5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山月記の読書感想文

1 :sandisk:2008/08/03(日) 15:15:38 ID:9UVLPgrm0
誰か山月記の読書感想文を800字程度で書いてください。
お願いします。

2 :恋するうさぎくん ◆nZ/.oxVi.k :2008/08/03(日) 16:59:32 ID:???0
いやです

3 :( モェモ) ◆MOEuuytwis :2008/08/03(日) 21:38:42 ID:IJAgOkTU0 ?2BP(30)
これがほんとの

 3 G E T S 記 

4 :私事ですが名無しです:2008/08/04(月) 00:09:24 ID:i0wXlgab0
袁さんに襲いかかったときは虎としての李徴だったはずなのに、一瞬で人間としての李徴に戻り、叢の中に隠れたのはすごいと思った。
今まで虎になってから人を食べてきたのに友達に気付くことができたのは、それはまだ人間の心が残っていたからだと思う。
李徴は虎になってから、本当の人間の心が目覚めたんだと思う。「袁さんが嶺南からの帰途には決してこの道を通らないでほしい。」という李徴の頼みはとても印象的だった。この頼みはとても辛いものだと思う。
やっと会えた人なのに、もう道を通らないでほしいと願う心情、もう一生会うことはないというのに。これから李徴は一生一人で生きていくのだろうと思って悲しくなった。
袁さんの性格が穏和だといっても彼以外にも穏和な人なんていると思う。だから、袁さんには特別なものがあると思った。その特別なものとは何かと考えた。
そういえば袁さんは虎になった李徴と草むらを間にして話していた。いつ襲いかかってくるかもしれないのに袁さんは李徴と話して願いを聞いてあげて、本当の友達だと思っていたんだなと思った。
そして最後の場面、虎になった李徴が二声三声咆哮したのは、話を聞いてくれた袁さんへの感謝とさよならを言っているように感じた。
それと同時に李徴はこれからどうやって生きていくのだろうと思った。李徴は苦しいと思うけど、虎になってよかったのかもしれない。
人間らしさを人間のままで失うよりも、虎になっていても人間らしさを取り戻す方が、よいのでは、と。
李徴は少しずつ人間の心を失って本当に虎になっていってるけど、私は李徴が人間に戻りたいという気持ちが強ければ人間に戻れると思う。
李徴は心を打明けて人に話せたのだから、新しい何かを見つけて人間に戻れると思う。

5 :私事ですが名無しです:2008/08/04(月) 01:41:53 ID:F7CrRIck0
李微って官吏登用試験に合格しているんだから超エリート。
普通に暮らしていれば、そこそこ贅沢でいい暮らしができるはず。
でも、残念ながら、自分の力以上のものを望もうとして、駄目になっちゃった。
自分の能力を見極めて、それにふさわしい生き方をしなさい。という説話でしたとさ。

原稿用紙が埋まらないので、まあ、ちょっと現代社会に当てはめて考えてみる。
自分の個性とか、才能とかが、優れているって思い込んじゃうと、悲劇だよね。
ニートとか引きこもりとか、モンスターペアレンツとか、
自分の能力にふさわしい待遇を社会が与えてくれないって、
片方では社会とかかわりをたち、片方は社会に対し理不尽な要求をする。
一握りの人を除いて、誰もそんな特殊な個性とか才能とか持っては居ないんだ。
個性とか才能とか持っていない人は、それなりの、扱いしか受けることはない。
その残酷な事実を、直視できないから、虎になったり、発狂したり、
無差別殺人したり、ホームで人を突き落としたりするんだろうね。

まあ、個性とか才能とかを持っていない人が受けるそれなりの扱いってのが、
派遣労働者で雇用不安で、結婚して家庭を持つとかいうのは夢のまた夢で、
健康を害したらすぐに家を失う恐れがあるよ。
っていうそういう時代だからさ、直視できないのは無理ないんだけどさ。

ああ、なんか近所のおっちゃんが言ってました、「年を取ると考え方も変わる。諦めがでてきて焦りを感じなくなる。
悲しいことだけど、そうでなければ、生きていけないように神様がちゃんと創ってくれているのかもしれないな。」
ってね。

6 :私事ですが名無しです:2008/08/10(日) 22:08:28 ID:???0
で、1はどんなの書いたの?

7 :私事ですが名無しです:2008/08/10(日) 22:35:46 ID:???0
7

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)