5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【会計監査】日本:国際会計基準を導入へ 2011年度以降に・金融庁など検討…世界共通の会計ルールに [08/09/04]

1 :明鏡止水φ ★:2008/09/04(木) 07:30:50 ID:???
 日本経団連、日本公認会計士協会、金融庁などは企業会計の国際化に対応するため、
2011年度以降に「国際会計基準」を導入する検討に入った。

 国際基準は欧州を中心に世界100カ国以上で使われ、米国も採用する方針を表明。
独自の会計基準を採用している日本は世界的に孤立する恐れがあり、将来は欧州などで
企業の資金調達が困難になるとの見方もあった。国際基準の導入で、企業はグローバルな
事業展開をしやすくなりそうだ。

 世界の会計基準は主に欧州中心の国際基準、米国基準、日本基準の三つがある。
国際基準は資産の時価評価を徹底していることなどが大きな特徴だ。米証券取引委員会
(SEC)は8月、米国の上場企業に国際基準の採用を認める方針を表明。国際基準が世界共通の
会計ルールになる流れが鮮明になっていた。


▽News Source NIKKEI NET 2008年09月04日07時00分
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20080904AT2C0300G03092008.html
▽日本経団連
http://www.keidanren.or.jp/indexj.html
▽日本公認会計士協会
http://www.hp.jicpa.or.jp/
▽金融庁
http://www.fsa.go.jp/


322 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 19:37:52 ID:9F7TmVZt
普通に国際会計基準の法が理にかなってると思うんだよな。
例えば、平成元年に200億円である企業を買収した。資産を調査したらこの会社は100億円の資産しかなくて暖簾は100億円とすると、
20年で暖簾償却するとしたら、
日本基準では毎年5億円の費用計上するが、そんな費用なんの意味があるん?ってなる。暖簾償却終わった平成20年に、
この企業を300億円で売却するとなると、
日本基準だと200億円で買った企業を300億円で売ったのに200億円の利益が計上される。
国際基準だと200億円で買った企業を300億円で売ったので100億円の利益が計上される。
また、この企業が平成20年に原油高の影響でもなんでもいいけど、極度の不振に陥ったとして、
企業価値が100億円に減ったとかなると、
日本基準だと減損なしだが、国際会計基準だと平成20年に100億円の減損計上。
平成20年に生じた現象が日本基準だと平成20年の会計数値に正確に反映されない。
日本の暖簾償却は過度な保守主義としかいいようがないよな。

323 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 19:49:07 ID:+F34O/HS
>>322
それが理論的に思えるかどうかは
「経営環境の変化等で減損しない限りはのれんの価値は何年でも取得時のまま変化せずに持続する」って仮定を受け入れられるかどうかだろう。
のれんの本質をどう捉えるかで「理論的」な会計処理も変わってくる。

しかしキチガイがいないとスレが全然のびないのが現実なんだなあ

324 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 20:10:38 ID:9F7TmVZt
>>323
減損する必要性がない以上、買収した企業は買収当時と同じ価額以上で売却できるってことだから、
のれんの価値は減耗しないってことだろ。
のれんは対価を支払って有償取得したんだから、その買収時の価額以上で売却できる見込みが成立してる間は、
減損しなくていい。
商品を購入した場合、期末にその商品を商品を売った会社の総製造費用まで減価するか?
その商品が市場で売却した場合、損失がでる見込みがある場合じゃなきゃ低下損計上しないだろ?
企業を売った株主は超過収益力分の儲けを手にしたんだよ。
その儲け分が市場で回収できる見込みがある間は、そのままでいいって国際会計基準の考え方はシンプルでいいと思うけどね。

325 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 20:26:49 ID:s/tUw2C7
会社の飼い犬であるサラリーマンにとって、会計基準が変わろうが
勉強してみようと思う余裕などないので関係ありませんぜ

326 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 20:43:46 ID:MkD3GPTh
同じサラリーマンでも経理マンには死活問題だな

327 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 20:47:07 ID:n3vK1vmO
会計士みたいなつまらない仕事している人の気が知れない


328 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 20:54:36 ID:cNsGo0CF
資産の時価って
なんですかね?

取引が成立してないのに価格が決定するのは不思議

329 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:18:13 ID:emolONyG
>>324
それは、減損の測定が合理的に出来るという前提があってだと思うが、
現状では見積り要素が多いのを良いことに、
恣意的な処理がされているきらいがあると思われるからねぇ。

恣意的な処理が比較的やりやすい減損処理をするぐらいならば、
減価償却のような規則的処理の方が、結果的に実態を示す気がするけどなぁ。

>>325
>>326にあるとおり、経理マンは勉強しておかないと
切替えの会計年度で地獄を見るよ。

>>328
色々と数字遊びをすれば、何故か価値が算定できるのです。
もちろん、絶対的な数値ではなくて、「合理的」な数値って奴だけどな。
「企業価値」なんてものが計算できて、それをもとにM&Aが実際されているんだから、
企業の要素に過ぎない事業資産も、それなりの評価額を計算できるのです。

330 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:20:50 ID:Yq5e8D52
>>300

>過大評価されているのれんがあったら、今の基準でも減損処理されて終了。

いきなり資産が消滅するわけだから、その担保能力が消失するでしょ。

331 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:21:14 ID:taDhPoDp
>328
Fair Valueを時価と訳したのが悪いな

332 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:23:47 ID:dzUWmV8K
導入するっていうことは、
日本の会計基準はもう使用できないってことか?

それとも、日本の会計基準と国際会計基準の
選択適用ってことか?

教えて会計士!

333 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:27:25 ID:Yq5e8D52
>>258

vodaも高く見積もりすぎだとは思うけど、まだ実態がある会社だからいい。

よくわからない会社を購入してのれんを積み上げて資産を水増してるのがソフトバンクだし。
本来は資産価値ゼロののれん代がかなりあると思われる。投資の失敗をしても減損処理してないでしょ。

334 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:34:16 ID:emolONyG
>>332
まだ詳細が決まっていないから、現状でははっきりと結論は言えないが、
仮に国際会計基準が企業会計に採用されたとしても、
しばらくの間は移行期間として、日本基準も採用できるようにするんじゃないかな。
そうしないと、一部上場の大企業はともかく、
ベンチャー企業は対応不可能で軒並み上場廃止になりかねんからな。

ちなみにアメリカは一部大企業から徐々に国際会計基準が採用されていく予定。

335 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:36:18 ID:rXRK93Mt
>>332
最終的には、国債会計基準一本になるだろ。
比較可能性的に考えて。

336 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:39:22 ID:emolONyG
>>333
それはつまるところ、
現状の減損処理してないという会計処理は虚偽表示の疑い高しってことか?

337 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:40:35 ID:dzUWmV8K
>>334>>335

doumo

338 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:50:35 ID:NtAbw8zC
>>336
疑いどころか真っ黒に限り無く近いグレー
滅茶苦茶な会計処理で毎年どんなアクロバティックな事してくるかwktkしてます。

339 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:51:49 ID:Yq5e8D52
>>336

のれん代の評価基準が存在しないから、償却をもって実態を与えている。
つまり虚偽かどうかの証明は不要ってところをうまく利用してるでしょ。

こういう問題があるから国際会計基準では償却ではなく
精査の上、必要に応じて減損処理ってことだと思うんだけど。

340 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 21:51:56 ID:ucUYtiBK
とりあえず、会計の情報が網羅されて、勉強法が提示されてるサイト作ってくれ。

341 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 22:01:38 ID:Yq5e8D52
実態のわからない会社を簿価の+1億円で買う。

その金額を資産と資本に上乗せ、その資産を担保に8千万の借り入れ。
そのキャッシュで商売を回し、5百万の利益を出し、そこから5百万償却で税金もゼロ。

これでOK?

342 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 22:02:56 ID:emolONyG
>>339
定期的な償却で処理ってのは、
実態に合わせた減価処理が無理っていうのが前提だからね。
俺はどっちかというとこの立場。
特に日本の経理の現場能力だと、
「精査の上、必要に応じて減損処理」なんて出来ない気がするけどね。
ゼロ評価の状態になるまで、ごちゃごちゃ言い訳作って誤魔化し続ける気がする。

>>340 ケチケチせず経営財務でもかっとけ。

343 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 22:17:32 ID:9F7TmVZt
>>342
そこは単純に買収した事業が生み出すキャッシュフローを何倍した価額と比較とか、
適当な大枠のガイドラインをつくって減損処理に入るようにしたらいいだけじゃねーか?
普通に考えてさ、優良企業であればあるほど買収時にはのれんが巨額になるわけじゃん?
優良企業を買収して、買収後もキャッシュブロー増えてますけど、のれん償却で利益がへつられましたっておかしくね?
買収金額を非現金支出費用ののれん償却費で資金留保させるって保守主義の観点からまだ少しはわかるけどさ、
合併なんかで株式交換とかで企業結合した場合、支出してない現金をのれん代分強制的に留保させるようなもんじゃん?

344 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 22:32:44 ID:emolONyG
>>343
いや、理屈上おかしいってのはよくよく分かるよ。
俺が償却した方が良いと言っているのは、政策的な理由が大きいから。

345 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 22:58:17 ID:n3vK1vmO
会計士やってる人って
やっぱり地味で暗い人が多いの?

346 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 23:24:10 ID:A01PG06V
>>345
多い・・
監査ほど地味でつまらん仕事はない、まじで


347 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 23:27:56 ID:iJYbng5J
>>316
いつ早期償却しないと融資の審査通らないって言ったか?
早期償却は>>305のアホレスに対して税法基準以外にも償却方法があると言っただけだぞ

>>318
主税局が国際会計基準へのコンバージェンスを狙って改正したとでも思ってるんだねホント目出度い


348 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 23:28:08 ID:cGV7IPbW
>>346
地味でつまらん仕事?
実査なんか社会科見学みたいで憧れるけどな

349 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 23:33:39 ID:psJwKULq
>>348
頓珍漢で実態に即してないことばかり聞いてくるから
やめていただきたい
暇つぶしに無駄に多い人数でやってくるし
by化学メーカー

350 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 23:48:45 ID:7bsLB6bw
>>347
税法基準では融資の審査とおらないっていってたじゃんW

法人税法の減価償却方法の改正は、国際会計基準も参考になってると思うよ。
従前の残存価格10%なんて非現実的という批判があったからね。


351 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 23:51:14 ID:7bsLB6bw
>>347
ちなみに税法改正を管轄するのは主税局ではなく、国税庁でしょ。


352 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 23:53:07 ID:EPwGKIFd
NECが苦労して導入たけど、止めちゃったのはこれ?



353 :名刺は切らしておりまして:2008/09/06(土) 23:59:14 ID:iJYbng5J
>>350
レスはえーな一日中監視かよw
税法基準では融資の審査でより厳しく査定されることは必定だよ
ただ早期償却しないとダメとは一言も言ってないぞ

354 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 00:01:16 ID:YE1xX3K4
>>351
改正案を作ってるのは主税局
それに従って税の徴収を実行してる外局が国税庁

355 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 00:01:26 ID:62Rhvl+L
>>351
国税庁は徴税担当。税法の企画は財務省主税局。

356 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 00:24:19 ID:Y3fomXab
>>354-355
あちゃ、間違えてたみたいだな。
>>347よ、この件に関してはスマンかった。君が正しかったようだ。

357 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 02:17:56 ID:6UsESMYJ
>>349
マジレスすると、よう知らん業種に行くんだから頓珍漢な質問が多くなるのは当然。
ある程度、勉強してから行っても限界がある。
自分でもわけの分からん質問をしてるのかもと思っても、聞かないわけにはいかない。そういうもん。

358 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 04:20:07 ID:aHTplVRr
エスペランサ監査法人
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1215693542/

359 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 09:28:10 ID:7Itz1kFI
>>357
分かんないのはいいとしても、
毎年会計士補送り込んで来るのは止めて欲しい。

360 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 12:50:16 ID:D4jh6R7s
棚卸の立会はペーペーがやる仕事というのが監査法人の認識だからね。
単に人手不足でペーペーでも使わざるを得ないという事情もあるけど。
どっちにしろ、会社には迷惑をかけていることは間違いないことなので、ごめんなさい。。。

361 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 12:52:40 ID:YE1xX3K4
毎年会計士補でも堀北真希ちゃんみたいな可愛い女の先生なら大歓迎

362 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 12:54:18 ID:Nshs8sUj
これって、期間短くないの?>>11年度


363 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 13:33:55 ID:62Rhvl+L
どこの業界でもクライアントが新人のOJTに付き合わされるようなことはよくあること

364 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 14:31:23 ID:ZFYyUeqr
>>361
そんなのだったらいいのになぁw
実際は、山田花子とか光浦とかハリセンボンの蓑輪みたいなのばかりだから困るww

365 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 17:41:24 ID:27d+bfUQ
だんだん売国奴どもに
日本がいいようにされていくなあ、、、、

366 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 18:25:00 ID:lWxzlYj7
>>365
お前みたいなのは日ごろ「日本国憲法はGHQの押し付けだ!」とかほざいているんだろうな。
企業会計原則がGHQの押し付けなことも知らずに。

367 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 19:53:31 ID:1Kem+BNj
のれんを償却とか発生時特損処理しないでB/S上に残りっぱだと
減損事由発生年次にのれん処理のために突然死する企業が発生
するな。
なんかタチの悪い時限爆弾のような気がするのは勘違い?

368 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 20:41:53 ID:1f4Z6SjU
>>367
非現金支出費用の減損なんかで突然死しないよ。
BSが債務超過状態でも現金がいまんとこ大丈夫なGMだって生きてる

369 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 20:50:44 ID:uDzsCRQi
最近のビジ+とは思えないレベルのスレだなw

370 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 20:50:48 ID:sE/h3JHJ
銀行が突然融資の引き上げを言い出す可能性はあるかなと。

371 :名刺は切らしておりまして:2008/09/07(日) 22:35:48 ID:Y3fomXab
>>370
銀行だって、そのへんは理解するだろ。


100 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)