに自由な発想が必要だ。
>だが教育は型に子供を嵌める必要があるだろ。

教育の自由は、社会権の保障(国家側からの)
学問の自由は、個人の自由(国家に抗う自由)

448 :朝まで名無しさん:2007/12/13(木) 20:17:54 ID:BTl6A8bc
「捕まれなければ大丈夫」みたいだな

449 :朝まで名無しさん:2007/12/13(木) 21:01:12 ID:2zW65wAy
>>447

抗う?
自由権。つまり国家からの自由だろう。抗うじゃない。国民に関わるな、だ。

450 :朝まで名無しさん:2007/12/13(木) 21:02:09 ID:BTl6A8bc
わかんね

451 :名無しさん@八周年:2007/12/15(土) 00:25:26 ID:X95RX92E
今、イギリスのマスコミが、異様な日本の天皇家に突っ込み入れてるらしいけど、
日本じゃ報道規制してるのか? 検閲してんのか? 政府が圧力かけてんのか?

452 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 00:35:09 ID:io60Jqma
BS特集 未来への提言 歴史学者 ファルク・ピンゲル 〜和解への道を模索する〜
http://www.nhk.or.jp/bs/bs1.html#korekara
12月15日(土) 午後10:10〜11:00 

歴史学者 ファルク・ピンゲル 世界のキーパーソンに徹底インタビューし、21世紀の未来に道しるべを提示するシリーズ「未来への提言」。
今回はドイツ人の歴史学者ファルク・ピンゲル博士(63)。 ピンゲルさんは、教科書の研究で世界的に知られるドイツのゲオルク・エッカート国際教科書研究所の副所長を務め、
25年以上にわたって歴史教科書の研究を続けている。ホロコーストを引き起こしたドイツと隣国ポーランドの間で共通教科書を作る研究や、
20世紀末に激しい内戦を戦った旧ユーゴスラビアの子どもたちが使う共通教科書づくりに尽力してきた第一人者だ。

ピンゲルさんは、若い世代が日々手にする教科書が、ステレオタイプな思考や偏見を助長する悲劇を目の当たりにしてきた一方、
客観的な記述に基づき共同で作られた教科書が、紛争や摩擦の絶えなかった隣国同士が歩み寄るきっかけとなり、長期的な平和の構築に大きく貢献する姿を数多く目撃してきた。
戦争という怨念や憎しみの歴史を超えて、和解と相互理解の道を模索し、新たな未来を構築していくにはどうしたらいいのか。
日本でも歴史教科書の記述をめぐる論争が絶えないなか、歴史をどう後世に伝えるべきか、次の世代の子どもたちに歴史をどう教えていくべきか、じっくりと提言を聞く。

453 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 00:35:13 ID:L5XpS+tV
右翼知事が出す職務命令は日本国憲法より優先されるわけ?

公務員に人権は無いらしいね、東京では。

いつまでやりたい放題させる気だ?

454 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 00:48:35 ID:ReKcRoei
だれを教育委員にするかは知事の権限で議会の同意が必要だが
委員がなにするかには知事は口を挟めねーよ。
また憲法にも法律にも明白に違反してない上司の命令を拒否する権利は公務員にはない。
思想信条の自由は絶対ではない。内心の自由ではないからな。
公務員の思想信条と職務が抵触する場合は職務が優先だ。
公務員は中立でなければならないからな。
中立というのは公務員個人の欲望より職務の方が優先という意味だ。

455 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 00:49:51 ID:49rTwMRF
またいつもの煽り・・・

456 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 00:56:34 ID:HTDQD5bt

在日特権を阻止! 無年金外国人への年金支給問題

東京都小平市では、掛け金を払ってこなかった在日韓国・朝鮮人
等の外国人に年金が支給されることに。抗議活動に協力を。

日時:平成19年12月16日(日)11時〜
場所:西武新宿線花小金井駅南口前 (北口側も予定)
内容:小平市在日無年金問題広報ビラ等の配布、街頭演説
主催:在日特権を許さない市民の会
http://www.zaitokukai.com/
↓東アジアニュース速報板でも取り上げています。落ちた?
http://news24.2ch.net/news4plus/#4
↓極東アジアニュース板も
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/asia/1195565917/l50
↓これは品川区の無念金外国人問題
http://news24.2ch.net/news4plus/#8

↓小平市HP がんがん抗議を!!!!!
http://www.city.kodaira.tokyo.jp/
電話:042-341-1211(代表)
電子メール info@city.kodaira.lg.jp

小平市は自治基本条例というひじょーに怪しい条例も画策中。要注意


457 :名無しさん@八周年:2007/12/15(土) 10:02:34 ID:c/5j19IE
>>また憲法にも法律にも明白に違反してない上司の命令

憲法を嫁

458 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 10:08:49 ID:49rTwMRF
なーんか絵に描いたような下流ウヨ化だよな

459 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 10:44:46 ID:9ON3hdvM
>>453
つ公共の福祉に反しない限り

460 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 11:17:01 ID:VYfcFimJ
>>458
お前らはもともとウヨレッテル貼りと煽りしかできねえ癖にw

461 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 11:52:26 ID:ReKcRoei
>>459
しかも、公務員は自分の権利よりも国民の権利を優先しなければならないと憲法に書いてある。

462 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 11:53:43 ID:ReKcRoei
国民の権利とは、国民に選ばれた知事が任命し国民に選ばれた議会が承認した教育委員の命令に
公務員が従うことも入っている。

463 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 13:43:02 ID:9ON3hdvM
>>461
憲法にあるんだ。どうググったら良い?憲法 公務員 優先じゃ出なかった。

464 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 13:44:00 ID:9ON3hdvM
>>463
権利も追加。

465 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 14:01:37 ID:G8nj3bsT

君が代 = 天皇万歳のキチガイ歌

そんなもん歌ってる奴は、完全にオツム逝かれてます。




466 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 14:42:55 ID:LThkSZ1H
若い世代で天皇制を支持してる奴なんて見た事無い。
いま、学校教育の場に天皇崇拝を強制させようとしてるのは、最後の足掻きに過ぎない。
右傾化運動の黒幕がもうすぐ死ぬから、あと10年後は、
何であんなに強引に思想まで強制してたの?されてたの?となる。
天皇制廃止は時間の問題。

それより、天皇制があるがゆえに、いったい何千億円が毎年無駄に使われてるか知ってるか?

天皇家の嘘だらけの本当の起源を知ってるか?

男系云々が全く意味が無いと言う事に気付いてるか?

女性週刊誌がなぜあんなにも宮内庁の思い通りの記事を書くか考えた事あるか?

豪州や英国のマスコミが日本の天皇制について、的を得たツッコミを入れても
なぜ日本のマスコミは報道規制を強いられてるか知ってるか?

防衛利権も宮内庁の存在自体も右翼団体の存在も全て繋がってるって判ってるか?
右翼化運動で我々の血税が右翼に流れてる事に気付いてるか?

「君が代」は明治天皇の軍事パレードのために作られて、
それがあまりにもダサいから、ドイツ人に作り直させた曲だって知ってるか?

右翼勢力がスポーツを利用して日の丸君が代を若者に浸透させようとしてるのを知ってるか?


467 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 14:59:51 ID:ReKcRoei
天皇制を廃止するには憲法改正が必要だって知らないのか。

468 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 15:31:58 ID:Hq7iNj9w
>>466 若い世代から年寄りに至るまで、「天皇制いらない」なんていう奴、見たことないけどね。


469 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 16:54:26 ID:49rTwMRF
>>460
えっ、でも>>456はあきらかにソレでしょ?
まさかコピペ人かお仲間さんじゃないよね?

470 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 18:06:15 ID:VYfcFimJ
何言ってんだか意味不明

471 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/15(土) 18:28:37 ID:/6ucYQsi
>>466
天皇制といっても現代は象徴天皇制で、主権者の国民とともに天皇もある。
戦前的な悪用も考えにくい。

戦前も、自らの意志を発現させた天皇のお蔭で、戦争に終止符が打たれたと言っても良い。
それほど国民は国家と一体化していた。
天皇の発意を待たず(てか、そっちのけで)、
515を支持していたんだよ。(減刑嘆願の100万大署名。)

日中戦勃発当時も、国民と新聞各社が煽っていたから、
それを制止できなくなっていった。(天皇は予算がないと突っぱね、政府も最初は不拡大方針だった。)

もちろん日中戦争の継続方針が、日本の一丸化を促進させ、太平洋戦争開戦1年前には、
それまでは議場内でも受けていた斉藤隆夫も、反軍演説が総スカンになっていた。

ということを鑑みても、問題は天皇制にあるのではなく、
上を窺い、上に従おうとする、しかしその想定された上の意思は実態にはほど遠い、
卑屈にして狡猾な精神性の中にある。

それが端的に表現されているのが>>379であって、
このように規範意識を自明のものとして、強制まですることを異常とも思えない考え方が
一番危険なんだと思うよ。
みんなで戦争すれば怖くない、に直結しちまったんだからね。

472 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/15(土) 18:42:41 ID:/6ucYQsi
国旗国歌ももっと弾力的な運用はないんだろーかと思う。

満州からの引揚者や原爆の被害者、玉砕も半ば自明とした沖縄など、
痛ましすぎて、日の丸や君が代を強要しようとまでするのは悪意以外の何ものでもない。
またそうしたことを知る歴史の教員に、強要するのもオカシナ話だ。

もともと日本は、旗なぞとうの昔に捨て去っていた。
白旗源氏と赤旗平家が戦った時代を過ぎ、
風林火山や時には千成瓢箪竿にぶら下げた戦国時代を超え、
家紋の伝統ある江戸の太平へと突入していた。

ヨーロッパやアメリカが、旗をおったて戦っていたのと訳が違う。
開国以降は、日本も国旗や国歌を取り急いで決定しながら、今に至ってるわけだけど、
いくら戦時中にそれを御旗に戦い、しかし星条旗を硫黄島に立てられた過去があるからといって、
標識にすぎないような抽象物に、規範意識を求めるのも何だかな?と思わされる。

ヨーロッパの形式に埋没して自愛を高めるほど、我々は愚かではないはずだ。

473 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 18:45:54 ID:9tO2cXC0
>>468

 天 皇 制 な ん て 要 ら な い w
 

474 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 19:00:03 ID:Hq7iNj9w
>>472 沖縄の悲惨さや、原爆と、

国旗国歌の問題は何も関係ないが?

関係があるなら、分りやすく説明してね、

話がワープすると、何がなんだか分らなくなるから。

>標識にすぎないような抽象物に、規範意識を求めるのも何だかな?と思わされる
この文章そのものはわかるが、「抽象物に規範意識を求めてる」わけでもあるまい。
求めてるのは日本社会の安定性では? その為に象徴を利用してるだけでしょ?

>>473 リアルで発言してごらん。

475 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 20:47:18 ID:Rf12bpvT
リアルでそんな発言したら右翼に殺されるだろうね。
右翼は暴力でそういう発言を封じる人達だし。
そういうのをテロリスト、って言うんでしたっけ?

476 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 20:49:15 ID:49rTwMRF
>、「抽象物に規範意識を求めてる」わけでもあるまい。
>求めてるのは日本社会の安定性では? その為に象徴を利用してるだけでしょ?

こっちのほうが意味わからないな。


477 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 22:00:28 ID:ReKcRoei
氏名も抽象物だが。ひとはななしになるべきだってか。

478 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 22:39:32 ID:Hq7iNj9w
>>475 右にも左にもいるでしょ、
暴力や高圧的な態度で相手の発言を封じようと言う人は。
ていうか、相手が事件を起こしたらしめたもんでしょ?

キミは英雄になれるよ。



479 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 22:41:21 ID:Hq7iNj9w
>>476 何が分らないの?

まぁ、tooo氏との会話だから、分らなければ無理に参加しなくてもいいよ。

480 :朝まで名無しさん:2007/12/15(土) 23:31:30 ID:Rf12bpvT
>>478
それで捕まえられるのは実行犯だけだ、
在日や学会さんの構成員が何やっても組織にはダメージはいかん。
死に損だ。

481 :473:2007/12/16(日) 01:18:42 ID:uAXQl8K8
殺されはしなかったが、事務所に拉致られて、刺青もんに日本刀で脅されたw
刺されたこともあるなw
売国右翼からかうのが趣味なんでw

http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news2/1190045561/177
これならどう?w
死者に対する名誉毀損か?w
まー福田康夫くんに代理起訴でも頼むんだなとw

482 :朝まで名無しさん:2007/12/16(日) 01:55:50 ID:NfHtx852
>>472
60年前、2、3世代前と自分と関係無いことでそんな騒ぐのは過 剰 反 応にしか見えない。

483 :朝まで名無しさん:2007/12/16(日) 02:00:53 ID:CyS/x0+Y
薩摩と会津は未だに和解云々がニュースになるくらいですしねー

484 :朝まで名無しさん:2007/12/16(日) 05:26:43 ID:Oc5guBE8
まぁ、一般人には関係ないな。

平和に暮らす、それが大事。

好戦的なウヨもサヨも勝手に殺し合いしてれば?
一般人を巻き込まないでね。

485 :朝まで名無しさん:2007/12/16(日) 09:08:00 ID:Zsgj+x+R
>>481
サヨがウヨに拉致られたって?
まあ、一般人を巻き込まない範囲で好きにやり合ってくれ。

486 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 10:28:00 ID:8VjIpxQ/
>>484
「奴隷は一生、奴隷であると気づかすにすごす」

たとえば、年間5兆円も軍事費を使って平和?関係ない?
1%ったって、GDPの1%で、税収からしたら10%強。
アメリカ・ロシアについで世界第三位の軍事大国。

そして、恐ろしいことに、これがまったく無意味に使われてる。
イージス艦だってミサイル積んでないし、戦闘機だって遠くまで行かないように燃料タンクが小さい。

政府は封建時代と同じで国民には見せない。
「見ざるいわざる聞かざる」徳川家康の教えは今も生きてる。

そして、サルはサルであることにも気づかずに、気取って?484のように言うわけだ。




487 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 11:30:16 ID:OPE+Cf52
>>486
突然出てきて脈絡もない話されてもな。
頭おかしいの?

488 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/17(月) 12:53:56 ID:I8wc4PYo
>>474
>沖縄の悲惨さや、原爆と、国旗国歌の問題は何も関係ないが?

沖縄のお年寄りたちは、国旗国歌と戦争との間にかなり密接な関係をみるはず。
見れなければ、目が節穴のお年寄りだとさえ思う。(w

沖縄はもともと琉球王国だった。独立国だった。
しかし日本に編入され、昭和となって皇民化教育の果てに、
本土の犠牲となる戦争を強いられた。
誰だって、そのような悪印象を払拭することはできない。

皇民化教育には、教育勅語の奉読などもありますが、
日の丸の掲揚と君が代の斉唱は、
日本人であるという規範意識(または自負)をもたらすメイン・ユニットだった。

沖縄決戦では島民の4分の1以上12万人の人命まで失ったのだから、
親類縁者が戦死から逃れえた島民など皆無か希有か、
あるいは地域によっては完全な壊滅状態を味わされ、結果あまたの家族が失われた。
住民の意思を聴かず一方的に決戦場とされた、沖縄の慟哭は極めて深い。

オイは少し違う見解を持ちますが(沖縄でも国家との一体感を得ていたと考える)、
自決に際しての軍からの強制性の有無が、未だに問題にされてしまう「お国柄」でもある。
日本であったために、日本人として行動しようとして、
本当に玉砕を旨としてしまったのが沖縄だった。
(本土も玉砕する覚悟でいたが、昭和天皇のポツダム宣言受諾によって、事なきを得た。)
この悲劇を払拭することは出来ない。

平和を希求することと高揚した愛国心との齟齬に、人一倍気がついている。それが沖縄。

489 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/17(月) 12:54:45 ID:I8wc4PYo
同時にヒロシマも、人道に背く最悪の兵器の犠牲にされた。
本来、アメリカが補償するべきところ、日本が 補 償 さ せ ら れ て い る。
(請求権の棄却とともに、独立を許されたから。)

原爆の使用は、トルーマンという小役人(器が)の仕業だが、
戦前の日本が創りあげた規範意識は、アメリカが問題視するそれだった。
(ナチスドイツのファシズムと日本の軍国主義
 ・・・・・いずれも、個人の自由を敵とする全体主義思想)

ヒロシマもまた無辜の一般市民を殺され、
しかしこちらは「救えなかった」という慟哭の中にある。
(沖縄は、本土決戦の前段階での小決戦を企図したもので、最初から犠牲が想定されていた。)
国旗国歌に対し、反対していた教員が多かったのも至極当然な話で、
要するに、それらが規範意識を強化する材料とされ、
そのため戦争への批判など合理的な判断が出来なかった、と捉える向きは多い。

戦争の犠牲者が女性と子どもに集中していることも、
おおよそそのような考え方に拍車を駆ける。
無力だったことへの反省は、国家が求める規範意識にまで及び、
結果として反国旗反国歌なのだろう。

少なくとも、愛国心を高めることがいつか平和の思想から離反し始めること、
それを承知しているのはやはり、極端な実害を被ったから。
そうした実感を背景に反発を強めてきた以上、強制することは不正義以外の何ものでもない。

日中戦争の初期から、国民の自立性はあらぬ方向へと向かい、
太平洋戦争開戦前には、国家に付き従うものへと変貌していた。
自立は失われ、命令に従うだけが国民の責任となっていた。


490 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/17(月) 12:59:14 ID:I8wc4PYo
それが端的に表れているのが特攻隊で、
特攻を志願しないと回答した者まで、特攻隊へと強制編入していたのが戦争末期だった。
沖縄戦に前後して特攻出撃の数は増え、しかし約半数は、
諸島へ不時着したり、中には整備不良で飛び立てもしなかったケースまである。
その帰還は極秘とされ、一カ所に集められ門外不出てか外出禁止にまでされた。
戦意の高揚に悪影響が生じることが必至だったから。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/071021.html
 学徒兵 許されざる帰還 〜陸軍特攻隊の悲劇〜)

ここでは、愛国心自体が強要されていたと考えることも出来るし、そう捉える方が自然。
規範意識が悪用される事態に陥ったと言っても過言ではない。
一体感を得ると同時に、生命価値の否定にまで至っている、そうさせた者の責任は重い。
それが逆に、偏向している教師たちにあらぬ方向への批判を展開させもしてきた。

彼らは、皇民化教育の存在を美味しい好餌としながら、
天皇制にまで踏み込んで否定的・批判的な言辞を吐く。

491 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/17(月) 12:59:51 ID:I8wc4PYo
>話がワープすると、何がなんだか分らなくなるから。

30パーセクぐらいワープしちゃったかな?(w

『トップをねらえ!』のタカヤノリコも、努力をもくもくとするお姉様を見習って
愛地球心を高めたから、とんでもねえ宇宙怪獣と戦い、
最終決戦「カルネアデス計画」では自己犠牲の精神まで発揮してくれて
地球をまるごと助けてくれたんじゃん。
これも自発的。強制には限界があるんだよ。

1万2千年後もオカエリナサイ(イが鏡文字)と迎えてくれる人類があったのも、
タカヤノリコ様のお蔭。泪する我々は深く頭を垂れて感謝しなければならない。

>求めてるのは日本社会の安定性では? その為に象徴を利用してるだけでしょ?

安定性を求めると言っても、限界はあるでしょ。
人間誰しも悪いことをする可能性がある、からといって、予め縛れば良いってもんじゃない。

江戸時代、檀家制度で庶民の間に根付いていると思われていた仏教でさえ、
明治の初期は、その形骸化を神道と儒教の両方から批判され、廃仏毀釈運動にまでなった。
しかし暴虐無人な暴徒の存在まで許してしまったのは、
庶民の間にも強制されてきた仏教への鋭い反発があったからでしょう。

てか、取りやめたとはいえ一時、戸田市教委が不起立の保護者や来賓を
調査するという悪手を講じようとしていた。
http://homepage2.nifty.com/1234567890987654321/2006.Toda.htm
今上天皇に謁見した東京都の教委の一人も、
「日本中の学校において国旗を掲げ国歌を斉唱させることが、私の仕事でございます。」
と得意げに報告し、今上天皇から敬遠的てか批判的なお言葉を戴いている。


492 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 13:22:39 ID:Jw2/zNYg
何言ってんのこいつ。
要は甘えた子供を擁護してるのか。

493 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/17(月) 13:22:42 ID:I8wc4PYo
こうしたみっともない事態が起こるのも、
上意下達のお役人仕事が、統計的な充足を本分としちまうから。
カウントすることが仕事になってゆき、結果的に思想傾向の調査にまで至る。
(少なくとも、90年代から国旗国歌のある卒業式を行っているか、 
 全国の高校が計数カウントに「強制」加入させられていた。)

これでは自由主義とは到底思えないような、惨状を提示するだけ。
御上が喜ぶと考えるから、「日本中」画一化したいなどという発言も出るのだろうし、
まるで自分には愛国心がある、誉めてくださいといわんばかりの、間違った発言にも成る。
(客観的な今上天皇だからこそ、やんわりと強制を否定したのでしょう。)

そしてそれは今、反愛国者摘発への姿勢にまで直結してきた。
矮小化して考える左翼もどうかしてるとは思うが(或いは「馬鹿」)、
画一的にすれば同時に、矮小化されてしまう世界をもたらしていることにもなる。

これでは、いつまでたっても真の愛国心など、生じようもないではないか!?
自発を求めなければ、愛国心も無意味。
反発を招くようなら、国家の存在意義さえ失われる。

自由を旨とするなら、放置するしかない。

494 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 13:59:33 ID:LcBX0k4s
>>491
今上天皇の言葉は強制でなく自発的に国旗国歌を尊重することが望ましいって暗に非尊重派を非難するものじゃ無かった?当然自発的>>>>>強制だわな。

495 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 16:58:05 ID:WpN4r1eP
日の丸、君が代が原因で戦争とその被害という結果になったという前提で
議論されているが、戦争という状況に追い込まれたことが原因で、
その手段として利用できそうなものとして、日の丸、君が代を利用するという
結果になったのであるから、そもそも因果関係が逆である。

その手段として利用されるのは、人権や民主主義の場合もあり得るが、
それが利用されたからといって、それ自体否定されることはないのは明らかである。

そうすると、同じように日の丸、君が代もその手段として利用されたからといって、
直ちに、それ自体を否定しなければならないものではない。

ところで、日の丸、君が代がそれぞれ国旗、国歌であることは現在において明確である。
そして、国旗、国歌に対する尊重は、国際的な儀礼として確立しており、
学校教育において、日本国民としての国際的な儀礼を教育することは相当であるといえる。
また、国旗、国歌に対する尊重が、直ちに、戦争の原因となるとは到底考えられない。

したがって、学校における国旗、国歌に対する尊重の指導が、戦争につながるということ
はできないから、そのような主張は誤解というほかない。

496 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 19:44:28 ID:BApcXd5P
個々の文章がどうつながるのかがよく判らない。

497 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 20:13:54 ID:vJy6B5VM
>>488 あのね、toooちん、悪い本見すぎ。

沖縄返還時の日の丸振ってた熱狂を知らないの?
本土じゃないよ、沖縄だよ。

今の空気は最初からあったんじゃなくて、
その後のマスコミ・運動家のたゆまない活動のおかげ。
それに経済格差や本土との温度差が拍車をかけたもの。

まず、そこの認識はできてる?

498 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 20:21:10 ID:vJy6B5VM
>>489 (ナチスドイツのファシズムと日本の軍国主義 ・・・・・いずれも、個人の自由を敵とする全体主義思想)

ちがう。
ただの人種差別。
日本を利用できる時は勿論、利用するが、
一度、敵国扱いしたら、後は敵国は野蛮であれば野蛮であるほど、アメリカ国民の世論を味方に出来る。
今と変わらん。

>日中戦争の初期から、国民の自立性はあらぬ方向へと向かい、
ただの文明の衝突の力学の結果。

>自立は失われ、命令に従うだけが国民の責任となっていた。
日本人は流されやすい民族。
国ですら、世論とマスコミの勢いに呑み込まれただけの事。

499 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 20:25:49 ID:vJy6B5VM
toooちん、もう一度、歴史の本、読み直したほうがいい、
文明史をね。

日本を特殊な国家と考えすぎてる。
もっと、客観的に見たほうがいい。

古代の都市国家や国家間同士、民族同士の単純な争いと大して変わらないよ。
日本国内の議論だけでまとめようとするから、視点が狭くなる。

話はもっと単純だよ。

500 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 20:26:56 ID:BApcXd5P
なんか偉そうですね いつもの人?

501 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 20:43:47 ID:vJy6B5VM
このスレには偉そうな人しかいないはずでは?

502 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 23:55:37 ID:vQKsARPY
まあ、実は反対派も、愛国心を感じている。
で、「愛国愛国」と叫ぶ賛成派を、この国権の亡者が・・・とさげすんでる。

要は、愛の形が違うんだな。
愛の形が違うから、頭の悪い賛成派は「愛国心」がないものと誤解する。
頭の悪い女が、「あなたは私を愛していない」と誤解するように。

503 :朝まで名無しさん:2007/12/17(月) 23:59:12 ID:vQKsARPY
>>495
> そもそも因果関係が逆である

国旗や国歌などのシンボルを駆使して、国民の精神を統制し、自立的な
思考回路を麻痺させておかなければ、ああいう無謀な戦争を20世紀にもなって
遂行することはできない。因果関係はtoooがいうとおりだ。

toooは、このスレでは真っ当な議論を展開してるよ。珍しいことに。
どうしちゃったんだ、tooo??

504 :朝まで名無しさん:2007/12/18(火) 00:20:09 ID:Z6tcAw6R
>>494
強制が望ましくないと言ってるんだから、非尊重派を非難してるってことは
ないだろ。

505 :朝まで名無しさん:2007/12/18(火) 00:43:42 ID:a3CdO0nN
>>503 日本人をなんだと思ってる?

別にそんな賢い民族でもないぞ。

まぁ、他所の国も似たり寄ったりだが。

今の社会を見れば分るでしょ?




506 :朝まで名無しさん:2007/12/18(火) 09:08:12 ID:7hQM88nV
>>504
自発的に歌うのが望ましいんだからそれを邪魔する非尊重派を非難してるんじゃね?

507 :朝まで名無しさん:2007/12/18(火) 09:14:24 ID:7hQM88nV
>>502
頭の悪い強制反対派も「強制賛成派には愛国心がない」と思ってるに違いないwww

508 :朝まで名無しさん:2007/12/18(火) 09:19:41 ID:wH4/XZY3
歌わない理由に説得力が無いだけ。


509 :朝まで名無しさん:2007/12/18(火) 12:10:22 ID:31BNWxAp
どういう理由かは分からないが、究極の公人で国家元首相当の天皇が歌えない君が代は国歌に相応しくない歌なのだろう。

510 :朝まで名無しさん:2007/12/18(火) 13:11:54 ID:wH4/XZY3
↑馬鹿の一つ覚え

511 :朝まで名無しさん:2007/12/18(火) 23:23:37 ID:qNbgjLg1
>>495
おおむね同感。

日の丸・君が代のせいで戦争が起きるとは、どんだけアホなんだろうね。
日の丸君が代でも、戦後60年以上起きてないだろうに。
すると九条があるから起きないとか何とか屁理屈を言う。
じゃあ、九条があれば日の丸君が代でいいじゃん、という話。


512 :朝まで名無しさん:2007/12/18(火) 23:25:15 ID:qNbgjLg1
>>509
エリザベス女王もアメリカ大統領も歌ってないだろ。
元首は起立して歌わないのが慣行。


513 :朝まで名無しさん:2007/12/18(火) 23:29:52 ID:qNbgjLg1
ゆとり教育が亡国への道だとハッキリした今、
義務教育で国語・日本史もしっかり教える方向に舵を切りつつある。
自然と愛国心が育まれて、この日本も少しはまともに戻るだろう。



514 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/18(火) 23:32:35 ID:+p2IXGZZ
>>511
>じゃあ、九条があれば日の丸君が代でいいじゃん、という話。

ふざけるな!
9条があるから平和だという論拠は、
日本が戦争を起こさないから平和だという短絡の理屈であって、
日本以外の第三国の戦争発動を許容している態度に他ならない。

9条第2項の武装放棄条項など、偽装で欺瞞で嘘つきの言葉に他ならない。
これを撤廃しなければ、最終的に日本は日本人を守らないことにまでなる。

日の丸や君が代があろうが無かろうが、憲法改正だけは実現しなければならない。

>>494
>今上天皇の言葉は・・・暗に非尊重派を非難するものじゃ無かった?

違うでしょ。
まさか望遠マイクで録られてるとは思いもしなかっただろうけど、
強制性の方を排除するご意思だよ。

「やはり、強制になるということでないことが望ましいですね」

めったに否定形をつかわない、てかまったくつかえない皇族方のお言葉からすると、
かなり強い意志をお心にされていたと断じても不思議じゃない。
(皇太子殿下の雅子様擁護発言が、宮内庁批判と一気にマスコミが色めきだつのも、同様の理由。
 小さな不満や不信も、巨大化して伝聞される。
 日常的に意思表現を自己抑制されているのが皇族方であること、このことに変化はないから。)

515 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/18(火) 23:35:28 ID:+p2IXGZZ
>>495
>戦争という状況に追い込まれたことが原因で、
>その手段として利用できそうなものとして、日の丸、君が代を利用するという
>結果になったのであるから、そもそも因果関係が逆である。

日中戦争勃発当時の大人たちが、こぞって戦争に賛成していたことは疑いようがない事実。
ところが、政治支配を強める軍が、教育を利用しはじめたこともまた事実。
このとき国家思想に一番左右される状態になったのは、当時の児童や学徒であって、
それが今、「国民皆兵教育」と言われる代物だった。

集団的合議制を最後まで維持し、独裁制のファシズムに陥らなかった日本でも、
全体主義といえる状況は生じていた。

戦争へのリーダーシップを発揮した東條英機首相が、
最後には閣内総不信で更迭された状態であるとはいえ、
軍人勅諭に「戦陣訓」を追加したことは重たい事実。

やんわりと付和雷同性を発揮しやすいだけの平和な国民性に、
国旗が民族的自負心を植え付ける効果は、計り知れなかった。
自然発生的に、国民が各家庭にあった日章旗を利用し、出征兵士に贈る寄せ書きとした。
(というここを、今のアメリカが踏襲しているようにも思える。
 イラク戦争やアフガニスタン戦で失った息子を悼む母親は、
 独立記念日やパレードなどの国家や州の行事の日には、決まって、
 兵士の姿で敬礼する息子の遺影を胸に抱き、家の前にたたずむ。
 そのご子息の背後にはためいているのが星条旗だったりもし、今は亡き息子の愛国心を強調する。
 そのアメリカ国内には、数知れない星条旗が日常的にはためき続けている。)

516 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/18(火) 23:41:09 ID:+p2IXGZZ
>学校教育において、日本国民としての国際的な儀礼を教育することは相当であるといえる。
>また、国旗、国歌に対する尊重が、直ちに、戦争の原因となるとは到底考えられない。
>したがって、学校における国旗、国歌に対する尊重の指導が、戦争につながるということ
>はできないから、そのような主張は誤解というほかない。

ここらへんについて、反対しているのではない。
否応なく戦争に参加した状態の国民もあり、犠牲者となった彼らの意思の尊重がなければ、
賛成も反対も存在して丸ごと国家であるという、民主主義理念を失っているぞと言いたいだけ。

国家の行事である以上、国旗国歌は粛々と行使されていればいい。
国民の休日に、公立校が日章旗を掲げ愛でるのも当然の仕草に外ならない。
それを妨害しようとするなら、公務執行妨害を問えばいい。

ただ、太平洋戦争の犠牲はあまりに甚だしく、
単に心に留まらない痛みを国民に伴わせた、これも現実。
国家を信じ満州開拓へと向かい、しかし敗戦の末、日本に帰還できなかった無辜の国民も多い。
(現地でソ連兵や朝鮮人に犯され、帰国の船から身投げした女性も数知れないという。)

過剰に国家に期待を寄せるようになった原因も、
日本という国家の悠久性を教化されていたからだった。

517 :朝まで名無しさん:2007/12/18(火) 23:41:47 ID:NXDwU0uH
それにしてもまだ ゆとり教育とか言っている奴がいるのか
便利な言葉として多用しているうちに
自分の頭で考えて表現する力を失っていくような感じだな。

518 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/18(火) 23:48:18 ID:+p2IXGZZ
ゆとり教育と国旗国歌教育にどゆ脈絡がある?

このスレで問題にしているのは、日の丸・君が代だ。
文字、読めんのか?(w

519 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/19(水) 00:11:22 ID:7a4/vrYB
>>497
>沖縄返還時の日の丸振ってた熱狂を知らないの?
>本土じゃないよ、沖縄だよ。

本土復帰を実現した佐藤首相を迎える沖縄の民衆は、こぞって日の丸を振っていた。
また、本土復帰の元旦の朝にも、道路や歩道橋に人が溢れたという。
というのも、それまでアメリカ式の右側通行だったクルマが、
左側通行になるのをみようとしたからだった。
それほど、沖縄の民衆は本土復帰を喜びとしていた。

その原因は、占領統治を受けていた沖縄では、土地の強制接収は言うに及ばず、
アメリカ兵による暴行事件などは日常茶飯事で、
おまけにアメリカ兵の運転するクルマに轢かれてもアメリカ兵は無罪放免状態だったからだ。
沖縄人の人権は無きに等しいものとされた。
(同じアメリカ兵が上官の家庭の犬でも轢き殺そうものなら、
 多額の賠償金を余儀なくされるというのに、だ。)

なので、本土側も事態の重大性を考慮して、早期返還を実現しようと動いた。
(ここで、基地なき返還を求める社民党は、信頼を失ったという話もある。
 彼らにとっては、共産圏を信頼してやまないので、利敵行為を行ったにすぎないわけだが。
 ・・・・・という悪癖から逃れられず、
 北朝鮮への甘い対応が、今国民的には目の敵となって、
 議会内で挽回不可能な失地となってるわけだ。
 ・・・・・という具合に、民主主義は彼らに反省すら促してるわけだ。
 それが出来るか出来ないかは別として[彼ら自身の話として]。)

アメリカ軍による27年間の沖縄占領、
そこにはなまじ玉砕想定の戦争したために(あるいは、させられたために)、
極度の人権剥奪状況に陥った、沖縄の悲劇がある。
日本の戦後は終わっていなかった。(それが今に連なる基地問題を生んでもいる。)

520 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/19(水) 00:12:20 ID:7a4/vrYB
実は、本土の日本も占領統治の初期、国旗を奪われていた。
国旗を揚げることが許されなかった。
初めて国旗を揚げることが占領軍に許容された喜びは、往時の朝日新聞に詳しい。

昭和24年1月3日の朝日新聞 天声人語(一部)・・・・・2ch上の他スレから拝借

 お正月のお年玉として、國旗の掲揚が無制限に自由になったことは、やはり楽しいことだ。
 正月の町や村に、門松が立ち晴着姿の羽根つき風景があっても、
 門毎に日の丸の旗のひるがえっていないのは、画竜点睛を欠くの観があった。
 この数年間は國旗のない日本であった。
 國旗をあげるのにその都度一々許可を得るのでは、気のすすまないのはいつわりのない國民感情である。
 講和条約の締結までは、自由に國旗を立てられる日は来ないものとあきらめていた。
 しかし今、日本経済自立への旗印として、マ元帥は日の丸の旗を完全にわれわれの手に返還してくれたのだ。
 忘れられていたこの旗の下に、われらは耐乏の首途とし、再建と自立への出発をするのである。
 さて國旗は自由を得たが、國民の手に國旗はない。戦災で國旗を失った家々には立てようにも國旗がなく、
 この喜びをわかつこともできないのだ。
 マ元帥は國旗の自由をはなむけした。政府は國旗の現物を配給するべきである。

日本国内の、また本土復帰の報せに沸く沖縄の、国旗掲揚の喜びは、
独立を取り戻した喜び、占領の抑圧から解放された喜びから生じている。

国威高揚の、従軍兵士を送る期待で盛んに日の丸を振っていたのとは、訳が違う。
少なくとも、ベクトルの違いに気がつかれるべきだ。

平和への愛国心と、戦争へと向かう愛国心は、その内実を異ならせている。

521 :朝まで名無しさん:2007/12/19(水) 00:15:30 ID:RhoeFrcO
>>512
アメリカ大統領は確認できんが、
イギリス国歌は王室を讃える歌なんだからエリザベス女王は歌わないのはあたりまえだろ。
公式には天皇と天皇を象徴とする国歌と国民を対象にしている君が代とは立ち位置が違う。

522 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/19(水) 00:23:38 ID:7a4/vrYB
>>521
アメリカ大統領が国歌を歌う映像は見たことあるな。

523 :朝まで名無しさん:2007/12/19(水) 03:27:01 ID:8y/5Qfy5
>>517 >ただ、太平洋戦争の犠牲はあまりに甚だしく、
 単に心に留まらない痛みを国民に伴わせた、これも現実。
 国家を信じ満州開拓へと向かい、しかし敗戦の末、日本に帰還できなかった無辜の国民も多い。
 (現地でソ連兵や朝鮮人に犯され、帰国の船から身投げした女性も数知れないという。)

 >過剰に国家に期待を寄せるようになった原因も、
 >日本という国家の悠久性を教化されていたからだった。

日本人が他に何に期待を寄せればいいの?
宗教? 血縁?



524 :朝まで名無しさん:2007/12/19(水) 03:32:11 ID:8y/5Qfy5
>>520 平和への愛国心と戦争への愛国心と分類してるけど、

一般民衆がそんなことを考えるかね?

「自主独立」と「大国の横暴への反抗」には近しいものしか感じないけど・・・。

525 :朝まで名無しさん:2007/12/19(水) 05:58:41 ID:NTgHsDAa
>>251
そんなあるのか無いのかよくわからない陰謀論を無視しても、
日本の政治に参加したいのなら、正式な日本人になるべきなのは
シンプルに当然なわけですが。

526 :朝まで名無しさん:2007/12/20(木) 00:03:15 ID:Rm0cs1Iq
愛国心は選民思想と仲の良い素人さんには手に余るメンタリティーなのです。

527 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/21(金) 20:09:12 ID:Lrre4ozA
>>523
>日本人が他に何に期待を寄せればいいの?
>宗教? 血縁?

基本的に日本は無宗教。
形式仏教は残存してるけど、日常化するほどの信仰心は無いか、あってもかなり薄いでしょう。

血縁は大事にしたいけど、その呪縛から逃れて経済社会の発展もあるわけだし、
代々続いていて、一見血縁関係で成立してきたかに見える江戸時代からの商家も、
時には丁稚奉公から抜き出てきた優秀な番頭に家督が譲られたりもし、
結局、家業の隆盛を念頭に事業継承が行われてきたみたい。
機会均等の自由社会なら、血縁にもこだわれなくなってる。

農業からすると、土地に愛着を持つのは自然。
しかし農業国でもなくなった。今さら『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラでもないし。

「期待を寄せる」が、価値を見出すことを意味するなら、
多様な価値を保障する自由社会という規範、これにこそ価値があるんじゃないの?

維新以来、教育を中心にして優秀な人材が輩出されたことを思えば、
人づくりとしての教育は欠かせない要素。
今やあらゆるタイプの英知が、日本を飛びだし世界に貢献している。

http://homepage3.nifty.com/iwp/iwp-towa/iwp.htm
(少人数で深井戸を掘削する「上総掘り」技術の普及活動)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/hakusyo/04_hakusho/ODA2004/html/column/cl01006.htm
(犯罪の増加に悩むシンガポールを救った、交番制度の輸入)
http://www.trg.affrc.go.jp/v-museum/exchange/ex0802.html
(世界に輸出される日本の水田技術)

528 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/21(金) 20:15:57 ID:Lrre4ozA
>>524
自由主義のあり方を問い直すアイザイア・バーリンによれば、
自由も、消極的自由と積極的自由に分かれるという。

 消極的自由「〜からの自由」・・・他者の介入を排除できること
 積極的自由「〜への自由」・・・特定の目的に向かい働きかける行動

上記の両「自由」概念が対立してきたのが歴史。

自由主義的自由(消極的自由)と
全体主義的自由(他者への干渉と統制の自由=積極的自由)が対立し、
歴史を形成してきた、と考える。

529 :朝まで名無しさん:2007/12/21(金) 20:55:46 ID:hG9r0o/M
>>527 で、結局tooo氏は日本という枠組みを消滅させたいの?

>多様な価値を保障する自由社会という規範、これにこそ価値があるんじゃないの

それは日本人には無理(世界どこの国でも無理だろうけど)。
多様な価値観が氾濫すれば、人は安心して生活する事はできない。

・・・つーか、これ、80年代に流行った観念だよ。


530 :朝まで名無しさん:2007/12/21(金) 20:58:27 ID:epOouZwM
バブルが弾けて、多文化主義がメッキのようにはがれ
そして根拠の無いナンバーワン意識だけが残ったか

531 :朝まで名無しさん:2007/12/21(金) 21:30:51 ID:3QuJNuxz
日本と言う枠組み、
いや日本に限らないな、
その国がその国である枠組みってなんだろうね?

532 :朝まで名無しさん:2007/12/21(金) 21:37:13 ID:hG9r0o/M
>>531 様々な複合要因があるから、「これ」って特定する必要はないんじゃない?
領土問題を抱えてる国もあるし。

その国に属してる人間が、ある程度共通して認識してるもの、とでも言えばいいのかな?

ただ、日本は島国である事が、歴史的にも、地政学的にも、強く影響されてると思うけど。

533 :朝まで名無しさん:2007/12/22(土) 12:12:07 ID:FrfM6Xrl
589 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/12/21(金) 19:16:03 ID:????
明治二十二年、明治憲法が制定されたとき、公家の世界では、今の天皇は金帝。次の天皇は銀帝。その次の天皇は銅帝。
その次の次の天皇は泥帝(どろてい)。そして五代目は哀帝(ないてい)であると話し合われた。
「哀帝(ないてい)」は、暗に「廃帝」を示唆する語。

江戸時代までの日本文化を捨てて西洋文化を模倣しただけ日本の国体、欧米の傀儡と化した薩長が担ぎ上げた天皇の皇統は、
そう長くはもたないということを、公家の人達は予言していたらしい。

534 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/22(土) 17:39:10 ID:73GauKTV
>>529
>多様な価値観が氾濫すれば、人は安心して生活する事はできない。

家族愛や知己を大事にするといった、人間的で基本的な価値観を別とすれば、
民主主義の浸透した現在、価値観はすでに多様になってます。

もちろん、家族愛を捨ててしまう人も現れるし、
カルトな宗教に身を投じてしまい、家族愛で奪還が成立する人も、しない人も現れる。
すべて、内心の自由を究極には奪えないことから生じる。

しかし内心の自由が保障されているから、自発的な良心も形成されうるわけで、
これが独裁国家で内心の自由を剥奪されていたら、命令に従うばかりで、創意性も失われてゆく。

独裁国家は、規則に従って安全な社会とも思えるかもしれないが、
そのような社会主義国や国家社会主義国が、なまじ国家命令に従う成員しかいないから、
戦争の発動が容易なこと、しかし経済を根本的なところで駄目にすることも、
すでに衆目の見解が一致していることなのでは!?

多様な価値の保障、それが飲んで食って排泄するにとどまらない、
文化的価値の再創造になってきたことも、すでに常識なのではないでしょうか?

>>532
>日本は島国である事が、歴史的にも、地政学的にも、強く影響されてると思うけど。

それはそうでしょうね。
開国も、蒸気船が開発された結果、遠洋航海が可能になったことに起因してる。

集合離散のある大陸の民族でもないし、あるいは民族意識が低いとも、
国防意識に薄いとも思える。

温和で中庸を大事にするのも、島国の国民性だと思う。

535 :朝まで名無しさん:2007/12/22(土) 17:56:35 ID:sLknpmZA
統一○会はなんで右翼を大量生産して天皇万歳を強制するのだろう?

日本○議の中心となり日本の教科書にまでイチャモン付けるのはなんで?

国際的に日本が孤立するのを望んでいるの?

日本は反省しない国だと批判されるけど反省してるし戦争反対の平和国家だよ。

それを反省するのは自虐史観だと言っているのはあなた達でしょ。

戦争も徴兵も望まない国民に戦争美化を押し付けているのもあなた達でしょ。

右翼の街宣車が騒音を鳴らして日本人を威嚇している。

天皇万歳をしなければ非国民だと脅迫しているあなた達は日本人の代表なの?

日本人に対して外国人が押し付ける様々なもの。

天皇も宗教も戦争も要らないよ。


536 :朝まで名無しさん:2007/12/22(土) 18:57:50 ID:yneNRfJm
>>534  >しかし内心の自由が保障されているから、自発的な良心も形成されうるわけで、
     これが独裁国家で内心の自由を剥奪されていたら、命令に従うばかりで、創意性も失われてゆく。

こりゃこりゃ、だれが独裁国家にしろと言った?
二極対立はやめい!

わしは中庸じゃい。
どっちに転んでも、危険が大きいと、の立場じゃ。



537 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/22(土) 20:08:19 ID:73GauKTV
>>536
いや、多様な価値を認めている今が安心ならん!とまで仰る方は、
社会主義方向か国家主義方向かは存じませんが・・・一種の独裁主義者ですよ。

もち、資本主義は個別性ある独裁は認めてますよ。
ワンマン社長のような存在ね。有能な人も多い。
逆に自己を律せないようなら、社員でも駄目なのが多い。
しかしここには独裁の及ぶ制限域がちゃんと存在する。

そんなワンマン社長でも、ゴルフやカラオケなど、
他の人、いにしえの人が価値を創りだした遊びに興じてたりする。
ゴルフクラブも、どこのが良いとかやたらかまびすしい。
酒だって色々ある。
なので、楽しい。
という全体を愛せるか否かが、独裁主義と民主主義の岐路なのでは?(w

538 :朝まで名無しさん:2007/12/22(土) 20:29:31 ID:yneNRfJm
ん? >>537 >多様な価値観を認めてる今が安心ならん! 

・・・?
そんなこといったか?

>多様な価値観が氾濫すれば、人は安心して生活する事はできない。
とは確かに言った。

わしが言ってるのは、
人は何かにすがってないと、生きてけない、ということ。

すがるものは、
宗教だったり、仕事だったり、アイドルだったり、趣味だったり、家族だったり、恋人だったり、金だったり。
そのすがるものが大きくないと、不安で不安でたまらないから、
より大きな物・確実なものを求めるように出来ている。
そしてその集団を混乱させようとするものがいると、全員で叩き潰す。「空気読め」と。
これは右も左も変わらない。



・・・ていうか、こんな調子では議論にならんぞ。




539 :朝まで名無しさん:2007/12/22(土) 20:31:53 ID:yneNRfJm
ごはん、行って来る。

基本的に価値観バラバラの方が、
絶対的な危機の前には、生存者がでる確率高いけど、
日本の場合はレミングの大行進かな?

みんなで破滅に向かうよ、きっと。


540 :平成残虐犯罪増加の原因:2007/12/22(土) 21:06:21 ID:J1mOnQjK
侵略強姦英霊兵士に殺されたアジアの貧しい被害者の立場に立とう
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
平成の現在、続発する残虐犯罪は靖国英霊という凶悪な侵略強盗強姦殺人犯の「戦後社会による犯罪放置」が原因である。
:国家間の憎悪を扇動する英霊軍需利権商売 :
2006年の今こそ如何に困難で厄介であろうと靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士と
その共犯兵士を裁く新たな東京裁判を戦後世代の手で開始しなければいけない。
個別侵略強盗殺人兵士の放置を時代の所為にする卑劣と怠惰に終止符を打つ時が来た。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/rape.html
家族のために天皇のために国のためになどとほざいて、海を渡り侵略強盗・強姦殺人を
繰り広げた靖国英霊という犯罪兵士が許されるのなら、道徳などどこにも存在しないに等しい。
侵略殺人英霊兵士の罪が放置された「平成」社会にはどんな法律もモラルも機能するはずがない。
親分=A級ゴロツキ戦犯だけが罪を問われ、侵略強盗殺人強姦の実行犯である子分=皇軍兵士が許されるなどという社会がどこにある!
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
靖国A級戦犯だけを分祀すれば済む問題では断じてない。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
小沢一郎と中国・胡錦濤(コ・キントウ)はあたかも侵略殺人強盗の責任がA級戦犯だけにあるような暴言を振り撒いている。侵略殺人の実行犯人である靖国英霊という個別の兵士が免罪されると本当に思っているのか。
靖国英霊という個別の侵略強盗兵士に殺されたアジア各地の被害者を無視して、何の未来だ! 何が歴史だ! この恥知らずめ。
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/gallery.mal02.htm
数千万のアジアの人たちの人生を破壊した靖国英霊という侵略強盗殺人の犯罪兵士とその共犯兵士が許される筈がない。
http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
国のために平気で人を殺すような軍人を大量に飼育している韓国、北朝鮮というチンピラ軍事国家も分かっているのか!

541 :朝まで名無しさん:2007/12/22(土) 21:20:14 ID:LjItneIk
藤原正彦
個人主義や自由を貫徹すると、家族で支え合う基盤がなくなりますから、
あなたへの仕送りも止まり、学費を作るためにあなたは多くの自由をうしなうことになりますが。

542 :朝まで名無しさん:2007/12/22(土) 21:25:42 ID:LjItneIk
自分の自由と他人の自由は衝突する。正しいもの同士がぶつかるのはおかしくないですか。
そもそも自由は存在するのですか。
法律も道徳も倫理もみな自由を束縛しています。

543 :朝まで名無しさん:2007/12/22(土) 22:18:09 ID:VPfTCekg
ぶつかったら単純に強い物が勝つのです。

544 :朝まで名無しさん:2007/12/23(日) 00:21:35 ID:FYovYkiE
自由と権利の拡大はいつだって衝突を生む。
今では当たり前な自由民権運動や婦人参政権だって当時は分不相応だとなかなか認めてもらえなかった。

545 :朝まで名無しさん:2007/12/23(日) 02:24:39 ID:SQl/KEE5
藤原正彦か、どうも「若き数学者のアメリカ」のイメージがあるからな。
空港でバナナの一気食いしてたり、アメフトのチケットもってナンパしてたのが
国家の品格とかいっても少々違和感があるが
どうでもいいけど この人新潮社に多数の著作のある新田次郎の息子
いわば二世作家だよな。 数学者のしての実績はどうなんだろ?

546 :朝まで名無しさん:2007/12/23(日) 16:56:20 ID:Esean+XX
日本では、自由よりも調和が上なんだろう。
和をもって尊しとなすのがわが国の国柄。


547 :朝まで名無しさん:2007/12/23(日) 17:33:23 ID:SQl/KEE5
調和というのは横並びではないような気が

548 :朝まで名無しさん:2007/12/23(日) 17:49:20 ID:wIgDOTHF
別に横並びにする必要はないのでは?

549 :朝まで名無しさん:2007/12/23(日) 18:35:59 ID:aQPlFj7P


君が代 = 天皇万歳のキチガイ歌

日の丸 = 朝廷による日本支配の象徴



550 :朝まで名無しさん:2007/12/24(月) 00:50:07 ID:gAidyGGK
標語の類は、理想としてはそう有って欲しいが現実には全然そうじゃ無いものが掲げられてるもんだけどな。
モーゼの十戒とかイタリアマフィアの十か条とか、

551 :朝まで名無しさん:2007/12/25(火) 20:57:01 ID:M/ChfGA8
>>550
違うな。
標語が表わしているのは、志向性だろ。
調和を志向する日本が、他と比べて調和がないわけじゃない。


552 :朝まで名無しさん:2007/12/25(火) 22:02:21 ID:MAOLjPpi
ちょとまぁ、話題は脱線しつつけるが、
「自由」が話題になったので、ちょっと考えてみるか?

「個人の自由」って、社会にとって大事か?
よく、「個人の自由が保障された社会は望ましい」とか聞くが、
ほんとにそう?

そりゃあわしもどこの誰かも知らないヤツに強制されるのはイヤじゃし、
そに逆らったら罰則喰らうなんてとんでもない、とは思ってる。
(ある程度納得できる理由があれば、仕方ないとする)

でさ、最近、地方の医者のなり手がなくて、産婦人科やら小児科が特に大変だと、
よく新聞を賑わしてる。
・・・その分、給与待遇をあげてもどうしても、全く問題は解消しないらしい。
ま、この手の話題は、地方の嫁さん不足にも通じるか。

でだ、「自由」が大事だとするなら、待遇が良かろうがどうしようが、
誰もそんな僻地に、「望んで」医術に尽くすやつなんて、現われはしないだろう。

しかし、例えば国公立の診療所なり、病院を作って、さらに適当な法律掲げて、
「転勤」で「強制的に」医者を派遣できるシステムにしたらどうなる?
勿論、それでも嫌がる奴は出てくるだろうが、
何割かの医者は確実に地域に貢献するであろう。

勿論、地元の人間にとって、どちらが好ましい状況かは言うまでもあるまい。
「自由」やら「人権」やらより、「生命」のほうが大事ではないのだろうか?

もちろん、極論であたれば、「そんな過疎地は消滅させるのが自然で、
余った土地は、原発なりゴミの焼却炉を作ったほうが、世のためになる」という論理もありかもしれない。

だが、その為には、そこに住み続ける人たちの「居住の自由・権利」を完全に奪う事になりはしないか?

553 :朝まで名無しさん:2007/12/25(火) 22:04:13 ID:MAOLjPpi
いつも、tooo氏が叩かれネタを投下しまくってるので、

わしも、ちょっと・・・。

554 :朝まで名無しさん:2007/12/25(火) 22:53:13 ID:oVZtdZUF
住み続ける人のためにその他に犠牲を科す
のと
過疎地を犠牲にする
のとは比較するのではなくどちらを選択するかだ。
日本では選択の問題を善悪の問題にすり替える輩が多すぎる。

555 :朝まで名無しさん:2007/12/25(火) 23:14:25 ID:QsIUE6Oo
単純二者選択思考はマークシート式回答の弊害って奴かな?

556 :朝まで名無しさん:2007/12/25(火) 23:30:31 ID:MAOLjPpi
>>554 現段階では、善悪は全く関係ありませんよ。

比較で捉えてもいいし、

選択でもいいし、お好きな切り口でどうぞ。

話が的外れな方向に行きそうなら、修正してあげるよ。


557 :朝まで名無しさん:2007/12/25(火) 23:56:41 ID:MAOLjPpi
これも興味深い

>こんな看板たてられたら誰も買わない
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/34/0000345634/89/imgf76507f5zik4zj.jpeg

「分譲不振は反対運動のせい」 12/25 19:13

完成したマンションが売れないのは、周辺住民が反対運動を続けているからだとして、マンション業者が、
反対運動の看板やのぼりの撤去を求める仮処分を申し立てていることが分かりました。

北九州市の泰平建設は今年8月、小倉北区足立に6階建てのマンションを完成させました。

しかし、分譲できたのは110戸のうち2割程度で、泰平建設は、マンション建設に反対する周辺住民が
設置した過激な看板やブログの書き込みが、売り上げ不振の原因だとして撤去を求める仮処分を
申請しました。

泰平建設は、「看板やブログは常識を超える内容で、被害は1億6000万円を超えている」としています。

これに対し周辺住民は、「看板は自宅の敷地内にあり、法の許す範囲内で主張してきた」と反論していて、
建築紛争などに関わる市民団体はきょう、地裁小倉支部に対し、「表現の自由の侵害だ」として仮処分申請を
認めないよう要望しました。

マンション建設をめぐり、業者が反対運動への規制を求めるのは全国的にも珍しく、司法の判断が注目されます。

RKB毎日放送
http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/archives/008280.html
動画
http://news.rkb.ne.jp/rkb_news/media/asx/8280_02.asx


558 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/26(水) 02:11:04 ID:MOKDG50N
>>538
>そんなこといったか?

元は、
>>多様な価値を保障する自由社会という規範、これにこそ価値があるんじゃないの
>それは日本人には無理(世界どこの国でも無理だろうけど)。
>多様な価値観が氾濫すれば、人は安心して生活する事はできない。

なので、現在の日本がすでに、多元主義の自由主義にあることを明示したまで。
(これが、歴代の首相が言ってきた、アメリカと価値観を同じくする
 ということの内容でもあるでしょ。)

>わしが言ってるのは、
>人は何かにすがってないと、生きてけない、ということ。

果たしてそう?
幼少期と老齢期には、家族や福祉に頼っていても(あるいは、頼らざるを得ない状況でも)、
青年期〜壮年期は何かを好事としながらも、基本的には自立しているでしょう。

>宗教だったり、仕事だったり、アイドルだったり、趣味だったり、家族だったり、恋人だったり、金だったり
あるいは、アルコールだったりに、
>すがっている
ように見えても、それは複数からの選択を伴い、すなわち自立的に生きている証明に他ならない。
中心点はあくまで仕事や家族にありながら、
人生をそこへと集約させ、単純化・矮小化された現実に思い悩むことなど無いように、
気晴らしとして多種多様な趣味を持つ。
しかしそれも結局、仕事や家族をより良くするためのことです。

559 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/26(水) 02:11:41 ID:MOKDG50N
>すがるものが大きくないと、不安で不安でたまらないから、
>より大きな物・確実なものを求めるように出来ている
のは、かなり特殊な事例でしょう。

たいてーの人は、あまり没入や依存することなしに生活でけてる。

>その集団を混乱させようとするものがいると、全員で叩き潰す。「空気読め」と。
>これは右も左も変わらない。

いくら集団化が社会的に有効だとしても、叩き潰す手段が非情であれば法が関与するところとなる。
個人を守ることを法が明示しているから、粛正などといった莫迦げた事態に陥らないで済む。
少なくとも、それを目指すことによって、翻って社会にも活力が与えられてくる。

逆に、集団が自己の維持を目的としはじめるから、内部悪の露呈が困難を極めたものとなる。
相撲部屋やM大の例など、犠牲者が生じて初めて露呈したわけで、
いかなる集団を率いる者でも、内部悪に対して敏感でなければならないと解る。
(という相撲部屋もM大も、その初期に「事件」は無いものとされていたこと、
 それも強く記憶されておかなければならない。
 集団としての生存本能の強さ、その醜態の表現として。)
(いずれにしろ、秩序の維持が自己目的化し始めると、
 集団の成員を顧みない横暴が行使されやすいこと、ここに留意する必要がある。)

(とか言ってるオイが、誰も起こし得ないような、
 カスタマーに被害を及ぼして平然としてる部下に、ワンパン食らわしたことはあるけど。
 自己弁護に終始してたので。);;;
(とか言ってるオイが、アルバイト時代は無責任そのままで、
 誰も起こし得ないような、カスタマーに被害及ぼしたことはあるけど。);;;;;;;;;;・・・OTL

560 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/26(水) 02:12:13 ID:MOKDG50N
>>552
>最近、地方の医者のなり手がなくて、・・・・・
>この手の話題は、地方の嫁さん不足にも通じるか。
>「自由」が大事だとするなら、待遇が良かろうがどうしようが、
>誰もそんな僻地に、「望んで」医術に尽くすやつなんて、現われはしないだろう。

確かにその手の箇所に、自由主義の弱さが露呈するし、集約されてる気もする。

僻地への巡回を義務づけている社会主義国キューバの医療など、
日本が見習うべき点が多そう。

いずれにしろ、システマチックに対応するべき問題なのだろうと思う。
(といっても、地域医療支援病院の制度など10年前から制度化されているわけで、
 政治的対応の限界を見せられてる感もある。)

>例えば国公立の診療所なり、病院を作って、さらに適当な法律掲げて、
>「転勤」で「強制的に」医者を派遣できるシステムにしたらどうなる?
>勿論、それでも嫌がる奴は出てくるだろうが、
>何割かの医者は確実に地域に貢献するであろう。
>勿論、地元の人間にとって、どちらが好ましい状況かは言うまでもあるまい。
>「自由」やら「人権」やらより、「生命」のほうが大事ではないのだろうか?

まぁ、概意、サンセーしとく。
といっても、オイは医者ではないし、仮に医者だったとして
行くだろーかと自問自答すると、やっぱ行かないんじゃないか!と思う。

とゆーわけで強制より、僻地医療従事10年間で政府が利子払う開業資金融資とか援助とか、
餌のほーめんで釣ったほーが良いんじゃないだろーか?(w
中央の医療だって、産科医小児科医方面での医師不足は深刻そうなんだし、
不採算医療が切り離されるような、点数制の医療制度も見直すべき時が来てる。

561 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/26(水) 02:12:45 ID:MOKDG50N
キューバの医療も、世界の先進医療があって成立している。
キューバの病院に高度の医療機械が並んでいても、それが輸入品であることに違いはない。

問題は、自由主義医療が広く国民にまで敷延できるか否かということで、
地方都市の病院がたくさん潰れていく現状ではマジに心許ない。

地方行政の展開、地方の活性化まで視野に入れた包括性を、
国政が担っていくことが求められてるんだろうと思います。
そして緊急性を要するところへは、財政出動を伴うのも必然で、
道路に安穏としているタイプの議員など、いよいよ無用の長物と成り果ててくことでしょう。(w

562 :朝まで名無しさん:2007/12/26(水) 09:12:43 ID:BbUDO4oQ
ttp://osaka.cool.ne.jp/kohoken/lib/khk229a3.htm
日の丸を強要しないで

563 :朝まで名無しさん:2007/12/26(水) 09:30:18 ID:R96cYnhO
サヨの性癖を強要しないで

564 :朝まで名無しさん:2007/12/26(水) 12:59:29 ID:CainSjdv
>>562
たった40秒伴奏しなかっただけで戒告処分受けたとかほざいてるな。たった40秒なんだろ?弾け
よ。たったとか言っちゃだめだろ。たったとかいう言葉は自分等の活動が所詮その程度って事を
外部に言ってるのと同じ。

565 :朝まで名無しさん:2007/12/26(水) 17:06:15 ID:CainSjdv
>>560
自発に任せたら行かないから強制にしようという話な訳だろ?日の丸君が代も同じだわな。自発に任せたら歌う教師はいない→じゃあ強制

566 :朝まで名無しさん:2007/12/26(水) 19:42:51 ID:Vo801Wey
40秒所か365日中2回しか公務に参加しなくてものほほんと遊び呆けている公人もいるというのに、
間尺の合わん話だな。

567 :朝まで名無しさん:2007/12/26(水) 20:02:52 ID:b2Q947lH
ある朝鮮系右翼&カルト宗教での命題

「自分の子供と天皇陛下が溺れている。どちらか一人しか助けられない。あなたならどうされますか?」

正答
「陛下のために我が子の命を喜んで差し出す人が美しい日本人です。」

北朝鮮でアンケートを取れば将軍様のために我が子の命を差し出すと答える親しか居ないだろう。
そして大日本帝国も同じだろう。
でも普通は我が子への愛情が優先される。
昨日「エンド・オブ・デイ」という映画がテレビで放送されていた。
一人の人間が死ねば人類全てが救われる。でも映画ではその一人の人間を皆で守る。
価値観は与えられる物ではなく自分で見出すものだから一人一人が考え行動する。

「天皇や将軍様を守るため我が子の命を差し出しましょう」
こんな事が教育される大日本帝国のような国にしてはならない。


568 :朝まで名無しさん:2007/12/26(水) 20:07:45 ID:Vo801Wey
大日本帝国教育を受けていたら、
「玉体に触れるだなんて畏れ多い」
と泣く泣くわが子を選ぶだろうw

569 :朝まで名無しさん:2007/12/26(水) 20:28:49 ID:mqIFs5Wp
>>558 一部ポチ保守がアメリカと価値観を同じくしたいと言ったところで、

国民性は全く違う。

歴史も宗教観・人生観も全く違う。

あいにくだが、日本社会とアメリカ社会は全く違う。

>>559 >たいてーの人は、あまり没入や依存することなしに生活でけてる。

あのね、そりゃあ生物的には生きていけるだろうけど、
そんなことを言ってるんじゃないのよ。
「生きがい」を見出せない人間のことを言ってるのよ。(本人が意識していようといまいと)


570 :朝まで名無しさん:2007/12/26(水) 20:35:31 ID:mqIFs5Wp
>>561 よっしゃ!

ある程度、共通認識ができてきたところで、
先に進もう。

地方自治か国が主導すべきかは、
ここで議論する必要はないとは思うが、

「行政にやらせる」のは良しにしても、
実際にそれを行う現場は、ロボットにでも出来ない限り、
やはり末端の「人間」がすべきことには変わりないわけだ。

「強制」でやらせるか「エサ」でやらせるかは、
まぁ、どっちに決める必要はないと思う。
実際に働けば、どちらにしても不可分であるケースがほとんどだろう。

そういう意味では「教員」も同じ行政の一員なわけだしね。

571 :朝まで名無しさん:2007/12/26(水) 22:50:31 ID:MLXcCD9r
>>565

教師は労働契約を結んでいるのだから公序良俗に反しない契約の義務に反する行為は自由主義民主主義社会では許されない。
医者の問題は契約を結ぶかどうかの問題であって結ぶか結ばないかは自由だ。全く異質な問題を混同して錯誤を誘うしか
能がないのかよ。

572 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/26(水) 23:54:20 ID:MOKDG50N
>>565
>自発に任せたら歌う教師はいない

そんなに悲観するところか?(w
小中学校での強制は当たり前。歌う教員も多い、てか例外を知らん。

ただ、原則都道府県に属し、生徒が自立へ向かう青年期を送る高校、
ここを監視下に入れる状態で強制を実現しようとするから、
どこの劣った国の話なんだよ!?、となる!

強制で実現したものを見て喜ぶなど、おぞましい精神性の表出でしかない。
「啼かぬなら啼かせてみようホトトギス(豊臣秀吉)」ならまだしも、
不起立不斉唱教師を処分してることからすれば、
「啼かぬなら殺してしまえホトトギス(織田信長)」を意図していることは明白だ。

平和な「啼かぬなら啼くまで待とうホトトギス(徳川家康)」か、
多様性のある民主主義規範を守る、
「啼かぬならそれもまたよしホトトギス(松下幸之助)」が、正解だろう。

573 :朝まで名無しさん:2007/12/26(水) 23:56:30 ID:Vo801Wey
>>571
「職務命令にすること」が公序良俗に反している、と言う主張。

574 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:12:11 ID:3Q/N7QOK
>>572 先進国だって強制はあるでしょう。

何を基準に先進国・発展途上と分けてるの?


>生徒が自立へ向かう青年期を送る高校、 ここを監視下に入れる状態で強制を実現しようとするから、

余計、いいじゃないか。
強制があるからこそ、自立心も育つ。
反抗期は何のためにあるのか、考えた事はある?
無論、何でもかんでも締め付けるのは良くないが、
適度な強制は教育に必要。


575 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:13:40 ID:K0k1t50b
国旗や国歌に反対するやつには公序良俗を語る資格は無いだろ。

576 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:20:57 ID:Kh157i6f
国旗や国歌ではなく日の丸君が代だよ、そこのところ間違えないように。

577 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/27(木) 00:22:21 ID:4ljLZRwh
>>574
先進国は、個人の自由を奪って喜んでるような愚劣さが極小。
後進国は、はじめに国家ありきになりやすく、
行政の都合のほうが個人に先行する。

>適度な強制は教育に必要

教育内容はそうであっても、徳性を帯びた行動は、強制から教えられる訳じゃない。
自ら考えることだけが、上下に拠らない道徳判断を生み出す。
(なので、小中校期の、道徳のカリキュラムはかなり重要・・・・・
 というここまで唯物論至上主義に洗脳された左翼教師が批判するから、
 話がややこしくなる。)

自発性を与えることは、積極的な参加も生み出す。
そこが巧く機能してないから、また強制しとけば良いという文科省側の態度だから、
投票率が甚だしく低い、先進国とも呼べない状況に陥るのではないのか!?

578 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:24:33 ID:K0k1t50b
わざわざ式典で国旗国歌に反対するようなやつは、
共通認識が人とずれてすぎている。
自分ルールで人のものを勝手に借りるのは泥棒とは言わないと
真顔で主張するかもしれない。
人に無用な不安感を与えているの。分かる?

579 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:25:32 ID:K0k1t50b
日の丸は国旗です。
君が代は国歌です。
そこのところを間違えないように。

580 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:35:26 ID:Kh157i6f
国歌であろうがなかろうが、
歌詞の内容が気に入らなければ歌いたかないさね。
「国歌と規定されていれば何でも構わない」なら変えても文句なく元気よく歌えるんだろうけど、
そこまで機械的にはなれない。

581 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:39:28 ID:K0k1t50b
要するに日本国の国歌に反対しているという自覚が無いわけか。
かわいそうな教育を受けたのか?


582 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:41:34 ID:Kh157i6f
お上のお達しなら内容を吟味せず無条件で賛成。
て教育を受けた覚えは無いな。

583 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:43:30 ID:K0k1t50b
歌いたくないほど君が代に不信感を持つなんて
なにかがおかしいとは思わないか?


584 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/27(木) 00:44:51 ID:4ljLZRwh
>>578
ストレンジなやつを徹底的に排除する時代もかつてはあったな。

身障者に不妊治療まで施したナチスドイツ。
ここまで行くと、国民を敵としていたのだと言える。
全体を優先させることが、個人の圧殺に繋がっていたのだと解る。

日本はドイツほどの非道(特定民族への恣意的虐殺行為)を犯してはいないが、
やはり身体検査などで従軍に適正しないと「二等国民」と断じられたようだ。
また、ハンセン病患者への非道は、明治の末期から平成の途中までを覆う
あまりにも長期の歴史だった。

すでに我々は、その思想信条宗教などでは差別しない、
近代国家の国民であったにもかかわらず、だ。

585 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:47:07 ID:Kh157i6f
「日本の学校において国旗を揚げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます」
なんて使命感を抱くに比べたら真っ当だと信じてるよ。

586 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:52:22 ID:K0k1t50b

この思い込みはいったいなんなんだ。
思想信条宗教は身障者とまったく関係ないだろ。

587 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:55:08 ID:K0k1t50b
でも
「日本の学校において国旗に反対し、国歌を斉唱しないことが私の仕事でございます」
なんて使命感を抱くほうがおかしいよな。


588 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 00:55:40 ID:3Q/N7QOK
>>577 >先進国は、個人の自由を奪って喜んでるような愚劣さが極小。
妄想。

>個人の自由を奪って喜んでるような
ココから既に間違い。

>行政の都合のほうが個人に先行する。
ここも捉え方が違う。
そういう社会もあるだろうが、理念は「暮らしやすい社会」。
その為に個人の「行き過ぎた」自由を制限する。

>徳性を帯びた行動は、強制から教えられる訳じゃない。
教える事も出来る。(どちらでも100%ではない)

>自ら考えることだけが、上下に拠らない道徳判断を生み出す。
強制に対して反発心が生じてこそ、自ら考える事ができる。
なんのストレスも生じない教え方では、無気力人間が増えるばかり。

>投票率が甚だしく低い
これは国民が、政治体制に不満をもっていないから。

あと、逆に政治家と支持者の間に明確な利権が生じるような社会だったら、投票率はあがるかもね。

589 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 01:01:28 ID:Kh157i6f
>>587
別におかしくはないな。
「(前略)斉唱“させないことが”私の(後略)」
ならおかしいけどな。
つかそういうのは『使命感』とはいわんだろ。

590 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 01:28:25 ID:K0k1t50b
使命感かどうかは分からないが、
現実には不起立&歌わずのほうが不気味。

591 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 01:39:29 ID:Kh157i6f
何が不気味と感じるかは他人様の感性なのでなんともいわんが、
誰が歌い誰が歌わないか観察して声の大きさを計測して、手のも充分キモチワルイ。
あれ本当にヤッたのかね? 企画倒れかしら?
つかそんなことやっている奴は歌えてるのか?

592 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/27(木) 01:41:18 ID:4ljLZRwh
>>588
>>先進国は、個人の自由を奪って喜んでるような愚劣さが極小。
>妄想。

具体例、求む!

>理念は「暮らしやすい社会」。
>その為に個人の「行き過ぎた」自由を制限する。

上記を名目として、社会主義国家が成立させられた。
全体のために自由が剥奪され、それが当然とまで思われた。
イエスマンとなってる衆愚のパワーを背景に。

>強制に対して反発心が生じてこそ、自ら考える事ができる。

強制が国家側からだったら、反発心が生じてもくじけるだけの話。
決して、主体性を帯びた、民主主義の成員とはなれない。


593 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/27(木) 01:41:49 ID:4ljLZRwh
>>投票率が甚だしく低い
>これは国民が、政治体制に不満をもっていないから。

不満がないというより、政治への期待値が低まったからなのではないか?
http://www.akaruisenkyo.or.jp/070various/tihoug.html

(と、選挙が日曜に行われることから、レジャーと衝突することも多く、
 その場合、レジャーを「選んで」しまう。)

なので、争点が明確だった「昨日」の参院選(対前回+2%)や
「一昨日」の衆院選(対前回+8%弱)は、持ち直してる。

郵政民営化解散→第44回衆院選 小選挙区67.51%(前回59.86%)
比例区 67.46%(前回59.81%)

いずれにしろ、オーストラリアのように罰金制を導入するなり、
またはIT利用で携帯からも認証投票かのーにするなり、考えたほーがいい。
万一、40%台が常態で、30%も切っちまうようなら、それは考えようによっては、
万人の信任せず(60%や70%が未投票なんだから)を受けてるのと同じだからね。

(戦前の投票率の高さから考えたって、あり得ないような異常事態だ。)

>政治家と支持者の間に明確な利権が生じるような社会だったら、投票率はあがるかもね。

確かに言えるね。
結果、過疎を進行させながら、過疎地の一票は価値を高めるって寸法かぁ・・・・・OTL

594 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/27(木) 01:42:17 ID:4ljLZRwh
>>590
>現実には不起立&歌わずのほうが不気味。

オイが歌ってたとき、誰が歌ってないなんて監視はなかったぞ。
そいった異分子に、眼を光らせてるほーが、ずっと不気味だよ。

歌いながらそれをやるのか?
それとも歌わずに監視?(w


595 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/27(木) 01:45:58 ID:4ljLZRwh
>>586
>思想信条宗教は身障者とまったく関係ないだろ。

異端を排除しようとする動きは、いつの時代にも現れるってこと。

という異端が、やがて勝者になっち舞うのが歴史。
異端を作り出さなければ、歴史の轍を踏まないで済むということ。

バテレン禁止の江戸時代みたいのは、類い希。

596 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 01:54:15 ID:K0k1t50b
あえての不起立は見つけてほしいという意思表示だろ。
そしてこれは勝敗の話か。やっぱり何かと戦っている意識があるわけか。
革命的ですね。





597 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 01:56:24 ID:g+GUtcTt
ナショナリズムはカタギの主義じゃないよ。ok

598 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 01:57:24 ID:3Q/N7QOK
>>592 いや、具体例ったって、どこの誰が、「自由を奪って喜んでるんだ」っての。
むしろこっちが具体例聞きたい。

>衆愚のパワーを背景に。
「衆愚」ってのは民主主義を揶揄するために使われてますが何か?

>強制が国家側からだったら、反発心が生じてもくじけるだけの話。
なんでやねん。

>いずれにしろ、オーストラリアのように罰金制を導入するなり、
あのー、それは「強制」と言うんですよね?



599 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 01:57:35 ID:K0k1t50b
あぼーんが沸いたので寝ます。

600 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/27(木) 02:03:19 ID:4ljLZRwh
>>596
>あえての不起立は見つけてほしいという意思表示だろ。

見つけて欲しい、てか明確に、反君が代・反日の丸の意思表示でしょうね。

んなの、放置しとけばいい。
敗戦の一時期、国旗や国歌を取りあげられ、今それが歌えるからといって、
敗戦の心身症を国旗や国歌に向かわせてる者の「自由」を奪うのもオカシイし、
ちと卑怯な印象もある。

国会でも机の上にのぼっちゃう女性議員とか、衆人意識のパフォーマーは多い。
それを暴力で阻止したりしたら、そっちのほーが大事になる。
それに対して注意処分の一つもないような日本なのだから、
諸衆の一部を断罪しようと画策する方が、異常だろ。

601 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 02:03:52 ID:3Q/N7QOK
>>595 異端はどの時代・地域でも存在する。
無理に存在をなくす方が危険。

彼らを厚遇してもならない、
その集団を増やさないために、社会的に不利な条件下で存続させねばならない。

社会集団を形成する生物の鉄のルール。
アリさんには、一定の割合で働かない固体が存在する。

602 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 02:07:43 ID:3Q/N7QOK
>>600 プライベートなら「自由」を保障してやれ。
ほっといてかまわない。

だが、教師は行政の末端。
「生徒が日本人である事、日本という国家の成員である事」を自覚させる仕事が気に入らないなら、
就業時間以外で、生徒のいないところでやればいい。
仕事中に「自由」などない。

では寝る。

603 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 02:11:43 ID:nrHqYgIt
>>571
教師になる時に契約結ぶのは個人の自由だろ?教師でも医師でも契約を破る奴は白眼視されるな。

604 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/27(木) 02:17:35 ID:4ljLZRwh
>>598
>むしろこっちが具体例聞きたい。

まぁ、アメリカの訴訟で、無神論者がアメリカ国旗への忠誠の誓いを「させられる」のは
おかしいんじゃねえか、と・・・・・
http://www.aba.ne.jp/~sugita/141j.htm
http://www.aba.ne.jp/~sugita/104j.htm

斥けられたが、事実上の「敗戦」(国旗への忠誠の誓いに問題なし)

逆にベトナム反戦運動時、星条旗に火を点け遺棄した事件を検察側が告訴したところ、
連邦最高裁で、「表現の自由」の一部として合憲扱い。

>「衆愚」ってのは民主主義を揶揄するため

社会主義もその初期から独裁だった訳じゃない。

>なんでやねん。

国家と法には、抗することができないパワーがあるってこと。
それを法が承知するから、基本的人権の尊重概念、
その当然の敷延としての内心の自由の尊重があるわけでしょ。

>>オーストラリアのように罰金制を導入するなり、
>あのー、それは「強制」と言うんですよね?

民主主義を風化させないための「強制」なのだから、必要とあらばいつでも!
(って、オイが決断する問題じゃねーけど。);;;


605 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 02:20:38 ID:swxV5Rsd
> 「生徒が日本人である事、日本という国家の成員である事」を自覚させる仕事

日の丸を見て君が代を歌わないと、自分が日本人であることに気づかない、
日本人であることを忘れるような池沼が、ネトウヨになるわけかw

606 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/27(木) 02:20:57 ID:4ljLZRwh
>>601
異端を異端とするような、偏狭さがなければもっといい。

>>602
>「生徒が日本人である事、日本という国家の成員である事」を自覚させる仕事

小中学校に強制は当然だと思うが、高校となるとどうだろ?
と、矮小化された上記が仕事内容であるなどという取り決めは、一体全体誰が?

607 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 02:42:00 ID:Kh157i6f
君が代歌わせて自覚させたいのは「日本と言う国家の構成員であること」ではなく「天皇の家臣である事」だろ。

608 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 03:44:03 ID:/Chr1ctN
公務員なんだから、自分の主義主張よりも仕事を優先しろよ。
公務中に個人的な思想を持ち込むな。
当たり前だろが。


609 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 07:11:15 ID:ksNSt7pR
>>584

ヨーロッパでも身障者の強制不妊手術は1970年代でもあったけどね。

610 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 07:17:07 ID:ksNSt7pR
契約を結ぶ結ばないの自由はある。
だが契約を守らない自由はない。特に自由主義民主主義のもとでは。
守らないなら最初から契約を結ばなければいいんだよ。

611 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 08:23:49 ID:BxCA3YC8
>余計なお世話かもしれませんが皆さんお気を付けて
>天皇万歳の人を右翼に勧誘している人がいます。
>愛国についての研究をしませんか?と異性信者が孤独な人を狙ってきます。
>入信するなとは言いませんし言えません。自己責任ですが家族の悲しみも考えましょう。
>参加すると集団の中で問い詰められ気の弱い方は頷くだけの状態になってしまうそうです。
>「自分の子供と天皇陛下が溺れている。どちらか一人しか助けられない。あなたならどうされますか?」
>「陛下のために我が子の命を喜んで差し出す人が美しい日本人です。」
>あくまで判断は御自分でなさってください。信仰は自由ですから。

>日本@名無史さん:2007/12/23(日) 17:22:19
>今日大学のツレに誘われて祝賀パーティに行ったら、某カルトの勧誘だった...
>クリスマスから年末年始は恋人が無く里帰りしない学生は狙われ易いらしい。
>占いや手相の勉強に協力してくれと言われるのも気をつけたほうが良い。

こんな事言われたら皆さんはどう答えますか?
「自分の子供と天皇陛下が溺れている。どちらか一人しか助けられない。あなたならどうされますか?」
「陛下のために我が子の命を喜んで差し出す人が美しい日本人です。」
昔の日本帝国や北朝鮮でなら愛国者と言われて誉められる(非国民扱いされない)のでしょうが今の時代には合わないと私は思います。
子供にたいしての愛情を非国民とレッテルを貼る事で断ち切るなんて、私は従えません。


612 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 09:30:38 ID:iM8CSMGY
>>606
キミは、何でもやりたいようにやらせるのが「自由」だとでも言いたいのかね。
やりたくないことはやらないでいいのが「自由」。それが「先進国」?あほらしい。

>>611
そんな出所不明の話を元を、日の丸君が代の話と結び付けようってのが馬鹿なんじゃないの


613 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 11:50:53 ID:cwn4KsE/
>>610
つ クーリングオフ

614 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2007/12/27(木) 12:05:25 ID:L+i2E8Kz
「君が代」ピアノ伴奏拒否訴訟・最高裁判決に対する法学研究者声明

>2006年12月、多くの国民から反対の声があったにもかかわらず、教育基本法に「愛国心」に
>関する条項が盛り込まれた。今国会でも、学校教育法などの下位法において「愛国心」に関する
>規定を盛り込むことが文部科学省などにおいても検討されている。
>すでに多くの都立学校においては卒入学式に向けて包括的・個別的職務命令が発令されている。
>さらに、東京都教育委員会は、都立高校の記念式典で「君が代」のピアノ伴奏を拒否した
>教員に対して本件判決直後、減給処分を下した。
>だが、これらの処分は、今回の小法廷判決が先例として十分に踏まえなかった旭川学力テスト
>最高裁大法廷判決が、「子どもが自由かつ独立の人格として成長することを妨げるような国家的介入、
>例えば、誤った知識や一方的な観念を子どもに植えつけるような内容の教育を施すことを
>強制するようなことは、憲法26条、13条の規定からも許されない」と判示したことを忘れている。
>教育現場における「君が代」強制はこのような大法廷判決と抵触するものであって、児童・生徒および
>教職員の思想・良心の自由を踏まえた慎重な対応が求められることは、本件判決以降も何ら変わることはない。
http://www.jca.apc.org/~kenpoweb/070322kimigayo_statement.html


615 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 19:59:50 ID:Kh157i6f
愛国心 てなんだろうね。
昭和日本軍なんて愛国心の塊だったろうけどやる事なす事自爆行為だったが。

616 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 20:15:58 ID:3Q/N7QOK
>>604 ・・・あのさ、その例が、何の「自由を奪って喜んでる例」なの?

アメリカのその判決結果は、このスレに関わるものかもしれないけど、
その場合、レスアンカーは不要。
別のテーマとしてやってくれない?

>>「衆愚」ってのは民主主義を揶揄するため
>社会主義もその初期から独裁だった訳じゃない。

関係ない話なら一々、引用しなくていいから。

>国家と法には、抗することができないパワーがあるってこと。
ああ、言いたい事はわかった。
だが、話題がずれてないか?
生徒の話題をしていたはずなのに、いきなり「国家からの強制」といわれても、
「なんのこっちゃ?」って感じてしまった。
学校で教師から、いろんなルールや勉強を強いられるとか、その程度で話をしている。
それに対して、反抗期の生徒云々の話をしているんだ。

>民主主義を風化させないための「強制」なのだから、必要とあらばいつでも!
あらら、ダブスタ認めちゃったよ。
・・・ねぇ、宗教入ってない?
それとも原理主義者?

617 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 20:21:52 ID:3Q/N7QOK
>>606 >小中学校に強制は当然だと思うが、高校となるとどうだろ?

その程度のサジ加減はこだわらんよ。
どうせ、小中だってどの程度、教育してるかわからんし。
小中に、バシっと教え込んで、高校ではソフトで、
と言うのなら、意見としてはアリかと思う。

わしとしては、
高校時代に、日本の常識が全く通用しない所に修学旅行に行かすのが、
手っ取り早いとは思っている。
勿論「謝罪旅行」なんてのはもっての外だが。

それで、外国の魅力に取り付かれるヤツも出てくるだろうが、
その外国の欠点すら承知で、日本を離れるなら、それは仕方ないだろう。

>取り決めは、一体全体誰が?
教育委員会じゃねーの?

618 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 21:08:08 ID:LflYWyBr
飲み屋の親父的な意見には
「てめえの子供で実験しやがれ」というのがベストなんだろうか?

619 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 21:09:54 ID:Jgg3W0u0
他人様の子供で科学的(笑)で急進的な実験されたら、それもたまらんけどね

620 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 22:30:15 ID:Emi8gNYb
>>614
とても法学研究者とは思えんなw
「多くの」や「誤った知識や一方的な観念」ってどこからきたんだかw
おもろいもんをあんがとw

621 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 23:01:20 ID:RM+v+/EU
宮内庁が皇室批判にネットで反撃だとよ。

莫大な税金を浪費するだけの天皇飼育制度が無くなれば一番困るのは宮内庁職員。

必死になるわけだな。

でもな、若者は天皇制なんて無くていいと思ってるんだよ!

いくらネトウヨのふりして世論操作しようとしても、
天皇飼育に莫大な血税が使われ、天皇が超贅沢な暮らしをしている事実は
もう隠しようが無い。

もうそんな時代じゃないんだよ。
天皇に血税なんか使うな。
あんなのは国の代表でも顔でもなんでもない。
ただの世間知らずのニートだ。
自力で働いて暮らせばいいだろ。 もしくは半島に帰ればいい。
毎日三食ブルーギルを食え!


622 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 23:14:55 ID:twuTTfz1
>>621
同感です

623 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 23:50:20 ID:ksNSt7pR
>>613

クーリングオフの意味わかってんのか?
契約が最初からなかったことになるんだよ。
つまり雇用契約が最初からなかったことになるんだよ。
つまりそいつが現在教師であるということは取り消しになるんだよ。

624 :朝まで名無しさん:2007/12/27(木) 23:51:58 ID:ksNSt7pR
>>621

憲法よめ。

625 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 00:09:13 ID:upSUuGmi
「正常化」が一段落した後、国立市内ほぼすべての学校で学級崩壊が始まったという。

626 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 00:42:01 ID:dOkfcB9E
隠蔽されていた学級崩壊が表面化しただけ。

627 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/28(金) 01:34:35 ID:i7VNLzfL
>>610
>契約を守らない自由はない。特に自由主義民主主義のもとでは。
>守らないなら最初から契約を結ばなければいいんだよ。

教員も公務員なのだから細部にわたって規則を遵守しろ、
その中に国旗国歌教育もある、・・・という論理の組み立ては聞き飽きた。

問題は、内心の自由を侵してまで規則を強要できるか否かで、
彼らの主張内容が吟味されないかぎり、真実は見えてこない。

>>611
天皇制は、そのような窮極判断を強いるものではない。
制度にすぎないのだから。

>>612
>やりたくないことはやらないでいいのが「自由」。それが「先進国」?

そう、原則それが先進国。
自由主義と民主主義を旨とする。そして個人に価値を見いだす。

やりたくないことを嫌々やってもらっても、仕方がない。
そんなことをいくらしたところで、本質的な意味での貢献がない。

戦前だってよくよく凝視してみるがいい。
大正デモクラシーがあり、民意が反映できる議会制が開始されていたからこそ、
国家のことを我が事とし自己犠牲をいとわない民衆が誕生していた。
・・・大正期の経済的繁栄を享受し、その手痛い頓挫を昭和恐慌で経験していたからこそ、
 拡大する大東亜共栄圏の貿易関係そして投資環境を失わせまいとした、とも言える。
もちろんそれは、対米開戦を是とする気運に繋がってしまうわけだが。
いずれにしろ、GDPが6倍の巨人を相手に善戦(←初期だけ)奮闘したのは、
広範囲に自発を伴っていたからだと思う。

628 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/28(金) 01:35:13 ID:i7VNLzfL
しかしそれを今振り返ってもらえば、
当時は青年以下だった年長者を中心として、「教育のせい」となるわけだ。
強制で実現した戦時体制、という理解にもなってしまうわけだ。

皆兵教育の存在も事実なら、「いやいや」従軍した兵隊が多数存在しているのも事実だからでしょう。
(もしくは、従軍した結果、軍隊教育の強制性に辟易した。
 または、敗戦の辛酸をなめ尽くしたため、従軍時の決意のようなものを忘却した。
 または、南方戦線など、兵站を考えない戦法に苦渋を強いられたため、
 敵国より母国への敵意となった。)

過剰に国家に責任があるように騒擾されるのも、元はといえば此処だろ。
「強制」の結果なんだよ。
新しげに、餌をまいてどーすんだ?ってこと。
(2大政党制に向かう時期なのに、元の木阿弥みたいな・・・・・
 目立つよーに少数意見者を起立させたいのか?)


629 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/28(金) 01:35:48 ID:i7VNLzfL
>>616
>>>「衆愚」ってのは民主主義を揶揄するため
>社会主義もその初期から独裁だった訳じゃない。
>関係ない話なら一々、引用しなくていいから。

カンケーなくもない。

アメリカに共和主義が存在するのは、もともと民主主義が衆愚制に陥るのを嫌ってのこと。
強いリーダーシップを発揮できる大統領制なのも、衆愚政治を嫌うから。
(なので、アメリカでは腐敗に対してかなり敏感。排除する意志が強い。)

日本に共和主義は存在しない。
一時期、首相公選制の提唱もあったが、天皇制と矛盾するとの指摘で頓挫している。

また、地方の惨状から、腐敗を糾弾する姿勢より利権誘導を求める選挙民も多く、
加えて、収入が少ない世帯が多いことから社会主義的になりやすい体質まで有してきた。

>反抗期の生徒云々の話をしているんだ。

違う。

本質的に権力を有する国家が、個人の行動規制までしようとすることの非を問うてる。
内心の自由を侵さないと宣言する憲法に、違反することの矛盾の話だ。


630 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/28(金) 01:36:23 ID:i7VNLzfL
>>民主主義を風化させないための「強制(義務投票制)」なのだから、必要とあらばいつでも!
>あらら、ダブスタ認めちゃったよ。

民主主義を独裁主義に陥らせないため。

少数意見が多数を乗っ取ってしまうことも、投票率が異常に低下すれば起こりうる。
それを阻止するための「強制」は、最終的には「安全」のため。

ワイマール憲法下、民主主義的投票でヒトラーを誕生させたの、知らんの?
(これは圧倒的多数だったが。)

>>617
>小中に、バシっと教え込んで、高校ではソフトで、
>と言うのなら、意見としてはアリかと思う。

一貫して、そう言ってる!・・・・・OTL

小中学校で、国旗掲揚と国歌斉唱は当然でしかない。
それを行わない国があるというなら、例示してもらいたい。

国家という身近ではない規範が存在すること、その保護の下にもあることは
国家がその責務として教えるべき。

ただし、高校は各校の自由裁量に任せられるべき。

>高校時代に、日本の常識が全く通用しない所に修学旅行に行かすのが、
>手っ取り早いとは思っている。

具体的にどこ?


631 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 01:49:13 ID:Tha4GcQn
>>627


632 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 01:54:59 ID:Tha4GcQn
>>627
国旗国歌強制が教師の内心の自由を犯す?憲法拡大解釈し過ぎ。そんなこと言うなら君の論理
である憲法では自由が大切であるということで自由に反する規則、例えば授業中寝るな、誰も
居なくても廊下は走るな、茶髪は禁止だ、私服は禁止だ、等が違憲になりうるだろ、憲法の設
立意義から言えば。誰にも迷惑かけてないのに自由を犯してるから。

633 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 01:55:46 ID:dOkfcB9E
>>630

日本国憲法は有権者が投票しないことに対して責任を問うこと明確に禁止しています。
また権利の上に眠るものは保護しないのは法律の基本。
投票しないやつが悪い。

634 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 02:02:13 ID:dOkfcB9E
>>627

聞き飽きた?
あんたがまともな反論をできないだけだろ。
国家権力の一員たる公務員の公務中の内心の自由は保障されていないのは判例があるけどな。

635 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 02:05:16 ID:dOkfcB9E
公権力を行使する公務中の公務員が法に縛られず
内心の自由を理由に好き勝手をする自由がある?
あほか。

636 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/28(金) 02:14:29 ID:i7VNLzfL
>>632
>例えば授業中寝るな、誰も居なくても廊下は走るな、
>茶髪は禁止だ、私服は禁止だ、等が違憲になりうるだろ

なるか、んなもん!

校則が強制性を有するのは、子どもでは判断できない高度の自由性を
子どもにもたらすためでしょ。
子どもの将来まで加味したものだからだ。

それでも、過失のあった生徒を丸刈りなどにしようものなら、
直ちに憲法違反が問われることになる。

>国旗国歌強制が教師の内心の自由を犯す?

>>614を読んでないの?

彼らが、内心の自由を侵されているという圧迫感を表明する限り、
それは「強制」で除去できるものではなくなるということ。

かかる事態においては、それが式典を過度に妨害すると認められるものでない限り、
不起立不斉唱も看過するほかないよ、ってこと。

もともと教育が「義務」とされるのも、教育を受けることが義務なのではなく、
国家が教育行政を行うことが「義務」。
(「すべて国民は、法律の定めるところにより、
  その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。」憲法第二六条)

ここで保障されているのは、国民が教育を受ける権利だけ。
国家の教育を行う権能を保障してるわけでもなし、
権威者として国家が振る舞うことを許容しているわけでもない。

637 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/28(金) 02:19:03 ID:i7VNLzfL
>>633
モマイ、疑獄事件とかが露見して投票率が著しく悪化し、
左翼政党が政権党になってしまう非常事態まで、想定してないだろ!

>>634
>国家権力の一員たる公務員の公務中の内心の自由は保障されていないのは判例があるけどな。

嘘いってんじゃねーよ!
内心の自由を侵すとまでは言えない、って類だろ!

638 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 07:04:59 ID:dOkfcB9E
自由主義、民主主義のもとで不起立教師に
認められているのは辞職する自由であって
契約や法令によって課せられた義務を無条件に反故にできる自由ではない。
圧迫感を感じるなら辞職すればいいんだよ。
また正確に言うと不起立は内心の自由ではない。表現の自由というやつだ。

639 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 07:16:05 ID:dOkfcB9E
教師が圧迫を感じること個人的主観だけから命令は重大な問題であると断言できるなら
主催者が不起立を重大な妨害だと感じることだけから不起立は重大な問題であると断言できる。

640 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 07:18:34 ID:dOkfcB9E
結局反国家権力は絶対善
国家権力は絶対悪
というステレオタイプをいいたいだけ?
たとえば革マル派は反国家権力で絶対善だから
どんな違法行為をしても許されるのだから
その行為を一切報道しないマスコミみたいな立場なのかね。

641 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 07:19:18 ID:Es7ieZna
>>629 >本質的に権力を有する国家が、個人の行動規制までしようとすることの非を問うてる。
     >内心の自由を侵さないと宣言する憲法に、違反することの矛盾の話だ。

なら、

 >>577 教育内容はそうであっても、徳性を帯びた行動は、強制から教えられる訳じゃない。
 自ら考えることだけが、上下に拠らない道徳判断を生み出す。
 (なので、小中校期の、道徳のカリキュラムはかなり重要・・・・・

の話とは違うところでやってくれ。


642 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 07:31:53 ID:Es7ieZna
>>630 >少数意見が多数を乗っ取ってしまうことも、投票率が異常に低下すれば起こりうる。
     >それを阻止するための「強制」は、最終的には「安全」のため。

     >ワイマール憲法下、民主主義的投票でヒトラーを誕生させたの、知らんの?
     >(これは圧倒的多数だったが。)

自分で民主主義の弱点と限界を承知してらっしゃるようでなにより。

>具体的にどこ?

別にどこでも。


643 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 07:57:25 ID:dOkfcB9E
ま、憲法改正の国民投票についてだけ最低投票率を主張するあたりが
呼びかけ人の主張の正当さを疑わせるというかうさんくささを示すのに十分だね。

644 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 08:02:41 ID:dOkfcB9E
あと最低投票率は投票する側に白紙委任したとみなされる棄権者を反対者として扱う欺瞞の面がある。
棄権者分は投票者の賛成反対の率でそれぞれに割り振るべきもの。

645 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 08:04:44 ID:dOkfcB9E
最低投票率を設けるなら罰則付きの投票義務化とセットだろう。罰則付きの投票義務化は憲法違反だけどね。

646 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 09:41:24 ID:D0BGjpk9
>>636

>>例えば授業中寝るな、誰も居なくても廊下は走るな、
>>茶髪は禁止だ、私服は禁止だ、等が違憲になりうるだろ
>なるか、んなもん!

↓矛盾だね

>>627
>>やりたくないことはやらないでいいのが「自由」。それが「先進国」?
>そう、原則それが先進国。
>自由主義と民主主義を旨とする。そして個人に価値を見いだす。

校則破って茶髪にする生徒は、「先進生徒(笑)」だろ?お前の考えじゃw
その生徒の「思想信条」を尊重してやれよwなぜ国旗国歌の思想だけ尊重してあげようとするの?w

647 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 09:48:15 ID:NkreXsrV

戦時中、軍隊は皇軍と呼ばれ、その命令は天皇の命令とされた。
沖縄では、日本軍の強い指導と教唆の下、集団自決が行われたが、
天皇が居なければあれ程酷いことにはならなかっただろ。

二度とあの様なことを引き起こさない為にも民主主義の敵天皇制は我々の時代に廃棄しましょう。


648 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 09:49:19 ID:Tha4GcQn
>>636ふーん子供の自由と大人の自由は異なるってわけか。線引きは?>>614?こいつらが言っ
てる子供に一面的なことだけ教えるなっていうのは自分達の教義だけ広まれば良いと思ってるだ
けだから漏れは読んだけど読む価値は無い。カルト集団に過ぎない。

649 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 09:52:38 ID:Tha4GcQn
>>646
子供の自由と大人の自由は違うらしいよTOOOによればwww

650 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 09:57:47 ID:dOkfcB9E
反国家権力は絶対善国家権力は絶対悪、自分の権利のために他人の権利や利益を侵害することは絶対善
自分の利益や権利が侵されること絶対悪という価値観を徹底して子供にすり込むこと以外は
不当な教育らしいね。不起立教師とその支持派によれば。

651 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 10:02:00 ID:D0BGjpk9
>>649
じゃ、いい大人が営業の仕事に就いていて、
モヒカン頭にして上司に怒られた場合はどうなんだろうね?w

モヒカン社員は「先進社員」なんですかね?笑える

国旗国歌を嫌悪する教師とモヒカン営業は等しいよね

652 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 10:19:50 ID:bJ2/67uq

君が代 = 天皇万歳のキチガイ歌

日の丸 = 朝廷による日本支配の象徴


653 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 10:27:11 ID:dOkfcB9E
自由は絶対善で謳歌すべきだがそれに伴う責任は絶対悪であり排除すべき、ってコドモだね不起立教師は。

654 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 10:47:24 ID:2dM6onGb
カルト天皇真理教のテーマソングを国歌にするのは誤りです。

655 :新、気味が世:2007/12/28(金) 11:00:44 ID:5bGhgc6u
http://www.youtube.com/watch?v=YzjL5R7Mbz0
  Вставай проклятьем заклейменный,
  Весь мир голодных и рабов!
  Кипит наш разум возмущенный
  И в смертный бой вести готов.
  Весь мир насилья мы разрушим
  До основанья, а затем
  Мы наш, мы новый мир построим,
  Кто был ничем, тот станет всем.

  Это есть наш последний
  И решительный бой,
  С интернационалом
  Воспрянет род людской!

  Это есть наш последный
  И решительный бой,
  С интернационалом
  Воспрянет род людской


656 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 13:16:59 ID:Tha4GcQn
>>651
TOOOの言い分→モヒカンは相手に不快感与えるから駄目だ。


不起立教員が立ちたがって尊重したがってる連中に不快感を与えてないとでも?

657 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 13:31:34 ID:dOkfcB9E
反国家権力行為は絶対善なのでなにをしようがその他の人間は受忍すべし、と思っているんだろ。

658 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 19:22:00 ID:kgY1/D02
下流オタクウヨが国家権力と自分を同一視するのと同じように?

659 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 21:40:53 ID:dOkfcB9E
そういう程度の低い下品な反論しかできないのはサヨクの本質なのかな。

660 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 21:59:28 ID:Tha4GcQn
左翼教師も右翼教師も国旗国歌として決まっているものは公務員法から、そして子供に示しを
つけるためにも最大限尊重すべき。つまり左翼教師に言いたいのは国旗国歌が気に入らないな
ら不起立なんてテロにもならない行為をやるんじゃなくて正当な手段で国旗国歌を変えてみろ
ってこと。

661 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 22:02:59 ID:K21vOfo7
>>647
>日本軍の強い指導と教唆の下
広義の強制でつか?Www
だいぶ主張が後退したなw

662 :朝まで名無しさん:2007/12/28(金) 22:34:53 ID:mDRAMPOn
そこで宗教上の理由で法律で定められた公務をぶっちすると評判の法務大臣。

663 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 01:30:52 ID:gaGLwR76
>>660
公務員の政治的行為は禁止されて無かった?不起立も政治的行為だが。どっちが好ましいかとい
うと正当な手段→署名集めだろうが。

664 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 02:15:50 ID:hOlRWY4j
不起立は政治的行為じゃないけどな。

665 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/29(土) 03:31:29 ID:rTyA8Pus
師走の忙しさに反旗を翻す諸衆は、自立してないと半ば確信する。(w

>>638
>正確に言うと不起立は内心の自由ではない。表現の自由というやつだ。

「内心の自由」と「表現の自由」の関係は極めて密接だ。
独立して存在しているわけではない。
手で創作活動をするその前に、イメージを生みだす脳を必要とするように。

また、不起立という行動とは呼べないものを「表現」と断じて良いかも疑問だ。
白紙のキャンバスを絵画とは認めがたいように。
(マルセル・デュシャン等前衛芸術の例外はあるが。)
やはり「内心の自由」としておくべきだろう。

>認められているのは辞職する自由・・・
>契約や法令によって課せられた義務を無条件に反故にできる自由ではない。

個々人の判断や決意が求められてくるところに対して、
「辞職する自由」などと軽々に言うものではない。

「辞職の自由」という言葉は存在しても、
それは、酷使など過度の労働条件の悪化から個人を守るために存在している。

また使役側に「解雇の自由(企業が解雇する自由)」という言葉は存在しても、
その行使に大きな制限が加わっているのは、職権の濫用から労働者を守るためだ。(民法規定による)

 「使用者の解雇権の行使が、客観的に合理的な理由を欠き、
  社会通念上相当として認めることができない場合は、権利の濫用として無効になる。」


666 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/29(土) 03:32:03 ID:rTyA8Pus
とりあえず、ID:dOkfcB9E氏は、
>国家権力の一員たる公務員の 公 務 中 の 内 心 の 自 由 は
> 保 障 さ れ て い な い の は 判 例 が あ る !!!
との断言を立証してから、反論を開始してくれ!(w

>>639
>主催者が不起立を重大な妨害だと感じることだけから不起立は重大な問題であると断言できる。

保護を必要とする、また「義務教育」期間内である、小中学生の卒業式では、
主催者を学校としても異議は出ないだろ。

ただし、高校生のように成人も間近になっているケースでは、
高校生自らがどのように考えるかが一番問われなければならないところだろう。

学校教育法「第4章高等学校 第42条3」には、
「社会について、広く深い理解と健全な批判力を養い、個性の確立に努めること」
が、達成に努めるべき目標として掲げられている。
(もち、1には、
 「国家及び社会の有為な形成者として必要な資質を養うこと」も目標とされている。
 ただしこれが、
 国旗をバイクに立てて走りまくる珍走団になることを意味するのでないことは
 言うまでもない。)

667 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/29(土) 03:32:34 ID:rTyA8Pus
>>640
>結局反国家権力は絶対善
>国家権力は絶対悪
>というステレオタイプをいいたいだけ?
>たとえば革マル派は・・・

そんなお粗末な理解じゃ、珍走団の旗持ちにも成れないぞ!(付いてこれてない、という意味)w

学校教育法には、
「日本国憲法施行の日以後において、
 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、
 又これに加入した者」は、
教員にも校長にも成ることができない、とある。(第9条)

原則、暴力革命を是認したり肯定するような者は、教員にはいない。
(というここが怪しくなるのが、北朝鮮を肯定する教師の存在だ。
 北朝鮮の国旗は、日本中ありとあらゆる場所で直ちにでも焼き尽くされなければならない。
 拉致事件を解決しない、しようと努力も開始しない、のだから。)

国家権力が絶対悪と言ってるのではなく、国家権力が誤るケースもありとして、
現に一律的な国民皆兵教育によって戦争へと一丸化した歴史を反省点として、
国家権力の無制限な濫用を禁止し制限するのが、日本国憲法ということ。


668 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/29(土) 03:33:07 ID:rTyA8Pus
>>641
道徳教育のほうが内心の形成に関わるのだから、形式的な規律と斉唱よりも大事だ。
(前に、国旗国歌教育によって治安が良くなるみたい、お粗末な意見をよく聞いてきたので。)

実は、>>627
  やりたくないことを嫌々やってもらっても、仕方がない。
  そんなことをいくらしたところで、本質的な意味での貢献がない。
の後に、
日本におけるボランティアの不備をカキコしようと思ってた。

すでにボランティア教育は始まってるが、
アメリカのようなヒロイズムが源流を走ってるわけでもなし、
少し遅々としている感じもする。
むしろ反日政党の支持者が福祉方面のボランティアでは一角を占め、それが現実。

なので、自発的に社会貢献できる人をたくさん生み出すためにも、
道徳教育と福祉の現場における不足を教育することは、緊急性を帯びて重要だと思う。

>>642
>自分で民主主義の弱点と限界を承知してらっしゃるようでなにより。

・・・・・?
ひょっとして独裁政治許容者?(w

>>643
>憲法改正の国民投票についてだけ最低投票率を主張

えっ?
過去レスでは、選挙の得票率についてしか挙げてねえけど。
(深読みってより、斜め読み型の勘違いだよね。)w

669 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/29(土) 03:33:41 ID:rTyA8Pus
>>643
>最低投票率は投票する側に白紙委任したとみなされる棄権者を反対者として扱う欺瞞の面がある。

疑心暗鬼ありあり。(w

白紙委任でもなく、反対でもない、・・・・・それが棄権者。
意志判断を差し挟んでいない者。
(あるいは少数意見の無力さから、エスケープしてる者もいるかも知れないが。)

政党政治の民主主義は、衆人参加で成立する制度。
参加者が乏しくてパーティができるかッ!?

>>645
>罰則付きの投票義務化は憲法違反
と断言することは出来ない。

義務投票(Compulsory voting)は国民投票で実現できるのが理想だが、
選挙制度を考える委員会を国会内で立ち上げてくれたっていいんだよ。

政治的無関心層の拡大は、今や直接的に、議会政治への不信、その表明になってきた。
議会政治が空洞化する理由には、
1.「行政の国家化」(官僚の権限が拡大して相対的に議会の地位が低下)
2.「利害調整機能の喪失」(社会の各層で利害の対立が激化し、議会の調停的役割が失墜)
3.「大衆民主主義における議員の特権化」
   (有権者との同質性が破壊され、国民全体を代表するという概念に支障)
4.「政治不信」(政治的無関心の拡大や、政党による[利益や意見の集約機能]の低下)
が挙げられてきたが、
多数決原理の多数派の存在すら、怪しくさせてしまうのが無投票行動。

不起立不斉唱にだけこだわり、不投票にOKサイン出すなんて、
ど〜ゆ〜政治意識してんだろ?

670 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/29(土) 03:36:42 ID:rTyA8Pus
結局、裁きたいだけなんじゃないの?(w

>>646
長々とごくろーさんだね。・・・・・チト呆れるわ。(w

生徒は半人前なんだよ。
自活してねーだろーが。

自立に向かわすため、一人前にするため、就職や進学を果たすため、
方向性も定まらない不安定な青春期の生徒にせめてもの社会性をもたらすため、
規律を率先して教える必要があるんだよ。

矛盾のレベル(ハードル)をこんなに低くしてんの見たことねーぞ。(w
(例外例で、一文字記号がハンドルネームの池沼がいたが。)

交通規則を一から十まで守ってるガチガチちゃんなのか?(w

原付は時速30kmが制限速度です。
って、流れにも乗らず守ってたら、後ろのクルマにバイクごとド突かれとるわい。
杖突きの脚の悪いおじーさんは、永遠に信号わたれんわい。(道の真ん中で止まるのか?)w

もまいのよーにゆーずーのきかねーよーちなやつは、
すきなときにおすなばであそべないからふじゆーだよーとでも、
時間割で拘束されてっから不当な身体拘束じゃんとでも、
永遠に「自由に」ほざいて、やがて窓ガラス総ざらえで割って尾崎豊ごっこでもしててくれ!
(捕まるけどな!)w

671 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/29(土) 03:37:18 ID:rTyA8Pus
>>650
人の言うこと理解できない見本のよーな・・・・・(w

誰がンナ事言ってるんだ?
不起立不斉唱を裁くことは出来ないと言ってるだけだ!

強制的に規律さそうとすれば、もっと馬鹿馬鹿しい卒業式になるってこと。

>>651
鳶のモヒカンは見たことあるな。
コンサートのチケットを売りつけられたが、断った。

要はケースバイケース。
髭が許される職業もあるし、駄目とされるのもある。

>>656
>不起立教員が立ちたがって尊重したがってる連中に不快感を与えてないとでも?

小中学校の強制を批判したか?
高校では、卒業の当事者となる高校生の意見の勘案、それがあって然るべき。

最大の目標として自立を掲げていて、様式を強制はできんだろ。

672 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 05:09:41 ID:cr2mxVFI
テロにもならない行為なら問題ないような
それともテロをやれといっているんだろうか?

673 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 08:30:04 ID:Jdk56a+P
だが、最低投票率を主張する連中が投票義務化を主張していない。
本来イエスノーの二択であるはずの国民投票を
イエスノー不成立でイエスという結果が出にくい制度にしたいという歪んだ意図がみえみえ。

674 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 08:36:28 ID:Jdk56a+P
>>665

反論にも何にもなっていない。主義主張が公務員と相反するなら
公務員になる必要はない。それが自由だ。
契約や法律が課した義務は内心の自由を理由に反故にはできない。
それを内心の自由を理由に反故にできるって馬鹿かいな。
むろん国家斉唱時に起立すると身体生命が危険にさらされるなら反故にしてもいい。
国家斉唱時起立に身体生命が危険にさらされることを証明してくれ。

675 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 08:38:16 ID:Jdk56a+P
不起立教師は国家斉唱時に起立したら誰か死ぬのか?

676 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 08:42:19 ID:Jdk56a+P
棄権は白紙委任。これ常識。

677 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 09:03:29 ID:Jdk56a+P
とりあえず、ID:dOkfcB9E氏は、
>国家権力の一員たる公務員の 公 務 中 の 内 心 の 自 由 は
> 保 障 さ れ て い な い の は 判 例 が あ る !!!
との断言を立証してから、反論を開始してくれ!(w

自分で調べろ。
専門家ぶっってるだけで知らない
のか
知っていてとぼけてんのか
知らんけど。

678 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 09:51:02 ID:cr2mxVFI
ネットウヨは国家斉唱時に起立しないと誰か死ぬのか?
それにしても変な文章だな。

679 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 10:02:33 ID:Jdk56a+P
正当な命令を公務員が拒否できるのは身体生命に緊急の危険が及ぶ時だけ。
不起立教師が正当な命令を拒否したのを正当だとするなら
国家斉唱時に起立したら身体生命に緊急の危険が及ぶと立証できるはず。
678よ。やってくれ。できるんだろ。なお正当な業務命令の根拠として身体生命の危険は必要条件ではないので
あしからず。

680 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 10:30:33 ID:8N+GVi7d
ああ

681 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 11:13:19 ID:KtFkU3jz
難しいことは良いからさ、朝日新聞が、甲子園で日の丸君が代を後生大事にするのをやめさせてくれ。
甲子園で、100畳敷きの日の丸、嫌がる高校生に持たせないでくれ。

オリンピックのとき、金メダル選手が日の丸持たせないようにしてくれ。
日の丸反対のNHKは、大相撲を中継しないでくれ。

簡単なことからはじめてくれ。

682 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 11:43:14 ID:VUUgnCWg
>>667 > 国家権力が絶対悪と言ってるのではなく、国家権力が誤るケースもありとして

それと同様に、
民衆も誤るケースもあるからね。
アメリカと開戦したのは、
新聞各社が民衆をたきつけた結果でもあるし。
その世論に政治家は逆らえなかった。


683 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 12:02:40 ID:gaGLwR76
>>664
いや、明らかに政治的行為だろうが。守るべき職務に態々反旗翻してんだから。

684 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 12:07:14 ID:3QHfAaAV
靖国の前で 泣かないでください
そこに英霊はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています ♪

685 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 15:18:04 ID:VUUgnCWg
>>668 >ひょっとして独裁政治許容者?(w

有史以来、完璧な政治体制及び国家システムを体現できた国など存在しない。

独裁だろうが民主主義だろうが、
それぞれ、メリットとデメリットが存在する。


686 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 15:31:56 ID:Rmaea7wY
>>684

新しい君が代の歌詞を書いてくれよw
ナチスがつくった曲もマズイんじゃね?
日の丸は戦時中のアサヒマークとデザインが違うし、まだ我慢できる。
とにかく嘘八百並べて特権を持つようになった天皇家には、
ブルーギルを手土産に半島に帰ってもらおう。
あんなオトギバナシを信じてインチキ一家に贅沢をさせるなんて、日本の恥。
莫大な税金を投じて意味不明の天皇制を続けるべきか、国民投票しようや!
嘘だらけの天皇の起源について、徹底的に議論しようや!


687 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 15:45:51 ID:2dgYoxgb

君が代 = 天皇万歳のキチガイ歌

日の丸 = 朝廷による日本支配の象徴


688 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 16:19:29 ID:gaGLwR76
>>671
ケースバイケース?wwwそれなら公務員は内心の自由がある程度制限されるというケースに当
たるから不起立教師への懲戒は問題ねーじゃねーかwww語るに落ちてるな。お前大人は人に迷惑
掛けなければ無制限に自由とかいう主張じゃないの?

689 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 16:21:22 ID:gaGLwR76
>>671
強制してんのは生徒にじゃなく教師にだろwww自立ってのも生徒にだろwww大丈夫か?

690 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 16:26:17 ID:gaGLwR76
>>651
お前オモロイ大好きだ

691 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 16:51:44 ID:Jdk56a+P
>>688

お前大人は人に迷惑
掛けなければ無制限に自由とかいう主張じゃないの?

じゃなくて

人に迷惑をかけていないと自分で判断した場合は無制限に自由という主張

だと思うよ。人が迷惑を被ったと感じるかどうかはどうでもいいと。
で迷惑を被ったかどうかは具体的な損害で証明しろと。

692 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 18:19:14 ID:gaGLwR76
>>691
まさかそれは無いと思うが…

693 :朝まで名無しさん:2007/12/29(土) 18:31:24 ID:Jdk56a+P
自分が重大な権利侵害だと感じたから命令違反オッケー
不起立は式の進行に重大な支障を与えていないと自分が判断したら不起立オッケー
としかいっていないじゃん。TOO氏は。ぐだぐだ長く書いているけどかいつまんでいえばそうなる。

694 :朝まで名無しさん:2007/12/30(日) 00:15:41 ID:mXc02e/I
>>683
>>663
禁止されてる政治的行為は特定の政党に対して応援又は非難するって感じだった筈だから不起立も署名集めも政治的行為でない。

695 :朝まで名無しさん:2007/12/30(日) 00:26:19 ID:7o/xu4uU
流石に暮らしていけんと待遇改善のデモ活動とかもした事あるしね。

696 :朝まで名無しさん:2007/12/30(日) 00:26:24 ID:p+7Yf2AL

まったく、団塊は猜疑心と策略にだけあけくれ、
自分で調査や勉強、研究して判断できjないおこちゃまが多いな。

それはともかく、
朝鮮人はなんというか、バカだな。
プロパガンダで誘導しているつもりで、
朝鮮人のネガキャンやってるのに気がつかないなんて。

まあ、同レベルの団塊には通じるだろうが、
他の世代には逆効果だよ。

全世代にいる洗脳バカにはいまさら再選脳しなくてもおなじだし、
こいつ等は教科書や役所が絶対だって信じてる甘えっ子たちだし
どっちみち、こういう自分で判断できないおこちゃまは
バカの壁ってのがあってね。
自分でいやってほど痛い目見ないと納得できないめんどくさいヤツラ。

朝鮮宇宙人は 火星でもどこでも、自分の惑星にかえってくれ。
たのむから地球から消えてくれ。





697 :朝まで名無しさん:2007/12/30(日) 00:50:56 ID:LbznLLjE
【地域】警察「銃所持者の人権問題が絡む」→長崎県知事「人権より管理強化を。」佐世保の銃乱射事件で[12/26]

長崎県の金子原二郎知事は26日の定例会見で、佐世保市の散弾銃乱射事件に関連し、銃規制のあり方について
「凶器を持たせる許可を与えている以上、管理は思い切って厳しくしてもいい。
それほど人権を考える必要はない」と述べ、
銃所持者への配慮よりも管理強化を優先すべきだとの考えを示した。

乱射事件では、事件前に馬込政義容疑者(当時37歳)の問題行動について通報が寄せられながら、
県警が所持取り消しには当たらないと判断していたことが判明。
県警は「銃所持者の人権問題が絡むため、踏み込んだ措置が取れなかった」と釈明していた。

県警の判断について、金子知事は「私たちから見てもスッキリしないものがある」と疑問を投げかける一方、
「警察も公安委員会も十分反省したうえで、これからどう取り組まなければいけないか考えていると思う」と述べた。

毎日
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071227k0000m040104000c.html





698 :朝まで名無しさん:2007/12/30(日) 16:05:47 ID:EgEdJEtp
http://jp.youtube.com/watch?v=JvD70ngZOAs
http://jp.youtube.com/watch?v=OB8mtwcdS7E

そんなに君が代歌いたくないのかよww

都に対する嫌がらせだよなこいつら

699 :朝まで名無しさん:2007/12/30(日) 16:17:59 ID:mXc02e/I
>>698
どんな動画?携帯だから見れんのよ

700 :らららららら:2007/12/30(日) 20:29:24 ID:LbznLLjE
ねじゅきみこが都に宣戦布告を宣言する動画

「私たちは戦います!」


とゆーわけで700


701 :朝まで名無しさん:2007/12/30(日) 20:31:31 ID:mXc02e/I
>>700
うわ…まじでなんのために戦ってるか自分でもわかんないんじゃ…

702 :朝まで名無しさん:2007/12/30(日) 21:31:24 ID:EgEdJEtp
この動画ニコニコにあげてくんねーかな。
どんなコメントが付くか楽しみだw

「いよいよ都教委と決戦の時が来ました」って何を決戦するのやら

703 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/31(月) 02:20:55 ID:zr/peyXH
>>672
>テロにもならない行為なら問題ない

そゆこと。
民主主義の先進国は皆一様に、内心の自由と、
その外部への表明としての表現その自由、それらを認めるという安全弁を持つ。

安全弁を破壊し、硬直化をもたらしてどうすんのか?ってこと。

剛構造の社会はもろく、柔構造の社会は長持ちする、これは基本。
(もち北朝鮮のような例外もある。
 潰えている方が人民が幸福だと確信できるレベルの、硬直しきった社会の代表だ。
 その国家の教育で重視されてるものにマスゲームがあり、スキルは二の次。
 その集団規制のマスゲームも、党の首脳部に披露するときは
 世代を超え参加する行事となり、クライマックスでは北朝鮮国旗を持った群衆が
 スタジアム内を走りまわるというものがある。偽の歓喜の声と共に。)

彼らの主張する、反国家と戦前の歴史の全否定が、
国旗や国歌に集約されている限り、いくらでも〜!、なのだ。(w

そこに、今生きている日本人の大半が巻きこまれる心配など極小で、
制度としての民主主義は、彼らの主張に浸食され瓦解する心配など皆無だからだ。


704 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/31(月) 02:21:25 ID:zr/peyXH
>>673
かなり意味不明。

現状、義務投票の制度は、宅のよーなワガママな反論も多い。
かつ、義務投票を導入となれば、選挙制度と国民投票の両者でなければならない。
国民の過半数が参加、これの実現が難しいなら、
たとえ少数でも、憲法改正を実現したいという有意の人の投票があればいい、
といった認識なのだろうと思う。

>>674
>主義主張が公務員と相反するなら
>公務員になる必要はない。それが自由だ。

成らないのが自由・・・・・ヒッキー臭いお応え。(w

公務員だからといって、内心の自由を侵していいと憲法は書いてない。
公務員でも、何党を支持してようが、どんな宗教を信奉してようが、自由。

上意下達で命令にだけ則してりゃいいという結果が、薬害問題にも集約されている。
個人の良心を発揮できない公務員など、公に仕えるどころか、
国民にとって有害にもなりかねない典型だ。

>契約や法律が課した義務は内心の自由を理由に反故にはできない。

解雇に関する争議方面でもあたってから出直すんだな。

ペイや有給についての取り決めが多い労働協約内の服務規律で、
服務規律内で、企業秩序の遵守、上司への服従が義務になってるといってたら、
機密の漏洩は重大な違反だといってたら、千昼「兆とかミートデスペアーとか
永遠に出てこないぞ。

705 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/31(月) 02:21:59 ID:zr/peyXH
>むろん国家斉唱時に起立すると身体生命が危険にさらされるなら反故にしてもいい。

彼らが言うには、国家を奉じて戦争へと向かわせられた、日の丸はその道具となった、
そうした過去を日本が持つ、ってことだろ。
直ちに死ぬッてんじゃなく、少し包括的な概念掲示なわけだ。

まぁどこのどんな戦争だって、近代以降、国旗はその道具だ。
逆に訊きたいが、国旗が戦争の道具とされなかった例、これを挙げてもらえないか?
(部族単位のアフリカ以外でな。)w

>>677
下級審の判断は知らないが、ピアノ伴奏拒否についての最高裁の判断では、
「伴奏命令と処分は思想・良心の自由を定めた憲法19条などに違反しない」。

つまり、
「職務命令は、教諭の歴史観や世界観を否定する(意図ある)ものではない」
とする、
職務命令と内心の自由その両者の、いわば分離論だ。
(職務命令に合理性があると判断)

国旗と国歌に反対だなんてうちらとチャウじゃんって、排除の原理働かせて
予め裁きたいって意思表明してるかのよーな、甘ちゃんじゃないって訳だ。(w

と、少数意見が付随していて、それは
「ピアノ伴奏によって達せられる公共の利益の具体的な内容は何かが問われなければならず,
 その公益と思想及び良心の保護の必要との間には慎重な考量が必要」
というものだ。

また2003年の大量処分(東京都が懲戒処分に)について東京地裁の判断は、
「処分の通達は不当な強制で、思想と良心の自由を侵す」として
教員側がいったん勝訴している。(東京都は上告)

706 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/31(月) 02:22:46 ID:zr/peyXH
>>681
>朝日新聞が、甲子園で日の丸君が代を後生大事にするのをやめさせてくれ。

国家的行事と胸を張るから上のように行ってるんだろ。
批判には当たらない。

>オリンピックのとき、金メダル選手が日の丸持たせないようにしてくれ。

日の丸振って応援してくれた人たちへの礼なので、批判には当たらないだろ。

>日の丸反対のNHK

?・・・・・夜中に昼のシーンの日の丸と、楽曲だけの君が代、流れてたよーな。(w


707 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/31(月) 02:23:31 ID:zr/peyXH
>>682
>アメリカと開戦したのは、
>新聞各社が民衆をたきつけた結果でもあるし。
>その世論に政治家は逆らえなかった。

ようやくまともな論者と出会えたような・・・・・

ここらへんは各種の論がある。

鬼畜米英の萌芽そのものは、排日移民法にまで遡らなければならず、
しかしこの時点では怒りより諦念のほうが強く、
人口圧力の吐き出し地は満州方面へと向かった。

日中戦の開戦にまつわるあたりでは、
>新聞各社が民衆をたきつけた結果でもあるし。
も、
>その世論に政治家は逆らえなかった。
も、あまり間違いはない。
(強いて言うと、新聞各社が・・・というのは、民衆との相乗効果のような所があって、
 戦争報道によって発行部数を拡大さす中で、
 民衆が喜ぶように民衆に迎合していたという感が強い。)

ただ、太平洋戦争(対米戦争)となると、
日中戦の長期化→国民の一丸化(経済統制を含む)→日中戦を邪魔する者を排除する意識
と進んだ嫌いが強く、
それが反米の気運を異様に高めた。

政治家が逆らわなかったのは、軍とそれを信奉する国民の両者に対してであって、
それが1940年2月2日反軍演説を行った斉藤隆夫代議士への除名処分を喚んだ。


708 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/31(月) 02:24:04 ID:zr/peyXH
興味深いのは、この時除名に賛成した代議士に浅沼稲次郎(後に暗殺された社会党党首)
の名が見えることで、296人の賛成票に抗し反対票を投じたのは、
芦田均(後の日本国憲法素案に修正を入れ、自衛権もあるようにした)など僅か7人で、
棄権したのも、尾崎行雄(普通選挙を実現。治安維持法に反対。「憲政の父」)、
鈴木文治(社会民主主義的労働運動を展開)、鳩山一郎(後の首相)、
犬養健(515事件で殺された犬養毅首相の子)、
片山哲(戦後初の社会党出身首相)など23人だけ。

どんだけ〜!!!戦争へと傾倒していたか、がよく判る。
(戦争に大賛成していた社民党の前身・社会大衆党、その卑劣さとともに!)

>>685
>独裁だろうが民主主義だろうが、
>それぞれ、メリットとデメリットが存在する。

民主主義にデメリットがあることも、独裁主義にメリットがあることも、承知だ。
ただし、いかに政策実現へのスピードが速かろうが、
意思決定に少数者しか加われないのが、独裁主義の大きなデメリットだ。

そして、日本はすでに、様々に利益追求を錯綜させる高度な資本主義のレベルにある。
単一的価値観の独裁主義などに染めようにも染まらない主体が、国民を形成しているんだ。

確認しておくが、独裁主義に陥りようものなら、
多価値を包括して経済社会の内実を大きくしてきた日本に支障を来すぞ!

709 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/31(月) 02:24:38 ID:zr/peyXH
>>688-689
>お前大人は人に迷惑掛けなければ無制限に自由とかいう主張じゃないの?

一文字記号のコテなみに頭が悪いな!

アンタに解りやすく言うとくけど、
現実に、頭まっきっきのトラック運転手が懲戒解雇にならなかったんだよ。
その職業に、そんなのカンケー無い!、おっぱっぴー!てな。
さいばんしょのはんだんだ。

稼いでる大人と、大人に扶養され学業に専念しなければならない子ども、
両者が違うのは自明でしかない。
コバンザメが宿主のサメに指示できるかってーの!
(行く方向とか、もっと餌こぼせよとか指示してたら異常事態だぞ!)w

>>691
>人に迷惑をかけていないと自分で判断した場合は無制限に自由という主張

自分で、じゃなく、生徒の過半数が迷惑をこうむったと考えるなら、
その高校では、よきに計らえよ、って感じだろ!(w

>>693
>不起立は式の進行に重大な支障を与えていないと自分が判断したら不起立オッケー

てより、式の進行が第一なら、不起立を無視して突き進め!、だ!

数数える? ビデオテープまわしてた?
なら、鼻から処分する意思ありありだろってこと。(w

いずれにしろ、強制することはないと断言して誕生させたのが国家国旗法である限り、
それを破ること、今現に破っていること、処分までしていることは、重大な信義則違反だ。

710 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/31(月) 02:25:04 ID:zr/peyXH
もち国旗国歌法があるのは、文明国なら当然な話でしかない。
しかし、90年代闊歩していた一部の党派と国会の委員会で約束している以上、
彼らと交わしてしまった約束を反故にして良いはずがない。

できちまったらこっちのもんだ、という態度で臨むことは、
いかなる法の成立さえ、いちいち危ぶませる可能性のあることだ。
・・・・・と考える。


711 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/31(月) 02:27:21 ID:zr/peyXH
しかしこの日本で、日の丸が一番似合うのはやっぱり元日だろう。
>>520の朝日の記事も、難なく理解できる。

それぞれの国で国旗が似合う日がなぜかあって、
アメリカでは独立記念日(7月4日)なんだろうし、
イギリスでは女王誕生日(6月8日)なんだろう。
少なくとも、国旗を盛んに振る人がぎょうさんおる日は上記。
(現実には4月21日が誕生日のエリザベス女王だが、
 なぜか「公式」で6月とされ、これは18世紀から続く一大イベントみたい。
 ただしホリディにはなってない。)

国家への帰属意識を、大体の日本人は元旦に確認するんだろうと思う。
和風でなければ許せない気持ちになる。
(とか言いながら、吉牛食ってるわびしい正月が、けっこう長年だったのけど。)w
寺へ行く初詣もなかったわけじゃないけど、神宮や神社が圧倒的に多い。
(とか言いながら、東京駅だっけ?、神戸のルミナリエ、パクっちゃってるの、
 眺めに行ったことあったな。
 ・・・・・その時は浅草のお寺に行ったな。明治神宮は数回行ったから。
 しかしメインは出銭〜ランドだったか。・・・OTL)

まさか、元日に国旗の一つも掲げられないようなヒッキーが、
不起立不斉唱を問題にしてるのではあるまいな!(怒

ま、皆様にあたられましては良いお年を、と願っとく。(w

712 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2007/12/31(月) 03:06:23 ID:zr/peyXH
あ〜っと、靖国神社って正月、色んな催し物あって楽しいんだよね。
失念してた。

東京都在住で、町会?で日の丸振って送り出したというご子息が英霊となり、
靖国詣で行ってたお婆さんが、今はもう行くこともできないと零していたのが十数年前。

日の丸に違和感があるか無いかなんて訊くこともなかったが、
一見すると東京都内に日の丸を掲げるところが少ないのは
(詳しくないので多かったらゴメンね)、やはり戦争の影響なんだろうと思う。

一人息子を失った(弟がいたが戦時中に病死?)そのお婆さんも今は居ない。
品がよく、いつも矍鑠として背筋も曲がっていなかった。
歩く姿だけがやけに目に浮かぶ。
顔を思い出せないのが、少し悲しい。


713 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 08:30:32 ID:3Vv4et98
>>708 日本じゃ独裁政治なんて起きないから安心しなはれ。

故に民主主義の危険さに目を配ってればよろし。

というか、この二項対立だと日本人の気質から外れてしまう。

日本社会は「適当にトップを祀り上げて、そいつになんもかもおっかぶせる」のが得意。

714 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 08:33:47 ID:3Vv4et98
全然関係ないが、
1月5日より日テレで諸星大二郎「栞と紙魚子」
24:50より放映開始!

ホラーコメディ
井の頭・・・じゃなくて胃の頭町で起きる様々な事件
二人の女子校生が遭遇する!
みんな見ようぜ!


715 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 08:39:41 ID:TokgHrKJ
>>705

>むろん国家斉唱時に起立すると身体生命が危険にさらされるなら反故にしてもいい。

彼らが言うには、国家を奉じて戦争へと向かわせられた、日の丸はその道具となった、
そうした過去を日本が持つ、ってことだろ。

いつ国旗の話をしたよ。立証してくれ。

716 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 08:41:38 ID:TokgHrKJ
あんた皆タイに意味不明矛盾しまくりのだらだらした長い文章かかねーから検証は簡単だろ。

717 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 08:49:09 ID:TokgHrKJ
>>709

公立学校の管理者は校長と教委であって
職員会議にも組合にも生徒にも管理権はありません。
かれらが学校の運営について権限は一切ありません。
管理者が彼らの意志を考慮するかどうかは管理者の裁量権に属します。
民主主義は選挙と議会には適用されても
それ以外のところの原理ではありません。

718 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 09:52:12 ID:LNWX2igf
まだ、こんなスレ続いていたの?

組織には従いたくないけど組織からはみ出したくもない甘ったれワガママ人間

のこといつまでも議論したって不毛だぜ

719 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 11:50:31 ID:1eTLBT/i
公務員は給料保障され、ネコババ、横領しても罪には問われず、緊張感もない。
そりゃ、なんか刺激がほしいだろよ。
日の丸反対なんて一番手ごろなんだろうよ。当たり障りもないし。
それと北朝鮮は希望の国だなんてのが。

まだ、北朝鮮の人民はは希望に萌えて明るい顔してた、それに比べて日本の国民は暗い顔していた。
なんて、商売やっている週刊金曜日なんて雑誌もあるし。



720 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 13:30:46 ID:W11xZrFf

君が代 = 天皇万歳のキチガイ歌

日の丸 = 朝廷による日本支配の象徴


721 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 15:19:36 ID:3Vv4et98
キチガイ = >>720

一生奴隷 = ID:W11xZrFf

722 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 15:34:00 ID:mrF+x6UK

来年の一般参賀には、在日右翼を中心とした人口比1万分の1の極々珍しい天皇狂信者が集められて、
アホ面さらして何度もローテーションしてまたバカやるんだろうなぁw


723 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 17:50:12 ID:8T/xnl0A
いかにもニートの公務員叩きに見えるレスがあるとうのは、なんだかな

724 :朝まで名無しさん:2007/12/31(月) 21:01:59 ID:awytyzXM
>>709
はいはい大人は自由ですね。それで?漏れの聞いてるのはケースバイケースという発言と君の言ってることの趣旨の矛盾なんですが。

725 :朝まで名無しさん:2008/01/02(水) 12:06:18 ID:bzMGMa0J
>>722
何で戦争の爪痕が大きかった老人世代が多く天皇の所に行って戦争の爪痕も話でしか聞かない若者世代が少ししか行かないのか理解できない。教育、朝日の影響?

726 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/02(水) 20:58:28 ID:Zc/6g6Nj
>>713
>日本じゃ独裁政治なんて起きないから安心しなはれ。

戦前の日本も独裁政治にはならなかった。
ところが軍部の席巻を許し、戦争を余儀なくさせる体制が造られていた。
それも国民総動員状態で。
(ということが、古い人たちに「戦争の原因は?」と訊いたとき、
 ほとんど異口同音に「教育のせい」、となる原因を与えているとも思う。
 一律だったこと、(その世代の)誰も異論を出さなかったこと、からでしょう。)

>日本社会は「適当にトップを祀り上げて、そいつになんもかもおっかぶせる」のが得意。

というところから脱却できないのも、一律的な集団意識のなせる業なのであって、
これが元で昭和天皇が窮地に立たされたのも、深く反省すべき点だと考える。

テードの低い左翼ほどここを未だに利用して、戦争責任を追及しようとするから厄介。
(戦前の●●党が、農奴制的天皇制批判という、
 頂点憎しみたい発想を拡大させた結果でもあるが。)
戦争の原因は、日本の国内だけに集約できないことの理解から始めなければならない。
(たいてーのマルキストは卑怯で、
 本来のマルキシズムなら資本主義国間の権益争奪戦となるところを捨象し、
 相互責任、あるいは敵から教唆された結果、ということまで完全に失念しながら、
 完全に国内問題にしようとする。自分の政治的権限の拡大を図るがために。)怒

>>715
>いつ国旗の話をしたよ。立証してくれ。

国旗を嫌う香具師が、国歌をもっと嫌わないとでも思ってんのか?(w
前レスで、天皇を奉じて奴隷になるみたい、馬鹿な表現があったろーがっ!

727 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/02(水) 21:00:15 ID:Zc/6g6Nj
>>717
>民主主義は選挙と議会には適用されても
>それ以外のところの原理ではありません。

アンタ、逝っちゃってるわ。
真性右翼の言葉と決定聞かされても、ナンダカナ〜!(これ以上付き合わせんじゃねーよ、アホ!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9
でも一読してから始めるんだな。

>>724
ケースに教員は公務員という規定で押し込めようとしてる?

東京地裁判決でも読みかえしてから出直してね。(マジ万毒せ!


それにしても、何の恨みか知らないが、
教員憎しのヒッキーが目立つスレだな、此処は。

ココアでも飲んで一服しよう。

728 :朝まで名無しさん:2008/01/02(水) 23:00:37 ID:LVUoybYb
>>726
軍部が席巻というがその軍部もばらばら
大本営は陸軍部と海軍部に分かれてろくに情報交換もなし
現にミッドウェーで空母が4隻沈んだことを陸軍も政府も最後まで知らなかった。

悪名高い熟練工の徴用も本当は猶予の制度があったんだが
陸軍関係の工場に対して海軍が海軍関係の工場からは陸軍が徴用して意味なし。

さらに陸軍の中でも関東軍は言うこと効かないし
船舶の割り当てでは作戦担当と兵站担当の将校が殴り合いの喧嘩をする始末。

皮肉っぽく云えば日本に独裁者がいればもっとましな戦いが出来た。

729 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 00:03:59 ID:wE5Cj2R9
ナチスのほうでもやっぱ縄張り争い、権力闘争があったよな
内輪で揉めていたから民主的かというとそうでもないわけで

730 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 00:31:10 ID:Wg1qrzLo
>>726 >というところから脱却できないのも、一律的な集団意識のなせる業なのであって、
     これが元で昭和天皇が窮地に立たされたのも、深く反省すべき点だと考える。

反省すべき点だと言う事は同意だが、
結局、これも民主主義の弊害なわけよ。

つまり言いたいことは、
独裁もよくないが、民主主義も危険があるということ。

民主主義最高ーッ!
・・・で思考停止してはよくない。


731 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 00:35:03 ID:Wg1qrzLo
あ、でちなみに論点が違ったとして、

集団か個かという方向に持ってっても、あまり意味はない。
戦争突入前の「危機的状況」にあっては、
個人個人がバラバラなら、余計、危機に対処できなくなるから。
そこにあるのは「自由」でなく「混乱」
当然、弱いものから淘汰される。

732 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 00:37:28 ID:z1mL+1q3
なんかニートが新自由主義を熱く語っていたのを思い出すな

733 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 01:15:37 ID:Wg1qrzLo
そんな友達がいたの?

734 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 06:23:09 ID:AiD13Y2d
>>726

論点を必至になってずらそうとしていますがばればれです。反論になっていません。0点。

735 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 06:24:06 ID:AiD13Y2d
>>727

例外的な判例違反の判決だけしか根拠にできない点で根拠がありません。反論になっていません。0点。

736 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 13:38:49 ID:nO28EE65

君が代 = 天皇万歳のキチガイ歌

日の丸 = 朝廷による日本支配の象徴


737 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 13:47:16 ID:qVsISEAG
明治天皇の軍事パレード用にドイツ人が作曲したキミガヨ

歌詞の意味は「天皇サマよ永遠なれ」

なんでこんな歌を強制されなあかんの?

ちなみに俺は日本の将来を真剣に考えている愛国者。



738 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 15:06:58 ID:Wg1qrzLo
>>737 よかったじゃない。

対象が宗教家やアイドルじゃなくて。
しかもキミが民間人なら、一生にほんの数回。

739 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 18:46:51 ID:sepXVhbM
>>737
そんなの
「俺は愛国者だが、日本と言う名前が嫌いだ。」
「俺は愛国者だが、菊の紋章はデザインが悪い」
とか言ってるのと同じ。
つまらないことに文句を言うな

740 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 20:34:28 ID:z1mL+1q3
つまらないことだったんだ。

741 :朝まで名無しさん:2008/01/03(木) 21:12:27 ID:rvgJsUpU
>>737
日本の将来を真剣に考えてるなら
ちゃんと働いて税金をいっぱい納めろ
それがオマイに出来る最も愛国的な行動だ。

742 :朝まで名無しさん:2008/01/04(金) 01:43:46 ID:6u/iGMMK
日の丸君が代は変えるべきと思うけどね。日の丸君が代そのままでも日本は60年曲がりなりに
も平和だったじゃないかって言う奴いるけどそれは日米安保と憲法9条のおかげ(どちらが平和
に貢献してるかどうかはスレ違いなので言わない)だし。日の丸君が代にしてからしばらくは
戦争続きだった訳で。

743 :朝まで名無しさん:2008/01/04(金) 02:06:46 ID:lC1L1UkB
キモオタ愛国者はやっぱり君が代が流れるときオタ芸で盛り上げるん?

744 :朝まで名無しさん:2008/01/04(金) 02:16:09 ID:VRJgEzkZ
>>742 釣りにしか見えない・・・。


>日の丸君が代そのままでも日本は60年曲がりなりに
>も平和だったじゃないか
これと

>それは日米安保と憲法9条のおかげ
これが相殺できるなら

>日の丸君が代にしてからしばらくは
>戦争続きだった訳で。

じゃあ、戦争続きだったのも、外国のせいだなって一蹴。

745 :朝まで名無しさん:2008/01/04(金) 12:10:52 ID:nhX0zJMj

武力で日本を侵略した朝鮮人が1500年間も嘘で日本人を騙し続けて来た天皇制の歴史。
日本の神話は全て盗作。
ギリシャ神話のパクリで構成されている。
聖徳太子が馬屋で産まれたと言うのは聖書のパクリ。
モーゼの出エジプトのパクリまである。
チョン公は昔から盗みを得意としていたのだ。
日本の歴史の恥部だ。
昔は公地公民といって、土地、人民は天皇の物として、重税を課し、
日本国民の財産を略奪していた。
朝鮮人は日本に人殺しと盗みの文化を持ち込んだ。
つい最近まで、国民は臣民と言われ、天皇の下僕同然であった。
マッカーサーの押し付けで、処刑を免れ、ただの飾りとなった今でも、
天皇は国家元首で、日本の君主で、国民の代表内閣総理大臣は天皇の家臣で、
国民は臣民だなどと言ってる者がいる。
民主主義を否定するこの様な危険思想が蔓延しない内に、
災いの種は取り除いておいた方が良い。
俗に大正デモクラシーなどと言うが、その後日本がどうなったか。
今はまさに平成デモクラシーだ。
二度と日本の自由と民主主義を侵さないように我々の時代に反民主的天皇制は廃棄しましょう。


746 :朝まで名無しさん:2008/01/04(金) 12:27:30 ID:d8dovCcM
能力が無いのに日の丸君が代で手柄を立てた役人・教師が出世して、実力のある教師が冷遇されてる。だから、日本の教育はここまで落ちぶれた!

747 :朝まで名無しさん:2008/01/04(金) 13:07:49 ID:y+H4+cjZ
根拠レス

748 :朝まで名無しさん:2008/01/04(金) 14:19:43 ID:31BIzaMO

戦前の東京のカラー映像があります。
戦前って東京にビルが沢山あったんですね。戦前とは思えません。
見る機会もあまりないのでびっくりしました。

戦争さえ無ければなあ…。みんな燃えた。
こんな近代都市が焼け野原になると知っていて
開戦したA級戦犯って何者?

責任感まるでなし。

1935年(昭和10年)東京 カラー映像
http://www.youtube.com/watch?v=azcJCLrwU74&feature=related


749 :朝まで名無しさん:2008/01/04(金) 14:49:12 ID:y+H4+cjZ
>戦争さえ無ければなあ…。みんな燃えた。
>こんな近代都市が焼け野原になると知っていて
>開戦したA級戦犯って何者?

>責任感まるでなし。

クソ幼稚wwww

750 :朝まで名無しさん:2008/01/04(金) 15:11:14 ID:6u/iGMMK
>>748
政治家だけじゃ無いし。特にマスゴミ。煽りまくりやがって

751 :朝まで名無しさん:2008/01/04(金) 19:46:35 ID:6u/iGMMK
内心は自由だ。だが国旗国歌強制反対派は不起立という行動を起こしてるではないか。行動は自由じゃありません

752 :朝まで名無しさん:2008/01/04(金) 22:39:26 ID:HXkDSo+C
立つ方が行動していると思うけどな
不起立のほうがむしろ行動してないのでは?

753 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 02:40:34 ID:ZvfPfS+3
いや、社会通念として立つのが一般的な場合に、あえて座るのならば、
座るほうが積極的な行動だわな。

754 :成仏出来んぞ:2008/01/05(土) 10:31:10 ID:PJ3MuzTL

戦時中、島嶼では玉砕と称して日本兵はお互いに足を引っ張り合いながら団子になって死んでいった訳だが、
生き残った人が「彼らの死を無意味だったとは遺族には言えない」と言っていた。
どうすれば彼らの死を無駄にさせないことが出来るか、思い悩んでいる様でもあった。

日本では、未だに戦争の張本人、責任者である天皇の戦争責任が問われていない。
これを明らかとし、二度とこの様なことが起きない様に天皇制を廃棄する事こそが、彼らの死に報いることではないだろうか。
そうして初めて、戦争で死んでいった数百万の日本人の死が無駄ではなくなるのである。


755 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 10:45:54 ID:ozEjTLPk
それって「何もしないほうが積極的」とかいってるようなものじゃん
社会通念とかいう言葉を使っているだけで

756 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 11:17:04 ID:itXo7hGw
>>754 戦争を支持した新聞社が何の責任もとっていませんが。


757 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 11:34:00 ID:SWW4AYXP
>>755

国家斉唱時の起立は通常の社会儀礼であり特別な思想信条を外部に表現するものではない。
国家斉唱時の不起立は通常の社会儀礼に反し特別な思想信条を外部に表現する行為である。

758 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 12:15:38 ID:ozEjTLPk
それ自体特別な信条じゃん

759 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 12:15:59 ID:mBeH73i0
>>755
そうその場合は何もしないほうが積極的。

760 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 12:18:09 ID:ozEjTLPk
「マスコミが戦争煽ったから 政治家や軍部に戦争責任はない」というのは
つくる会系の人たちが主張していたことだよね。
そもそも彼らがマスコミを利用してたのにマスコミの責任にするなんておかしいよね


761 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 12:20:05 ID:ozEjTLPk
つか「マスゴミ」なんて言っているよね
ν速やら極東とかの人かな?


762 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 12:58:41 ID:mBeH73i0
>>761
20レスぐらい前の人を指しているのか?だけとは言ってないようだが?

763 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 13:00:27 ID:mBeH73i0
>>761
つうか作る会の連中は全く軍部政治家に責任は無いって言ってるの?ソースくれよ

764 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 14:21:32 ID:o4VvPQdL
みんなこれでも歌って落ち着け。
http://jp.youtube.com/watch?v=rkfAzFKd8MY

765 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 14:44:21 ID:7NnAmiZG
そんなに嫌なら、当日、外の仕事を希望するか休みを取れば良いだけ。

式の主役は子供ありその保護者であることを完全に無視している。

この関連で有名な「根津公子」がいた中学に息子が入学したが、入学式の雰囲気は最低だった。

授業は熱心にやるのかと思っていたが、家庭科の授業を参観したところ、授業をやっているのは別の教諭で、
「根津公子」は教室の隅でボーッっとしているだけ。参観後の保護者会で「あの人は何のためにいるのか?」と
質問したところ、「裁判その他で休みが多いため補助的な仕事しか任せられない」とのこと。税金泥棒ですね。

同席していた他の保護者の方から、下記のURLを教えていただきました。あきれ返りましたね。
この人は、教育委員会に喧嘩を売るために、我々の子供の晴れの舞台を利用しているとしか思えない。

教諭としての仕事をこなした上で、プライベートで戦うのは勝手にしてくれだが、休みまくりで授業はまともに
担当できず、体育祭、合唱際といった重要なイベントにも全く協力しない教諭は公立校には不要でしょう。

個人攻撃をする気はないが、入学式・卒業式といった式典の場でパフォーマンスを展開する教諭はどれもこれも
似たりよったりと聞いた。教諭としての仕事を完全にこなした上で、この手の活動をしている教諭はいるのかな?


http://ww2.tiki.ne.jp/~ui-maki/futekikaku/kokoro2004/06kokoro_tayroi04/kokoro_050528.html

 いっぱい処分裁判原告 根津公子(東京・教員)

☆都教委がどんな処分を下してくるか、目下、愉しみに待っています。
停職を下さなければ都教委のメンツは保たれないだろうし、しかしそれをしてしまえば次は免職に
エスカレートさせねばならないし、今となってはあちらとしては私を会場外に出したいと考えている
のではないかな。「3回不起立したら免職」なんて言ってしまうから、墓穴を掘ってしまうのにねえ。

私は校長に、「当日病気にもならないし、外の仕事にもあたらないよ」と言ってあります。

766 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 15:20:23 ID:mBeH73i0
>>765
マジで誰かこの根津ハム子訴えねーかな…

767 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 16:03:37 ID:ozEjTLPk
陰湿なんだよなぁ ネットウヨって


768 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 16:35:18 ID:mBeH73i0
>>767
お前は早く「政治家軍部に責任は無い」と作る会の連中が言ったというソース出せよwww全く
無いって感じのソースしか認めないからなwww100%だwww

769 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 17:11:29 ID:OPYt81S2
>>757
>国歌斉唱時の起立は通常の社会儀礼であり特別な思想信条を外部に表現するものではない。
>国歌斉唱時の不起立は通常の社会儀礼に反し特別な思想信条を外部に表現する行為である。

国歌斉唱時の起立は通常の社会儀礼であるとすると、社会儀礼に反する行為は、
特別な思想信条に基づくものとは限らない(一部の成人式など)から職務命令違反や
教育上の問題をひとまず措くと不起立の行為自体は、通常の社会儀礼に反する行為で
あるにすぎず、そのこと自体からは、社会常識がないという評価にとどまる。

特別の思想信条を有することによる思想信条の自由を侵害する職務命令であるという
誤解や起立自体に対する誤解が、不起立という行為の動機となり得る場合があるとしても、
客観的にみて国歌斉唱時に起立しない場合はそのような特殊な場合に限られないから、
一般的には国歌斉唱時の不起立と特定の思想信条が直ちに結びつくということはできない。

結局、国歌斉唱時の不起立は、特別な思想信条を外部に表現する行為であるから
懲戒処分を受けているわけではなく(そのような行為が公務員の身分上の義務に
違反する場合はあり得る)、国歌斉唱時の不起立が、思想信条の自由を侵害しない
職務命令に違反する行為であるから懲戒事由に該当し、懲戒処分を受けているのであり、
これは当然である。

770 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 21:52:38 ID:SWW4AYXP
>>769

つーか社会常識に反する行為を公の場で堂々として務員全体の社会的信用を失墜させた
と同時に
自分の個人的思想信条をそれを表明する場でない公の場で間違って表示した
ってとこだろうね。
本人たちは前者をやらかしたという意識なはない
もしくは
思想信条の表現で前者は免責される
と間違って思いこんでいる
てなことかな。

771 :朝まで名無しさん:2008/01/05(土) 21:58:50 ID:imGtJ4UT

君が代 = 天皇万歳のキチガイ歌

日の丸 = 朝廷による日本支配の象徴


772 :朝まで名無しさん:2008/01/06(日) 01:36:33 ID:epK2PICY
社会常識に反する行為って大袈裟な

773 :朝まで名無しさん:2008/01/06(日) 06:16:03 ID:BJX8qjGD
>>757
>国歌斉唱時の起立は通常の社会儀礼であり特別な思想信条を外部に表現するものではない。
>国歌斉唱時の不起立は通常の社会儀礼に反し特別な思想信条を外部に表現する行為である。

その通りですよ。ですから国歌斉唱時の起立を罰則付きで強制している
都教委は憲法違反の疑い濃厚なわけですよ。

>>769
>一般的には国歌斉唱時の不起立と特定の思想信条が直ちに結びつくということはできない。

あなた、前スレにもいた人でしょ。馬鹿でしょ?

馬鹿じゃなければ本物の工作員だね。
本物の工作員にとっては、本当に鬱陶しいのはこのスレの
起立反対派でなくて賛成派だよねwww

774 :朝まで名無しさん:2008/01/06(日) 08:38:49 ID:mY4RkTOJ
>>773
>その通りですよ。ですから国歌斉唱時の起立を罰則付きで強制している
>都教委は憲法違反の疑い濃厚なわけですよ。

であるならば、最高裁の判例を待ったらいかがですか?

実効性のある根拠もないまま、子供達(と保護者)が主役である式典でのパフォーマンスはやめていただきたい。

↓これを見てはっきり理解したが、あの連中は都教委にケンカを売る手段に式典を利用しているだけじゃないか。

http://ww2.tiki.ne.jp/~ui-maki/futekikaku/kokoro2004/06kokoro_tayroi04/kokoro_050528.html

 いっぱい処分裁判原告 根津公子(東京・教員)

☆都教委がどんな処分を下してくるか、目下、愉しみに待っています。
停職を下さなければ都教委のメンツは保たれないだろうし、しかしそれをしてしまえば次は免職に
エスカレートさせねばならないし、今となってはあちらとしては私を会場外に出したいと考えている
のではないかな。「3回不起立したら免職」なんて言ってしまうから、墓穴を掘ってしまうのにねえ。

私は校長に、「当日病気にもならないし、外の仕事にもあたらないよ」と言ってあります。

775 :朝まで名無しさん:2008/01/06(日) 09:32:49 ID:uJZ8ggOO
>>773
つ公共の福祉

776 :朝まで名無しさん:2008/01/06(日) 11:13:13 ID:uJZ8ggOO
>>773
何で>>757の文章から憲法違反が導かれる?

777 :朝まで名無しさん:2008/01/06(日) 20:11:54 ID:4E4D+a9t
公務員の公務と公務員個人の思想信条が対立した場合は公務が優先です。
判例もあったはず。古い判例だからGOOGLEしてもデテコナイヨ。

778 :朝まで名無しさん:2008/01/07(月) 10:40:44 ID:9lHuebWo
>>765
>>28の学級崩壊以前に仕 事 し て な い わ け ね。仕事しろ。まじで職、安定した公務員にしがみつくゴミカスだわ
辞 め さ せ ろ

779 :朝まで名無しさん:2008/01/07(月) 13:04:17 ID:9lHuebWo
>>772
式典時に粛々と指示に従うのは社会常識じゃないの?

780 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 12:36:10 ID:KF5/Q6Iw
>>724
TOOOは早くこの矛盾に答えろwwwwww

781 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 13:30:16 ID:fagktB6P
toooはアホ

782 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/08(火) 19:16:14 ID:2c7gxB+C
>>780
どこが矛盾なんだ?
このコバンザメ!(w

783 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 19:28:16 ID:VK3s/RBZ
根津公子の楽しい話きぼん

784 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 19:38:45 ID:1jUHd6zp
スポーツの国際大会の観客席に日の丸持ち込む奴って、頭が軽い低脳右翼w

スポーツにイデオロギーを持ち込むな! バカ


785 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 19:39:54 ID:KF5/Q6Iw
>>782
やれやれ矛盾にも気付かんかwwwお前は全ての大人は人に迷惑掛けなければ無制限に自由っていう論調なんだろ?ケースバイケースっていう発言と矛盾するな。それにケースバイケースなら君の叩いてる都教委が処分下すことだって正当な行為なんじゃないの?

786 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 19:41:08 ID:KF5/Q6Iw
>>784
お前先ずは日本人から応援するんじゃないの?

787 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 19:42:30 ID:KF5/Q6Iw
>>784
つうかイデオロギーじゃなくね?ナショナリズムじゃないの?

788 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 19:44:21 ID:4+ylsrvi
どっちかといえば「投影」だったりして

789 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 19:47:01 ID:O06d5DMX
昔ワールドカップの日本代表は君が代歌わずに怒られたんだっけ?

790 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 19:51:26 ID:VK3s/RBZ
根津公子と河原井とかいう奴の萌えキャラきぼんw

791 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 20:06:08 ID:KF5/Q6Iw
>>784
大学駅伝とか六大学野球でも同じこといい続けるんだろうな…一生言ってろwww

792 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/08(火) 20:15:09 ID:2c7gxB+C
>>785
ケースバイケースと言ったのは、もともと
>国旗国歌を嫌悪する教師とモヒカン営業は等しいよね
とゆ、
味噌とクソは一緒・調、てか、クソと味噌は一緒・調
てか、カレーと●●●(ピーッ!消去されました)・調
てか、もんじゃと●●(ピーッ!消去されました)・調
てか、思想的に愛国の表現を忌避する者たち(強い連帯感がある)と、
稼いでる自覚から自己表現を謳歌したい者たち(個々独立的で、連帯感状のものはない)を
一緒くたにしてるからじゃねーか。

もっと元では、教員は校則で生徒を束縛してるんだから、テメー等も束縛されろ!
ときたもんだったよな。
アホかッ!

ケースバイケースの大元は、ウンコカレーを食えるアホに対し悟らすためだ。(w

793 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 20:30:43 ID:vGoJ/wX3

君が代 = 天皇万歳のキチガイ歌

日の丸 = 朝廷による日本支配の象徴


794 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 20:48:15 ID:KF5/Q6Iw
>>792
読みづらい。何いってるか分からんしwww

795 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/08(火) 21:04:34 ID:2c7gxB+C
>>794
分類できないで済めばテードは軽いが、違いまで解らないことを
ンコ汁もといエスプリっそでお出ししたんだよ。(w

>>793
てか、モマイもそーとーオカシイ・・・頭が。

国歌「君が代」に、天皇を愛でているところがあるのは確かだが、
「万歳してる」とまでは言えない。
むしろ、国民がともにある同時代の永続性を願い、悠久への帰着を心することによって、
安泰がもたらされることを希求しているというのが歌詞内容だ。

キティ害はむしろモマイ。

日の丸への理解も、説明できるんならしてごらん。(w
初めにイデオロギーありきになってる、おバカな回答だと思うぞ。

(朝廷による日本支配があったのは事実だ。
 しかし日の丸の使用は、豊臣秀吉あたりに始まる。
 また明治維新でつかわれたのは、錦の御旗であって日の丸ではない。)

796 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 21:14:37 ID:KF5/Q6Iw
>>792
噛み砕いて読んでみた。
思想的に愛国の表現を忌避する者(国旗国歌尊重するだけで愛国の表
現かよwwwそりゃ式典以外なら愛国の表現かもねwww)たちの自由は認め、稼いでる自覚から自己
表現を謳歌したい者たちの自由は認めないんだ。ダブルスタンダードじゃね?どっちもいい大人
だろwwwつうか漏れが君なら他の所を反論するが…。

797 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 21:45:30 ID:KF5/Q6Iw
>>795
>>万歳してるとまでは言えない。

これと同様に入学式卒業式で教師に国旗国歌の尊重を強制することは直ちに内心の自由を犯すとは言えない。

またダブルスタンダードかよwww

798 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 21:50:53 ID:KF5/Q6Iw
>>797
内心の自由を犯すとは言えない→内心の自由を犯すとまでは言えない

訂正

799 :朝まで名無しさん:2008/01/08(火) 22:41:59 ID:4+ylsrvi
草生やしている奴の言っている事がわからん

800 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 00:41:02 ID:9BugWyqg
根津と河原井のどつき漫才見てみたい

801 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/09(水) 11:03:42 ID:mY3tLkWx
>>796
>稼いでる自覚から自己表現を謳歌したい者たちの自由は認めないんだ。

認めない?
裁判でモヒカントラック野郎が認められた、と述べてるでしょ。(聴覚の自由がないの?

認められないのは、オッパッピーのかっこうを警官や消防士や・・・・・てか、
リーマン含めて誰でもしちゃ駄目!ってこと。
(認められるのは、海水浴場のライフセーバーや監視員ぐらいじゃね?)

本来、常識の範囲だ。
(なので、ケースバイ・・・の言葉になる。)

>思想的に愛国の表現を忌避する者(国旗国歌尊重するだけで愛国の表現かよwww
>そりゃ式典以外なら愛国の表現かもねwww)

彼らの忌避の理由は、教員も参加することによって担った状態となるからだろ。
何を担った状態になるかといえば、彼らの主張では愛国心教育なんだろうし、
少なくとも、国旗や国歌それらが価値あるものと教育するって箇所なんだろ。

ということから、教育行政側も苦慮した挙げ句、
学校教育上の行事・儀礼という公務の側面から教員を従わせようとし、
処分をするという強硬手段に出て摩擦が起き、裁判沙汰になってきたわけだ。

ところが、国旗国歌法の制定前、政府答弁では一貫して強制しないと明言してきたんだから、
今や完全に約束を反故にしてることになる。
信義則違反を犯すなんて、教育上およろしく・・・なさすぎだぞ。(w

802 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/09(水) 11:04:46 ID:mY3tLkWx
と、起立したくないもん、斉唱したくないもんに、わざわざ起立して歌ってもらってどうするよ?
彼らが嫌悪してるのは、国旗や国歌であって、
それを仰いだり歌うことが踏み絵とまで感じられてんだろ。
(オイなど、江戸時代に生まれたと仮定し、伴天連だったとしても、
 たぶん踏み絵なんぞいっくらでも踏んでると思うぞ。)

それが対立軸であると認めれば、それだけで彼らの思うつぼなんだよ。
なにしろアピールできるわけなんだから。
憲法改正か否かが対立軸になるなら、国家にとってモースト・インポータントなので納得できるけど、
それに戦前に対する認識の差を加えると、マジで低レベルな方向へと行くってこと。

今醸し出されてきた、二大政党制という具体性ある政策が競合する対立軸を、
抽象論同士の対峙という元の木阿弥にされてたまるかってーの!

803 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 11:36:51 ID:KsFqR+85
まあ、静かに座っているだけなら俺は許容範囲。
でも、生徒に対して座るように誘導したりするのは完全にアウト。
実際そういう事例があるわけでしょ?



804 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 11:48:45 ID:rcSDuMYt
>>801
裁判が認めた認めないじゃなく君が認めるか認めないかの問題なんだが。ケースバイケースという発言からなら認めないんだろうが。国旗国歌だが子供には強制してないよ。

805 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 12:06:16 ID:rcSDuMYt
>>802
>>起立して歌ってもらってどうするよ

教育のためだちったあ我慢しろ。学習指導要領にも生徒が日の丸君が代を尊重するようにさせ
ると書いてある。テストに出ないから良い?あれだけ未履修問題があって日の丸君が代だけは
どうでも良いっていうのは矛盾だな。

806 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 12:26:48 ID:cZNshhwV
>>804
>国旗国歌だが子供には強制してないよ。


爆笑wwwwwww

卒業式の練習で、「強制ではありません。不起立は認められています」
と子供に教えているのなら、たしかに強制はしていないと認めてあげよう。

807 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 14:23:53 ID:KsFqR+85
>806
そういうアナウンスのないものがすべて「強制」ならば、学校で「強制」でないものって何?


808 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 15:20:02 ID:rcSDuMYt
>>801
常識の範囲!!wwwなら反日の丸君が代連中に懲戒処分下すのも常識の範囲じゃね?

809 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 18:44:36 ID:NqaAwGvq
同じ人?

810 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 20:13:16 ID:9BugWyqg
根津公子の「いよいよ都教委と決戦のときが来ました」発言
一体何を決戦するんだろうね

811 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 21:30:39 ID:rcSDuMYt
>>810
>>765見ると戦 う 前 に 仕 事 し ろとしか言えないんだが。

812 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 21:33:13 ID:NqaAwGvq
お ま え も な

813 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 23:01:55 ID:rcSDuMYt
>>812
>>765みて>>811みたいに思わないの?

814 :朝まで名無しさん:2008/01/09(水) 23:06:07 ID:NqaAwGvq
808みるとな

815 :朝まで名無しさん:2008/01/10(木) 02:54:32 ID:m3IEf6Z2
>>814
>>808どこがおかしい?

816 :朝まで名無しさん:2008/01/10(木) 11:44:53 ID:m3IEf6Z2
>>765
>>公立校に不要

私立校にも要らんだろ。私立の方がきついかも。まあ自分で私立作れば良いんじゃね?

817 :朝まで名無しさん:2008/01/10(木) 12:13:31 ID:m3IEf6Z2
>>814
あー時間帯か。便所にでも行ってその時に、なんじゃね?漏れも書いたし。

818 :朝まで名無しさん:2008/01/10(木) 14:16:32 ID:m3IEf6Z2
>>765
まさか国旗国歌変更運動せずにパフォーマンスだけやってるんじゃないだろうね?パフォーマ
ンスだけじゃ現状を何も変えられないと思うんだがな。

819 :朝まで名無しさん:2008/01/10(木) 16:26:43 ID:feAaq7AQ
>>818
そんな運動やってる訳ないでしょ。闘争という「手段」を堪能できる絶好の「目的」なんだから。

http://homepage2.nifty.com/kaikosasenaikai/text/hishobunreki-saiban.html

根津公子さんの場合

●第1次被処分(1994・3)……八王子市立石川中学校   減給処分
●第2次被処分(1995・3)……八王子市立石川中学校   訓告処分
●第3次被処分(1999・3)……八王子市立石川中学校   訓告処分 石川中裁判 一審・二審敗訴 最高裁で上告棄却
●第4次被処分(2002・3)……多摩市立多摩中学校     減給処分 多摩中裁判 東京地裁にて係争中
●第5次被処分(2003・3〜)……調布市立調布中学校   異動人事             一審・二審敗訴 ※地裁判決は「あの」難波孝一裁判官(笑)
●第6次被処分(2005・3)……立川市立立川第二中学校 減給10%・6ヶ月       都人事委員会に提訴中
●第7次被処分(2005・4)……立川市立立川第二中学校 停職1ヶ月・ボーナス0  都人事委員会に提訴中
●第8次被処分(2005・12)……立川市立川第二中学校   減給1ヶ月 
●第9次被処分(2006・3)……立川市立第二中学校     停職3ヶ月 ボーナス0  東京地裁
●第10次被処分(2007・3)……町田市立鶴川第二中学校 停職6ヶ月 ボーナス0  東京地裁

820 :ガーデンハイツ:2008/01/10(木) 16:42:38 ID:e4RatIlG
創価集団ストーカーのゴミ野郎は妙な洗脳電波で虐殺なんか楽しんでないで即シネよ。
コイツらは全国に散らばるターゲットを利用し奴隷化計画の布石にしている。

821 :朝まで名無しさん:2008/01/10(木) 19:19:26 ID:m3IEf6Z2
>>819
手段の為には目的を選ばない、か…。目的と手段を取り違えるな(こ
の言葉の意味今一分かってないけどね)、目的の為ならどんな手段も選ばないのか?は良く聞くけど。
この根津公子は国旗国歌が自分好みの物に変わったとしても前の日の丸君が代の方が良かったから不起立不
斉唱を貫く(これは流石に無いか?)、またはもっと他のがあるだろ、と言うことで不起立不斉唱を貫くのか?
そうなったら支援者居なくなるだろうな…。


822 :朝まで名無しさん:2008/01/10(木) 20:19:13 ID:CPC96CU8
>>817
便所にPCがあるのだろうか?
それとも便所にこもって携帯から?

823 :朝まで名無しさん:2008/01/10(木) 20:43:15 ID:feAaq7AQ
>>821
この世代の連中は、安保闘争とかの時代が忘れられない訳よ。闘争したくて仕方がないの。
闘争するための理由であれば何でも良いのよ。その点、石原都知事+都教委は最高は格好のターゲット。

手段(闘争)のためには目的(反都教委)を選ばす、ってことですな。

824 :朝まで名無しさん:2008/01/10(木) 22:08:36 ID:47zd2k+i

君が代 = 天皇万歳のキチガイ歌

日の丸 = 朝廷による日本支配の象徴


825 :朝まで名無しさん:2008/01/10(木) 22:18:17 ID:p+pZaenq
>>795
天皇狂信者は、黒を白と言い包めるのに必死だなw

>日の丸の使用は、豊臣秀吉あたりに始まる

歴史をなーんにも知らないおバカさんw
そう言う無知蒙昧が妄想だけで天皇制にしがみ付いているのだなwwww

もっと自分で勉強しなさい。
天皇狂に凝り固まったそのオツムじゃ、ま、無理だろうがw


826 :朝まで名無しさん:2008/01/10(木) 22:27:49 ID:pznR9gm1
根津公子(通称:ねずみ巫女)解雇されるんだよな、このまま行けばw

827 :朝まで名無しさん:2008/01/11(金) 00:22:04 ID:D7+Uv+cB
いまどき、日の丸・君が代に憎悪を抱いているのは、
反日の中核派、在日朝鮮人くらいだろ。
反天皇と同一。



828 :朝まで名無しさん:2008/01/11(金) 08:21:51 ID:G0xSSxMO
>>827
日の丸君が代に問題があっても教師は生徒、教育のために国旗国歌を尊重すべき。現時点では国旗は日の丸国歌は君が代
なんだから。

829 :朝まで名無しさん:2008/01/11(金) 12:28:08 ID:uzFpvzw4
こんなもん認めたら、内心の自由を理由に、教科書に載ってる特定の音楽や小説を教えない音楽教師や国語教師が出るじゃん。

内心の自由を理由にワーグナーを教えない音楽教師、内心の自由を理由に宮沢賢治を教えない国語教師。

この狂師連中を支援してる連中は、それも認める訳? 「教えることを強制している」という意味では同じじゃないの??

830 :朝まで名無しさん:2008/01/11(金) 16:03:55 ID:G0xSSxMO
>>829
ワーグナーとか宮沢賢治教えることで侵害される内心ってのが想像できないな。社会科、日本
史なら例えられる。ちょっと前なら「従軍慰安婦の強制は無かったから教科書に載ってても教
えない」っていうのがいれば問題になったろうし。(聞いたことないからいなかったのかな?)
これからは「従軍慰安婦への強制はあったから教科書に載ってなくても教える」って連中が問
題になるだろうね。マスコミが隠してるだけ?前者を大袈裟に伝えて後者を伝えないっていう
のはダブスタだな。

831 :朝まで名無しさん:2008/01/11(金) 20:44:11 ID:G0xSSxMO
>>830
言いたいのは授業、教育では教師は基本的に教科書の内容について教えるだけでよいと。内容
変えたければ休み時間、日曜に署名集めするなり。卒業式も教育の一貫だから教師は国旗国歌
尊重してるところ生徒に見せろ。

832 :朝まで名無しさん:2008/01/11(金) 21:17:18 ID:HlueeH6W
なんでやねん?

833 :朝まで名無しさん:2008/01/11(金) 22:13:48 ID:r9trxBXR
指導内容を自分の思想信条で決めたいなら、大学教授にでもなれよ。

834 :朝まで名無しさん:2008/01/11(金) 23:42:45 ID:adaewkOa


今時、在日天皇制にしがみ付いているのは、チョンか低知能者くらいだろうw



835 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 00:42:28 ID:X8rwQXqM
生徒全員に君が代日の丸を敬わせたい、って思想信条で指導内容を決めるのは良いのかしら?

836 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 01:36:40 ID:rvU6JHWm
>>827
お前尊皇かよw

837 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 08:31:20 ID:vyKz94Fa
>>835
正規の手続きを経てる以上、成立させた側の思想信条がいかなるものであろうと
問題ない。

逆に、いかなる思想信条であろうとも
正規の手続きを経て、それを改正、廃止させる事も問題ない。

838 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 08:36:24 ID:4epPpHY3
>>835 >生徒全員に君が代日の丸を敬わせたい、って思想信条

ではないでしょう。

正しくは「生徒に、自分たちが日本人である事を自覚させるのが」主たる目的。

国旗国歌はそのツール。

839 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 08:38:51 ID:1DOwJ5Hn
正規の手続きで改正されるまでは、法律や校長の命令を守れよ。
公務員に個人的な思想信条を公務に持ち込む自由はない。


840 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 09:49:42 ID:ErbuYAWf
どんなに戦争始めたくても
どんなに国民しばりたくても
押し付けられた君が代の歌は歌えない

っておまいら、押し付けられなくても君が代歌わないくせにwww

841 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 09:59:41 ID:x/oYwOZN
世界中の中で、自分達の祖国の国歌や国旗に敬意をはらうかどうかなんて議論は存在しない
ましてや思想信条の自由を出してくること自体ナンセンス
公式な場で日の丸の掲揚、君が代の斉唱は教育の現場では‘しつけ’みたいなもの
部屋の中で食事する時は帽子は取りましょう
ご近所の方に会えば挨拶しましょう
電車の中では携帯電話は控えましょう…みたいなモン
これも強制はイカンと言うんか?

842 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 10:58:20 ID:ZiMAV67c
停職中に出勤しようとしてつまみ出されるような輩だからね。
さらに学校の前に毎日立つような輩だからね。
停職は謹慎しろっていう常識すらわきまえていない。

843 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 11:31:30 ID:G2TtdSrb
意味わかんねえよ

844 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 11:41:33 ID:epx7gxqn
>>841
ナショナリズムは悪であり、そのような悪を強制するのはイカンだろ馬鹿w

845 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 12:16:38 ID:x/oYwOZN
>>844
ナショナリズムが悪なら、世界中の国家すべて悪。
そんな定義はお前の脳内だけにしとけよWW
確かに過剰なナショナリズムは危険な場合もある
ただ、自国の先人達が残し、守ってきた伝統・文化を尊重する心が愛国心でもある思う
国旗国歌へ敬意をはらう事はその表現の最たるもの
そんなことも解らん輩は、よその国の人間から信頼される訳ない
まぁ、中国や韓国からしたら都合のいい日本人やから利用価値あるかもな
844はつける薬ないから
一生引きこもっといてね

846 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 12:26:28 ID:G2TtdSrb
自演?

847 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 17:42:08 ID:2YRyssiG
http://jp.youtube.com/watch?v=DO6pGuwTMeQ

848 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 18:05:57 ID:4ZD23UuI
>>845
そんじゃお前ら右翼は北朝鮮に信頼されてんのか? お前ら右翼は北朝鮮を信頼してんのか?
ナショナリズムとは自国の利益のためなら他国を犠牲にする主義だぞ。

849 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 18:21:37 ID:x/oYwOZN
>>848
はぁッ…
お前アタマ悪過ぎ!
だれが右翼じゃ!ボケ!
よその国の人とは国民の事や
国際化だの、国際交流だのいうんはお互い相手の国、伝統、文化を尊重しあってこそ前に進むんやろが!
自国の国旗・国歌に敬意をはらえん人間はどこの国のモンからも信用されるわけなぃんじゃ!
北朝鮮政府は信用ならんけど、誰が政府の話ししとんじゃボケ!
政府間の交渉とごっちゃにすんなや低脳やのぉ

850 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 18:55:28 ID:G2TtdSrb
自国の首相に敬意払えん人間はどこの国のモンからも信用されるわけなぃんじゃから
学校で子供の頃から首相に敬意を払うよう教育するような感じか。

851 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 19:07:15 ID:X8rwQXqM
大日本帝国民の愛国心は史上空前だろうけど、
外国からも信用されていたとはお世辞にもいえんが。

852 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 19:11:33 ID:x/oYwOZN
>>850
釣られた俺が悪かった。

ビザ切れるやろから早く国へおひきとりくださいな

853 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 19:35:05 ID:sPnoJ/tY
>>765
仕事しないから辞めさせるのに辞めさせたら「国旗国歌を尊重しなかったから辞めさせられた!内心の自由の侵害だ!」とかほざくんだろうな。マジで差別をマッチポンプする朝鮮人と等しいわ。マジで早 く 殺 さ れ ろ

854 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 20:18:39 ID:X8rwQXqM
韓国は国旗も国家も敬意を払う愛国心の非常に強い国だが、信頼されているのかね?
愛国心は排他性と仲が良いから扱いが難しい。

855 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 20:32:20 ID:x/oYwOZN
>>854
じゃまくさ!
今大阪の梅田で飲んどるから来いや
顔の形変えたるわ

856 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 20:33:14 ID:4epPpHY3
愛国心なんか、アメリカは勿論、
イギリスだろうが、フランスだろうが、韓国だろうが、
どこだってあるわな。

暴飲暴食は不摂生極まりないが、ちゃんと食事を摂るのは当たり前のように、
愛国心を持つのは当然のこと。

ただ、国の成立過程で、現状の国の成り立ちを受け入れる事ができない人間がいるのも当然。
そういう人間は愛「民族心」があるだろうし、独立運動をするのも良いでしょう。

どっちみち、愛国心は確かに他人に強制されるもんではない。
だから、子供のうちにある程度、身につけるべきものなのである。

857 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

858 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 21:03:48 ID:sPnoJ/tY
>>856
>>身に付けるべきものである

だからこの根津ハム子は問題なんだよね。はっきり言って教育>>>>>>>>教師の内心

859 :朝まで名無しさん:2008/01/12(土) 23:58:25 ID:G2TtdSrb
おまえは誰かを叩きたいだけじゃないのか?
もしかしたら叩きやすければ誰でもいいんとちゃうやろか?

860 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 01:09:01 ID:VZUlqDhg
>>859
叩きやすいのを叩いてるのは日の丸・君が代に文句言ってる連中だろ
強制が良くないって言うなら、卒業式への出席も強制せずに自由参加にすべきだが
そんな事を言ってるのを聞いたことが無い。

この先生も赤い星の旗を掲揚してインターナショナルを歌うなら
喜んで生徒たちに強制するだろうw

861 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 01:12:24 ID:VZUlqDhg
子供に強制するのが良くないって言うなら
毎朝子供に学校に行きたいか聞いて
行きたくないって答えたら学校を休ませなきゃナ
この先生どもは自分の子供にそうしてるのか?

結局自分の都合で文句言ってるだけ。

862 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 01:21:10 ID:Ht84qtG/
同じこと言っているな

ダイエットすすめたら「何も食わずに餓死しろというのか」
とか逆ギレするデブみたいなものか

863 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 01:42:05 ID:VZUlqDhg
卒業式に出席しなくたって卒業には何の影響も無い訳だが
学校だって要するに受験に関係ある科目を習得してれば問題ないわけだが
それなのに必死に強制してるw

>>862
何でそんなに必死なのw
叩きやすいから叩いてるの?w

864 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 02:20:24 ID:qvJJaQ3k
>>863 それだと学校に行く必要すらないな。

NHK教育みたいに授業を配信するだけでいい。
必要ならネットで授業を受ける事も出来る。


865 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 02:39:42 ID:VZUlqDhg
>>864
そうだよ、必要な人や必要な時だけ、授業を受ければよろしい
塾が有るからその授業でさえ学校でやる必要は無い
で大検のように学力を認定する試験を年齢不問でやればよい。

不登校も学級崩壊も、それこそ日の丸君が代の強制問題さえ一挙解決
でも先生が失業するからそんな事日教組は言えない。
生徒の自由より飯の種の方が大事だからなw

866 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 10:53:42 ID:qvJJaQ3k
>>865 残念ながらそれを推奨する人間は、日本及び国外を見回してもいないだろうね。

何故か?

学校は集団生活を学ぶ場でもあるからだ。

人との付き合い方を学ぶ場が学校でもあるわけだ。

勿論、学校生活とてなじめない人間はいる。

どんな制度をつくったところで、網の目からこぼれる人間はいるさ。

だが、学校ってのは、国が社会・経済を安定・発展させるために存在させている制度だ。

現実の人付き合いも学べないヒキコモリが増えるだけだぞ、学校なかったら。

生徒の自由?

社会性も協調性も知らない生徒の自由に、何か価値が?



867 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 14:37:26 ID:VZUlqDhg
>>866
人との付き合いならば丁稚奉公でもさせればよろしいw
小学生の生徒が暴れても叱れないような先生がどんな社会性を教えるって言うのか?
先生の社会性教育がまず必要だろw

868 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 14:47:50 ID:qvJJaQ3k
>>867 丁稚奉公?

労働基準法 児童福祉法って知ってる?

>小学生の生徒が暴れても叱れないような先生がどんな社会性を教えるって言うのか?
 先生の社会性教育がまず必要だろw

それは別の議論だ。
第一社会性なんてのは、教師だけが教えるもんじゃない。
クラスや学年と言った交友関係の中でも培っていくものだからね。

教師に社会性教育が必要だと言うなら、
別のトコでやってくれ。
一部意見を共にする事もあるかもしれん。
まぁ、叱れないのは、モンスターペァレンツやマスコミのせいもあるのだろうが。


869 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 15:01:30 ID:VZUlqDhg
>>868
学校の廃止だって全面的な法改正が必要だ現行法を前提にした反論など意味が無いと思え。
>第一社会性なんてのは、教師だけが教えるもんじゃない。
その通り、学校だけが社会教育の場じゃない
そこまで判ってるのになぜ学校至上主義から抜けられない

870 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 15:24:00 ID:qvJJaQ3k
>>869 >学校の廃止だって全面的な法改正が必要だ現行法を前提にした反論など意味が無いと思え。

だから、最初からキミの意見など通るわけがないといっておるだろw

871 :朝まで名無しさん:2008/01/13(日) 15:30:40 ID:qvJJaQ3k
あともう一つか。

>>第一社会性なんてのは、教師だけが教えるもんじゃない。
  ↓↑
>その通り、学校だけが社会教育の場じゃない

いや、全然その通りじゃないから。
二つの文、繋がってないし。


それと「学校至上主義」ってのが何かわからないが、
他に何か社会性を身につけられるシステムでもあるのかね?
あればどんどん発表すればいい。



872 :朝まで名無しさん:2008/01/15(火) 23:52:31 ID:spegc3rZ
http://eritokyo.jp/independent/nagano-pref/aoyama-col1200.html

■世界各国の状況
(内閣総理大臣官房審議室、および外務大臣官房儀典官室による1985年資料
 「諸外国における国旗国歌について」から)

1)学校教育での国旗国歌の取扱い(主要40ケ国在外公館調査)

a.ヨーロッパの立憲君主国では学校での国旗掲揚や国歌斉唱をすることが殆ど無い。

イギリス: 普通の歴史と音楽の授業で取扱い、学校行事では掲揚せず歌わない。
オランダ: 特に教育する事はない。学校行事で掲揚や歌唱という事も特にない。
ベルギー: 国旗掲揚の義務はなく慣例もまちまち。国歌は教育されていない。
スペイン: 学校での規定はない。
デンマーク: 特別の教育はしない。普通の授業で言及。国歌は行事で殆ど歌わない。
ノールウエー:特別な教育はしていない。両親が教えて子供はすでに歌っている。
スウエーデン:教科書に無い。国旗は教師に一任。国歌は学校で特別に教えない。

b.ヨーロッパの共和国ではむしろ革命をおぼえて国旗国歌を強調する。
しかし、例外がいくつもある。



873 :朝まで名無しさん:2008/01/16(水) 00:25:08 ID:lVnqxJHU
>>870 >>871
まあ、君の保守反動振りには頭が下がるよw
二十年前には銀行は絶対つぶれない、
十年前には郵便局が民営化なんてするわけが無い
法律で決まってるからなんて言ってた手合いかねw

>>第一社会性なんてのは、教師だけが教えるもんじゃない。
  ↓↑
>その通り、学校だけが社会教育の場じゃない

どうも君は自分が何を言っているのかさえわかっていないようだが?
教師だけが教えるものじゃないって教師以外は誰が教えてるのかね?
教師以外の学校の用務員か事務員が教えているのかね?w
学校以外でのさまざまな環境で社会性を学んでいるわけだが。

874 :朝まで名無しさん:2008/01/16(水) 00:47:57 ID:iuFDz/x8
>>873 学校では教師以外に話せる人はいなかったの?

・・・さみしい子供時代をすごしたんだね

875 :朝まで名無しさん:2008/01/16(水) 00:53:35 ID:lVnqxJHU
>>874
君こそ学校以外に居場所は無かったの
家庭にさえ居場所が無いなんて

寂しすぎるなw

876 :朝まで名無しさん:2008/01/16(水) 01:44:36 ID:iuFDz/x8
学校の話題でしょ?

話題変えたい?

877 :朝まで名無しさん:2008/01/16(水) 06:32:08 ID:lVnqxJHU
学校の話題じゃなくて、学校以外にも社会性を学ぶところはイクラでも有るって話なんだが
必死にごまかしてるなw

もしかしてどこにも居場所が無くて保健室に篭ってた口かねw

878 :朝まで名無しさん:2008/01/16(水) 06:45:18 ID:iuFDz/x8
>>877 >>873では何を聞いたのかな?
記憶喪失?


879 :とすげ ◆eeDSEEDXRE :2008/01/16(水) 23:46:08 ID:odMC36Zk
|'A')??

880 :朝まで名無しさん:2008/01/16(水) 23:55:23 ID:iuFDz/x8
あれ?

とすげって、
・・・この板の人だっけ?

他の板で見た気が・・・「私のニュース」の板の人?

881 :とすげ ◆eeDSEEDXRE :2008/01/17(木) 00:03:32 ID:odMC36Zk
>>880
僕の事知ってるの!?

「おすすめ2ちゃんねる」からこのスレに来たんよ。
IEとかで見ると、下の方にそれが載ってるから。


882 :朝まで名無しさん:2008/01/17(木) 00:06:09 ID:7i8HblFb
たしか、クソスレに2ゲットする方・・・でしたっけ?

違ったらごめんなさい。



883 :朝まで名無しさん:2008/01/17(木) 00:08:25 ID:iuFDz/x8
これだ!

        /∩\
        (´Д` )  超2ゲット
        /     \
        (⌒) (⌒二 )
        ( ̄、( ̄、  ヽ          (⌒,;;(⌒,;;;
         ヽ \ \ノ    ≡≡ (⌒,;;(⌒,;; (⌒,;;
         (__)(__)  =≡≡≡(⌒,;;ズザー(⌒,;;(⌒,;;

884 :とすげ ◆eeDSEEDXRE :2008/01/17(木) 00:10:54 ID:xo2Qffl0
>>882
ずいぶんくわしい・・・(¬д¬)


違ってないです。




885 :とすげ ◆eeDSEEDXRE :2008/01/17(木) 00:11:49 ID:xo2Qffl0
あ・・・、ID変わった

886 :とすげ ◆eeDSEEDXRE :2008/01/17(木) 00:13:04 ID:xo2Qffl0
このスレにもおすすめ2ちゃんねるっていうのが載ってるです。

ざ・どすぺ☆2ゲット [私のニュース]
↑からこのスレに来たわけです。
このスレの人で、そのスレも見てる人がいるってことっすか?

887 :とすげ ◆eeDSEEDXRE :2008/01/17(木) 00:14:15 ID:xo2Qffl0
ついでに888ゲットしていいすか?

888 :とすげ ◆eeDSEEDXRE :2008/01/17(木) 00:15:11 ID:xo2Qffl0
        ,ゝ⌒〜,'
        (´Д` ) 超888ゲット!!
        /     \
       (⌒) (⌒二 )           (⌒,;;(⌒,;;;
       /⌒ヽ( ̄、  ヽ   ≡≡ (⌒,;;(⌒,;; (⌒,;;
      /    Lヽ \ノ  =≡≡≡(⌒,;;ズザー(⌒,;;(⌒,;;
      ゙ー―――(__)

889 :朝まで名無しさん:2008/01/17(木) 00:23:20 ID:7i8HblFb
わたしかなぁ・・・。

でも行くトコは決まってるし、ちゃんぽろん。

890 :朝までななしさん:2008/01/17(木) 11:25:26 ID:fUU2UHd1
君が代の元になっているのは、古今和歌集に出てくる、
「我が君は千代に八千代にさざれ石の岩元なりて苔のむすまで」という、ラブレターか孫娘がおじいちゃんの長寿を願って歌った歌だよね?(我が君はという言い方が、女の人が男の人をさして使う言葉なので、君が代に変更した)

他国が学校行事では掲揚せず歌わせなかったりするのは、
国歌そのものが「軍歌や軍の行進曲」で出来ているもので、国によっては内容もえげつない物があるからではないの?
・イタリア国歌
イタリアの兄弟よ、イタリアは今目覚めた
シピオの兜(かぶと)を頭に戴き
勝利は何処にあらん
主が創りたもうたローマの僕(しもべ)
我がイタリア その美しい髪を捧げよ
さあ隊列を組め、我等は死をも恐れない
イタリアが呼んでいる、そうだ!
・アメリカ国歌
砲弾が赤く光を放ち宙で炸裂する中
我等の旗は夜通し翻っていた
ああ、星条旗はまだたなびいているか?
自由の地 勇者の故郷の上に!

891 :朝まで名無しさん:2008/01/17(木) 21:41:29 ID:KWcraotD
国歌にしないほうがよかったんじゃないのかなぁ

892 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 00:28:15 ID:YAuX+HMx
>>878
>学校以外でのさまざまな環境で社会性を学んでいるわけだが。
都合の悪い文は自動的に読み飛ばす機能が付いてるよう棚
オマイの脳みそにはw

893 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 04:27:55 ID:aVq0vqM3
最近になって、色々と君が代反対者の書物や、賛成者の書物を先入観無しに
中立の立場で読み漁っているんだけど、どうも近代国家日本になったとき、
国歌が軍歌で出来ているほうがよいと言う概念が無かったみたいなんだ。

反対者の意見では、『「君が代」が天皇が統治する日本が』と約するようだけど、
どう考えても、チョット無理があると思うんだ。

色々な本の中で、平安時代から鎌倉時代にかけて、舟歌や盆踊りや祝いの歌として
民衆の間で広く歌われていたが、祭りなどや所謂仕事歌として、男の人に歌われるとき、
「我が君」と言う言葉が、女言葉(男が歌うとおねー言葉や、オカマ言葉)になるので、
自然発生的に男性が歌うときには、我が君の部分をいつの間にか、君が代に変えて歌うようになった。

この時には、「君が代」は「我が君」の男性用代用言葉なので、意味としては我が君と同じ意味だとすると、
この時の「君」は特定の誰かを指しているものではなく、当然天皇を指しているものではない。
と言うことになるのではないですか?

894 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 05:27:53 ID:uAY5EgAZ
つまり、
君が代=マイ・ダーリン・フォーエバー
という意味なんだな。
素敵な国歌じゃないか?


895 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 08:48:20 ID:aVq0vqM3
平安時代から鎌倉時代にかけて、結婚式などで広く歌われ(今で言うところのてんとう虫のサンバみたいなもの)定着
していったものが、皆が知っていて美しい歌とし国家に採用されてから、いつ頃から「天皇賛美」の歌になって行ったのか、
私の知る限りでは、ロシア戦争から第1次世界大戦に至る間に、徹底軍事教育の中で、無理やり天皇賛美の歌にしていった
用に思えるだけど違う?

203高地で、敵陣から毎朝流れてくる帝国ロシア国歌は、誠に勇ましい軍歌であり「敵も震えん 君が力
神よ護り給へ」と流れてくる、それに比べ日本の国歌は美しくは有るが、兵士の士気が上がるどころか、下がってしまう。
という事で、天皇賛美の歌にこじつけたように思う。士気を上げるために。

そもそも、天皇を「陛下」「皇帝」と言う言い方ならまだしも、その当時天皇全体を指して「君」(君主)と平民が言ってもいいものなんだろうか?
ここら辺は、もうチョット研究が必要だけど、誰か知っている人いる?
問題ないのかな〜?

896 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 09:43:41 ID:aVq0vqM3
>>894
君が代の本来の意味は、美しいものだと思うんだ
890・895でも述べたように、「国歌」に採用される前から、すでに「君が代」と民衆の間で
歌われていた事実は、色々な本を読む中でも確実で、国歌に採用される段階で、君が代に変えたわけじゃないんだ。
そのずっと前から、民衆の間ではてんとう虫のサンバ代わりに、結婚式などでも歌われている。

しかし・・・残念なことに、戦乱濃い時代に国民の士気と兵士の士気を盛り上げるため、
本来の美しい意味が、捻じ曲げられ、日の丸・君が代を用い侵略戦争に突入して言った事実は変らない。
(先の大戦が侵略戦争だっのか、防衛戦争だったのかと言う理論をここで戦わせると、大混乱するので又次の機会に・・)

これは、歌本来の意味とは関係なく、君が代も・日の丸も血に染まっていることには違いない。
又、反対論者の意見は、君が代を国歌として認めないと言うよりは、国家が君が代を強制することに強烈な反感が
有るようなので、歌本来の意味などどうでも良いようなんですよ。

ただ、俺的には君が代・日の丸が、血に染まっていようが、
使い古された言葉で表現すると
日の丸をハート型にしてピンク色にすれば、その歴史がチャラに成るのか?

「近隣諸国の皆さ〜ん。日本は国旗と国歌を変えましたので、過去のの凄惨な歴史はチャラになりました〜」
と言ったら、余計怒るだろ?俺なら激怒します。

「ああ・・これがあの日本の旗か、美しいな〜」と言われるのか、
「ああ・・これがあの日本の旗か、醜いな〜」と言われるのかは、
これからの日本人一人ひとりの行動にかかっているもので、
日の丸・君が代を別のものに変えることではないと思うのですよ。

血に染まっているなら、日本人一人ひとりの行動で、洗い流すしかないと思うのですよ。

897 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 10:17:45 ID:u51J2uJN

君が代 = 天皇万歳のキチガイ歌

日の丸 = 朝廷による日本支配の象徴


898 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 10:21:36 ID:u51J2uJN
そうなんです。君が代は変な歌なんです。
明治時代に天皇に奉げられた君が代は、始めは国民には全く不人気で、見向きもされませんでした。
ところが、文部省が学校教育に取り入れ、子供達の心に植え付けると、天皇万歳狂が増え出して、
400万の日本人が天皇万歳で犬死にする奇妙なことが起こりました。
小渕内閣の時に強行採決で君が代が国歌に決められてから、文部省は再び君が代教育を始めました。
またまた奇妙なことが起きなければ良いですが・・・


899 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 10:26:21 ID:9/hNz77U

君が代は、明治時代に天皇に奉げる歌として作られたもの。

君が代の

"君"は君主たる天皇を指す。

"代"は天皇が支配する体制を指す。

それが何千年も続けと言う歌。

正に天皇万歳の歌なのである。


900 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 10:51:21 ID:aVq0vqM3
>>898
>>899
の言うように、君が代自体の反対論者(君が代を国家が強制して歌わすことに反対している人たちとは、ちょっと違う)の、
意見や書物を読むと、君が代があたかも明治時代に作られ、天皇に献上されたと主張しているものが、非常に多いよね。

しかし、それはやはりそれ以前の書物に沢山で来る、君が代を完全に無視しているもので、チョット主張としてはしんどいと思うんです。

そもそも、「国歌」として採用される前から、君が代として庶民に歌われていたことは事実ですし、
そのときの「君」は当然、特定の誰かを指していなかったのも事実だと思うんです。

また、>>898のいう「始めは国民には全く不人気」だったと言うのは、多分最初に作曲したジョン=ウィリアム・フェントンの君が代じゃないかな?
これは、全くもって不人気だった見たい。
又、それまでの戦は、兵士の行列という感じだったものが、行軍・行進となって行ったため、君が代では行進できないと言う不満は、海軍を中心に有ったみたいで、
日本の行軍歌ではダサくて行進なんかできるか!と海軍では大戦中もよく海外の行進歌を使っています。


まぁ、全体的に言うと、賛成論者はまず賛成有りきで、反対論者はまず反対有りきで、自分の理論に有った情報だけを引き出していると
思うのは私だけでしょうか?
両方の沢山の意見や、本を読めば読むほど、そう思うのですよ・・

901 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 11:20:11 ID:WZTdBzGF
>>900 >「国歌」として採用される前から、君が代として庶民に歌われていた

国歌に採用された時って、小渕内閣の時を指しているのかね?
天皇に捧げられた君が代は、明治時代から学校教育で子供の心に植え付けられていたからな。
しかし、庶民に歌われていたと言うのは間違いだよ。自発的に歌う者など殆ど居なかったさ。
終戦までは、学校教育や国家的行事の時に強制的に歌わされていたが、戦後は殆どそう言うことはなかった。
オリンピックなどで金メダルを取った時やNHKの放送が終わる時くらいだな。
だから、キミの見解は間違っている。

>そのときの「君」は当然、特定の誰かを指していなかった

明治時代に昔の歌集から取った歌詞に楽曲を付けて天皇に献上した段階で、君が代の"君"は君主たる天皇を
指す事となったのだよ。
だから、今、学校で子供達が無理やり歌わされている君が代の"君"も君主たる天皇のことを指している。

民主国家の学校教育において、君主たる天皇を崇め奉る歌を強制的に歌わせることの異常さに気付かない者は、既に異常だな。


902 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 11:26:56 ID:Cx3xC4sT
何にこだわってるんだ。馬鹿か。
嫌いなことはしなくてよい と言う思考でしか物を考えない中学生が、
ろくに成長することなく年齢だけ大人になったって感じだな

903 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 11:39:45 ID:aVq0vqM3
>>900
まず最初に、「国歌に採用された時って、小渕内閣の時を指しているのかね?」
これは違います。私の手元に有る書物では、明治政府が天皇に「君が代」を国歌とすることになりました。
と報告する前から、庶民の結婚式や盆踊り・船頭歌として、すでに色々な書物で君が代が歌われている事が載っています。
この辺は、いつから「我が君」が「君が代」と歌われるようになったのかは、はっきりとは分かりませんが、
鎌倉時代には、すでに君が代になっています。
何度も繰り返すようで申し訳ないですが、我が君と言う言い方は、当時女の人が男の人を指して使う言葉なので、
男の人が歌う場合に「君が代」と使っている間に、君が代が定着したのじゃないかな〜と想像しています。

>>「明治時代に昔の歌集から取った歌詞に楽曲を付けて天皇に献上した段階で、君が代の"君"は君主たる天皇を
指す事となったのだよ。」
と明治政府が、国民や兵士に刷り込んで行ったと、私は思っています。

明治政府になってから、近代国家日本になってすぐに、外国と近代戦争になってしまった。
「相手の国の国歌は、勇ましい軍歌で出来ているが、わが国の国歌は・・・これじゃダメだ!
この歌は、天皇にささげた国民の意思だ」と刷り込んで言ったのだと私は思っています。

904 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 11:47:15 ID:qHdXOfXB
>>902
坊や、間違っていることと嫌いなこととを混同しちゃ駄目だよw

天皇万歳のキチガイ歌君が代を子供の心に植え付けることは間違っているのだよ。
分かったかね。


905 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 11:58:10 ID:upVxJVbn
道理的には間違っている事でも法律で決まってしまったからには従わねばならず。
法に従ったうえで別の機会に反対運動なり何なりをやって改正を求めるのが筋と。

906 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 12:13:14 ID:LrRpN3+C
>>903
あなたの見た本が何処の右翼爺が書いたものか知らないが、
その人がどんな見解を持っていようが、江戸以前に君が代は一般的なものではなかった。
そもそも、君が代は家臣が、仕える主君に捧げる歌として詠んだもの。
詠み人知らずだが、超ゴマ擂り、ヨイショだったらしく、結局主君にも嫌われ、消え去ったわけw
丁度、戦中に国民がそうであったように・・・

907 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 12:29:43 ID:aVq0vqM3
>>906
いや、わたしゃ賛成・反対両方の意見や書物を、中立に読んでるつもりです。

まぁ、それはさて置き、「君が代は家臣が、仕える主君に捧げる歌として詠んだもの」
という主張も、ちょっとしんどいと思うんです。

そもそも、最初は「我が君は千代に八千代に」というふうに、女性が男性に対して読んだ歌です。
家臣がささげる歌としては、チョット稚拙です。

この歌を読んだ人が、「小さな石が集まって大きな石になる」と考えていたようで、
稚拙であると考え、子供が読んだ句ではないかというところから、
孫娘が爺さんの長寿を願って歌った歌という説が有力でしたが、
後にさざれ石(小さな石が集まって大きな岩になっている岩)が実際にあった事から、
ラブレター説が浮上しています。

まぁ、どちらにしても、明治維新前から「君が代」と歌われていて、
天皇の為にわざわざ「我が君」を「君が代」と変更したわけではなく、繰り返しになって申し訳ないが、
色々な本の中で、平安時代から鎌倉時代にかけて、舟歌や盆踊りや祝いの歌として
民衆の間で広く歌われていたが、祭りなどや所謂仕事歌として、男の人に歌われるとき、
「我が君」と言う言葉が、女言葉(男が歌うとおねー言葉や、オカマ言葉)になるので、
自然発生的に男性が歌うときには、我が君の部分をいつの間にか、君が代に変えて歌うようになった。

この時には、「君が代」は「我が君」の男性用代用言葉なので、意味としては我が君と同じ意味だとすると、
この時の「君」は特定の誰かを指しているものではなく、当然天皇を指しているものではない。
と言うことになるのではないですか?



908 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 12:34:49 ID:Um9i2MOC
>>905
間違った法律には抵抗する権利があるんだよ、国民には。
それも民主主義だ。

そもそも、国旗国歌法は、小渕内閣の時にろくに議論もせずに強行採決したもの。
しかも、国会は、小選挙区制と言う民意が議席に反映しない非常に不公正な制度で選ばれたもので、
国会は、国民を代表していない。
だから、国旗国歌法なんて定める前に、民意が議席に公正に反映する制度に変えなくちゃな。
話はそれからだ。


909 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 13:04:55 ID:n9ofJzs8
>>907
屁理屈を捏ねる人だねw 右翼爺に洗脳されたの?

「我が君は」がなんで女から男へと言うことになってしまうの?
正に稚拙そのものだねw

女が男に送るラブレターで何千代も続けなんて言うか世ww

さざれ石は、古代中国の奇伝小説の「ある時、寺の庭に持って来た小石を置いておいたら、
一晩で巨岩になっていた」と言う部分のパクリなんだよw

と言うことで、ゴマ擂り家臣が主君に宛てたヨイショ歌なのだな。

何だかんだ言っても、903であんたも認めている様に、明治時代に天皇に献上された段階で、
君が代の"君"は天皇のことを指す事となったのだから、あの楽曲が付いた君が代は天皇万歳の歌なのだよ。
実際に歴史的にその様に使われて来たのだから、今更屁理屈を捏ねてもそれは変えられない。


910 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 13:04:59 ID:AUHJ7+46
もう分かったから、北朝鮮へ帰れ。

911 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 13:08:29 ID:Um9i2MOC
>>910
と、在日朝鮮右翼が申しておりますw


912 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 13:28:09 ID:aVq0vqM3
>>909
ここら辺は、大学の教授の書いた本屋、又君が代反対論者の書いた本の中にも、
「君が代擁護者が「我が君は」は女の人が男の人を指して、使う言葉だが云々」と
書かれていて、反対・賛成両者が認めるところとして認識しているけど違う?

ラブレター説に関しては、まだ少し研究中なので、詳しくは答えられないところも有るけど、
ラブレター説派の言うには、「私のあなたがいるこの世の中が、千代に八千代に続いて、云々・・・苔のむすまで貴方のそばにいたい」
と歌った歌だと主張していますが、そちら側への突っ込みは、私もしたいところではあります。

さざれ石は、実際に存在します。
岐阜県指定天然記念物として、存在しています。

歴史的に国民を富国強兵→国土拡大→戦争へ導くために、利用したことは、これは紛れもないことです。
ここを否定すると、大変なことになります。

続く

913 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 13:29:16 ID:aVq0vqM3
921の続き
歴史的に国民を富国強兵→国土拡大→戦争へ導くために、利用したことは、これは紛れもないことです。
ここを否定すると、大変なことになります。

ここからは、以前の発言のコピペになるので、もう読んでいただいていましたら、読まなくて結構です。

コピペ
しかし・・・残念なことに、戦乱濃い時代に国民の士気と兵士の士気を盛り上げるため、
本来の美しい意味が、捻じ曲げられ、日の丸・君が代を用い侵略戦争に突入して言った事実は変らない。
(先の大戦が侵略戦争だっのか、防衛戦争だったのかと言う理論をここで戦わせると、大混乱するので又次の機会に・・)

これは、歌本来の意味とは関係なく、君が代も・日の丸も血に染まっていることには違いない。
又、反対論者の意見は、君が代を国歌として認めないと言うよりは、国家が君が代を強制することに強烈な反感が
有るようなので、歌本来の意味などどうでも良いようなんですよ。

ただ、俺的には君が代・日の丸が、血に染まっていようが、
使い古された言葉で表現すると
日の丸をハート型にしてピンク色にすれば、その歴史がチャラに成るのか?

「近隣諸国の皆さ〜ん。日本は国旗と国歌を変えましたので、過去のの凄惨な歴史はチャラになりました〜」
と言ったら、余計怒るだろ?俺なら激怒します。

「ああ・・これがあの日本の旗か、美しいな〜」と言われるのか、
「ああ・・これがあの日本の旗か、醜いな〜」と言われるのかは、
これからの日本人一人ひとりの行動にかかっているもので、
日の丸・君が代を別のものに変えることではないと思うのですよ。

血に染まっているなら、日本人一人ひとりの行動で、洗い流すしかないと思うのですよ。

914 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 13:52:50 ID:A3e/ADeW

悪しき歴史のあるものは絶たなければならない。
国体が変わったら、国旗国歌も変える、これ、世界の常識。

天皇万歳のキチガイ歌君が代にしがみ付いている者は、ただの天皇狂信者としか思えない。


915 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 14:00:29 ID:aVq0vqM3
>>914
私の認識とは、ちょっと違うんですが、共産主義・社会主義国家はべつとして、
国体が変ったとき、国歌と国旗を変えた国を具体的に教えてください。
どれくらい有るのか知りたいもので

916 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 14:27:37 ID:uAY5EgAZ
>>914
>悪しき歴史のあるものは絶たなければならない。

何をもって「悪しき歴史」というのか、人それぞれだろう。
主観的な「悪しき」断定で、絶っていいものかね?

歴史は、善悪を越えてその国民が丸ごと背負っていくもので、
絶っていいものではないし、絶つことも出来ない。
日の丸・君が代も戦争に利用されたから変えるのではなく、
我々日本人の歴史の一部として背負っていかなければならないと思うが。


917 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 14:53:57 ID:hWnRJuux
>>912
キミもしつこいねw

>反対・賛成両者が認めるところとして認識しているけど違う?

違うよ。
キミはその右翼爺に洗脳されている。
我が君とは家臣が主君を指したもの。
元々の意味自体が恐らく天皇を指しているのだろうけど、何度も言っている様に、
元々の意味とは関係なく、明治時代に天皇に楽曲を付けて奉げた時点で
君が代の"君"は天皇を指す事となった。
どんな昔の歌を利用しようかそんなのは関係ない。
その時点で君が代の"君"は天皇のことを指す事となったのだよ。
トムからスージーへ愛をこめてと書いたペンダントを拾った別人が、
このスージーとはみんなのことなんだよと言っているのと同じ位節操が無い恥知らずな行為だな。

>「ああ・・これがあの日本の旗か、美しいな〜」と言われるのか、
「ああ・・これがあの日本の旗か、醜いな〜」と言われるのか

キミはものの上辺しか見ていない。

>日の丸・君が代を別のものに変えることではない

中身が変われば自ずと国旗国歌も変えなければならない。
特に、歌とか旗と言う感性に直接訴えるものは、中身を変えて行く上で変える事が必要なんだよ。
キミにはまだ理解するのは無理かもしれないが、そう言うことなんだよ。

特に、良くないものとして一度廃止されたものを選挙制度の歪みによるドサクサで復活して
教育の場で押し付けるのはただ上辺の問題ではなく、国民のものの考え方を変える上で実効性が伴っているからね。

ここまで言っても理解出来ないなら、もうこれ以上キミに何を言っても無駄だと思う。


918 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 14:56:00 ID:h3SLmxcU

名は体を表すという。
民主主義国家になったらそれにふさわしい国旗国歌を定めなければならない。
民主主義国家になった筈なのに、未だに天皇万歳のキチガイ歌を国歌にしていたら、
日本は何も反省していませんよ。何も変わっていませんよと外国に宣伝しているようなもの。
本当に過去を反省し清算したなら、そんな歌にしがみ付いている筈がないからね。


919 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 15:23:54 ID:hWnRJuux

君が代は、明治時代に天皇に奉げる歌として作られたもの。

君が代の

"君"は君主たる天皇を指す。

"代"は天皇が支配する体制を指す。

それが何千年も続けと言う歌。

正に天皇万歳の歌なのである。


920 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 15:47:16 ID:aVq0vqM3
>>917
「その主張する、家臣が君主を指して読んだ歌」と言うのは、私の手元に反対派・賛成派のどの本にも載っていないのですよ。
そういった書物があるなら、知識を増やすために是非読んでみたいので、教えてください。研究の糧にします。

まぁ、ご存知だとは思いますが、そもそもは平安時代に集められて、和歌集にした「古今和歌集」の中の「我が君は・・」からはじまる
爺さんの長寿を祝った歌で、平安時代以前のいつ頃に誰が誰に対して歌った歌か分からないものが基礎になっているのは、周知の事実です。
反対派・賛成派の書きものの中で(自費出版のものも含め)「我が君は」を女性が男性に対して使う言葉、というところを否定したものを見たことが無いので、
チョットびっくりしています。もう一度調べなおしてみます。

読み人知らずの物の中には、本当に分からないものから、詠んだ人の身分が怪しいものまであります。
ここでも、ラブレター派「不倫相手への恋文」で身分を明かせなかったと唱えていますが・・・

>>元々の意味とは関係なく、明治時代に天皇に楽曲を付けて奉げた時点で
君が代の"君"は天皇を指す事となった。
ここら辺は、十分理解できます。
そうしなければ、戦乱の世国民を鼓舞できないと判断したんでしょう。
「愛」の歌では戦えません。皆戦場から家族や恋人の下に逃げ帰ってきます。
賛成派の意見では、この「君」の部分を「国民」とするのではなく、
もともとの和歌の意味にしようとしています。
これも、ごまかしですね・・・・わたしゃそのままの意味で、日の丸君が代が
世界に愛されるものにしたいのですよ。逃げも隠れもしないで、過去の歴史もひっくるめて

続き

921 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 15:47:59 ID:aVq0vqM3
920の続き

まぁ、それはさて置き、
>>中身が変われば自ずと国旗国歌も変えなければならない。
いく着く所、ここなんですよね。歌の中身というよりは、ここなんですよ。
で、私は想像したんです。日の丸と君が代を別のものに変更した場合。

多分隣国は、猛反発してきますよ。
「日本は旗印を変えて、過去の歴史に蓋を閉め、あたかも俺達のせいではない!と言わんばかりだ」
とか総すかんかまされると思うのです。
これは、台湾人の人と中国人の人に聞きましたが、総じて同意見でした。

それを考えると、結局旗や国歌を変えても、日本の旗と国歌である限り、
侵略の旗印であることには違いないですし、他国のまねをする必要はありませんが、
敗戦国を含め共産主義・社会主義国家はべつとして、
国体が変ったとき、国歌と国旗を変えた国はどれくらい有るんでしょう?


922 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 16:11:20 ID:AQ3Si8JZ
>>916
民主主義国家に於いては、自由と民主主義を最善のものとし、それに反するものは悪とする。
戦前においては、国民は臣民と言われ、天皇の下僕同然の扱いで、その命は家畜同然に扱われていた。
自由もろくに無く、一般の者が勝手な発言をすれば命の補償は無かった。
女は夫に暴力を振るわれようと何をされようと文句一つ言えなっかった。
正に生殺与奪の権限が家長には与えられていた。
男の子が生まれれば妻には相続権も無かったんだよ。
選挙権も無し。
兄だ弟だ、男だ女だと言うことで生まれた時から差別され、家柄でも差別があった。
それは総て、天皇を頂点とするピラミッド社会を維持して行く上で、末端から上下階級を徹底する必要があったからだ。
そう言う環境の中から侵略戦争が生まれた。
千数百万人のアジア人を殺し、400万人の日本人を犬死させた。
それを悪しき歴史だと思わない奴は、この民主国家日本に暮らして行く資格は無い。
北朝鮮に帰れよ。


923 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 16:24:22 ID:tT+cYNLz
天皇真理教のテーマソングが国歌ってのは、どう見てもおかしい医院じゃ〜内科?

924 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 16:42:27 ID:vfuuwhG/
その民主主義国家において国旗国歌法が制定されたのに何をいってんだろ?
いってる事が支離滅裂。

925 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/18(金) 16:56:50 ID:jl/fLVNE
>>922
>戦前においては・・・・・

中学程度でかまわねーから・・・ちゃんと歴史を学んで出直してこい!


926 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 16:59:34 ID:a4Y8iwxn
>>908
抵抗する時期場所方法を選べってことだ。根津ハム子の様に不起立だけして国旗国歌変更運動
(署名集め等)をしてない奴(ソースは50〜100レス前)が現状を変えられるとは思えん。


927 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/18(金) 17:00:39 ID:jl/fLVNE
忙しすぎてレスできない・・・・・OTL

>>803
>静かに座っているだけなら俺は許容範囲。
>生徒に対して座るように誘導したりするのは完全にアウト。

同好の士が現れて、ウレピ〜(^^

>実際そういう事例があるわけでしょ?

最悪なのは、国立第二小の例。
旗日に国旗を掲揚しようとした校長に対し、
教員は小学生を動員して泣き叫ばせるなどの愚行に及び、
掲揚を実力阻止させたというのだから、非常識も甚だしい。

小中学校の国旗掲揚と国歌斉唱を決定的にさせる事件だったわけだし、
これが現在の判決の方向に、
儀礼の否定は許すまじという含みをもたらしただろうことは、疑う余地がない。
(少なくとも、思想信条の自由と儀式とを分離させることが徹底した。)

ただ、特に高校方面を審判する下級審では、
処分までは違法とする判決が出ているのも事実で、
儀礼には原則従えよ(小中学校では強制)、
しかし処分までしちゃうのは問題(高校以上ではご随意に)、ってのが、
中立を失わない裁判所が提示してきている、そのトータルな所なのでは?って感じ。


928 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 17:09:09 ID:uwy0dNTa
若干1名、女から男に送ったものだとか爺に送ったものだとかラブレターだとか君は国民を指すとか言って
君が代の意味を勝手に歪めて解釈して国民を騙して、何とか天皇万歳のキチガイ歌を受け入れさせようとしている者が居るが
頭がおかしい右翼爺に洗脳された右翼小僧だろうが無駄な努力だな。
どんなに違訳しようが本当の意味は厳然としてあるのだ。

本当の意味は、日本政府も認めている通り、君が代の君は天皇を指し、代は天皇の治世を意味する。
それが何千年も続けと言う意味。
正に、天皇万歳のキチガイ歌に他ならない。
400万人の日本人を犬死させた天皇を称えるこの歌は、民主国家日本の国歌として相応しくない。


929 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 17:17:58 ID:a4Y8iwxn
>>928
そいつは明治に入る前の解釈を話してるだけだろ。

930 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 17:28:33 ID:Cx3xC4sT
大体ね、「キチガイ歌」なんつう感情とイデオロギーがむき出しのことを言う人間が、
「間違ってる」とか「悪だ」とかわめいてもねえ。
単なる決め付けでしかないんだよねえ

931 :朝までななしさん:2008/01/18(金) 17:35:48 ID:aVq0vqM3
>>928
あっ僕のこと!?
いやいやいやいや、俺は右翼でも左翼でもないから、まず最初に
それと、俺は「君」を「国民」と取れとはいっていないから、マジ誤解の無いようにお願いします。
400万人に殺した歴史もひっくるめて、行きたい訳ですよ。
ヨーロッパでは、大戦中1000万人以上が死んでいます。
それでいて、敗戦国・戦勝国を含め、国旗・国歌を変えた国が、
共産主義・社会主義国家はべつとして、 どれくらい有るんでしょう?
↑マジ知らないから、知っている人教えてください。


反対派・賛成派の意見を両方伝えたうえで、各自が「歌いたいか歌いたくないか」自分で判断するものだと思うのです。
そういう意味では、反対派の「歌わせる」と言うのに反対に賛同です。
両方の意見を伝えずに、「歌わせない」と言うのも反対です。

しかし、国歌とは歴史を歌ったもので、その国の歩んできた歴史を歌ったものだと思うんです。
そのため、外敵に対する抗争などの歴史を持つ国の歌詞には、「剣を帯びて立ち上がる」「圧政の血に染む旗」「武器を取れ」「隊伍を組め」や「進め、起て、死、爆弾、奴隷」といった戦闘的な言葉が多く見られます。
それに、自国の自然風土を賛美する穏やかな表現を主とする国歌の中にも「死、剣、守る、勝利」などの歌詞がちりばめていることが有ります。
諸外国では、学校で世界平和を教えておきながら、国歌には上のような子供には歌わせたくない、矛盾した国歌が存在する・・というかそんな国の方が圧倒的に多いです。

まぁ、それを含めて国歌・国旗を変えてしまうのは、前途で述べたように、違うと思うんです。



932 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 17:38:42 ID:b5xtoevx
先の戦争では、数百万人の日本人が、日の丸にしがみ付きながら、
天皇万歳と叫びながら犬死させられました。

死ぬ必要もなかった人達です。
あの戦争に負けるまで、国民は皆、臣民と呼ばれ、命の価値など殆ど考慮されていませんでした。
日露戦争では、203高地奪取の時、鉄条網でバリケートがしてある一帯で、1箇所だけが開けられていました。
その向こうには、ロシア軍の重機関銃が備えてありました。
乃木大将は、日本兵を何日も何日もただその1箇所に日の丸を持って突撃させて、文字通り死体の山を作っていました。
戦況が進展しないのに不審に思った参謀が本部から見に来て驚き、直ちに大砲でその銃座を潰させて
歩兵に進軍させやっと203高地が取れました。
その乃木大将は、日本に帰ってきてから、処罰されるどころか、英雄視され「乃木大将は偉い人」
なんて歌まで出来たくらいです。
あの戦争に負けるまで、日本はそんな国だったんです。
勿論、明治以前も。
日の丸は、天皇と一緒に、その象徴になって来たんです。


933 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/18(金) 18:04:38 ID:jl/fLVNE
>>932
岩波親書の乃木希典でも読んでから出直しな!

日露戦の日本人命の被害は甚だしかったので、
連日投石の嵐に遭っていたのが乃木の家だった。

ちなみに戦争に勝った軍人を処罰する国家は、原則どこにもないので、そのつもりで。


934 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 18:12:36 ID:a4Y8iwxn
>>927
良く分からんな。子供への強制と教師への強制をごっちゃにしてないか?

935 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 18:15:57 ID:ZeM6frjB
 神奈川県教育委員会が国歌斉唱時に起立しなかった教職員の氏名を収集していた
問題で、県個人情報保護審議会(会長・兼子仁東京都立大名誉教授)は17日、氏名
収集を「不適当」とする答申を出すことを決めた。県教委は「これまで通り学習指導要領
などにのっとって(起立を)粘り強く指導していく」と収集を続ける方向で検討している。

 答申は、氏名収集が「憲法上の人権に深くかかわる」とする一方で「職権行使は県教委
に委ねられている」とも明記された。引地孝一県教育長は「正式に答申を受けてから慎重
に対応する」としながらも、収集を続ける考えを示している。教職員側からは差し止め請求
訴訟の動きもある。

 この問題では、県の審査会が昨年10月、氏名を県個人情報保護条例が収集を禁じた
「思想・信条の個人情報」と認定した。県教委は「正当な事務のために必要」として条例の
運用を扱う審議会に諮問していた。審議会答申に法的拘束力はない。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080118k0000m040119000c.html


936 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 18:40:02 ID:e6jwMCq5
>>933
乃木はその石を貯めて砂利屋でも始めたか?w
戦死者の家族で2〜3名悔しがってたのがいただろうが、そんなの全体から見れば関係無い。

軍内部ではこいつは無能だと言うことで左遷されたが、一般からは祭り上げられていた。


937 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/18(金) 18:46:59 ID:jl/fLVNE
>>934
あ、な〜る!(言わんとすることは理解

全部、教員への強制についてだったんだが。・・・・・OTL

ひっくるめて国旗国歌教育の必要は、学童どまりじゃないのか!?

938 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 19:19:20 ID:lQ0WvJ+G
 「軍国主義」「絶対君主主義」「一宗教至上主義」を示す「国歌」は、危険だと思いませんか?

アメリカ:「星条旗」(The Star-Spangled Banner) 
 1814年米英戦争のさなか、ボルチモア(メリーランド州)のマクヘンリー砦でフランシス・スコット・キーによって作曲。
 ┃砲弾が赤く光を放ち宙で炸裂する中 耐え抜き われらの旗(国旗)は夜通しひるがえっていた
 ┃恐れおののき息をひそめる敵の軍勢が
 ┃戦争による破壊と混乱を 自慢げに断言したやつらはどこへ
 ┃かれらの邪悪な足跡は かれら自らの血で贖(あがな)われたのだ
 ┃愛する者を戦争の荒廃から たえず守りつづける国民であれ

イギリス:「神よ 国王陛下/女王陛下 を守りたまえ」(God Save the King/Queen )
 ┃おお神よ 私たちの慈悲深き、国王/女王 陛下を守りたまえ
 ┃私たちの気高き王/女王 陛下よ永遠であれ
 ┃汝と君の敵を消散せしめたまへ 打ち砕きたまえ
 ┃反逆せしスコットランド人を破らしめむ 神よ私たちの国王/女王 を守りたまえ

イスラエル:「Hatikvah or Hatikva (希望)」
 1897年の第1回シオニズム会議(バーゼル会議)でシオニズムの賛美歌とされた。
 ┃ユダヤ教徒の魂が切望するは
 ┃眼差し向かう東の地 シオン
 ┃二千年の我等の望み今だ失われず

イタリア:「イタリアの同胞(兄弟)よ」 別名「マメーリの讃歌」(L'inno di Mameli)
 1847年イタリア統一運動(リソルジメント)の義勇兵ゴッフレード・マメーリ(Goffredo Mameli/1827-1849)が作詞。
 マメーリは首都防衛戦で重傷を負い、若くして帰らぬ人となった。
 ┃シピオの兜(かぶと)を頭に戴き 勝利は何処にあらん
 ┃さあ隊列を組め、我等は死をも恐れない イタリアが呼んでいる、そうだ!

939 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 19:19:57 ID:lQ0WvJ+G
オランダ:「ウィルヘルムス」(Wilhelmus)
 ┃永遠に祖国に忠誠を誓おう オラニエ公 我はなにものにも臆せず自由なり
 ┃スペイン国王には忠誠を誓い続けてきた
 ┃汝の導きに従い、敬虔な信者として 永遠に汝のしもべとなろう

カナダ:「オー・カナダ」(O Canada)
 ┃汝の子すべてに流れる真の愛国心
 ┃神よ われらの大地を 栄光と自由で満たし続けんことを願う

韓国:「愛国歌」
 ┃神の護り給う我が国、万歳(マンセー)
 ┃三千里(3000朝鮮里、朝鮮半島の北から南までの長さ、即ち「北朝鮮も俺のもの」)、
 ┃華麗な山河、大いなる韓人(=韓国人)よ、大韓を永久に保全せよ
 ┃この気性とこの心で忠誠を尽くし、辛くとも、楽しくとも、国を愛さん

北朝鮮:「愛国歌(朝は輝け)」作曲は金元均、作詞は朴世泳。
 国歌自体に朝鮮労働党や人民軍、金日成、金正日両名などを賛美、崇拝する文言は含まれておらず、
 金親子を賛美、崇拝する歌である「金日成将軍の歌」や「金正日将軍の歌」などが国歌同然に歌われている。
 ┃身と心すべて捧げてこの朝鮮に 永久に奉じます

サウジアラビア:「Al Salam Al Malaki (The Royal Salut)」
 ┃(アラーの)神は偉大なり
 ┃おお祖国よ 常に生き続けよ イスラム教徒に栄光あれ

中国:「義勇軍進行曲」
 1935年に作られた抗(反)日映画「風雲児女」の主題歌であり、1949年に暫定的な国歌として制定され、1978年に歌詞が変更されて正式な国歌となった。
 ┃我らが血肉で築こう新たな長城を! 敵の砲火をついて進め! 進め!進め!進め!
(1978年から1982年迄の詞)
 ┃偉大な共産党は我々を指導して長征を継続する。全ての人々が心を一つにして共産主義の明日に向かい、
 ┃祖国の建設と祖国の防衛のために英雄的な闘争を行おう。毛沢東の旗を高く掲げて進め! 進め!進め!進め!
 

940 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 19:21:05 ID:lQ0WvJ+G
ドイツ:「ドイツの歌」(Deutschland lied)又は「ドイツ人の歌」(Das lied der Deutschen)
 ┃ドイツよ、ドイツよ、この世のすべての物の上にあれ ドイツの女性よ、ドイツの忠誠よ、ドイツのワインよ、ドイツの歌よ
 ┃統一と正義と自由を 父なる祖国ドイツの為に

トルコ:「独立行進曲」(Independence March)1921年トルコ革命の「独立戦争」中にアンカラの大国民議会政府で国歌に採択。
 ┃顔を歪めるな! 汝のために犠牲となろう 何という怒りか 何という激情か
 ┃さもなくば 汝の為に流れた血は 何の価値もなくなろう 自由は 神を慕う我が民族の権利

南アフリカ共和国:「南アフリカの叫び(Die Stem van Suid-Afrika)」
 ┃結束の呼び声が響き渡り いざ共に立ち上がらん 自由のために生き戦わん

フランス:「ラ・マルセイエーズ」(La Marseillaise)  オーストリアへの宣戦布告の知らせがストラスブールに
 届いた1792年4月25日から翌26日の夜にかけて、工兵大尉ルージェ・ド・リールが作詞作曲したものとされる。
 ┃暴君の血染めの旗が翻る 戦場に響き渡る獰猛な兵等の怒号 我らが妻子らの命を奪わんと迫り来たれり
 ┃武器を取るのだ、我が市民よ! 隊列を整えよ! 進め!進め! 敵の不浄なる血で耕地を染めあげよ!
 ┃国民すべてがお前達を迎え撃つ兵士なり たとえ我等の若き戦士が倒れようとも 大地が再び戦士等を生み出すだろう 戦いの準備は整った
 ┃復仇を導き支えるのは神聖なる愛国心なり 自由よ、愛しき自由よ 汝を守る者と共にいざ戦わん 御旗の下、勝利は我々の手に
 ┃敵は苦しみの中、我々の勝利と栄光を 目の当たりにするだろう

ロシア:「ロシア連邦国歌」
 ┃ロシア 最愛の祖国  強大な意思の力 偉大なる栄光 常しえに誉れ高くあらん
 ┃世界で唯一無二の存在 神が護りし祖国(ロシア)よ! 母なる(ロシアの)大地への忠誠がわれらに力を与える

日本:「君が代」
 905(延喜5)年に編纂された「古今和歌集 巻7 賀の巻」より。元の歌詞の「我君」は、女性が男性を呼ぶ時の言い方。
 ┃さざれ石の巌となりて
 ┃苔のむすまで


「軍国主義」「絶対君主主義」「特定宗教主義」の国歌は、危険だと思いませんか?

941 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 19:27:23 ID:a4Y8iwxn
>>937
子供へは教育の必要性も考えて高校以上にも日の丸君が代尊重することを教えるべき。その為に
教師は尊重するとこを見せなきゃいけないから教師へは強制も仕方ない。

942 :朝まで名無しさん:2008/01/18(金) 19:53:28 ID:IFa1qkbj
なんか官僚の答弁みたいだね

943 :成仏出来んぞ:2008/01/19(土) 00:25:30 ID:SzT5Jx9u

戦時中、島嶼では玉砕と称して日本兵はお互いに足を引っ張り合いながら団子になって死んでいった訳だが、
生き残った人が「彼らの死を無意味だったとは遺族には言えない」と言っていた。
どうすれば彼らの死を無駄にさせないことが出来るか、思い悩んでいる様でもあった。

日本では、未だに戦争の張本人、責任者である天皇の戦争責任が問われていない。
これを明らかとし、二度とこの様なことが起きない様に天皇制を廃棄する事こそが、彼らの死に報いることではないだろうか。
そうして初めて、戦争で死んでいった数百万の日本人の死が無駄ではなくなるのである。


944 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 02:47:24 ID:piwjQfLI
なんか、いきなり伸びてるな・・・。

キチガイの相手をしている時は、他人も迂闊に入り込めなかったろうが・・・。

まぁ、みんなでゆっくり議論するよろし・・・。

945 :朝までななしさん:2008/01/19(土) 05:15:51 ID:EvxW0gxk
>>917
大事な部分での反論を忘れてました。
>>「元々の意味とは関係なく、明治時代に天皇に楽曲を付けて奉げた時点で
君が代の"君"は天皇を指す事となった。」

ここは、私の中では重要度Bランクにあいたします。

ここ1年ほどで、色々な本やそれを確認するために、文献などを読み漁って主張している、
「君が代(我が君)」の「本来の歌詞の意味」が捻じ曲がって解釈したものではなく、
曲をつけて献上した時点で、本来の歌の意味が捻じ曲がっちゃったと言うものなんですよ。

ちっょとした違いですが、だいぶ意味が変ってくると思うのです。


946 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 10:07:28 ID:BJHalABD
若干1名、女から男に送ったものだとか爺に送ったものだとかラブレターだとか君は国民を指すとか言って
君が代の意味を勝手に歪めて解釈して国民を騙して、何とか天皇万歳のキチガイ歌を受け入れさせようとしている者が居るが
頭がおかしい右翼爺に洗脳された右翼小僧だろうが無駄な努力だな。
どんなに違訳しようが本当の意味は厳然としてあるのだ。

本当の意味は、日本政府も認めている通り、君が代の君は天皇を指し、代は天皇の治世を意味する。
それが何千年も続けと言う意味。
正に、天皇万歳のキチガイ歌に他ならない。
400万人の日本人を犬死させた天皇を称えるこの歌は、民主国家日本の国歌として相応しくない。

947 :朝までななしさん:2008/01/19(土) 10:45:44 ID:EvxW0gxk
>>946
ああ・・また僕の事?
議論にならない人には、反論すべきではないのだろうけど、
繰り返しで申し訳ないが、君は国民を指すとか言ってないから。
そもそも、我が君・君が代しいう一人称を指すものを、複数を指す「国民」と置き換えるには
チット無理があるしね。

また、>>「日本政府も認めている通り」
認めてません。私の知る限り
「君が代」は特定の誰かを君主として崇めている歌ではない、
というのが政府や東京都教育委員会の正式見解。
その後変わったの?変る分けないか・・変ったら大変なことになるもんね

というか、政府の見解なんて。どうでもいいけどね・・

948 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 10:51:12 ID:MhKnRE0r
さざれ石が実在したなどとびっくりして最近仕入れた浅薄な知識を晒してた右翼坊主がいるが
そんなもんは君が代の歌詞を見て、後付けで作った物だw

日本全土に堆積岩はある。
砂岩、レキ岩など何処にもゴロゴロしている。
しかし、最初にこの歌が詠まれた頃には、堆積岩とか言う地学の知識があった訳ではないので、
さざれ石が巌となりては、中国の奇伝小説の「ある時、小石を寺の庭において置いたら一晩で巨岩になっていた」と言う部分のパクリだろう。
この歌を詠んだ人は、大変なゴマ擂り、ヨイショ男だったらしいから、パクリでも何でもしたんだろうw

和歌が読まれ始めたのは、もう朝廷が出来てからの習慣だから、この主君は多分、天皇のことだろう。
一般の人に対して、千代も八千代も続きますようになんて言ったら、逆に引けるからなw
つまり、この"君"は、あなたとか言う意味ではなくて王に対して使ったことは明らか。


949 :君が代の意味:2008/01/19(土) 11:27:49 ID:pTk/YbQQ

君が代は、明治時代に近代国家になる為には国歌くらいあっても良いんじゃないのと言う外国人のアドバイスに従って
昔の歌集に載っていた歌に楽曲を付けて明治天皇に奉げられたもの。

君が代は千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで

"君"は君主たる天皇を指す "代"は1代目2代目の代で天皇の治世を意味する
さざれ石は小石のこと 巌は大きな岩

君主たる天皇の治世が1000代も8000代も小石が岩の塊になってそれに苔が生えるまで続け と言う意味。
つまり、天皇万歳の歌なのである。


950 :朝までななしさん:2008/01/19(土) 11:53:57 ID:EvxW0gxk
>>948
あっ僕の事?最初に言っておきますが、右翼でも左翼でもないから、よろしく
>>「中国の奇伝小説の「ある時、小石を寺の庭において置いたら一晩で巨岩になっていた」と言う部分のパクリだろう。
ここ細部違うから、訂正しておきますね。
そもそも、「さざれ石の巌となりて」というのは、長い時間を表している箇所ですので、
一晩で大きくなったら、「短い時間」を表す事になりますよね。

「酉陽雑爼」(ゆうようざっそ)という中国の伝奇小説集に水中から拾ってきた石を仏殿に長年置いたら大きな岩になったという伝説から
拾ったと言う説ですね。
私の記憶では、西暦840年頃のものだった思います(年代薄ら覚えなので)
我が君からはじまる和歌が、遅くて900年ごろなので、この説も年代的には問題ないですね

では、酉陽雑爼からとったものだとします。
で、「我が君は」の和歌を、酉陽雑爼から引用したものと先入観をもって訳すと
「あなたのお年は干代、八千代にまで続いていただきたい。一握りの小石が少しずつ大きくなり、
大きな岩になり、それに苔が生えるまで」
となるわけですよ。

この時のあなたは、特定の誰かをさしたものではないと思うんです。

反対論者の先入観で行くと、絶対「天皇」でなければ成らない。
擁護論者の先入観で行くと、「特定の誰か」を指していてはいけない。

どちらでもない立場から、調べ始めた私にとって、確実に「天皇」を指していた。
と言う証拠がない限り、
「指していた」に同意0%
「指していたかもしれない」に同意40%
「元々の意味には特定の誰かを指していなかった」に同意60%
と言う感じてすね〜

さざれ石に関しては、確かに眉唾なところも有りますが、
栃木県の物は長い年月と偶然が重なり合って出来た、奇跡の岩らしいですよ。

951 :朝までななしさん:2008/01/19(土) 12:43:21 ID:EvxW0gxk
950の続き

では、100歩譲りまして、我が君も君が代も、特定の誰かすなわち「天皇」さして歌ったものだとします。
(あくまでも、この和歌が出来たとき)

君が代よりも、我が君の方がAの人がBの人にと言う風に、1対1の感じがより鮮明になっているのですが、
これが恐れ多くも、「天皇」を指して賛美しているにも関わらず、
「読み人知らず」と言うのは、おかしいと思うんですよ。いや素朴にね

天皇を歌の題材にしておきながら、
誰が読んだか知りません。どの天皇に対して歌ったかも知りません。
ておかしくないですか?

952 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 13:10:19 ID:xnwMTfrV
バカバカしいから全然読んでないけど、なんか屁理屈捏ねてる天皇厨がいるみたいだなw


953 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 13:59:26 ID:piwjQfLI
まぁ、今の日本社会にいろいろ不満はあるが、

天皇制をなくしたら、自分の暮らしがよくなるか、とでも思っているのでしょう。

954 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 15:31:16 ID:xnwMTfrV
天皇厨って、君が代の存続に必死なんだなぁ・・・

天皇万歳の君が代は天皇制存続の第一砦だからなw


955 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 15:56:17 ID:e6txlK1w

間も無く天皇制は廃棄されるのに、

天皇万歳のキチガイ歌、後生大事に取っておいても意味ないだろw


956 :朝までななしさん:2008/01/19(土) 16:24:53 ID:EvxW0gxk
あれ?俺に対してのことかな?

いや、わたしゃ天皇がどうなろうが知った事ではないので、自由にしてください。
天皇に何かしてもらった覚えも、された覚えも無いので、ご自由にしてください。
というか、天皇に興味がありません。あえて言うなら、祝日が増えてうれしいくらいです。

957 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 16:55:01 ID:diwK98BP
それって企業の休暇制度がうまく機能していないということでは?<祝日が増えて嬉しい


958 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 17:05:59 ID:D7Jsq8Yq

戦時中、軍隊は皇軍と呼ばれ、その命令は天皇の命令とされた。
沖縄では、日本軍の強い指導と教唆の下、集団自決が行われたが、
天皇が居なければあれ程酷いことにはならなかっただろ。

二度とあの様なことを引き起こさない為にも民主主義の敵天皇制は我々の時代に廃棄しましょう。


959 :朝までななしさん:2008/01/19(土) 17:09:48 ID:EvxW0gxk
おれ?

いや・・天皇制が無くなれば、天皇誕生日がなくなりますよね?
下手したら、みどりの日もなくなりますよね?

会ったことも、話したことも無い天皇が、どこでどうなろうが、
私の生活には関係ありませんが、祝日が減るのはチョット嫌ですね・・
それくらいかな・・・年間休日は減らないのかな・・という心配くらいです

960 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 17:48:54 ID:2wggmAXM
心配するな。天皇制が廃棄されたら、共和国記念日が出来るw

961 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 17:52:27 ID:3AKGvahy
>>958
それ沖縄だけの問題じゃないよな。
もし、原爆が投下されなかったら、天皇は自分の身が危なくないから、戦争を止めなかっただろう。
そしたら、日本全土で沖縄の様な事が起こった。
実際、7000万竹やり玉砕1歩手前まで行っていたのだからな。

今の若い者は知らないかもしれないが、終戦後暫くの間は、日本各地の山や丘の側面に防空壕が掘ってあった。
高さ1m数十センチの横穴だ。
米軍が攻めて来たらみんなその中に逃げ込む。
そして火炎放射器で焼き殺されたり、海沿いの地域では沖縄の様に崖から飛び下りたり、
それが出来ない人達は、庭に家族で肩を組みながら輪になって座り、その中心に日本軍が配った手榴弾を家長が放り込んで集団自決だ。
日本各地で何千万人も死んだだろう。
天皇はその後のうのうと降伏して、それでも処罰もされずに生き残った可能性が高い。


962 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 18:01:48 ID:piwjQfLI
>>961 その文章だと米軍にしか怒りは覚えないが・・・。

あ、あと手榴弾配ったのは防衛隊ね。

963 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 18:13:05 ID:CJ/Khffn
教師の身でありながら、自分の保身の為のみから、
反民主的天皇万歳のキチガイ歌君が代を子供の心に植え付ける工作に加担する者は、
教師に非ず。
ただのお太鼓持ちだ。
教師としての職責を忘れ、己の利益しか考えられない教育者の風上にも置けないクズだ。

それに比べ、己の不利益を承知で日本の民主主義の発展と子供達の正しい成長を願い、
日の丸君が代の強制に反対している教師達は、正に教育者の鑑である。

964 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 18:34:19 ID:M6uYUYr3

君が代日の丸に反対している立派な教師達をPTAは応援しています。


965 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 19:49:53 ID:IMmsX4gi
天皇制や日の丸、君が代に反対している人たちの文章は品がないとおもいます。また反対されている人の中にはクリスチャンや仏教徒もいて、何でかなと思いました。パレスチナ問題はクリスチャンやユダヤの横暴だし、葬式仏教はブッダと違う

966 :tooo ◆s/lQJB6p9w :2008/01/19(土) 20:14:02 ID:S3Bh8fQa
>>941
>高校以上にも日の丸君が代

『I am 日本人』という邦画を観たけど、
日本で教員を尊敬してる生徒は、24%なんだそうだ。
中国や韓国では80%以上というのに。

日本で親を尊敬してるのに至っては、たったの10%だそうだ。
今は親や先生が必死こいてる姿を子どもの近くで見せてる中国や韓国も、
いずれ日本のように親が「自由で」尊敬されない国へと向かうのかも知れないが、
国家や国旗がどうこうというそのずっ〜〜〜っと手前に、
敬愛感情を育てられない荒廃状況が日本には存在するってこと。

基本的に、こっちの方が問題とオイは考えてて、
18歳になる高校3年生の卒業式は、自主的な判断に任すべきだろ。

(まぁ、かつてそれがあったという中国も、
 北朝鮮のような、子どもが親を当局に密告するような、
 無惨な話には成らないだろ。
 しかし国旗なんて抽象物への畏敬を求められるようになったら、
 オイだって親とか告発しなきゃならないかもね。)w

967 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 21:33:46 ID:diwK98BP
尊敬しない子供を嘆くのか
尊敬されない親を嘆くのか

いずれにせよ
ヲタが偉そうにネット等で
公とか説くのは勘弁。

968 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 22:59:05 ID:TTBGaUYy
>>963
>>964
えー、保身のために君が代日の丸の反対しているんだろ。教師として無能であり無能を理由にくびになるのをさけるために
君が代日の丸の反対している。くびになったら君が代日の丸反対を理由に首になったと言いがかりをつけられるからね。

969 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 23:20:58 ID:diwK98BP
それは無理がありすぎつーか
ワーキングプアか働いてもいない人の公務員叩きに見える。

970 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 23:42:48 ID:G5n21pZo
警察庁は、扶桑社教科書採択阻止について、中核派が
(1)イラク問題
(2)「日の丸・君が代」問題
(3)東京都議選−の「三大闘争」と同等に重視したと分析。

「『つくる会の教科書採択に反対する杉並親の会』と共闘して、
市民運動を装いながら、杉並区役所の包囲行動、
同区教育委員会への抗議・申し入れ、傍聴等に取り組んだ」と記述した。


971 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 23:42:56 ID:piwjQfLI
いや、面白い見方だと思うよ。

>>969 ごくごく一部の人間を非難するのが「公務員叩き」に見えるのなら、
通院した方がいい。

972 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 23:43:54 ID:SDPc9VQh
またあぼーんかよ。誰だか知らんが三回以上スレと無関係な単語書くな。

973 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 23:44:11 ID:G5n21pZo
下品でヒステリックな反論を展開している君が代反対派は、
プロ市民=中核派の工作員でしょうか?


974 :朝まで名無しさん:2008/01/19(土) 23:47:34 ID:G5n21pZo
また、卒業式・入学式での国旗掲揚・国歌斉唱反対運動についても
「都立高校の周囲に活動家を動員して、ビラ配りに取り組んだ」(警察庁)、
「東京をはじめ大阪、広島などでビラを配布した」(公安調査庁)などとして、
中核派の関与を明らかにしている。

産経新聞
http://www.sankei.co.jp/news/051227/sha024.htm


975 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 00:22:34 ID:lNvjDtv6
>>968
>>765見るとね。同意せざるを得ない。内心の自由を守るためにサボってるのかサボるために
内心の自由を守らせたいのか知らんが。結果は同じ。仕事しろ

976 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 00:28:52 ID:oqFHvsAw
産経につくる会、ネットウヨが好きそうなものばかりだな。
そういえば、つくる会の運動していたネットウヨもよく中核派云々言っていたな
イラク戦争も賛成してたっけ?

977 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 04:06:54 ID:NA7EGeMO
次スレ
日の丸・君が代 総合スレ Part 9
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news2/1200769564/

978 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 06:45:06 ID:cEpPEJiO
へー

979 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 08:27:12 ID:f8jpul8w
続くのか?

980 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 09:10:33 ID:ChjHY2wE
続くんじゃない?

981 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 09:33:18 ID:AwnMa22w
腐敗警察や右翼って、都合が悪くなると直ぐ中核派とか革マル派を持ち出すけど
今の所謂過激派って、総て公安犯罪組織の下請け機関なんだよなw

腐敗警察はエセ過激派を使って大衆操作していることはもう大分前から指摘されている。


982 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 09:44:09 ID:uBRc9RcQ
だうと。テロリストがOBを抱き込んでいる事実はあるけどな。

983 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 10:17:39 ID:dkkDKm/T
>>982
腐敗警察官or低脳右翼、必死だなw


984 :朝までななしさん:2008/01/20(日) 11:01:31 ID:Y9oyUIEx
スキーに行ってる間に、伸びましたね〜

ところで、冷やかしとかではなく、冷静・素朴にお聞きしたいのですが、
日の丸君が代を別のものに変更した場合、何がどう変りますか?
或いは変ると、思いますか?(想像でも結構です)
私が想像したのは、前途で述べたように、少なくとも隣国の反発は必至だと思うのです。
一応コピペしておきますが、
多分隣国は、猛反発してきますよ。
「日本は旗印を変えて、過去の歴史に蓋を閉め、あたかも俺達のせいではない!と言わんばかりだ」
とか総すかんかまされると思うのです。
これは、台湾人の人と中国人の人に聞きましたが、総じて同意見でした。
隣国の感情など関係ないという意見も、ごもっともですが、
別のものに変えれば、国旗国歌に国民・子供が敬意を示しますか?

国旗国歌が変っても、やはり国家がそれを強制するのは、やはり反対なんですよね?

興味があるので、建設的な意見を是非お聞かせください。

985 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/01/20(日) 11:19:06 ID:BCuyLcKI
まあ、実際にひのきみを現状のまま運用しても変えても
文句をいう香具師は言うのだろう。そんなコトはどうでもいい。
判断は日本人がするコト。


986 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/01/20(日) 11:20:59 ID:BCuyLcKI
思うに、周辺国の動向を気にしすぎて筋が通らない対応をするから
つけ込まれるスキを与えているだけであり、悪意に解釈するのに付き合う必要はない。


987 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 11:26:27 ID:Nkc/9ySf
あれだけ酷い目にあったのに、
また天皇万歳のキチガイ歌を子供に歌わせようとしてる奴って、
気がふれているとしか言い様が無いw

988 :朝までななしさん:2008/01/20(日) 11:41:03 ID:Y9oyUIEx
すいません。
質問への回答が、二股に分かれていく質問になりましたので、
一旦隣国の反応・感情は無視した状態で行きたいと思います。

当然、反対派の方々の大半は、作詞力も作曲力も無いと思いますので、
誰かが作ったものを、国民投票などで決め、政府が集計→認定するわけですよね?
(いや、他の方法があれば、聞かせてください。こっち方面は考えたことが無いので、私自身の意見が全くまとまっていませんから)
この時、やはり国家からこれが国歌だ!さあ歌おう!というと又話がややこしくなるんですよね?

反対派の人は、具体的にどのように新国歌・国旗を確定する方法が良いと思っているのか、
冷やかしとかじゃなく、知識を増やすために、教えていただけないでしょうか?

989 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/01/20(日) 11:52:55 ID:BCuyLcKI
オレ個人は特にひのきみ反対ではないのだが、君が代は盛り上がりに欠けるから
もう少し威勢の良い歌に変えても良いとは思っている。無論教育の現場での強制には
反対だが。国旗・国家の機能から考えて強制すべきモノではない。

で、仮に変えるのであれば地味に改正するのではなく、国民的なイベントとして
盛大に改正のキャンペーンをやるのがよい。作詞・作曲も著名なアーティストを
登用してコンペをする。国民が参加する大がかりなイベントを催して改正を行えば、
国民の参加意識も動機付けできるし、何より「自分たちで決めた」とゆ〜
自主制定の機運ができる。これほど民主的な方法はないであろう。


990 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 11:58:15 ID:Nkc/9ySf
>>984
また屁理屈言ってるw

>多分隣国は、猛反発してきますよ

アンタの屁理屈、妄想に過ぎないw 
国旗国歌が変わったと言うことは中身が変わったと言うこと。
二度と同じ過ちは犯しませんよと言うことを内外に広く表すだけでなく、
教育の場において、それを徹底すると言うことだからね。
外国はどうでもいいんだけと、アジア諸国には歓迎されるでしょ。

>台湾人の人と中国人の人に聞きましたが

アンタ中国人なの? 在日朝鮮人かと思っていたw

>別のものに変えれば、国旗国歌に国民・子供が敬意を示しますか

今のままで敬意を示すかよ?
そこん所を良く考えてごらん。
敬意を示すとか示さないとか言うことは、誇れる国かどうかに因るんだよ。
今の様に公務員が公金横領、税金泥棒、給料泥棒してるくせに、子供達には、戦争から何も反省せず、
反民主的天皇万歳のキチガイ歌を強要し、時代を逆行するようなバカなことばかりしている国に
子供達が敬意を示すと思う?
子供の中でも、知能が低いそう言うことが分からない者だけは洗脳されるだろう。
それでろくな人間にはならんよ。


991 :990の続き:2008/01/20(日) 11:59:21 ID:Nkc/9ySf

>>国旗国歌が変っても、やはり国家がそれを強制するのは

悪しき歴史の無いものだったら、広く国民に浸透するようにすることは良いことだと思うよ。
だけど、今の様に無理強いすることは民主的ではないから、強制と言うことはどのような旗、歌であろうと良くない。
だから、新しく定めた国旗国歌に反対な頭がおかしい右翼の教師がいて、国歌演奏中に起立しなくても咎められることは無い。
ああ、この人は右翼なんだとみんなが思うだけだから、それはそれで良いんじゃないの。
自分の主義主張の為の表現の自由があるのだなと、それはそれで教育になるのだから良いのだよ。
それが民主主義だ。


992 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 11:59:47 ID:Xkjm14nw
世代や流行が変われば、「なんだ、この歌は」になるねぇ。

そのたんびに、国歌を変えるのかい?

993 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 12:02:44 ID:Xkjm14nw
>>991 >悪しき歴史の無いものだったら

そんな国なんて存在するのかい?
まあ、大体の国では「我が国は正義を貫いてきた」って主張する人間が多いとは思うけど。


994 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 12:04:25 ID:abRY3Gjn
次スレ立ててこようか?

995 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 12:04:28 ID:uBRc9RcQ
>>991

悪しき歴史ってなに?
聖人のような歴史の主要国、そしてその国歌や国旗をあげてくれ。

996 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 12:05:18 ID:uNa3jy+j
>>994
お前のフシアナの目など捨ててしまえ!

997 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 12:05:38 ID:uBRc9RcQ
フランスなんかじゃ公の場での反フランス表現は違法で処罰の対象な分けだが。

998 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 12:06:22 ID:h7FAyVU3
>>996
ハァ〜?

999 :(○´ー`○)はカワイイ ◆cwkQcZxsX6 :2008/01/20(日) 12:06:59 ID:BCuyLcKI
>そのたんびに、国歌を変えるのかい?
それはそれで面白いかもよ。


1000 :朝まで名無しさん:2008/01/20(日) 12:07:15 ID:8JFd0HZG
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

385 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)