5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】 福田首相「洞爺湖サミット途中で衆院解散するわけにはいかない」 予算案審議を優先 「話し合い解散」の可能性否定せず

1 :ランボルギーニちゃんφ ★:2007/12/15(土) 09:59:44 ID:???0
★首相「洞爺湖サミット途中で衆院解散できず」−予算案審議を優先(3)

 12月14日(ブルームバーグ):福田康夫首相は14日午後、首相官邸で内閣記者会の
インタビューに応じ、自らが衆院解散・総選挙に踏み切る時期について、
「今、解散をうんぬんする時期ではない」と述べ、早期解散に否定的な考えを示した。
その上で、公明党が2008年7月の主要国首脳会議(北海道・洞爺湖サミット)以降の
衆院解散を求めているが、との質問に、「まさかサミットの途中で解散するわけには
いかない」と語り、解散を洞爺湖サミット後に先送りすることに含みを持たせた。

 首相は、「まずは予算編成して、その予算の審議などがある。
これは国民生活に影響を与えないということで、きちんとやっていかなければならない。
これは野党にもご賛同いただけると思う」とも述べ、08年3月末までの
08年度予算成立を念頭に、それまでの解散の可能性を排除する姿勢をにじませた。

 首相は、「解散権を行使するかどうかは、いろいろなことを考えてからやらなければならない。
国会の状況次第で考えればいい」とも言及。野党と協議した上で実施する「話し合い解散」の
可能性を問われると、「いわゆる話し合い解散は、国会で審議して、どういう審議情勢になるのかだ。
野党がどう考えるかであって、これも今から予想するのはなかなか難しい」と答え、
可能性は否定しなかった。 (以下略)

Bloomberg(抜粋) http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003008&sid=a3GXrSrFjo30

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)