5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

某病院のガン病棟から退院して来た

1 :geshi:2008/07/06(日) 07:52:59 ID:yAXjG/J40
昨日、県立の某巨大病院のガン病棟から退院してきたんだが、
経緯を書いていこうと思う。

ちなみに、スペック。
男、27歳、介護の仕事をしている。

2 :geshi:2008/07/06(日) 07:59:34 ID:yAXjG/J40
一番最初は2年前のこと。
いつものようにブックオフで立ち読みしていたのだが、徐々に頭が痛くなってきた。
マンガでも読んで紛らわせるとか、そういうレベルじゃないぐらい痛くなっていってる。
それ以前にも頭痛のすることはあったのだが、ここまでヒドイのはなかった。
とにかくどこか病院に行こうと思ったんだが、間の悪いことにその日は土曜日。
どうしようか迷ううち、痛みはどんどん強くなっていく。

3 :geshi:2008/07/06(日) 08:08:14 ID:yAXjG/J40
車を運転するのもギリギリな状態で家に帰り、タウンページで病院を探すも、どこも開いてやしない。
ようやく見つけた内科の病院に直行し、診てもらったが、鏡を見て驚いた。
顔の右のこめかみの所が、半径3cm・高さ3cmぐらいの大きさに腫れていたからだ。
こんなもの見たこと無いと医者も困惑していた。

4 :geshi:2008/07/06(日) 08:15:11 ID:yAXjG/J40
とりあえず、2〜3時間で痛くなった事を説明したが、「専門の所で診てもらわないと」との事。
痛み止めの薬を処方してもらい、帰ることにした。

――が、病院の隣にある薬局で薬をもらう間に、一気に痛みが引いていって、腫れも収まっていたのだ。

5 :geshi:2008/07/06(日) 08:21:13 ID:yAXjG/J40
これはもう、逆に怖い。ずっと痛みがあったり腫れがあったりした方がまだマシ。
薬も飲まずに勝手に治っていくなんて、自分の体はどうなっているのかと思う。
何の病気でどういう症状が出ているのか不安を持ったまま、数日が過ぎた。

6 :私事ですが名無しです:2008/07/06(日) 13:39:04 ID:???0
気軽にお疲れとか言うのも違う気がするんだが
とにかく退院おめでとう!

7 :geshi:2008/07/06(日) 19:25:30 ID:yAXjG/J40
数日後の休みの日に病院(今回入院したところ)に行くことにした。
頭痛から連想して脳外科に。「脳外科に通院」といっただけで、滅茶苦茶怖い。
もう検査の間中、ずうっと恐怖心いっぱいだった。
X線撮影だけだったらまだ安心感があったんだが、CTスキャンもやることになった。
CTスキャンまで使わなくちゃいけないようなオオゴトなのか、と不安あおられまくる。
すでにこの時点で死の宣告を受けたような気持ちになっていた。

8 :私事ですが名無しです:2008/07/06(日) 22:14:20 ID:???0
2年前ってことは、初発2年前?
で、今回再発なんだろうか。

9 :geshi:2008/07/06(日) 22:25:06 ID:yAXjG/J40
4時間以上かかった検査の末、何故か皮膚科へと回されていた。
そして結果は「皮膚と頭蓋骨との間に骨のような腫瘍があります」との事。
腫瘍自体は良性のもので、取っても取らなくてもいいものらしい。
腫れたのは、腫瘍の周りが炎症を起こしたのではないか、という話だった。
一安心している所に医者から質問があった。「それで、すぐに手術して取りますか?」
やらなくていい事はできるだけやらないでおくという主義がここで発揮された。
答えはもちろん、NO。そして意気揚々と病院を後にしたのだった。

2年後の悲劇など、その時には思いも寄らなかった。

10 :私事ですが名無しです:2008/07/07(月) 01:12:39 ID:???0
うーん。どういうことだろ。
ガン病棟っていうけどガン病棟じゃないのかな?


11 :私事ですが名無しです:2008/07/07(月) 01:41:33 ID:???0
いわゆる悪性新生物なのか、それとも良性腫瘍だったができた位置が悪かったため手術が大変だったのか、
そのあたりによって、「退院」の意味が違うな。
前者なら、もう後1年ぐらいしか元気で居られる期間はないだろうし、
後者なら、一安心だが、、、

12 :geshi:2008/07/07(月) 10:34:22 ID:jC0Ax5pQ0
心配してくれてありがたいが、うぷ主はガンではない。
ただ、嘘はひとつもついていない。(記憶違いはあるかもしれないが)
それじゃあ、続きを書いていく。

13 :geshii:2008/07/07(月) 10:40:14 ID:jC0Ax5pQ0
2年間は時々頭痛と頭の腫れが起こることがあったが、市販の頭痛薬を飲んで紛らわしていた。
うまいぐあいに短時間で腫れ&痛みは引いていた。
しかし、今年の5月のこと。
また頭痛と腫れが襲ってきた。いつものように頭痛薬を飲んだんだが、2時間3時間たっても痛みが治まらない。
間の悪いことにその日は日曜日。何とか我慢しようと思ったが、我慢できるような痛みじゃない。
硬いテーブルに頭を思い切りぶつけたような痛みがずっと続いた。

14 :geshii:2008/07/07(月) 10:48:32 ID:jC0Ax5pQ0
どうしようも無いので、緊急外来へと直行し、診察の末、強力な痛み止めをもらった。
そして、できるだけ早く再診を受けるように、と言われた。
で、次の日病院にいくと、またX線とCTスキャンの検査を受けるとの事。
2回も同じことやらせんな、と思いつつも、また半日仕事で検査を受け、ようやく病名が判明した。
その名も、「類上皮腫」。

15 :geshii:2008/07/07(月) 11:31:35 ID:Qxmn7f1P0
「類上皮腫」とは皮膚の下にゴキブリなどが卵を産み付け
体内で虫などが繁殖してしまう病気。
私の手術の時も切除したら数百匹のゴキブリがうじゃうじゃ出てきた。
看護士さんたちの悲鳴と手術室を走り回っているだろうゴキブリで
私はあの場から逃げたかったw

16 :私事ですが名無しです:2008/07/07(月) 12:45:59 ID:sqCJYRapO
嘘はついてないな支援
>>15
想像したら飯が食えなくなった…

17 :ウサワカメ:2008/07/07(月) 13:15:28 ID:???0
いいスレですね。

18 :私事ですが名無しです:2008/07/07(月) 15:06:37 ID:???0
おいおい、>>15は偽物だろw

19 :geshi:2008/07/07(月) 21:50:24 ID:jC0Ax5pQ0
>>18さん、その通り。
>>15は「私」という主語を使っている(うぷ主は主語を使っていない)し、文を句点で区切っていない。
もうちょっと上手く騙そうよ、>>15
ただし、>>13はうぷ主の単なる間違い。すみません、ややこしくて。

で、「類上皮腫」の正しい説明。
人間は生まれるときに元々は頭蓋骨が割れている。
さすがに新生児の頭でも、そのままだったら産道を通れないので、そうなっている。
その割れた頭蓋骨がくっつく時に内側の皮膚を食い込んでしまい、それが長年たって腫瘍として出てくる。
珍しい病気ではあるが、命には一切関わらない。

20 :私事ですが名無しです:2008/07/08(火) 00:53:56 ID:???O
>>15が偽なのはわかってる
病名と内容が違っていてもだ
内容を想像したら気持ち悪くなった…

21 :geshi:2008/07/08(火) 11:58:57 ID:SHbS3WVG0
痛みが続くならいっそのこと取ってしまおう、というわけで、手術することに決めた。
その日は痛み止めと化膿を抑える薬をもらい、1週間ほどで腫れ&痛みは引いた。
週一ペースで通院し、手術手順やら入院予約やら諸々のことを決め、1ヶ月が過ぎた。
そして、手術1週間前、突然医者がこう言い出した。
「違う病院のベテランの先生に聞いたところ、頭蓋骨の中と繋がっている場合があるそうです。
なので、MRI検査を受けて、繋がっていないか確認しましょう。
ただ、MRI検査の結果が出ないと、麻酔のための血液検査ができないですね……。
どうしましょうか?」

22 :私事ですが名無しです:2008/07/08(火) 14:28:00 ID:???0
>>1
余計な御世話ですがトリップ付けた方が良いかもしんない。

23 :私事ですが名無しです:2008/07/08(火) 15:44:39 ID:+rjbV/sR0
続きが気になる

24 :geshi:2008/07/08(火) 19:28:19 ID:SHbS3WVG0
「もっと早く言えよ。こっちはもう職場に休みの届け出してんだよ。」
そういった意味の事をやんわりと言うと、緊急で検査を入れる事に決まった。
MRI検査当日、病院に向かい、早速検査へ。
パン一&緑のローブに着替え、腫瘍が写りやすいように造影剤というのを点滴される。
だが、検査の医者が注射下手で、ズキズキ痛い。
30分位かかるという話を聞き、さすがに「痛いんですけど」と言って、違う医者にやり直してもらった。

25 :geshi:2008/07/08(火) 19:35:06 ID:SHbS3WVG0
しかし、検査結果を向こうから連絡してくれるという訳が無い。
仕方なく手術直前の休みに通院すると、「大丈夫です。中と繋がっていません。」との事。
繋がってたら頭蓋骨まで開けなくちゃいけないんじゃないか?
そうなると休みの予定が狂うから、手術は延期になるか?
そんな不安も吹き飛び、準備万端、手術当日を迎えた。

26 :私事ですが名無しです:2008/07/08(火) 22:08:50 ID:???O
4円

27 :geshi:2008/07/10(木) 22:15:20 ID:0QdFQHlY0
手術の日は朝から飲まず食わずで親と一緒に病院に向かった。
手術(全身麻酔)中は親族がいないと駄目だそうなので、別にマザコンだからではない。
入院手続きをすると、事務の人から予約とは違う病棟に行くように言われた。
指示された病棟は、いわゆるガン病棟だった。
何故?という疑問は湧いたが、聞く前に病室へ案内する係の人が来て、そのままにしてしまった。
指定された病室に着き、「病棟のナースが来るまでしばらくお待ちください。」と言い残して係の人は去っていった。

28 :私事ですが名無しです:2008/07/10(木) 22:18:25 ID:???O
リアル4円

29 :私事ですが名無しです:2008/07/11(金) 21:39:30 ID:???O
尻切れ蜻蛉かよ

30 :geshi:2008/07/12(土) 02:56:18 ID:XlfY8neB0
ナースが来るまでの約30分、恐怖と疑惑しか無かった。
隣で待つ親を見て、「こいつは何か隠そうとしているんじゃなかろうか」と思った。
親に対してあそこまで疑いを持ったのは、初めてのことだ。
で、ようやくナースが来て説明を聞くと、何のことは無い。
ただ病室が救急の患者でいっぱいになったから変更した、ということだった。
そんな単純なことと分かると、現金なもので、手術なんて全く恐ろしくないと度胸が据わった。

31 :私事ですが名無しです:2008/07/12(土) 10:46:17 ID:???O
たいした話でもないのに何日かける気だ?
メモ帳に全文打ってからまとめて張り付けろや

32 :私事ですが名無しです:2008/07/12(土) 17:23:00 ID:???O
>>31
言いたい気持ちはわかるが黙ってまちなさいよ

33 :geshi:2008/07/14(月) 15:23:54 ID:+bNlR9vq0
午後一番で手術という事になり、緑色の手術用ローブとリハビリパンツを着てナースと共に手術室に向かった。
道中、「緊張しないですか?」と聞かれ、とたんに緊張し出した。
手術室は大元の扉があり、中でいくつかの部屋が廊下でつながっていた。
ところが、手術室に到着してから、手術台が無いことが判明した。
和やかムードに緊張が取れ、運ばれてきた手術台に乗り、麻酔で眠りに落ちた。


34 :geshi:2008/07/14(月) 15:32:43 ID:+bNlR9vq0
目が覚めたのは手術が終わって部屋を出たところだった(と思う)。
途切れ途切れの記憶では、病室に運ばれた時に、何を思ったか自分で立って移動しようとした。
それからしばらくして、猛烈な吐き気で目を覚ました。何も入っているものが無いので、出るのは唾だけだが。
出すもの出してすっきりすると、今度は滅茶苦茶寒い。厚い布団を掛けてもらってもまだ寒い。
親に冬用のパジャマを所望し、またしばらく睡眠。そして目が覚めると、寒気はなくなっていた。

35 :私事ですが名無しです:2008/07/14(月) 20:22:23 ID:???O
再会来たね
続き頼むよ!

手術室って独特だよな
手術したことないけどさ、仕事で古い手術室に入った事があるけど怖いわ

36 :私事ですが名無しです:2008/07/14(月) 21:19:21 ID:???0
>>34
大量出血すると寒くなるんだよ
あと、術後には高熱がでるね

37 :geshi:2008/07/16(水) 03:42:51 ID:jkPEqffF0
完全に覚醒すると、頭の右側にパックがあって、管で手術部分とつながっていた。
医者の説明だと、これで血抜きをしているらしい。
その時に知らされたショックなことは、夕食を食べられないことだった。
水分も術後4時間経たないと飲めないという話。
親が帰ってからは持ってきた本・DS・PSPで空腹と飢えを紛らわせた。
手術後初めて飲んだポカリの旨かったのなんの。

38 :私事ですが名無しです:2008/07/16(水) 04:51:10 ID:FzE1DrpA0
>>15
このヘンな生き物はあなたの顔にもいるのです。たぶん。
http://jp.youtube.com/watch?v=GiHtUFuGgSA

39 :ゆか ◆tkZ5ypnXlE :2008/07/16(水) 05:18:36 ID:???0
少しずつ、マイペースに話せばいいさぁ>>1

けれど、よく覚えてるね。感心する。
私も>>1に比べたら大した手術じゃないけど去年二回受けた。
全然、覚えてないwww
スースーと冷たい麻酔で、スースーするよって麻酔医に言われて、
あっ、スースーするって言ったらもう気絶したことくらい。
オペ室でオペ看護師さんや先生と話したことも緊張でうわの空w

ゆっくりでいいから頑張って続けてくださいね!!>>1

40 :私事ですが名無しです:2008/07/16(水) 07:08:06 ID:0wgstCiK0
沖縄天下一武道会 けっこう盛り上がったハンマーフックで殴り合いのキックボクシング映像
http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080713103141_1.htm

41 :私事ですが名無しです:2008/07/16(水) 20:07:24 ID:???O
>>39
そんなに何度も中絶ばかりすると
ホントに産めないカラダになっちゃうんじゃないの?
もっと自分を大切にしようよ

42 :ゆか ◆tkZ5ypnXlE :2008/07/17(木) 03:34:53 ID:???0
あちゃーw
一度も身ごもったことないでつよ。マジです。ハイッ!!

43 :geshi:2008/07/17(木) 22:39:46 ID:wO8+TXHI0
あと、親が帰ってから起こった重大事件。ションベンがしたくなった。
けれど、医者からは安静にしておいて下さいと言われている。
ナースに「車椅子でトイレまで…」と頼んだが、駄目との事。
で、尿器(尿瓶)にすることになった。
ナースの「手伝ってア・ゲ・ル」的な展開は無く、自分で持ってやることに。
けれど、膀胱がパンパンなのに、いつまで待っても出やしない。
強引に出す意識で力を入れるとようやく出た。が、無茶苦茶チ○コが痛い。

44 :geshi:2008/07/17(木) 22:46:39 ID:wO8+TXHI0
ナースに聞くと、答えて曰く。
全身麻酔を行ったため、尿道に管を入れていた。
それが尿道を傷つけて痛みが出る。

まあ、そんな説明を聞いたところでこの痛みはどうしようもない。
自由に歩く許可が出て初めて行ったトイレで、膝から崩れ落ちそうになった。
こんなもの取れてなくなってしまえばいいと思うほどの激痛。
もしかしたら、今回の事の中で一番きつかったのはションベンの痛みかもしれない。

45 :私事ですが名無しです:2008/07/17(木) 23:00:56 ID:???O
私怨してっから時間有るときに続きたのむよー

46 :geshi:2008/07/18(金) 20:23:35 ID:snp5eao70
出歩くこともままならず、ただ本を読む、DSをやる、PSPをやる、で時間を潰した。
その間、隣のベッドから、爺さんと付き添いの婆さんらしき声がずっとしていた。
「痛くてたまらない」「分かったから静かにしろ」といったやりとりを毎十分ペースでしている。
ただ、こっちは職業柄うるさく言う人には慣れているから、特に問題なく寝れた。

47 :geshi:2008/07/21(月) 22:35:51 ID:/bk12VNC0
2日目の朝。一日抜いたあとの朝食は美味かった。「空腹は最大の調味料」とスパイク・スピーゲルが言うとおり。
ぼけ〜っとしていると、唐突にナースから、「部屋を替わりますか?」と聞かれた。
あまりに突然だったので、つい「入院する人がいるんですか?」と聞いてしまった。
部屋替えの理由は、隣の爺さん。どうやら病院サイドでもうるさいことは分かっている様子。
で、別な部屋に行った方がいいのでは?との事。
特に拒否する理由も無いので、別な部屋へ行った。
同室者は検査入院中らしきおっちゃん。が、この人もけっこうブツブツ独り言を言う。
意味無いな、と思いつつ、2日目は過ぎた。

48 :私事ですが名無しです:2008/07/22(火) 10:55:44 ID:???0
まだ続いてたのかw
手術って大変なんだよな

49 :geshi:2008/07/23(水) 22:05:13 ID:fgDpNypH0
3日目、退院予定日。が、担当医が救急の対応に回ったとの話で、なかなか来ない。
本は読み終わりDSの電池も切れ掛かり、しかも予定がずれ込んだせいで昼飯も出ない。
仕方なしに買って戻ってくると、間の悪いことに買い物の間に来ていたらしい。
飯を食い終わり、とうとう頭の管が抜かれる。頭が内側から引っ張られる感じは妙なものだった。
ここで予想外のことになった。傷を押さえつけるために頭が包帯でグルグル巻きにされたのだ。
前に聞い時はすぐに仕事に戻れるという話だったが、これで仕事ができるのかと不安になる。
退院後、その足で職場に向かうと、「帽子をかぶれば働いても大丈夫」との事。
大きな不安を抱えつつ、休み明けに職場に向かうと、やはり注目の的だった。

50 :geshi:2008/07/23(水) 22:14:35 ID:fgDpNypH0
帽子をかぶったまま働く熱い日々が過ぎた。
1週間後、抜糸の予定を立てた日。その日はあいにく仕事の日だった。
病院に電話して後日にできないかと聞くと、「後になると、抜糸するときに痛いですよ」との事。
痛いのはもう勘弁なので、早めにあがらせてもらい、病院へ。
抜糸は10分もしないでちょちょっと終わり、ついに病院通い生活は終わった。
後から考えると、なかなか得がたい体験だったと思う。

これにて話は終わりです。遅筆ですいませんでした。

51 :ゆか ◆tkZ5ypnXlE :2008/07/25(金) 01:30:48 ID:???0
>>1
レポありがとう。読みごたえありました。
>>39にも書いたけれど私もけっこう最近、手術受けてたから
レポ読みながら自分の時のこと思い出してました。

術後、最初に口にする一滴は本当に美味しいですよね。
前夜からの絶食、術前数時間前からの絶飲。
その上、全身麻酔明けでケダルい時に口にする飲み物は
美味しいなんてものじゃなく極楽って感じですよね。

読んでて思い出したのはCTとMRI。
私も術前検査で受けたけれど、痛かった。
針も太いし、造影剤が血管通る時のガラス刺さるような痛み。辛かったなぁ。
私の場合、CTの時、造影剤合わなくて具合悪くなったし。

術後、器具外れて、最初のトイレも思い出した。
私は遠慮して自分で歩けますって歩き出して、
麻酔残ってて廊下で転びかけて看護師さんに助けられましたw
遠慮とか無茶とかしたらダメなんだなぁって学んだw

それにしても3日で退院とは早くて良かったですね。
私は抜糸後の退院だったから元気なのに暇で仕方なかったよ。
朝から晩まで病院内、徘徊して過ごしてたw

手術受けて、二年間も続いてた頭痛治って良かったですね。
仕事もバリバリみたいだし。
元気に介護の仕事頑張ってくださいね!

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)