5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

消費税に隠された悪魔のカラクリ

1 :朝まで名無しさん:2008/06/22(日) 21:44:19 ID:HU+xmNRd
消費税に隠された悪魔のカラクリ
諸悪の根源『輸出戻し税』

政府マスコミ等は社会保障のため消費税増税を強調するが、其の前に輸出大企業にのみ『還付』されている『輸出戻し税』の存在を明らかにし、即刻無くすべきである。

消費税収から3兆円以上の巨額な税金が、この名目で大企業に『還付』され、輸出大手10社だけでも計1兆円強近くにもなっている。

この仕組み(戻し税)とは、国内販売では消費税を5%とし、輸出では『税率はゼロ』とする。
そして輸出時に、それまで徴収された消費税が『輸出企業一人』に、すべてまとめて還付されている。

輸出品を非課税とせず、何故税率ゼロなのか。?
非課税では大企業が消費税を払わないだけで、納税された税は還付されず国庫に入る。
非課税は納税しなくて良いが、税率ゼロは納税するが税率ゼロなので、すべて還付される。
ここが重要なところだ。
つまり下請けや孫請け、素材メーカーなどが納税したものを、年度末に輸出大企業にすべて還付される不思議な制度である。
なぜ商行為として一旦は課税され徴収した金額を、輸出企業のみに差し出すのか。?
なぜ輸出企業に払い戻す消費税の『徴税と還付にかかる費用』まで、国税で賄うのか。?

『消費税還付ではなく輸出補助金』

還付とは、自分が払いすぎてしまった税金分を、払った本人に返して貰うことのはずだ。
しかし実際に消費税を国庫に納税している孫請け、下請け季企業等は、納税するだけで輸出時に還付されない。
これで還付といえるのか。?
しかも、実際に消費税を国庫に納税する中小零細業者は、消費税分を値引きで自己負担しているケースも多い。
下請けなどが個々に国庫に納税した消費税額を、日本政府が最後の輸出大企業に『補助金』として渡しているのが日本の消費税の実体である。

こんな大企業にとって美味しい消費税制度は、一度やったら止められなくなるはずだ。

52 :朝まで名無しさん:2008/07/01(火) 21:56:07 ID:9J8Mr79o
需要による

53 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 00:15:32 ID:JuBxZldW
>>51
ちゃんと読んでる?

54 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 07:10:04 ID:Z8pxf5ks ?2BP(3003)
輸入した物をそのまま輸出

55 :朝まで名無しさん:2008/07/02(水) 09:35:29 ID:cIuH/psN
まさに悪魔のカラクリ

56 :朝まで名無しさん:2008/07/03(木) 11:47:21 ID:KNnHNgld
>>55
嘘八百

57 :朝まで名無しさん:2008/07/03(木) 12:05:38 ID:Y31HN08V
>>44
「本来納める必要のない)消費税5円を下請けを通じて納めていたため」って、
国内販売の企業の場合でも同じじゃないの?何で輸出の時だけ還付になるの?
教えてエロい人

58 :朝まで名無しさん:2008/07/03(木) 18:34:27 ID:g/sTLh8M
>>57
消費税は日本国内の消費に対し課税するもの。従って、輸出物品はその
輸出先の国でその国の消費税が課税されるため、輸出物品まで日本の消費税を
課税すると国際間の二重課税の問題が生じる。
よって、輸出取引については、日本の消費税を免除し、輸出価格に消費税を
転嫁しないように国際税調整を図っている。

個人的な質問なんすけど、消費税からめてトヨタとか叩く人達って
どういう団体の人達かご存じ?
かなり恣意的な感じがするんで気になったんで。

59 :朝まで名無しさん:2008/07/03(木) 18:59:29 ID:KNnHNgld
>>57
エロい人なり超簡単に約すとだな、モノを仕入れた時に下請けに消費税を預け、売った時に消費者から消費税も預かる。預かった分と預けた分の差額だけその企業が税金として納めるんじゃね?

勿論、預けた分が預かった分より多いければ還付になる。輸出企業は売り先から1円も預からないから、仕入時に預けた消費税が戻って来ると。

>>58
消費税制度を理解しておいてあの内容ならカナリ悪質だよな。天然なら物書きとして失格、公で発言する資格すら無いわ。

60 :朝まで名無しさん:2008/07/03(木) 19:06:40 ID:HatbT0/7
http://blog.goo.ne.jp/dancing-ufo/e/eeeb2fd45f98b2ef8fad06958f529156
http://www.mynewsjapan.com/projects/59

61 :朝まで名無しさん:2008/07/04(金) 06:43:02 ID:dMscaEH8
>>60
仕入れと売り上げの差額分の消費税が、
フトコロに転がり込むってしくみなのか。ボロイな。

62 :朝まで名無しさん:2008/07/04(金) 08:42:26 ID:I7oeYS0u
>>61
その珍説は間違いだとあれだけ(ry

63 :朝まで名無しさん:2008/07/04(金) 19:53:23 ID:B0hH8bWF
>>44 税金の仕組みどころか企業同士の取引の知識すらない学生の素朴な質問なんですが
下請けを通じて本来払う必要のない消費税を納めた、の意味がイマイチわかりません
下請けといえども独立した企業ではないんですか?
例えばこれが国内で生地を仕入れて、製品にして輸出する服飾ブランドでも、仕入れ時に払った分の消費税は還付される、という事でいいんでしょうか?

64 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 12:32:56 ID:0gZ9A5Sw
>>63


ざっくりとした説明は>>59の通りです。

車でも服でも同じかと

65 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 18:18:15 ID:EuwDnu1/


仕入れ値に対しての還元なら納得出来るが売値に対しての還元なら納得出来ないって発想だと思うが
製品が出来たときの価格に対してのだったら理解出来ないな

66 :朝まで名無しさん:2008/07/05(土) 22:01:19 ID:0gZ9A5Sw
>>65
その発想は全くの間違いだと>>44以下、何名かが長文書いてんじゃん。何故今更その珍説を…

67 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 08:21:40 ID:13TIHhTE
>>59
預ける、預かる、その差額ってやってるのが、話がややこしくなる原因だね。
(少なくとも僕にとっては。)



68 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 18:12:10 ID:W/Z4aDbD
>>67
【国家犯罪にも等しい消費税還付制度】 「輸出戻し税」という還付は誰が受けるべきものか
【“論理的に正しい”輸出戻し税】
最終販売が輸出の場合の正しい消費税の納付分担は、

材料納入業者:0円(▲1万円)
部品納入業者:0円(▲1万5千円)
最終販売業者:0円

でなければならないと考えているから、私は現行制度をデタラメと言っている。
 ttp://www.asyura2.com/0306/dispute11/msg/409.html

69 :朝まで名無しさん:2008/07/06(日) 20:15:00 ID:scLe5qEo
>>68
サイト見たけど根本的な部分を勘違いしてるね。
>>44であるように消費税を最終的に負担してるのは企業じゃ無いんだよ。我々、財・サービスの最終消費者。そのサイトでは下請けが消費税を負担しており、その還付が下請けにまわって来てないのが違法であると主張している。
くどい様だが、下請け・輸出どの段階であろうが企業が納めている消費税は我々から徴収した(する予定の)消費税を間接的に納めているだけである。

70 :朝まで名無しさん:2008/07/07(月) 08:06:48 ID:Fj6C2Zrh
だから消費税は全廃しろ。その穴埋めは法人税、所得税の引き上げだよ。
この国の沈没よりもその方がいいべ。

71 :朝まで名無しさん:2008/07/07(月) 09:36:30 ID:KRrr1Eim
>>70
そのツケは物価上昇といあ

72 :朝まで名無しさん:2008/07/07(月) 13:53:21 ID:nhlUwBE4
国民の感覚と現実ではズレがありそう

73 :朝まで名無しさん:2008/07/07(月) 15:13:01 ID:QrOtBino
http://www.khk-dr.jp/gurafu/g6_4.htm

さっさと公務員の数を減らせ。
これで国民の理解を得ようとしている福田に殺意さえ感じる。

74 :税理士のタマゴ:2008/07/09(水) 18:00:16 ID:5FmJC6jE
ざっっっっくり消費税!(初心者用に書きます)

消費税は日本国内での商品の売り買い(正しくは資産の譲渡等)に課される税金です。
ポイントは、国内で最後に商品を買った消費者が実際の税負担者であることです。
例えば・・・・
T法人が100円(税込105円)で仕入れた商品を200円(税込210円)で売る場合
消費税は10円で、最終消費者が負担します。
本来ならば消費者が国に10円の税金を納めるべきですが、煩雑、かつ、めんどい
ので、消費者にかわりT法人等の事業者が国に税金を納めるのです。

さて、この場合・・・
T法人は、消費者から預かった消費税10円と仕入業者に支払った消費税5円の差額の
5円を国に納めます。
残りの5円は、仕入業者がT法人から5円預かってますね!従って仕入業者が5円国に
納めます。
繰り返しますが、ポイントは・・・
 消費税は10円で、実際負担したのは消費者であること。
 消費者にかわって各事業者が、預かった消費税から支払った消費税を差し引いた差額を
 国に納めたことです。


75 :朝まで名無しさん:2008/07/09(水) 18:43:24 ID:RZiR7HBW
こういうのって各議員にメールすべきだよな
それに対する反応でその議員の方向性もある程度把握できるし

76 :税理士のタマゴ:2008/07/09(水) 18:45:35 ID:5FmJC6jE
さて本題です!
輸出取引の場合、最終消費地は国外であり、国外で日本の消費税を課すわけに
はいきません。これは国際間での税調整等様々な理由によります。
つまり消費税法において輸出取引は、輸出免税として扱われるため、税率がゼロ
になります。

さて、さきほどの取引が輸出の場合
T法人が100円(税込105円)で仕入て、200円(輸出免税により税込200円)で輸出
売上の場合。
最終消費者の税負担は0円です。つまり日本の消費税が一切かかっていません!

この場合・・・
T法人は、消費者から消費税を預かっていないのに仕入業者に対して5円支払って
ます。本来負担しなくていい消費税を仕入業者に支払っています。
一方仕入業者は、T法人から預かった消費税5円を国に納めます。結局仕入業者は
本来課税されない消費税を国に納めただけなので損も得もしていないのです。
国が得してT法人が損していますね。これではいけません!
つまり国はT法人が払いすぎた消費税分を還付(この場合5円)しているだけ
なのです。
更に言うならば、税率が10%、15%になろうがなるまいが損得はないということです。
しいていうなら、損かもしれませんがw

結論:悪魔のカラクリたる輸出戻し税はでたらめである!

もう1つの結論:税金のことはお近くの税理士さんへ!!


77 :朝まで名無しさん:2008/07/10(木) 01:19:42 ID:lZLRQpMd
>>75

こんな誤った内容送ってどうすんの?議員が>>1の誤りを見抜けるか見るとか?

78 :朝まで名無しさん:2008/07/10(木) 19:15:55 ID:OjjW2MlT
>>63ですが>>74他の皆さん何度も同じような説明ありがとうございます

下請けとトヨタの取引→日本国内での商品の売り買い→当然双方が国(日本)に5%消費税を納める
これで
国内で最後に商品を買った消費者=トヨタ
として完結しているのでは?
この際に払った消費税が「本来払う必要のなかった税」として還付の対象になるとは思えないんですが…

79 :朝まで名無しさん:2008/07/14(月) 14:48:27 ID:H7mNr3pV
>>78
┌(┌_Д_)┐<極端な言い方すると、消費税を実質的に負担するのは個人です。

法人が途中で支払う消費税は最終的に売値にオンして個人消費者から回収するから法人は1円も負担しないです。
輸出企業は最終的に個人消費者から回収出来ないからお国から返してもらえる。

これ以上は簡単な解説本を立ち読みした方が良いよ。文での説明には限界が。

80 :朝まで名無しさん:2008/07/15(火) 07:12:43 ID:2Kp1LMIo
それがカラクリの正体か

81 :税理士のタマゴ:2008/07/15(火) 12:41:48 ID:9SQ8HHZG
>>80
オマエガナー


82 :朝まで名無しさん:2008/07/17(木) 09:12:12 ID:0pbix84u
>>81
┌(┌_Д_)┐<てか試験直前期に2ちゃんねるなんぞするんじゃない!

83 :税理士のタマゴ:2008/07/17(木) 12:39:50 ID:B7bF6gdp
>>82
リーチ一発のはずが、理論覚えられなくて油売ってましたw
頑張ります・・・来年の試験は・・


84 :朝まで名無しさん:2008/07/18(金) 00:39:27 ID:8Rtok1F1
擁護派が同じ説明繰り返してる内にボロが出つつあるような
続けて疑問
国内で調達して消費税が発生した部品・資材等の全てが海外輸出向けとハッキリ線引き出来ているんでしょうか?当然各企業国内販売も行ってる訳ですし

もう一つ、トヨタ他大半の企業は仕入れた諸々の物を高付加価値の製品化して売る訳で、国内での仕入れ時の部品等の価格(とそれに対応した消費税)と、国外販売時の製品の価格設定との間には関連性が薄いように思えます
価格転嫁うんぬんのくだりは曖昧で、どうしても輸出中心大企業向け優遇策の印象が拭えないんですが

85 :朝まで名無しさん:2008/07/18(金) 19:00:01 ID:VdXf1Mf0
>>84
┌(┌_Д_)┐<一つ目〜
線引く必要が無いです
消費税の計算式→国外売上に掛る消費税(当然0円)+国内売上に掛る消費税-仕入に掛る消費税

この解がマイナスならその金額が還付。

二つ目
ちょっと意味が解らないです。仕入値と海外販売価格に関連性が薄い訳が無いよ。
売価設定の基本は仕入値+利益では??

国外販売価格が

国内仕入値+左に掛る支払消費税+利益

で決定されることが変だと言ってるの?確かに゛左に掛る支払消費税゛は国から還付されるからこの部分は2重取りになる。
でもそれは取引先が否定する内容であって消費税法上の問題じゃ無いです。



86 :朝まで名無しさん:2008/07/19(土) 01:26:05 ID:uWDnodpp
>>84
┌(┌_Д_)┐<補足ぅ〜

この話題に関しては議論の余地は無いです。100%>>1の勘違いか大嘘です。

あと油を売ってた受験生氏をはじめとする>>1の内容を否定する連中は別に何も擁護して無いです。消費税制度の説明をしてるだけ。

あと疑惑視派はそろそろ自分で本でもネットでも調べなさいな、未だに『〜の印象が払えない』なんて感覚的な意見は無さ過ぎます。また受験生が勉強時間削って顔出して来たらどうすんだ。

ごちゃごちゃ複雑な内容を調べるのが面倒臭いなら
>>1はデタラメ
って覚えてれ、シンプルだっしょ?


87 :朝まで名無しさん:2008/07/19(土) 12:05:31 ID:sB6hLGPj
.

88 :朝まで名無しさん:2008/07/20(日) 00:31:34 ID:r59tybLv
政治屋もマスコミも表面的な議論ばかり、本質の議論をしろ

増税する前にやることあるだろ

詐欺師政治屋、汚職公務員、うじ虫天下り、寄生虫経団連の

死刑制度だよ

早くしないと皆の大事な血税が食いつぶされるぞ

税金を食い物にする害虫を抹殺すると

増税なんて必要ないから調べてみなさいな

福祉、道路、年金、医療、教育に余った税金回せるくらいだよ

自浄できない政治家、公務員も同罪 死刑な

89 :朝まで名無しさん:2008/07/24(木) 03:50:01 ID:IW7Hfj8i
Wikiにも「よくある誤解」として>>1の内容とその誤解の原因が解説されてますな。『消費税』で検索してみ。

90 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 04:07:34 ID:mqEF3KVw
>>89
そのwiki解説も経団連に都合の良い解説編集だなw

結局、消費税増税は「日本の中小企業下請け潰し=日本破壊」で、隠れ課税と、
消費税で不正に儲ける企業の裏会計処理のカリクリには触れずじまいだ。


それなのに、何が「誤解の原因が解説されてますな」だw

91 :朝まで名無しさん:2008/07/26(土) 13:10:45 ID:CSD5THST
>>90
経団連に都合の良い解説編集・・どこが??

消費税で不正に儲ける企業の裏会計処理のカリクリ・・どんなカリクリwか
説明きぼんぬ!!

真赤なおつむの君、納得いく説明よろしっくねーん!


92 :朝まで名無しさん:2008/07/27(日) 21:48:17 ID:eGESM1lg
そうカリクリしまさんまってw

93 :朝まで名無しさん:2008/08/01(金) 17:58:37 ID:DiaNCAIJ
消費税は企業は負担しなくて良い決まり。
だから国内で販売した場合
消費者が日本政府に支払った消費税を企業が預かって
それを企業が日本政府に納付。
同時に企業が仕入れ先に支払った消費税は
全額日本政府から戻ってくる。
実際は納付額から戻ってくる額を差し引いてる。
これが国外に販売した場合には
外人が外国政府に支払った消費税を企業が預かって
それを外国政府に納付。
仕入れ先に払った消費税は国内の場合と同じで
日本政府から全額還ってくる。
日本政府とのやり取りだけ見ると
還付だけされてるように見えるだけ。

あと仕入れ先に対する消費税分の値引き強制は
別に輸出関係なく可能。
それを問題視したいなら最初から
仕入れ先に対する消費税分の値引き強制と呼ぶべき。
これを輸出戻し税と呼ぶのは
明らかに不正還付と相手を騙すため。

94 :朝まで名無しさん:2008/08/03(日) 01:40:39 ID:wXeVYLJS
>>93
┌(┌_Д_)┐<・・・まず日本の消費税と諸外国の付加価値税を同一視出来る思考回路がすばらしいです。税率はおろか課税対象、税額の計算方法も違うし、そもそも付加価値税(消費税)がない国すらありまっせ?
たとえばアメリカでは州ごとに税率が異なりますし、州によっては免税休暇日なんてものがある所もあるように聞きます基本的には税法なんて国々で違うローカルルールなんですよ?

>>外人が外国政府に支払った消費税を企業が預かって
それを外国政府に納付。
仕入れ先に払った消費税は国内の場合と同じで
日本政府から全額還ってくる。
日本政府とのやり取りだけ見ると還付だけされてるように見えるだけ。


どの国を前提にお話しされているのか知りませんが・・・

  外国で預かった現地の(外国消費者負担の)付加価値税→外国政府へ納付

国内仕入に係る支払消費税→外国消費者より回収できないので過納付になるため国庫より還付

…どこに訝しい点が???????? まさか外国政府への納付額を『(外国消費者負担の)付加価値税−国内仕入れに係る消費税』で計算してるのですか?
>>あと仕入れ先に対する消費税分の値引き強制は
別に輸出関係なく可能。
それを問題視したいなら最初から
仕入れ先に対する消費税分の値引き強制と呼ぶべき。
これを輸出戻し税と呼ぶのは明らかに不正還付と相手を騙すため。

個々人の好みですので好きに呼べばよいですが、少なくともそれを『輸出戻し税』なんて呼ばれてませんよ一般的には・・・
以前にもしっかりと指摘を受けてますが、元請けが下請け以下に対する消費税分の値引き強要の問題はここで論じる話題じゃないです。おっしゃる様に、輸出企業が下請けに対して「うちは免税事業者ゆえ仕入れにかかる消費税は還付されるんや。だから消費税分仕入れ値をまけて」
なんて訳のわからない話の持って行き方はしないでしょう?要は「仕事がほしけりゃ仕入れにかかる消費税分ぐらい勉強してや」って事。繰り返しになりますが、これは消費税法上の問題ではなく下請法にからめて論じる話です。
いい加減、自分で勉強して〜な〜
つーか君は文章をもう少し勉強しような。意味わからんし




95 :朝まで名無しさん:2008/08/03(日) 02:51:46 ID:MFwV5xDu
>>94
多分お前さんが前提を誤解してる。
>>93は輸出戻し税はそう見えるだけで存在しないって内容。

96 :朝まで名無しさん:2008/08/03(日) 08:21:08 ID:PTHdfNu5
宮崎哲弥は消費税を上げて、低所得者から税金をもっと取れとTVで言っていた。
高所得者の税金を減らすべきと言っていた。
大阪のタカジンの番組で放送していた。
収入が増えたら、人間は変わるのですね。

97 :朝まで名無しさん:2008/08/03(日) 12:27:41 ID:0aPsWYTW
仕入時に自分が支払った消費税が還付されるだけ
何もないとこに還付される訳じゃない

98 :朝まで名無しさん:2008/08/03(日) 12:50:29 ID:+cg7toCG
消費税を上げても景気悪化で税収激減するのは過去経験したばかりだし解りきっている。
米国は1910年代後半から最高税率50→75%の所得再配分応能負担強化で空前の好景気に沸いたが
1925年に最低の25%へ応能負担弱体減税の結果、承継したフーバー大統領誕生の1929年アメリカで株価大暴落が発生し世界大恐慌へ突入した。
その後、ルーズベルトは最高税率63〜92%へ所得再配分し超大国となり株価も大幅上昇し財政再建も成功した。
クリントン米大統領はルーズベルト税制を参考に「富裕層所得税累進増税の応能負担強化の税制改革」を断行し
国際競争力を再強化し株高と経済成長と財政再建の構造改革に大成功を納めた。
逆に累進緩和したレーガン税制やブッシュ税制では所得再配分機能の低下を招き、中低所得者層の高消費性向の増殖性を活用できず国際競争力は停滞弱体化した。
日本では、敗戦後、吉田首相は敵将ルーズベルト税制の効果を良く知る戦中戦後大蔵省主税局長だった池田勇人を重用し、
その意見を取り入れ高累進所得税制を採用し付加価値消費税廃止を昭29年断行した。
池田勇人は総理大臣となり更に高度経済成長と財政再建のために最高税率75%の応能負担強化の高累進所得税制を導入し大成功した。
ところが、バブル崩壊後に馬鹿な日本政府は消費税を導入して所得税の最高税率を37%まで引き下げ、経済的大停滞を招いた。
結論・・・・・・・・・・・・・・・
消費税を上げて所得税の累進性を緩和すると経済は更に衰退し、
消費税を廃止して所得税の累進性を強化すると経済は更に発展する。

99 :朝まで名無しさん:2008/08/03(日) 12:52:50 ID:ymxgy1xS
>>1って真性ヴァカか、松沢病院の客だろ?w

付加価値税の構造わかってりゃ、こんなん
問題でもなんでもなかろうがw

100 :朝まで名無しさん:2008/08/05(火) 00:10:12 ID:FgrujEZO
◆クリントン政権が経済成長と財政再建の同時達成に大成功した理由

日米の全税制史を調べると「1925年米国は所得獲得者や資産所有者を優遇することが正しい選択であると誤解し、税制は景気に無関係であると誤解し、
当時50−73%の高累進所得税率で好景気を謳歌していたのに、25%へ低下させる所得規制緩和策を実施し、4年間継続した結果、1929年に株価大暴落に続く世界大恐慌を引き起こしたのです」。
3年後に最高所得税率を25%から、63−>92%へ劇的に累進増税し所得規制強化し「米国はわずか6年間で失業率の悪化を食い止めバブル崩壊前の国家税収を完全に回復して、本格的景気回復軌道」へ載せたのですが、
アメリカでさえ本論文の理論は認識されておらず、このアメリカの増税策はやむをえず取られた政策と評価され、50年後の大規模財政赤字を発生させたレーガン政権や現在の子ブッシュ政権の大減税政策の強行でも明らかです。
しかしレーガン政権後のクリントン政権が場当たり的で失敗すると批判された累進所得税等の増税政策で、本分析通り見事に本格的経済成長と財政再建の同時達成に大成功したのです。


日本も新自由主義によって歪められた累進課税を早く元に戻さないといけません。

101 :朝まで名無しさん:2008/09/02(火) 19:38:59 ID:L2mQocGE
最近思うんだが、自民清和会とマスゴミは国民の[生活防衛][節約志向]を許さねえよな。
例えば、普通乗用車は燃費・税金など維持費が結構かかるんで、多くの国民が中古・新車問わず軽自動車に乗るようになった。
特に国鉄民営化でローカル線が廃止された地方ではクルマがないと生活出来ないから特に軽に乗るわけだ。
すると清和会・マスゴミは排気量で税金を盗るのではなく二酸化炭素排出量で税金盗るとかぬかしやがる。
つまり軽の税金をあげるわけだな。
それを野党からは凌雲会・花斉会がバックアップするんだな。
消費税もそうだよな、国民が生活防衛で消費を控えるから税収が減る。
だったら倍の10%にしてやれ、って清和会・マスゴミはぬかしやがり、凌雲会・花斉会もそれを後押し。
ふざけてるよな、マジでむかつく。


49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)