5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アラーのお告げで書いたんだが…読んでもらえる?

1 :papetman:2007/09/15(土) 13:35:18 ID:8m4T0LUe


http://news.goo.ne.jp/picture/jiji/world/070911092941.uckhbutx.html


ニューヨーク9.11同時多発テロ事件の日が過ぎてしまいました。

今からそこへ行く僕には当然ながら不安がいっぱい。

ある人から聞いた話なんですが(英字新聞で見た記事です)、

アルカイダ組織のオサマ・ビンラディンは、以前日本人のことを同胞って考えていたそうです。

けど、今は心から憎んでいる。

理由は、、なんでなんだろう。

多分アメリカ合衆国と一歩もひかず、全国民が死に絶える寸前まで戦ったからではないでしょうか。

「イスラム原理主義」とは、”イスラム的世界の原点に戻る”というような意味らしいです。

今のイスラム社会を見てみますと、アメリカの影響が一番顕著なのはイランやサウジアラビアです。

イランは王朝がなくなって、もう随分なります。

人々は自由を手に入れた。その後にアメリカの影響を一番強く受けたようです。

なぜかというと、”改革”の背景にはアメリカの武力が必要ですから受け入れたんです。



2 :papetman:2007/09/15(土) 13:36:08 ID:8m4T0LUe
改革を協力するということは、見返りを求めるに等しい。

つまり、アメリカグローバリズムを受け入れた国なんです。

イラン=イラク戦争とは、同じアラブの国が血みどろの争いをした戦争なんですが、やはりその影にはアメリカが影を落としているんですね。

アメリカはアラブを憎んでいますが、「同義(一神)宗教は全て同じ一つの啓典の民」と教えられた彼らが、お互いに戦う理由なんてないんです。

もちろん国同士の勢力争いは今までにでもあったでしょう。

けれど「アラー」の教えが揺らいだのは、一つにアメリカのせいだとも考えられないでしょうか。

イスラムをまた一つに戻すには、”アメリカが滅びる”か”イスラム教徒となるしかない”と先日報道がされました。

コーランとは、死を賭けて守るべき啓典ですから。

そして、その啓典には同じユダヤやキリストの教えが含まれ、その教えはシルクロードを通り、日本へともたらされたと考える学者もいるそうです。

誰かご存知ですか?密教を持ち込んだ日本の有名な僧侶です

3 :papetman:2007/09/15(土) 13:37:43 ID:8m4T0LUe
だから、一番新しい”イスラム的”教えが日本にもあるとは考えられませんか?

僕は真言宗が好きです。12世紀に中国へ行き、景教(キリスト教)、顕教(ふるい仏教)、密教(ヒンドゥー、釈迦から派生した新仏教)、そしてコーラン。その全ての経典を”12世紀のニューヨーク”で学んだのが空海。

イスラム教の血の交じる日本人、と一部のイスラム教徒は考えています。

だから、日本がアメリカと戦ったのは、啓典があらわしているんだそうです。

”アメリカグローバリズム”なんかのってませんからね。

日本は負けましたが、精神的支柱である天皇や宗教は奪われませんでした。

けれど原子爆弾は、世界的脅威であり、やはり人道的にゆるされざるべきことであると言えるのではないでしょうか?

そういった手段を使って勝った国を”戦勝国”と呼んでいいのでしょうか?

あのような手段を使わなければ、日本は最後の一人まで戦ったかもしれない。あるいは勝ったかもしれない。

4 :papetman:2007/09/15(土) 13:38:43 ID:8m4T0LUe
”勇気のある””誇りある”日本人。

そうイスラム教徒の一部は考えているそうです。

それが聖戦(ジーハード)なんです。

自爆テロは、日本人が考えたことではありませんか?

”彼らは太平洋でアメリカとの戦い方を教えてくれた”

そう感謝すらしています。

”飛行機を操ろう””神の声に従って””同胞たちよ、見るがいい”

かつての日本人たちのように……

僕らの血の中には確かなものがあります。”敗戦”という名の血が。しかし、戦争には勝ち負け以上の価値がもたらされるものなのです。

学者は”文化的同化”と呼ぶようですね。

ですから、”同胞を殺したアメリカに対して敵愾心を持っている日本人が、何故彼らに手を貸すのだ”と怒りくるっている姿が先日のビデオ・テープのメッセージなんです。

彼らが死滅するまで、僕らはアメリカの味方でいられるでしょうか?

5 :papetman:2007/09/15(土) 13:40:08 ID:8m4T0LUe
昔の日本人なら、こんな時どうしたでしょう?

トルコ人が何故日本人を愛しているか、ご存知でしょうか?

日本人は全世界で愛されてるわけではありません。

お隣の中国、韓国、北朝鮮はご存知ですよね。

けれど太平洋戦争は列強の植民地進出を強制的に終わらせたじゃないですか、結果的には敗戦国だったにしろ、こんな小さな国が大国にのぞんで、世界の版図を変えてしまったんです。

今のアメリカを敵にまわす気概が日本人にありますか?

僕はそれを確かめにニューヨークへ行きます。

同時多発テロは、僕たち日本人がはじめた戦いなんだ。




6 :papetman:2007/09/15(土) 13:40:40 ID:8m4T0LUe
さいごに

イスラム教が全世界を覆う日は近いっていうか、もうムハンマドが生まれたときにそうなってます。

僕たち人間がオギャーと生まれた瞬間に、人は宗教に帰依します。

”コーランは全てで最後の啓典”って意味わかりますか?

宗教が完成し、国家がなくなり、人類の輝かしい、グローバル化がはじまった瞬間です。

彼らにとって、そもそも”すべてが一つのルーツ”から成るんですから。

アメリカ人もイスラム教徒も”ナショナリズム”という”核”はないんです。

彼らはいいます、耳を覆う音、すべてがコーランだと。

荒れ狂う嵐、天災、地球の悲鳴。

全てアラーの思し召しなんだから。

根のないアメリカ人はそれをまったくわかっていない。

アルカイダは”アラブ社会””アメリカによる強制的措置”を徹底的に破壊しようとしているんです。

アラブ人もテロでたくさん死んでますよね。


7 :papetman:2007/09/15(土) 13:41:57 ID:8m4T0LUe
長い歴史の中で”イスラム”と”アラブ”は同化してきたのです。宗教にナショナリズムは必要ないから。

もっと広い視野で見ると、ビン・ラディン=ブッシュなのです。

ビンラディンとオサマビンラディンは例えると一つの鏡に向かい合って言ってます。

”グローバリズム”こそ”アラーの思し召し”だとは思いませんか?っと。

ちなみにコーランはアラブ人だけのものだそうです。

他国語には訳しちゃいけません。

それって矛盾してない?って思いませんか。

アラブっていうのは”コーランの民”って意味ですが、今ひとつの大きな国家集合体のような状態になってます。

色んな派ができ対立してきましたが、そもそもが”一つのルーツ”なはずなのに、おかしいですよね。

長い間の民俗習慣や変革、国家の形成やジハードでない戦争が、アラブ人の”アラー”への敬虔な思いや感性を奪ってしまった。

アラブ人はコーランを他国人に見せません。

アラブ人にならないと、コーランは読んじゃいかん。

オサマ・ビンラディンの敵は世界ではなく、アメリカによる侵略とアラブ社会そのものなんです。


8 :papetman:2007/09/15(土) 13:42:37 ID:8m4T0LUe
彼がアラブ以外のイスラム国家で、支援され続ける由縁です。

色んな国がアメリカ人の侵出を受けてますが。

僕は、日本の戦争がはじまった経緯を考えると、仕組んだのはひょっとしたらアメリカ自身なのではないかとすら考えてしまいます。

イスラム教徒は元々、ジハードを繰り返しながら、領土を広げてきました。”アラーは一つ”つまり全ての”国家””破壊”して、世界の教えを単一化させるために。

歴史を紐解くと、イスラム集団国家は現在のアメリカととてもよく似てです。他民族による統治国家だから。

今はアメリカがそれを真似して、色んな手段で成し遂げようとしています。

アメリカにだって沢山イスラム教徒が元々いるんです。

グローバル化は”世界調和”をもたらします。

それは自分たちのことだけじゃなく、地球規模で考えてみろ、明日雨ふるとか、奥さんのこととか、どうでもいいだろッ、夢でも見てろ!!って意味です。


9 :papetman:2007/09/15(土) 13:43:20 ID:8m4T0LUe
ちょっと親父から息子への説教のようですが…

全世界がイスラム教になるとすると、毎日定時拝まないといけませんな。

けど、コーランは読んじゃいかん。

まもなく、啓典の時代は終わり(別になくならないけど、それを超えるって意味)を迎えます。

もちろん僕らはアラブ人じゃないから、読む資格もないんだけど。

宗教に関心を持たれた方は四国八十八ヶ所へご案内しますので是非どうぞ。

僕の小説家的発想だと…



10 :papetman:2007/09/15(土) 17:45:39 ID:8m4T0LUe
オサマ・ビンラディンがつかまりませんが、僕の考えではアメリカ合衆国政府がかくまってます。

あの9.11の後、ある閣僚がイスラム界の彼に依頼したのだ。

そして、グローバル化と引き換えに、全てのアメリカ人がイスラム教徒になることを約束したのだ。

彼こそがアメリカ・グローバリズムのカリスマであり象徴だからだ。

テロが終わり、無知なアラブ人社会を完全に破壊するまで。

完全な世界調和こそが”アラー”の思し召しだから。そうラディンは告げて、狭い地下室へ入った。彼は病気だが、決して殺すな、全ての医療技術を駆使して、老いたラディンはそうして若返ったんだ。


11 :papetman:2007/09/15(土) 17:46:25 ID:8m4T0LUe
彼は死んでも、表舞台には姿を現さない。なぜなら彼はアメリカにいるのだから。21世紀のアメリカのグローバリズムの象徴そのものだからだ。

根のないアメリカン・ムスリムだけが本当の彼を知って見守っている。

彼こそが真の英雄と一部のアメリカのエリート官僚は知っている。

ブッシュはバカだから…おどらされている。

オサマ・ビンラディンが指示してやってるのでなく、武装したり単一主義に走ったヤツらが勝手にやってるんだろうか??

っとそこまでは分かりませんが。

もしほんまやったら芥川賞もんだな!



12 ::2007/09/16(日) 00:50:33 ID:???
もう一度、かの地の事を思い出してみよう。朝焼けの、唐突な紅い光のなか。何処からか、低く砂煙が流れては、何処かへと消えてゆく。
息を、吸い込み。わたしたちはホテルから一歩を踏み出したはずだ。旅の疲れは、ゆうべのマクルゥーバと甘い紅茶がすっかり癒してくれた。視を上げれば、 なつめやしの並木の向こうに、白々とした石壁、そして行き交う人々。
道から、道へ。
私たちの歩みも、それに混じって足早に。駐車場がみえてくる。
砂まみれの無造作に止められた車たちの周りで、何をするでもなく集まってきた男らが、煙草を吸い、茶を飲んでいる。
そして、青空。
これから向かう河べりで、自分はきっと郷愁のようなものを感じるであろうと想像していた。
文明発祥の地といわれるこの土地が今や見る影もなく砂漠の土地と化し。
資源も、産業も、文化も、その輝きを発揮する事が出来ないままに、血で血を洗う紛争の内に埋もれてゆき。
それでも悠久と流れる河の流れに、いのちの愁いを感じるだろうと、想像していたのではあるが。ゆうべ振舞われたのと同じ甘い甘い紅茶を啜りながら、思い思いに口ひげをたくわえた男たちが、こちらを眺め浮かべる表情は。
そうした旅行者の感傷をいぶかしむような、・・そして面白がってでもいるような。
はにかんだような、微笑。
駐車場の隣のアパートの塀ごしに。これから連れだって学校へ行くこどもたちがあげる喚声、笑い声。飼われている動物の息遣い。
まるで気圧されたように、それらの「現在/現実」のこの場所に、わたしたちはまたたいた。そう、
時は、歴史は、このように動いていたのだ。文明が発祥したといわれるこの土地の、豊潤だった大地を求めて集ってきたかつての人々も、確かにここにいたのだと。生きていたのだと。そして今、私は今、かつて彼等がいたようにここにいて、彼等も今ここにいて。
愁いのようなものはいつしか吹き飛ばされ、鱗がいちまい落ちたように透明になった視界に、彼等のうち一人が(ややいぶかしげに)車を動かそうかと語り掛けてきた。

そのあと、窓から吹き込んできた乾いた風は、アッサラーム、アライクム!アッサラーム、アライクム!

アッサラーム、アライクム!アッサラーム、アライクム!


13 :papetman:2007/09/16(日) 12:39:44 ID:MHZrxFT6
ビンラディンはアメリカのどっかにいて、
毎日みたいにブッシュや閣僚と会っている。
アメリカのグローバリズム達成までの間、彼の別の組織が、
協力すらしているかもしれない。
アメリカには色んな人種や宗教、そして莫大な資金が流入している。
アメリカの正義は結局、”金のため”に戦争をしているんだ。
あの国は”国家”というよりも資本が全ての企業だから。
夢を見てるような話だけど、実際あり得ない話じゃない。
”金のため”に無垢の人の命を売るような連中に、
僕は会わなきゃいけません。日本だけじゃない。むりやり開国させられて、
市場にされた国。民族紛争の中で、戦争のひきがねを引き、協力すらして、
武器を売るんだ。朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争、アフガニスタン戦争…etc
小さい規模ですんだはずなのに、無理やり大きくして、産業を発展さそうとしている。
原子爆弾の研究から、原子の理論をもちいて、僕らの電気ができるんだ。
身のまわりのものには、戦争のために開発されたものも少なくない。
人間の文化・産業成長の閉塞期には戦争がさらなる発展のキーワードになってるケースも少なくない。
一番の大国が戦争のきっかけに関与していないとは考えられない。小国は絶対に大国を侵略することはない。
大国が小国を飲み込んでいます。宗教はその逆で、小さい国から生まれ、大国にひろがり逆に流入してる。それはある意味、
ある国家が滅ぶとき、DNAだけが流れだして、侵略者と性交し、新しい文化が誕生するということ。キリスト教や仏教なんかもそうだろう。
げに世の中はおそるべし…。
イスラム教がアメリカを覆う日も遠くないのではないか。
現在のアメリカはアラーにおそれおののいております。
それこそが、帰依のかたちなんだ。畏れこそが神の教化なんだ。

僕はアメリカに平和を売りに行きます。
平和は日本の専売特許じゃないか。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 13:49:14 ID:nhytiysx
(・A・)イクナイ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 22:34:49 ID:???
同胞だと思ってたとか心底憎んでるとかねーから。
どっちもねーから。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 19:10:20 ID:INkTeZ/F
アメリカ万歳〜求I

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 20:09:55 ID:aYtg+YyO
ばんじゃーい

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 22:43:29 ID:rS3hW1Wr
さてもうすぐ命日ですね、イタチ共。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 00:28:48 ID:n2eGTlha
age

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/19(金) 19:42:00 ID:???
日本の帝国軍人は正々堂々戦った!
イスラムは誘拐と首切り、ハイジャック
イスラム教信者以外、人間ではない!悪魔の糞だ!
首を切断しアラーに頭部を差し出せ!

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 17:09:33 ID:???
お前もな

22 :NHK:2007/10/23(火) 18:15:32 ID:OwQguxXA
シオニスト政権イスラエルは、莫大な数の大量破壊兵器を保有し、
世界平和にとって、最大の脅威となっている

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 19:00:14 ID:???
CIAが育て上げカーライルとサウジ王家を結ぶ
やらせテロリストのビンラディンに日本を憎む権利なんてねーよ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 21:19:14 ID:yFizANbh
アラ助

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 20:43:56 ID:wuKdnTau
現実(外界)はそれを見る心(内界)の鏡
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1186284398/1-3

これ↑を読むと、100人中、
23人が ハァ?(゚д゚#)ワケワカメ とその理解力の限界を露呈し、
31人が 「これは犯罪者擁護論だ」と曲解し、
37人が、「この理屈ではコミュニケーションが成り立たない」と勘違いし、
6人が  ガビ━━Σ(゚□゚|||)━━ン!! とショックを受け、
2人が、「何を今更当たり前のことを」を鼻で笑い、
残る1人が、静かに悟りを開きます

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 16:19:30 ID:xEXU4ODz
豚どもにはアラーの呪いが降りかかるだろう。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 17:12:17 ID:MCnTeIMR
>>22
イランの放送ですか?
でも俺、ここ最近よく聴いてるw

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/26(金) 21:27:39 ID:xpUIQLA4
神なんていないし

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/05(月) 17:54:48 ID:rrmJnbu/
アラ豚には呪いが降りかかるだろう

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 00:21:54 ID:84KAlcfO
ハンドボールで卑怯なことすんじゃねえーー!

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 23:35:54 ID:???
イスラムを殲滅するには欧米の反イスラム感情を決定的に高める必要がある。9.11後のアメリカも
スペインやイギリスのテロ後の欧州もイスラム不信が強まった。中東では心強い殺戮の下手人候補イス
ラエルがナチスにやられた虐殺を転嫁してくれそうだが、まだ世界は偽善的な人道主義が覆っている。
ムハンマド風刺画事件もイスラム教徒への不信感を増幅した。しかしアメリカは民主化が旗印のため
殲滅できない自縄自縛でイラクも偶発的な虐殺しかない。イスラム教は人類世界の癌である。文明の
滅亡を防ぐためには、痛みを伴っても勇気を出して癌細胞を除去するしかない。イスラム地域は21
世紀の主役のインドや中国のような重要性はない。民族の能力ではなくたまたま石油やガスが湧いて世
界の癌が増殖した。イスラム移民はテロや暴動や犯罪の温床で、放置しておくと増殖・転移して文明
の死を招く。かつてのユダヤ人のような重要な社会的文化的役割もない。日本の優秀な科学技術も
癌の治療のための手術機器や放射線療法や抗癌剤や免疫療法として役立つことを望む。決定的な戦い
を始めるのに重要なのは世界を覆う深刻な経済的・社会的危機である。サブプライムローン問題で
根本的な解決が始まった。第2の世界恐慌で先進国も偽善の仮面が剥がれる。かつてのドイツの様に
絶望した大衆の憎悪を政治家が潜在的に敵意を持つ相手に向かわせる。今回は間違いなく鼻つまみ者に
して少数者のイスラム教徒である。彼らを一掃してしまえば広大な土地が人口過剰国からの移民先とし
て役立つ。女子供とて見逃してはならない。イスラム教徒は地球の癌細胞であるからそれを放置した
ままにすると再び不気味に増殖して病を再発させる。イスラム国を核戦争で倒しイスラム移民を捕ら
えてガス室へ送り、個人も銃器や刀剣を手にとって癌細胞を完全に消滅させなければならない。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 03:08:12 ID:PpSlcVyY
【アラーは変態!?毎日新聞がイスラム教を侮辱!】

> イスラム muslim site:mdn.mainichi.jp → hentai タグ記事あり
>
> 二番目に表示される記事
> "Fighting for freedom for Muslim women"
> 「イスラム教徒の女性の自由のために戦う」
> (毎日ニューヨーク、寺本敦子)

アラーの神を信じる者よ、毎日新聞によるこの最低の屈辱に耐えるのか!?
通報先:
Muslim Center Elementary School
mces786@cs.com

MAS Freedom Foundation
http://www.masnet.ort/index_publicaffairs.asp
mas4freedom@aol.com

参考記事
---
「悪魔の詩」を翻訳したことで筑波大学の教授が何者かに殺害
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%B5%90%E4%B8%80
1990年に反イスラーム的とされるサルマン・ラシュディの小説『悪魔の詩』を
日本語に翻訳した。1991年7月11日、助教授として勤務していた筑波大学で
何者かにより殺害(刺殺)された。15年後の2006年7月11日、真相が明らかに
ならないまま、公訴時効が成立

さらに我が国に不法滞在するイラン人達が異口同音、程度の差こそあれ今回
の五十嵐教授殺害を“神の声”として称賛

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/27(金) 13:52:46 ID:???
アメリカにはアラーの呪いが降りかかるだろう。

34 :ガブリエル:2008/07/10(木) 11:01:37 ID:6FFA5ZDa
『黙示録 第八章』 http://www.wcsnet.or.jp/~m-kato/bible/revelati.htm

01>8 小羊が第七の封印を解いたとき、半時間ばかり天に静けさがあった。

02>9 それからわたしは、神のみまえに立っている七人の御使を見た。そして、
    七つのラッパが彼らに与えられた。

03>10 また、別の御使が出てきて、金の香炉を手に持って祭壇の前に立った。
    たくさんの香が彼に与えられていたが、これは、すべての聖徒の祈に加えて、
    御座の前の金の祭壇の上にささげるためのものであった。

04>11 香の煙は、御使の手から、聖徒たちの祈と共に神のみまえに立ちのぼった。

05>12 御使はその香炉をとり、これに祭壇の火を満たして、地に投げつけた。
    すると、多くの雷鳴と、もろもろの声と、いなずまと、地震とが起こった。

06>13 そこで、七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

07>14 第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とが
    あらわれて、地上に降ってきた。そして、地の三分の一が焼け、木の三分の
    一が焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

     『四川大地震』
05>12 中華人民共和国中西部に位置する
    四川省アバ・チベット族チャン族、
    自治州?川県で発生した地震。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%B7%9D%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87


35 :ガブリエル:2008/07/13(日) 08:55:25 ID:XcSneO3Y
>>34つづき
福音書 第二四章には、聖人義人の空中携挙がこのように記されている。

31> また、彼は大いなる”ラッパの音”と共に御使たちをつかわして、天のはてから、
.........はてに至るまで、四方からその選民を呼び集めるであろう。
 
ヨハネの黙示録によれば、ラッパを吹くのは天使である。 ということは・・・

聖人義人が空中携挙されるときは、黙示録 第八章7のときである。

01>8 小羊が第七の封印を解いたとき、半時間ばかり天に静けさがあった。

07>14 第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とが
    あらわれて、地上に降ってきた。そして、地の三分の一が焼け、木の三分の
    一が焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

天使のラッパとは、つまり戦争のことで、聖人義人が空中携挙されるのは、そのときです。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/13(日) 19:18:43 ID:WNkl4YZP
 

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/31(木) 14:03:22 ID:xZhWdSQA
  

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/03(日) 23:42:05 ID:???
ジャパンにはシナーの呪いが降りかかるだろう

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/05(火) 06:15:20 ID:???
ムハンマドが最後の預言者であるとアッラーはおっしゃられた
新たにアッラーから預言がくだされる事はない
よって1が言っている事は正しくない

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)