5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【材料】強くて安い鋼を物質・材料研が開発 結晶100分の1、温度低くても壊れない

334 :名無しのひみつ:2008/05/31(土) 21:47:56 ID:35i0xfRN
>>332
でもさぁ、重水素雰囲気に置くことによって、核融合が進むということは、素晴らしい発見だと思う。
(陽子・中性子を加速器でぶち当てるようなもんだよね、単に勢いの有る陽子・中性子をちょっと当てるか、
沢山の陽子・中性をゆっくり当てるかの違い)

そもそも何故放射性元素が、崩壊するかというと、不確定性原理から導き出される、
トンネル効果だよね。で有れば、逆トンネル効果が有ってもいいわけだ。逆向き(核融合)が
起きないというなら、それなりの機構を提案するべきだけど、だれもそんなことはしていない。

もちろん90年代にセンセーショナルに騒がれた、常温核融合でエネルギーを無尽蔵に得られるって
話は夢物語で有ったけども、元素変換が常温で行えるというのはそんなに夢でもないと思うよ。
常温で放射性同位元素が崩壊するんだから、陽子リッチな環境(HやDが金属格子に入り込んでる状態)
なら、放射性同位元素の元素崩壊のオーダーで核融合が有っても良いと思う。これを精密に測定出来れば
大きな加速器を使わないでも、核力の計算も出来たりすると思う。

後、6年くらい前に、常温核融合は、D+D→Heの反応ではなくて、D+Ni(電極)→Fe+He反応じゃないか
と2chに書いたんだけど、あれから数年でそう言うことになってて笑った。
俺って頭良いと思う。

で、何が言いたいかというと、吸熱機構だったとしても、吸熱剤としてエントロピーを回収出来るので、
存分に意義が有ると思うということ、原子炉の高レベル廃棄物を重水素雰囲気で保存しておけば、
ウランを回収出来るとか、素晴らしい話じゃないか、自然崩壊で発生する熱の問題も、解決出来るし。

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)