5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「どね〜かね?」「幸せなほっちゃ」山口弁ポストカードで気分ほのぼの

1 :OH!! グレートセントーラルー!!φ ★:2008/08/28(木) 20:50:02 ID:???

県内の名所などに、山口弁でメッセージが添えられたポストカードの売れ行きが好調だ。8種類で、
月約1000枚売れるほどの人気ぶり。販売している雑貨・文具店「Cross Land 山口」
(山口市泉町)は、「県外に出た知り合いに送って、山口県を懐かしんでもらえたら」と話している。

カードは「ほのぼのやまぐち弁劇場」のタイトルで、顔に山口県の形をした柄があるネコの「のんた」と
山口弁で「とても」の意味の「ぶち」が背中に描かれたイヌの「ぶっち」が登場。瑠璃光寺五重塔
(山口市)や錦帯橋(岩国市)、SLやまぐち号などを舞台、テーマとする。

関門橋(下関市)を背景にしたカードでは、宮本武蔵にふんしたのんたと佐々木小次郎役のぶっちが
「元気にしちょる?」の言葉通り、“久々の再会”を楽しむべく、おちゃめな巌流島の戦いを繰り広げている。

県の特色を出したものを作ろうと、同店と大村印刷(防府市西仁井令)がキャラクターや方言について
協議し、約1年がかりで完成させた。デザインを担当した同印刷の久保さんは、方言と2匹の動きを
連動させるのが難しかったと振り返り、「キャラクターで笑ってもらいたい」と話す。

同店には、約700種類のポストカードが並ぶ。売れ筋でも月に30〜40枚程度で、
「ほのぼのやまぐち弁劇場」のカードは圧倒的な人気。現在、年賀状用も製作中という。

同印刷の重田さんは「手紙を書くときに方言は使わないが、何気ない方言の一言で相手を
思いやる心が伝わると思う」、久保さんも「最近は手紙やはがきよりもメールでのやりとりが
多くなっているが、はがきを出すきっかけになれば」と期待を寄せている。

1枚158円(税込み)。


(記事一部省略、問い合わせ先は元記事で)

ポストカード画像 
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20080827-4075135-1-L.jpg

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20080827-OYT8T00819.htm
読売新聞(http://www.yomiuri.co.jp/index.htm) 2008年8月28日

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)