5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医学】すべてのインフルエンザに効くワクチンのテストが始まった

1 :おいんくφ ★:2008/09/07(日) 10:55:45 ID:???
例年悩まされていたインフルエンザを終わらせる画期的なワクチンの開発を
イギリスの研究者がテストしています。

それは従来のワクチンとは違い、ウイルスの異なった部分を狙います。
(ウイルス毎に毎年ワクチンを変更する必要は無い事を意味します)。

うまくいったら、オックスフォード大学の研究者によって開発されたワクチンは
インフルエンザが世界的に広まった時に大変役に立つ武器になるでしょう。

専門家がその様なワクチンを示し、インフルエンザ研究者が目指す「聖杯」でしたが
それには長い道のりがありました。

研究者のリーダー(サラ・ギルバート博士)は、
「今までのインフルエンザ・ワクチンはウイルスの膜の外側にある
 HとNタンパク質を刺激するように設計されています。
 しかし、これらのタンパク質は変異していくので
 毎年、ワクチンはこの変質に基づいて再設定化しなければいけません。」

それで、研究者は膜の中のタンパク質に合わせたワクチンを開発しました。
このタンパク質はどの異種系統でも同様だからです。

ワクチンをウイルス内部まで運ぶのには弱められた天然痘ウイルスを使用します
これは、マラリアワクチン等で既に使用された技術です。

ウイルスが細胞に入り増殖を始めたら
タンパク質1と核蛋白と呼ばれるこれらの内側のタンパク質が免疫システムに知られ
T-細胞と呼ばれる特定のタイプの免疫体がそれらに遭遇すると
内部タンパク質を含む細胞を認識し、破壊します。

ソース:BBC NEWS 2008年 9月5日 16:00
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/7577501.stm

関連スレ:
【医学】インフルエンザ新薬に道?ウイルス増殖の仕組み発見
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1215690337/

誤字誤訳がありましたらお詫びいたします。
>>2以降に続きを張ります。

2 :おいんくφ ★:2008/09/07(日) 10:56:23 ID:???
>>1の続き

テスト

初めは、12人のインフルエンザに感染された人々で有効性をチェックし
さらに投与量をテストするために予防注射もされるでしょう。

ギルバート博士は、それらがうまくいくなら
インフルエンザ・ワクチンが使用されている方法を変える事が出来ると言いました。

「毎年新しいワクチンを作らなければならないので皆に摂取するほどの量はありません。」

「このワクチンで私達は、誰もに予防接種させる事ができました
それは麻疹の様に症状を見ない状況です。」

世界的な流行病の場合では、あらかじめ次に大発生するインフルエンザを特定するのを
待つ事も無くワクチンの備蓄をすることができました。

ワクチンは5-10年に一度の摂取が必要でしょう。
しかし、これにはまだテストが必要であると言いました。

また、同様のアプローチがHIV、TB、マラリア、および癌にさえ
使用される事が出来るのではと望まれています。

ジョン・オックスフォード教授、クイーンメリー号のインフルエンザ・ワクチンの専門家、
ロンドン大学はその様ようなワクチンが「究極」であると言いました。

「しかし、それを手に入れるのはかなり難しいです
それは、運任せになるかもしれません。」

「すべての種類のワクチン製作を試みる人々がいます。」

彼は、毎年異なったインフルエンザ・ワクチンを製造しなければならないのが、
製薬会社の「巨大な負担」であると言い足しました。

「このチームは、このタイプのワクチンの経験があるので、何時の日か完成するでしょう。」

以上です。


3 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 10:58:38 ID:wMzbH5ai
世界人口10億人減らすように上から言われてるのになんてことするんだよ、、、

4 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 11:01:46 ID:wabb+A2b
これはすごい

5 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 11:03:22 ID:tMFBZ5g8
AIDSつくったりSARSつくったり、忙しいこった

6 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 11:07:15 ID:qT2R+OQu

アイアムレジェンド?

7 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 11:08:12 ID:9X4xZJuf
>彼は、毎年異なったインフルエンザ・ワクチンを製造しなければならないのが、
製薬会社の「巨大な負担」であると言い足しました。

これで儲けたてたんじゃないの?


8 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 11:12:27 ID:JGnWYkZU
〜20年後〜
インフルエンザを超えるスーパーインフルエンザが生まれた。
致死率99%の恐るべきウィルスだ。
こうして人間は自らの手で滅亡の道を歩んだのだった

9 : ◆oink/m.8yc :2008/09/07(日) 11:15:05 ID:a3tPiL9d ?2BP(0)
>>7
それで、儲けもしたでしょうが。
やはり毎年新型のワクチンを作るのは大変なのでは無いでしょうか?

万能型が完成すればそれこそそれだけ作れば良いのですから
研究費なども抑えられますからね。

>>8
耐性型の発生・・・ありそうですよねぇ

10 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 11:21:36 ID:9X4xZJuf
耐性を持つウィルスはワクチンで殺そうとしたけどウィルスがなんとか
生き延びてそれが耐性を持つようになるわけで完全に殺すことが出来れば
耐性をもったウィルスはでてこない。


11 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 11:24:02 ID:Yh31/Yt4
>>10
中途半端に薬を使えば、完全に殺すことができず、
体制ウィルスがでてくる、


12 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 11:26:00 ID:TwWYSHtd
んー・・・なんか恐いな

13 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 11:28:01 ID:Mc9KyacX
その内バイオハザードの細胞再生ウィルス T-ウィルスが出てきそうだ

何か恐いな

14 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 11:44:22 ID:sKCFxlDe
「12匹の猿」で実験するのか?

15 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 12:18:17 ID:iHft2jYz
それでもウイルスは変異して、やがて効かなくなる。
なぜなら、もし永久に効果があるなら、変異の基本的部分が否定され、
人類が変異によって進化してきた事とつじつまがあわなくなるから。

16 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 12:21:18 ID:T0D8p5zR
> しかし、これらのタンパク質は変異していくので
> 毎年、ワクチンはこの変質に基づいて再設定化しなければいけません。」

ワクチンが進化している・・・!


17 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 14:02:47 ID:017dMmPl
認知症のトラミプロセートみたいに、掛け声(業者が大々的に宣伝、NHKすら取り上げた)だけで
「第3治験でアウト」ですっ呆けて、調べたら終わってたみたいじゃ困るんだけど。

18 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 15:15:54 ID:AIq8CXra

何のために脊索動物(生物・細胞組織体)は、
「抗体産生システム(液性免疫機構)」を発達させたんでしょうかね?w

生物学の基本(細胞組織の発生発達進化)を知れば、
そういう「万能ワクチン」の発想がいかに眉唾であるかよくわかる。

19 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 15:16:56 ID:AIq8CXra

639 名前:名無しゲノムのクローンさん[] 投稿日:2008/09/07(日) 05:00:47
所詮、Robert Webster の使い走りじゃろ

http://infectiousdiseases.about.com/od/pandemicpreparation/p/webster.htm

20 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 22:35:03 ID:KTRvHQzc
おれ職業ワクチン屋だが、
1の説明があまりに無茶苦茶でわからん。

だいたい細胞内の異質蛋白含有情報をどうやってT細胞が知り得るんだ!?
しかもワクチンって抗体生産が目的なのになんでT細胞に仕事完遂させてんだ?
ばか?

21 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 23:11:01 ID:VFiSkdJF
ソースがBBCだからなぁ。

組換えワクシニアウイルスワクチンのことなんじゃないかと
いう感じがするんだがどうだろう。

22 :名無しのひみつ:2008/09/07(日) 23:20:09 ID:5Vca3Jb8
>ワクシニアウイルス

それはDNAウイルスだよな。インフルエンザはRNAウイルス。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)